太陽が照っていると、暑いし眩しいしで「日焼け止めを塗らなきゃ日焼けしちゃうな💦」という気持ちになるかと思います。

しかし、雨の日やどんよりとした曇りの日は紫外線対策をおろそかにしていませんか?

/
天気が悪い時にもきちんと紫外線対策をしましょう!
\

紫外線対策…つまりUVケアがなぜ必要かというと、紫外線を浴びることによって、肌を早く老けさせる原因をつくってしまうと言われているから!

紫外線を浴びることによって、肌を守ろうと肌の色素が反応してしまいます。

肌の色素が反応するだけであれば大きな問題ではないのですが、その色素がターンオーバーの乱れなどでうまく排泄されないことによって、老けた印象を与える肌にしてしまうんです!🙅🙅🙅

また、紫外線は肌の弾力を維持するために必要なタンパク質などに作用し、重力に負けたような肌の原因を作ってしまうんだとか・・・。

これらから、老けたような肌の印象を作ってしまうのが紫外線だということがわかります🙋

今すぐ何かが起きるわけではなかったとしても、紫外線は10年後の肌を大きく変える原因となっているのです。

そんな「紫外線対策を雨の日になぜする必要があるのか?」「雨の日のUVケアにおすすめのもの」をご紹介していこうと思います!

雨の日のUVケアを適当にしていた人は是非参考にしてみてください!

雨の日でも日焼け止めは必要?


はい。雨の日でも日焼け止めは必要です。

特に梅雨の時期である5月〜7月の紫外線量は、一番紫外線量が少ないと言われている冬の時期に比べて約4倍の紫外線量が降り注いでいます。

雨の日だからといってUVケアの手を抜くことはやめましょう!

・・・と言われても、いまいち紫外線を感じることってないので、気持ちがダレてしまうことってありますよね。

紫外線には、

✔︎眩しさ
✔︎暑さ

などの不快感を感じることがないですよね。

そのため、日常生活を送っている中で、どのくらい紫外線を浴びているのか実感することができません。
よって、「今日は紫外線対策をしなくても大丈夫だろう」という勝手な判断をしてしまうことに繋がってしまうんです!

紫外線によるダメージは日々蓄積していくものなので、ある時急に老けた肌になってしまうんだとか・・・。

急に老けた肌になることがないように、雨の日でもしっかりと紫外線対策をしておきましょう!!!

雨の日はパウダーファンデーションの重ね塗りがマスト!


雨の日はパウダーファンデーションを重ね塗りして、肌を保護するように化粧をしてみてください!

雨の日は湿気も多く、ジメジメとしていますよね☔️
湿気は汗や皮脂と同じように、日焼け止めやメイクを落とす原因となってしまいます。

そういった時にも、余分な皮脂や水分を吸収してくれ、お直しもしやすいパウダーファンデーションを使うことをおすすめします!٩( ‘ω’ )و

汗など水分に強いウォータープルーフの日焼け止めを使うのもひとつの手ですが、毛穴をふさいだり肌に負担をかけることが多いのです🙅🙅🙅

パウダーファンデーションは紫外線錯乱剤という成分を含んでいるものが多いので、重ね塗りすることによってその効果を高めてくれるんだとか。

使うファンデーションもミネラルファンデーションであれば、肌に優しい成分が使われているため敏感肌でも使いやすいですし、皮脂でドロドロになってもささっと塗り直すことが可能です!

敏感肌であれば刺激を与えない紫外線対策を!


敏感肌であると、ベタつくのに乾燥する時は早かったり、痒みがずっと続いたりする場合もありますよね。

もし敏感肌になっていて痒みが治らない場合は、パウダーファンデーションを厚塗りするようにしましょう。

ここで下手に日焼け止め化粧品を使ってしまうと、肌に刺激を与えてしまう紫外線吸収剤が含まれている場合があり、敏感肌を悪化させてしまう可能性が!

もしそれでも使いたいのであれば、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」などの表示がある日焼け止め化粧品を使うようにしてくださいね(*^^*)

シンプルな化粧品を使うことによって、バリア機能が低下して刺激を受けやすくなった肌にさらなる負担をかけないようにしてくれるでしょう。

雨の日は日焼け止めを塗りなおさなくてもOK?


雨の日は紫外線量も少なそうですし、朝に日焼け止めを塗っておけば、1日中紫外線カットしてくれるだろうと思ってしまう人もいるかと思います。

しかし、日焼け止めは2〜3時間に1度くらい塗り直すのがベスト!

デスクワーク仕事でなかなか外に出ないという人は、出勤前のメイク時・昼食時・帰宅前と1日に3回程度塗るようにしましょう!

「メイクの上から日焼け止めを塗るとヨレてしまいそう・・・」と心配になる人は、あぶらとり紙で皮脂をオフしたあとにファンデーションやフェイスパウダーを重ね塗りすると綺麗に紫外線対策をすることができますよ!

外出をする時間が少ないのであれば、日焼け止め化粧品のかわりにパウダーを重ね塗りすることも、紫外線対策になるようですよ!!

特に生理前や妊娠中、ピルなどの薬を服用している時期は、ホルモンの変化が激しいこともあり、紫外線による影響を高めてしまいます。

そういったホルモンによって外部の刺激を受けやすい時期は、いつもより念入りに紫外線対策を行うようにしてみてくださいね(*^^*)

スキンケアなどは刺激の少ない、最低限のケアがおすすめですよ🙆🙆🙆

日焼け止めは一年中塗って、肌トラブルをなくそう♪


いかがでしたか?
日焼け止めなどの紫外線対策は、季節や天気問わずに一年中塗った方が良いものだということがわかりましたね!

もう毎日の習慣にしてしまった方が、面倒じゃ無くなるかもしれませんね!!!

どうしても面倒すぎて続かないという人は、紫外線対策の働きをもつ化粧品を使うようにしましょう!

化粧下地やファンデーションの中に入っていることが多いので、自分がいつも使っている化粧品に含まれているかを確認してみてくださいね!

ただし、日焼け止めは塗る量が少なかったり、部分的に塗り忘れが出ることによって、正しい紫外線対策ができているとは言えなくなります。

できるだけ肌を保護できるように、均一に塗ることを心がけてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!