足の臭いって男女関係なく気になってしまいますよね。
しかしどのように改善をしたらいいのか全くわからず、とりあえず香水などニオイをごまかせるものを活用している人は多いのではないでしょうか?

足の臭いがするのにその上から臭いをプラスしてしまうとやはり、どうしても臭いがきつくなってしまいます。
臭いがきつくなってしまうとそれを防ごうとまた香水などで臭いをごまかしてしまうというまさに、無限ループが仕上がってしまうのです!

足の臭いを解消するには、まずは原因を知る必要があるのです。
原因を知った上でしっかりと対策をしていきましょう!😃

▪️足の臭いの原因
▪️おすすめの対策方法
▪️正しい足の洗い方
▪️足の爪のケア方法

などをご紹介していきます。
足の臭いに悩んでいるという人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

足の臭いの原因は?

足の臭いの対策を行う前にまずは原因について知っていきましょう!
足の臭いって様々あって足そのものが臭っている場合と、汗によって臭いがする場合があるのです。足には常に存在している菌があるのですが、この菌が繁殖して、汗を書いた時に一緒に出てしまった皮脂や角質を分解している時に発生するのです。
プラスして菌が加わって足の臭いというものがしてしまいます。

下記の6つは主な足の臭いの原因です。あなたにも当てはまることがあるかと思うので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

原因1:不衛生である

足が不衛生であることはやはり臭いの原因になります。
先ほどもお伝えしましたが、足には常在菌がおり皮膚を守ってくれる働きをしてくれます。一見良い菌なのですが、繁殖して量が増えてしまうと、臭いが出てきてしまうのです。
なぜ繁殖してしまうのか、それは足を不衛生にしているからなのです。

足が不衛生の状態というのは、皮脂や角質が残っている状態。常在菌はこれらを餌にしてどんどん増えていってしまいます。
常在菌を適度な量に止めておくためにはやはり、足を清潔にしておく必要があるのです。

原因2:菌が繁殖している

エクリン腺という汗腺を聞いたことがありますか?ワキガなどの場合、このエクリン腺が原因と言われているのですが、このエクリン腺、実は脇だけではなく足にも存在します。
足の部分って靴下やストッキングを履いて蒸れてしまいます。それだけではなく靴を履いて風通しを完全に遮断してしまいますよね。
少しの時間なら問題はないのですが、長時間履いていることだってかなりあるでしょう。

そんな状況の足はかなり蒸れてしまい、菌が繁殖していってしまうのです。先ほどもお伝えしたように、皮脂や角質を餌にする菌はどんどん繁殖していってしまいます。
靴下や靴を履かないように!なんて言えないので、靴下は常に清潔なもの、靴はローテーションして清潔な状態を保っておく必要があるのです。

原因3:体質による臭い

私たちが汗をかく理由は体温調節をするためです。
しかし体質によっては体温調節関係なしに汗をたくさんかいてしまう人がいますよね。たくさん汗をかいてしまう人は普通の人に比べて足の裏にも汗をかきやすいと考えられるのです。
また、普段は汗をあまりかかないのに、緊張や不安などを感じてしまい汗をかくこともあります。

どのような理由にせよ、たくさん汗をかいてしまうことで足の臭いはしてしまう状況になるのです。
汗をかかないようにするのは難しいかと思います。なので、汗をかいたらこまめに拭くように心がけましょう。

原因4:汗をかいているから

上記でもお話をしましたが、足の臭いがしてしまう原因の1つに汗をかいているということが考えられます。
額や脇などの汗はどのくらいかいたかわかるけど、足の裏ってはっきりどのくらい汗をかいているのかってわからないですよね。
実は足の裏は足の甲の約3倍も汗をかき、背中の5〜10倍の汗をかくと言われています、

よく足の裏は1日でコップ1杯の汗をかくと言われていますよね。
こんなに大量に汗をかいて放置をしておくとやはり臭いがしてきてしまいます。足の臭いを気にするのであれば、足元の通気性を良くしておく必要がありますね。

原因5:角質をケアしていない

先ほども少し触れましたが、足には角質がたくさん溜まってしまいます。
足は私たちのカラダを支えてくれる重要な役割を果たしてくれているので、他の部位と比較をすると角質層が分厚くなっています。
角質層が分厚い、そして床などを歩く、汗をたくさんかく。そんな足はやはりアカがたくさん溜まってしまいますよね。

剥がれたアカは常在菌が分解をして足臭に繋がってしまうのです。
しっかりと角質のケアを行うことで臭いも少しは解消できるのではないでしょうか。

原因6:オシャレを楽しみすぎている

ストッキングやタイツ、ブーツやパンプスなどおしゃれな人は様々な靴を持っていると思います。
性質も様々あって蒸れやすいものや蒸れにくいもの、様々ですよね。オシャレをするのはもちろん大切です。しかし、足の臭いを気にしているのにオシャレを楽しんで汗をかきやすい靴ばかり履いていると臭いを改善することができません。
足の常在菌は高温多湿の場所を好むので臭いを気にしている人はなるべく靴や靴下の素材を考えてから購入するようにしましょう。

洗っても消えない足の臭い。その原因は?

足の臭いを気にしてはいるからもちろん入念にケアをしてしっかり洗う。でも、どうしても足の臭いを解消することができない!!!!そんな風に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
一度洗ったらその瞬間は確かに足の臭いはなくなっているかもしれません。
しかし、その時だけで足の臭いはまた出てきてしまうのです。
せっかく臭いを解消することができたのに、また臭いが手でくるなんてもうなぜなのか。全く理由がわからないですよね。

足を洗っても臭いが消えないという人、実は下記のような理由があるからなのです。

イソ吉草酸が落ちていないから

イソ吉草酸って聞いたことありますか?このイソ吉草酸は足の皮脂や角質を分解した際に出てくる物質なのです。足の臭いをよく納豆に例えますよね。実はイソ吉草酸、納豆にも含まれている成分だったのです!
納豆のような臭いのイソ吉草酸は洗ってもなかなか落ちないのが特徴です。

足の臭いを一生懸命に解消できたとしても靴の中が清潔な環境でなければ、足の常在菌がまたもやイソ吉草酸を作り出し臭いを出してしまうでしょう。足の臭いはイソ吉草酸のせいだといっても過言ではありません。
このイソ吉草酸を出さないようにしなければ、本当に対策をできているとは言えないのです。

高温になりやすい部位だから

先ほどもお伝えしましたが、足というのは高温多湿の部分。1日にコップ1配分の汗を書いていまいます。その上に蒸れやすい靴下や靴を履いてしまうと皮脂や角質を餌に常在菌は増えてきてしまうのです。
足を洗っても臭いが取れないという人は、足だけではなく靴も清潔にしておく必要があるのです。
靴を清潔にしておかないと履くたびに足に臭いがついてしまいますからね😥足の臭いを気にしているという人は、足だけではなく靴を天日干ししたりするなど工夫をしておきましょう!

足の臭いに悩んでいる人におすすめの対策について

上記では足の臭いの原因についてご紹介しました。いかがでしたか?あなたの日常生活でも当てはまる部分はあったのではないでしょうか?
原因をしっかりと知っておくことで、スムーズな対策をしやすくなるでしょう。

足だけではなく、靴や靴下を清潔にしておくこともかなり大切です。そこで、下記では足の臭いを解消するための対策についてご紹介していきます。
現在足の臭いに悩んでいるという人、今後も臭いがしないようにしていきたいと考えている人はぜひ、下記の対策を参考にしてみてくださいね。

対策1:石鹸でよく洗う

石鹸で足をよく洗うのは当然のことです。
足を洗うことは臭い0への第一歩!毎日こまめにしっかりと足を洗いましょう。

足を洗う石鹸は基本的にはなんでも良いのですが、できるなら固形の石鹸がおすすめです。ボディソープで足を洗ってしまうと、保湿されすぎて汗をよりかきやすくなってしまう恐れもあるのです。
また、足の臭いを解消したいのであれば、殺菌効果を期待することができる固形石鹸がおすすめです。

足の表面だけではなく、足の指と指の間をしっかりと洗っておきましょう。石鹸で洗ったらしっかりと水ですすいで乾かします。湿っていてはそこからまた菌が生まれてくる可能性があるので、タオルドライも良いのですが、ドライヤーで一気に乾かすこともおすすめ!
足を洗ったり乾かしたりするのは臭い対策の基本中の基本なので、毎日行うように心がけましょう。

対策2:ミョウバン水で殺菌をする

あなたはミョウバン水という殺菌性の強い液体を知っていますか?
単純に足を臭わせないだけではなく、臭ってしまった足を殺菌することも大切なのです。

ミョウバン水の作り方はすごく簡単で、スーパーで購入することができる焼きミョウバンで作ることができます。この焼きミョウバンを水に溶かしたものがミョウバン水です!
ミョウバン水は足の臭いだけではなく、体臭や、靴の臭いなどにも効果を期待できるのでかなりおすすめですよ!

▪️ミョウバン水の作り方

①焼きミョウバンと水とペットボトルを用意します。
②ペットボトルの焼きミョウバン20gと水500mlを入れましょう。
③ペットボトルを振ってよく混ぜ合わせます。
④涼しい日陰の場所で1〜3日放置します。(ミョウバン水をよく見てね)
⑤混ぜた時の白濁間がなくなり透明になったら出来上がります♪

作ったミョウバン水は原液なので、スプレーボトルなどに移してから10倍くらいに薄めてしようするようにしてください。



足の臭いを解消するには、足を洗ってからミョウバン水をふりかけるだけ!出かける前などでも活用することができるのですごく良いですよ。
ミョウバン水が乾いてから靴下を履いたりするようにしましょう。

対策3:重曹を活用する

重曹も聞いたことがあるかと思います。重曹はスーパーや薬局などでも手に入れることができるかなりお手軽なアイテムです。
この重曹はお湯に溶かして足湯として活用するのが効果的!

重曹は弱アルカリ性でできているのですが、実は先ほどご紹介をしたイソ吉草酸は弱酸性。なのでこれらがぶつかった時に中和してくれる効果があるのです。
臭いがあまりにもひどくて、全く消えないという人も毎日重曹で足湯をすれば臭いも次第に薄くなってくるでしょう!

対策4:デオドラント剤を活用する

デオドラント剤って脇に使うイメージですが、足用のものも存在します。
デオドラント剤は汗を抑えてくれる制汗タイプのものや臭いを抑えてくれる殺菌タイプの2種類が存在します。

あなたの悩みによって使い分ける必要があるのですが、汗をものすごくかいてしまうという人は制汗タイプを。汗はそんなにかいていないのに、臭いがするという人は殺菌タイプを選びましょう。
汗も臭いも気になるという人はどちらの効果も実感することができる制汗剤がおすすめです。様々な種類があり、そこまで価格が高くないので、あなたの悩みをしっかりと解消してくれるデオドラント剤を選ぶようにしましょう。

対策5:角質をこまめにケアする

足をこまめにケアすることはかなり大切です。先ほどもお伝えしたように、足は他の部位と比較をしても角質層が分厚い作りになっています。
どんどん溜まっていってしまうアカをそのままにしておくと菌の餌になってしまうのです。

角質を取り除くといっても手当たり次第に軽石で削れば良いというわけではありません。
手当たり次第に削ってしまうことで、足に必要な角質まで削ってしまう恐れがあります。何事もやりすぎてしまうと、全く意味のないもの、悪化してしまう可能性が高くなるので、ケアのしすぎには十分注意をしておきましょう。

対策6:爪を伸ばさないようにする

女性はネイルをしたりするものです。手だけではなく、足もネイルをして楽しみたいですよね!
しかし、たくさん伸ばしてオシャレをしているその爪が足の臭いの原因になってしまっているかもしれないのです。

爪という部分は皮脂やアカが非常に溜まりやすいです。
その汚れをそのままにしておくと、菌は繁殖をしてしまい臭いを放ってしまいます。

そうならないためにも、しっかりと爪を切って菌の繁殖を防ぐ必要がありますね!手とは違い足の爪ってなかなか気がつきにくいですが、足を洗うときなどにしっかりと確認するようにしましょう。

対策7:靴をローテーションで履き替える

気に入っている靴だからといって毎日同じ靴を履いてしまうのは正直足の臭いを悪化させてしまう原因になります。
先ほどから足は大量に汗をかいてしまうとお伝えしていますよね。
1日履いた靴はすごく汗を吸収してしまっています。その靴を翌日にまた履いてしまうというのは、なかなか不衛生ですよね。なので、3足くらいをローテーションして履くことがおすすめです。

対策8:靴を天日干しして消毒する

ローテーションをしてその日履かない靴は先ほどご紹介したミョウバン水を振りかけておいたり、天日干しをしておくと次に履くときにすっきりとして履くことができますよ!
水洗いができるものは洗ってから天日干しをしておきましょう。

革靴は洗うことができないし、天日干しもできないので、風通しの良い日陰に干しておきましょう。

対策9:靴下をしっかりと洗う

足や靴に気を使うだけではなく、靴下にもしっかりと気を使う必要があります。
朝から履いている靴下には相当な数の菌が繁殖しています。

普通に洗濯機で洗うだけではなく、洗濯機に入れる前に固形石鹸などで手洗いをしてから洗うようにしましょう。
表だけではなく、裏の指が当たっている部分を念入りに洗うことで臭いをすっきりと解消することができますよ!

対策10:通気性の良い素材の靴下を選ぶ

靴下にはたくさんの種類があります。
足の臭いを気にしているという人は通気性の良い靴下を選ぶようにしましょう!

足の臭いの原因は蒸れも考えられます。通気性の良い靴下を選ぶことで蒸れを引き起こさずに快適に過ごせるでしょう。
麻やシルクなどの素材が通気性も良いのでおすすめです。足の指同士がくっついてしまうことも足の臭いがしてしまう原因になるので、5本指の靴下を選ぶことも臭い対策につながります。

対策11:濡れた足で靴下を履かないようにする

お風呂に入った後など足が濡れていることがありますよね。
その状態で靴下を履いてしまうと湿気が多い環境を作ってしまうので、菌が増えてしまう可能性があります。
なので靴下やストッキング、タイツを履く時は完全に足が乾いてから履くように心がけましょう。先ほどもお伝えしましたが、朝などバタバタしていて時間がない人は、ドライヤーで足を乾かすのが確実です。

対策12:ウェットティッシュでこまめに拭く

気をつけていてもどうしても臭いがしてしまうのが足です。。
外食をする際、テーブルならまだ良いのですが、お座敷だったら靴を脱がないといけないですよね。
そんな時足の臭いがしてしまったら自分も周りの人もいやな気持ちになってしまいます。

もしも足の臭いが気になった場合、ウェットティッシュでこまめに拭いて除菌をしていきましょう。足の指の間を拭くことで臭い対策にも菌の繁殖を防ぐことにもつながります。
しかし、肌が弱い人がウェットティッシュで拭いてしまうと皮膚になんらかの影響を与えてしまう場合があるので、肌が弱い人は気をつけながら使用するようにしましょう。

対策13:中敷を入れておく

靴の中に中敷を敷いておくことは足の臭いを軽減させることにもつながります。
中敷を引くことで足の裏がかいてしまった汗を吸収することもできますし、緑茶成分が含まれている中敷を使用することで臭いを吸い取ってくれます。
直接靴に足をつけるのではなく、ワンクッション挟むことで快適な環境になりますよ。

また、中敷を敷くことで取り替えることができるので清潔な環境を保つこともできますよ。

足の臭い対策をするなら生活習慣も改める!

足の臭いを対策したいのであれば、足そのものを清潔にすることも大切ですが、普段の生活習慣も改めることが重要です。
食生活や生活習慣を正すことで足の臭いも軽減されるんです。

対策1:普段の食べ物を見直す

普段から脂質の多い食べ物や香辛料がたくさん使われている食べ物が好きという人は汗をかいやすくなるし、体臭もきつくしてしまいます。
▪️動物性たんぱく質
▪️脂質
足の臭いを気にし散るのであれば、これらはなるべく摂らない方が良いでしょう。
もともと日本の食事は和食が主流でしたが、食の欧米化が進むにつれ、どんどんジャンクフードを食べる習慣が当たり前になってきました。

添加物がたくさん使用されているジャンクフードを食べ続けてしまうことも、足の臭いをきつくしてしまう原因になります。
できるだけ野菜をたくさん食べて、和食中心にするように心がけましょう。

対策2:ストレスを溜めないようにする

普段は全く汗をかかないのに、緊張や不安を感じてしまうと汗をかいてしまうという人は多いと思います。
これと同じでストレスを抱えている人もまた、通常よりも汗をたくさんかいてしまうのです。

普段のストレスで足が臭ってしまい、その臭いがさらなるストレスを引き起こすということはよくあります。このような人はなるべく足の臭いを気にしないのが得策でしょう。
気にするなといっても気にしてしまうかもしれませんね。私も経験をしたことがあるのですが、自分が気にしすぎていても他人はそんなに気がついていないものなのです。
足だけではなく、体臭全般そうです。気にするということを繰り返すことで本当に少しの臭いでもすごく臭いのではないかと心配になってしまいます。

あまり神経質になりすぎないようにするということも臭いを抑えるための対策につながるでしょう。

正しい足の洗い方について

足の臭い対策を行たいのであれば、足をしっかりと洗うことが大切です。しかし、適当に洗ってしまうとかえって臭いを激しくしてしまうことがあるので注意してください。
下記では正しい足の洗い方をご紹介しています。今日からでもぜひ、試してみてくださいね。

▪️臭いをとる足洗のポイントについて

《●指と指の間を洗う》
指の間は汚れが溜まりやすい場所です。古い歯ブラシなどを使用すると便利ですよ!石鹸を泡立てて洗うことで、簡単に汚れを落とすことができます。

《●爪周り》
爪についてしまった汚れも足の臭いの原因になります。こちらも歯ブラシの先を爪に当てて、表面や側面の溝をしっかりとお手入れしていきます。

《●足の裏》
足の裏は泡をしっかりと立てて洗います。すすいだ後も雑菌を増やさないようにタオルでしっかりと拭く、ドライヤーで乾かすなどの工夫を行ましょう。

▪️足のケア方法
①軽石や足用のヤスリで足の裏の硬くなってしまった角質を落としていきます。
②スクラブ剤を塗ってマッサージをしながら足の表面を平らにしていきます。
③ホットタオルでスクラブ剤を拭いて足をリラックスさせてあげましょう。
④しっかりと保湿をして、再び皮膚が硬くなるのを防いでいきます。

足の爪のケア方法

足の爪は手の爪とは違い、健康な爪を保つのが少し大変です。足の爪を伸ばしたままにしておくと、どうしても爪の間に汚れが溜まってしまいそれが臭いの原因にもなってしまいます。
また、足の爪を伸ばしておくと爪に負担がかかってしまい、巻き爪などの症状を引き起こしてしまうのです。
それらを避けるためにしっかりと足の爪は切っておくことをおすすめします!

爪を整えるときは、先端を平らにカットします。その後、両端の尖った部分をヤスリで削っていきましょう。ヤスリではなく爪の両端を爪切りで切ってしまうと切ったところが肉に食い込んで炎症を起こしてしまう場合もあります。
足の指だけではなく爪もしっかりとケアをしていき、臭い対策をしていきましょう!

最後に

今回は足の臭いの原因や対策についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
意外と簡単にできるものばかりだったと思います。これからの季節、足の臭いはかなり気になってくるかと思います。
しかし、しっかりと対策をしておくことで今年の夏は足の臭いを気にせずに人と接することができると思いますよ!

今回ご紹介した対策をぜひ参考にして足の臭い0を目指してくださいね!😃

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!