私たちの肌は人や年齢によって大きく異なります。

お肌に悩みを抱えている女性はかなり多いですよね。

お肌の悩みにもいろいろあって「敏感肌」「乾燥肌」「たるみ肌」「むくみ肌」「皮脂肌」など、気にすべき悩みはたくさんです!😥

その中でも敏感肌の人はかなり気を使っているのではないのでしょうか。

今回はお肌の悩みの中でも敏感肌に注目してご紹介をしていきたいと思います。

敏感肌の人はどうにかして改善をしようと悩んでいることでしょう。

そこで、お肌をもっとイキイキと強くするための食事や改善方法をご紹介していきます。

あなたが悩んでいる敏感肌。肌が強くなったらもっと楽しみが増えるのではないでしょうか!

敏感肌に困っているという人はぜひ、ここでの改善策を参考にしてみてくださいね♪

敏感肌と言っても症状は様々です。もしかしたら自分で敏感肌と気がついていない人もいるかもしれません!

まずは敏感肌とは一体何かについてをご紹介します。

敏感肌とは?

敏感肌と言われたらどのようなことを思いうかべますか?

文字通り肌が敏感なことを思うかと思います。

刺激の強い洗剤、化粧品などを使用した時に肌がすぐに荒れてしまったり、赤くなってしまう。

そして自分の髪の毛や衣類などが原因で肌が荒れてしまう人の肌を敏感肌とよんでいます。

敏感肌は病気ではありません。なので血液検査を行った場合でも何も反応がでないので判断がしにくいものでもあります。

もちろん顔だけではなく、カラダ中が痒くなってしまったり赤くなってしまう人も敏感肌に分類されるでしょう。

敏感肌の人は健康的なお肌と比較をすると肌のバリア機能が低下してしまい、皮脂がなくカサカサの乾燥をした状態が多いと言います。

もちろんもともと敏感肌の人もいますが、年齢を重ねることや体調の変化、環境の変化、大気汚染などが原因で肌質が変わってしまう場合もあるのです。

正しいスキンケアをしていなかったり食事のバランスが悪かったりしても肌の調子が悪くなってしまうものなのです。

下記ではお肌の仕組みについてご紹介をしています。

肌の仕組みについて

お肌は1枚の皮膚でできているように見えますが、実は表皮・真皮・皮下組織の3つから構成されています。

お肌のキメを整える際にポイントになるものが、「ターンオーバー」。おそらく聞いたことがあるかと思います。

ターンオーバーとは簡単にいえば表皮が新しい細胞に入れ替わる際のサイクルのことを指すのです。

肌の奥で生まれた細胞は表面に押し上げられる仕組みになっています。表面に新しい細胞が近づいてくると古い細胞は剥がれ落ちるのです。

このターンオーバーが正常に行うことができれば、あまり肌トラブルに悩むこともなくなるでしょう。

しかし、ターンオーバーは年齢を重ねることで周期が長くなってしまいます。

▪️10代のターンオーバー:約20日
▪️20代のターンオーバー:約28日
▪️30代のターンオーバー:約40日
▪️40代のターンオーバー:約55日
▪️50代のターンオーバー:約75日
▪️60代のターンオーバー:約100日

このように年齢を重ねることで周期がどんどん長くなってしまうのです。

もっとも理想なのが28日前後。周期が長くなってしまうと古くなってしまった角質が肌に溜まってしまい、肌トラブルが発生してしまうんですよ!

肌の仕組みをあまり把握していなくて、「なぜこんなに肌が荒れるんだ・・・」そう悩んでいる人もいたかと思います。

しかし、今後肌が荒れてしまったらターンオーバーが乱れているかも!と思うことができて適切なケアを行えますね!

敏感肌を改善させるための食事とは?

ここからは敏感肌を改善するための食事についてご紹介をしていきたいと思います。

食事は私たちのカラダやお肌を作るための大切なベースになります。

健康的な素肌をつくるためには栄養バランスを考えた食事を摂ることが大切なのです。

お肌だけではなく、髪の毛や体調なども食事を見直すことで改善されることだってあるんですよ🍙

私たちのカラダの細胞は部位にもよりますが3ヶ月〜半年くらいで入れ替わると言われています。

つまり食生活を変えることで1年未満で健康的な素肌を目指すことができるのです。

カラダの内側から綺麗を目指したいという人は食事を見直して敏感肌を改善していきましょう!

1:腸内環境を整えるために食物繊維や発酵食品を食べる

腸内環境を整えることはお肌だけではなく健康維持にも良いとされています。

私たちが食べたものはいや腸に運ばれますよね。腸の役割としては栄養を取り込んでくれるということです。

腸内環境を整えておかないと、お肌に栄養を届けることができなくなり敏感肌を改善することができません。

腸内環境を整えるためには悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが重要なのです。

そのためには食物繊維が含まれている食事や発酵食品を食べることをおすすめします。

腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つの細菌が生息をしています。

これらの菌のバランスが取れると腸の動きもよくなり便秘解消につながりお肌も健康に保つことができるのです。

▪️食物繊維が含まれている食品

  • こんにゃく
  • てんぐさ
  • キクラゲ
  • ひじき
  • 玉露
  • 大豆
  • しいたけ
  • まいたけ
  • 刻み昆布
  • 抹茶
  • ごぼう
  • アボカド

▪️発酵食品

  • 納豆
  • 味噌
  • キムチ
  • ぬか漬け
  • 塩麹
  • 鰹節
  • 醤油
  • パン
  • ヨーグルト

2:血液の流れをよくするためにビタミンEや鉄を摂る

腸内環境を整えたら肌に栄養を送る準備は整いました。

しかし、肌で栄養を届けるには血液の流れをよくする必要がありますね!

血液の流れが悪くなってしまうと栄養を十分に運ぶことができなくなり敏感肌を改善することができなくなってしまいます。

栄養を肌に届けることができなくなるだけではなく、肌のターンオーバーが正常に行うことができなくなるので様々な肌トラブルを引き起こしてしまうことも考えられます。

肌の酸化という言葉を聞いたことはありますか?

酸化とは活性酸素が影響して肌が錆びてしまうことを言います。

肌が錆びてしまうとシミやシワやたるみなどの老化を招いてしまうのです。

下記は酸化を防ぐため、そして血液の流れをよくしてくれるための食事になっています。

▪️ビタミンEが含まれている食事

  • アーモンド
  • 落花生
  • サフラワー油
  • コーン油
  • オリーブオイル
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • アボカド
  • うなぎ
  • イワシ

▪️鉄が含まれている食事

  • レバー
  • 牛肉
  • 卵黄
  • しじみ
  • あさり
  • 鰹節
  • バジル
  • こんにゃく
  • ひじき
  • いわのり

3:肌のターンオーバーを整えるためにたんぱく質や亜鉛やビタミン類を摂る

先ほど美肌をつくるためには肌のターンオーバーがポイントになるとご説明をしましたね!

ターンオーバーを整えてくれる食事を取り入れることで敏感肌を改善することにもつながります。

▪️たんぱく質が含まれている食事

  • 大豆
  • 納豆
  • 豆腐
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • チーズ

▪️亜鉛が含まれている食事

  • かぼちゃの種
  • 牛肉
  • ひよこ豆
  • カシューナッツ
  • ヨーグルト
  • エビ
  • 豆類
  • ほうれん草
  • ニンニク
  • 牡蠣
  • 卵黄
  • レバー

▪️ビタミン類が摂れる食事

  • レバー
  • あん肝
  • うなぎ
  • たら
  • アナゴ
  • モロヘイヤ
  • パプリカ
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • ゴーヤ
  • いちご
  • ブロッコリー

敏感肌によくない食事について

上記では敏感肌を改善するための食事についてご紹介をしました。

では逆に敏感肌を悪化させてしまう食事ってあるのでしょうか?

もしかしたら知らない間にあなたも敏感肌を悪化させてしまっている食事をとっているのかもしれません。

敏感肌を気にしているという人は、できるだけ下記でご紹介をする食事を摂らないように心がけましょう。

1:炭水化物

私たちの毎日の食事の中で炭水化物ってかなり多いかと思います。

しかし、炭水化物などの食材はついつい食べ過ぎてしまうし、栄養バランスが摂りにくいのが特徴になります。

炭水化物を過剰に摂取してしまうと細胞が糖化してしまい、お肌の老化を早めてしまうのです。

肌が老化してしまうとシミやシワやたるみなどの症状を引き起こしてしまいます。

2:冷たい食べ物や飲み物

これからの季節冷たい食べ物や飲み物を食べたり飲んだりする機会が多くなると思います。

冷たいものを口にすることでカラダは冷えてしまいますよね。

冷たいものはジュースやアイスなどをイメージするかもしれませんが、サラダなどの生野菜も冷たい食べ物に分類されるのです。

お肌のためにと思って冷たいサラダを食べる人もいるようですが、冷たいものを食べ過ぎてしまうと血液の流れを悪くさせてしまうので注意が必要です。

血液の流れが悪くなってしまうことで肌の代謝が悪くなり、肌荒れを引き起こしてしまうんですよ。

野菜を食べることは大切ですが、生のサラダだけではなく温野菜など、暖かい野菜も食べるようにしましょう。

3:アルコールやカフェイン

社会人になるとアルコールを摂取する機会は増えますよね。

また、会社に行く前や仕事中などカフェインを摂る女性も多いはず。

しかし、これらの飲み物の過剰摂取は避けたほうが良いでしょう。

カフェインやアルコールを飲むとどうしてもトイレが近くなるということになりませんか?排泄をすることで肌に必要な栄養まで一緒に流してしまうことになるのです。

また、アルコールには糖質が含まれているので肌の糖化を促進させてしまうのです。コーヒーに含まれているカフェインはビタミンCを破壊してしまうので過剰摂取は避けるべきでしょう。

生理前に引き起こる肌荒れを改善するためには

女性らしいスタイルや健康的なお肌を保つためには女性ホルモンが必要になります。

女性ホルモンは一生のうちでティースプーン1杯分くらいしか作られないのです。

心も体もお肌も錆びさせないためにも女性ホルモンの活性化はかなり大切なんですよ!

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンに2種類が存在します。

生理前1週間ってお肌の調子がよくないと思いませんか?それはこの時期に分泌されるプロゲステロンが関係しているのです。

生理が終わってからお肌の調子が良いのはエストロゲンのおかげと言えるでしょう。

女性ホルモンのバランスを整えることも大切ですが、あなたの周期に合わせたスキンケアを行うことが大切になるのです。

ティースプーン1杯しか分泌されない女性ホルモンを枯れさせないためにも毎日の生活で対策を行うことが重要です。

女性ホルモンにやさしい生活を心がける

具体的にどのようなことを行うことで女性ホルモンのバランスを崩れにくくすることができるのでしょうか?

下記では女性ホルモンのバランスを乱れさせないための毎日の習慣についてご紹介をしていきます。

毎月乱れてしまいがちという人はぜひ、参考にしてみてくださいね!

1:睡眠を大切にする

良質で十分な睡眠をとることはお肌だけではなくて健康にも良いですよね!

良質な睡眠を心がけることで自律神経のバランスをとることができるようになります。

心も体もしっかりと休めてあげてホルモンバランスを整えましょう。

2:ストレス解消を行う

ストレスを溜め込んでしまっている女性は多いかと思います。

しかし、ストレスもホルモンのバランスを乱れさせてしまう原因になるのです。

趣味を見つけたり、発散できる方法を探してみてください。

3:冷えを改善させる

私たちの生活ってカラダが冷えてしまうことが多いのです。

夏でもクーラーをガンガンにかけてカラダを冷やしてしまっています。

カラダが冷えてしまったと感じたらじっくりとお風呂に入ってカラダの冷えをとってくださいね!

4:食べ物に気を使う

ダイエットをしている人にとってみれば、微妙かもしれませんが、コレステロールって女性ホルモンの材料になるのです。

体重を気にしている人もある程度は摂る必要がありますよ!

敏感肌を改善させるための方法について

できることなら敏感肌を改善させたいですよね。

しかし、改善させると言ってもどうしたらいいのかわからないのが現状です。

下記では敏感肌を改善させるための方法をご紹介しています。

敏感肌の人はなるべく下記のことに気をつけて生活をするように心がけましょう!

1:良質な睡眠を心がける

あまり寝ていないという次の日って肌の調子が悪くてメイクのノリも悪い感じがしませんか?

睡眠とお肌の関係ってかなり密接なのです。

寝ている間って血流量は増えてカラダ中に血液がめぐります。

寝ている間に分泌される成長ホルモンは血液にのってカラダの隅々にまで行き渡りお肌だけではなく様々な部分のメンテナンスをしてくれるのです。

この成長ホルモンは新たな細胞を作ってくれたり傷ついてしまった細胞を修復してくれたりする役割を果たしてくれます。

長時間寝ることで成長ホルモンはたっぷりと分泌されると思っている人も多いようですが、その考え方は間違っています。

成長ホルモンは眠ってから3時間後に多く分泌され、22時〜夜中の2時がピークとされているのです。

睡眠の長さよりも睡眠の質が大切。

良質な睡眠になるような工夫を行う必要があるのです。

快眠に欠かすことができないのがメラトニンと言われているホルモンです。このメラトニンは夜に分泌されます。

メラトニンを分泌させるために昼間にはセロトニンと呼ばれるホルモンが分泌されているのです。

夜にしっかりとメラトニンを分泌させるためにもセロトニンを増やすことが大切です。

▪️朝の活動

朝起きたら朝日を浴びることから始めましょう。そしてセロトニンを増やしてくれる大豆製品やナッツ類やバナナなどを食べるようにします。

▪️リズム運動を積極的に行う

セロトニンはリズムよくカラダを動かすことで効率的に分泌されます。15分くらいリズム運動を行うようにしましょう。

2:入浴を工夫する

仕事や学校や家事が完了すると1日の終わりはお風呂に入りたくなるものです。

お風呂の役割としては、カラダを綺麗にすることだけではなく心も安定させることもあります。

気をつけたいのが入浴をする際の温度です。

43度以上のお湯に使ってしまうとお肌に必要な皮脂までもが奪われてしまいます。

そうなると乾燥をしてしまい、敏感肌の原因にも。

寒い冬などでもなるべく38度前後のお風呂に入るようにしましょう。

湯船に浸かることで体温を上げることもできます。体温が上がることで血液の流れやリンパの流れがよくなるので、肌のターンオーバーにも良い影響を与えてくれるでしょう。

お風呂に入って体温が上がったらしばらくすると体温は下がりますよね。

その下がった時というのが眠気を誘うタイミングでもあります。

あまりしっかりと眠ることができないという人は寝る20分くらい前にお風呂から上がることで良質な睡眠をとることができるようになるでしょ。

3:ストレス解消を心がける

ストレスが全くないという人は少ないと思います。

特に働いている人、家事を頑張っている人、子育てを頑張っている人は何かとストレスを溜め込んでいるでしょう。

ストレスを溜め込んでしまうことにより、活性酸素と自律神経は乱れてしまいます。それが原因で肌荒れを引き起こしてしまうのです。

肌荒れだけではなく健康にもストレスはよくありません。

▪️ストレスチェック
チェックがたくさん入ってしまうとストレスが溜まっている可能性が高いです。

  • 肩・首のコリが激しい
  • 寝ても疲れがとれない時が多い
  • 食欲がわかない
  • 便秘や下痢になりやすい
  • 何事にもやる気がでない
  • なんとなく怒りっぽくなった
  • 誰にも会いたくない
  • 緊張や焦りを感じてしまう

上記のチェックが多かった人は注意が必要です。

自律神経は呼吸や心臓の動きや消化などん活動を調整するために必要な神経です。

私たちのカラダにはカラダの動くを活発にするための交感神経やリラックスの状態を保つ副交感神経が存在します。

この2つのバランスが崩れてしまうことで心も体も不安定になってしまうのです。

自律神経のバランスを整えるためにはリラックスをすることが大切になります。

4:運動不足を改善させる

美肌を作るために運動は欠かすことができません。

しかし、大人になると学生の頃とは違いどうしても運動不足になってしまいがちですよね。

運動不足になってしまうとカラダに流れる血液の流れが悪くなってしまい、肌荒れの原因にもなります。

過度な運動をする必要はありませんが、日常生活で行える運動を取り入れていきましょう。

運動をすることで美肌を作るホルモンの働きが活発になり、成長ホルモンやセロトニンが分泌されやすくなります。

これらのホルモンは肌のターンオーバーの乱れを整えてくれたり、ストレスが原因の大人ニキビを改善してくれる役割も果たしてくれるのです。

激しい運動でなくても軽い運動を毎日行うことで、代謝アップへとつなげることができ、健康な肌を作ることができるようになるのです。

ウォーキングを行うことで下半身の筋肉を鍛えることができ、血液の流れを良くすることにもつながります。

5:タバコを控える

タバコがお肌に悪いということは知っていますよね。

しかし、なかなかやめることができないという女性も多いかと思います。

タバコはなぜお肌に悪いと言われているのでしょうか。

それはタバコに含まれている成分が関係していたのです。

▪️ニコチン

タバコに含まれているニコチンは血管の収縮、一酸化酸素を発生させる、女性ホルモンの低下などに関係してきます。タバコを吸うことでお肌に必要なハリや潤いを奪われてしまうんですよ!

▪️活性酸素

活性酸素が発生してしまうことでコラーゲンやエラスチンなどの生産力が低下してしまいます。

▪️ビタミンCが消費される
タバコを1本吸うことでレモン1こ分のビタミンCが必要と知っていますか?

ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれるものなのでビタミンCが減ってしまうことでシミやシワが増加してしまうのです。

▪️タール
タールはニコチンや発がん性物質を含んでいる成分です。
肌を黒ずませてしまったり、歯の黄ばみの原因にもなってしまいます。

タバコを吸っている女性は多いかと思います。

しかし、タバコを吸うことでメリットはないということは覚えておいたほうが良いでしょう。

6:紫外線予防を行う

紫外線対策を行っている女性は多いかと思います。

1年中紫外線は出ており、お肌が老化してしまう約8割の原因は紫外線が問題と言われているのです。

肌が紫外線のダメージを受けてしまうと肌を守ろうとしてメラニンが生成されます。

肌のターンオーバーが正常であればメラニンが生成されても古い角質と一緒に剥がれるのですが、ターンオーバーが乱れてしまっていると肌にずっとそのメラニンが残ってしまいシミやくすみの原因になるのです。

紫外線にはA波とB波があるのですが、どちらもお肌に対してよくありません。

▪️紫外線A波
A波はかなり強い紫外線になるので窓ガラスもすり抜けてしまいます。肌の奥深くまで入り込む力を持っているのでダメージをを受けてしまうのです。

▪️紫外線B波
B波はメラニン色素を生成する力があります。浴びてしまうと肌が赤くなり日焼けや最悪の場合皮膚ガンの原因にもなるのです。

このように紫外線は私たちの肌にあまり良くない存在です。

紫外線対策には日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするようにしましょう。

これからの季節紫外線がきつくなります。普段使い用と海などに遊びに行く用など日焼け止めのレベルを使い分けるといいですね!

睡眠の時間を大切にしてみよう!

忙しくてあんまり眠ることができなかった。そんなよく時つは肌の調子が悪くなってしまいますよね!

しかし、エステなどに行く時間もない。

そんな時は寝る前に一手間加えて寝ている間にお肌の調子を整えましょう!

▪️手のケア
手って人目につきやすいのでいつも綺麗にしておきたいですよね。ハンドクリームやネイルオイルなどをたっぷりとつけて、軍手や手袋などをつけて眠るようにします。それだけではなく手のひらを揉み解すことで血液の流れがよくなり次の日すっきりしていますよ!

▪️かかとのケア
オイルやクリームをたっぷりとかかとに塗って靴下をはいて寝ることで翌朝かかとがすっきりとしています。

▪️サプリを飲む
食事で十分な栄養を摂ることができないという人もいるかと思います。そんな人はサプリメントを活用しても良いでしょう。夕食と一緒にサプリメントを飲むことでより効率的に吸収することができますよ!

▪️加湿器を活用する
スチーマーなどがあれば良いですが、ない場合は加湿器を代用してみましょう。寝ている間も近くに加湿器を置いておくことで翌朝お肌に潤いを与えてくれています。

最後に

今回は敏感肌を改善するための食事や方法についてご紹介をしてきました。いかがでしたか?

敏感肌の人は毎日すごく気にしながら生活をしているかと思います。

少しの刺激でも肌が荒れてしまうのは大変ですよね。

今回ご紹介をした敏感肌を改善する方法、ぜひ試してみてください。

すぐには改善できないかと思いますが、毎日続けることで将来改善することができると思いますよ!😃

肌トラブルに悩んでいる人必見!おさえておくべきスキンケアのポイント6点
肌荒れの原因はあなたにある!肌荒れしてしまう7つの食べ物とは

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!