敏感肌というのは、

  • 季節の変わり目に肌が痒くなりやすい
  • スキンケアをしている時にヒリヒリとしている
  • 化粧品にかぶれやすい
  • こすれたり、触れたりするだけで赤くなりやすい
  • 肌がつっぱっている感じがする

など、少しの刺激で肌トラブルが起きやすい肌質のことを指します。

また、敏感肌にはアレルギーやアトピーなどの要素も関係しますよね。

しかし生まれつきでなく、だんだんと年齢を重ねるうちに敏感肌になったのであれば、それはセラミド不足かも!🙅🙅🙅

セラミドはもともと肌に存在している物質で、水分を保持して守ってくれる働きをしてくれます。

きちんと保湿してバリア機能を高めることで肌の健康を守ることに繋がるので、正しいケア方法について知ることが大切です!

しかし、セラミドが不足していると

✔︎肌の水分が逃げてしまう
✔︎外部刺激に弱くなり、肌を守ってくれるはずのバリア機能が低下する

など、肌トラブルが起きやすい状態になってしまい、ストレスに繋がってしまいます。

ヒロノ

こちらでは、敏感肌である私があなたに是非知ってほしい、敏感肌のための正しいスキンケアをご紹介しています!
なかなか肌の状態が元に戻らないと感じているならなおさら参考にしてみてくださいね!
刺激を与えないケアこそが一番大切なことなんですよ!💁

敏感肌の洗顔はどのようなことに気をつければいい?


さて、「敏感肌の特徴やセラミドが不足するとどうなるか」がわかったところで、結局どのようなことに気をつければいいかわからないですよね。

保湿するといっても「普段のスキンケアでしっかり保湿されるような基礎化粧品を使っているし・・・」という人もいるかと思います。

私も高保湿の基礎化粧品を使っていたにもかかわらず、1年中敏感肌に悩まされていたのでなんでだろうという不思議な気持ちでいっぱいでした。

その敏感肌の原因は、私の化粧にあり洗顔にも原因があったのです。

普段しっかりとメイクをする人は特に注意してください!
それではご紹介していきます!

敏感肌になる原因はクレンジングと洗顔料のW洗顔のせい!


敏感肌になる原因は、しっかりと洗浄をしすぎていることが原因のひとつだと言われています。

毎日バッチリとメイクをする人は多いですよね。

マスカラやアイラインを使ったアイメイク、ニキビやクマを隠すためのコンシーラー、毛穴を隠すためのファンデーションなど、自分の肌悩みやなりたい顔に合わせて毎日メイクをしているかと思います。

しかしそうやってバッチリと化粧をすることによって落としにくいメイクになってしまいますよね😥

すると洗浄力の低いクレンジング料はまず使わないかと思います。
洗浄力の高いオイル・リキッドタイプのクレンジング料で落としたり、拭き取りタイプのメイク落としでささっと落としますよね!

オイル・リキッドタイプや拭き取りタイプはしっかりとメイクを落とすことができますが、肌への刺激が強く負担が大きいんです!

刺激が強く負担の大きいクレンジング剤を使うことによって

・肌荒れ
・シミ
・敏感肌

などの肌トラブルの原因になってしまいます。

なのでクリームタイプやジェルタイプなど洗浄力の低いクレンジング料を使うか、落としやすく肌に優しいミネラルコスメを使うことをオススメします!

国産ミネラルコスメとセラミドスキンケアを展開しているETVOSを私は使っているので、敏感肌でセラミドケアしながら肌を健康に保ちたいという人は使ってみてくださいね!

【ETVOS(エトヴォス)】メイク・スキンケア

また、クレンジング料を使ってメイク落としをしたあとは、洗顔料を使って肌についた汚れを落としますよね。
メイクを落としたあとに洗顔料で顔を洗うこと・・・つまりW洗顔。

このW洗顔を間違った方法で行なっていると、肌の水分を奪いセラミドが失われた乾燥しやすい肌をつくってしまうのです。

しかし、クレンジングも洗顔もきちんと役割があるので、どちらかをおろそかにするのはNG!

その役割とは、クレンジングがメイクを落とすものに対して、洗顔の役割は肌の脂汚れやホコリを落とすこと!

落とすものは落として、肌老化も敏感肌も予防しちゃいましょう!

敏感肌の洗顔に普通の石鹸はNG!


さて、クレンジングや洗顔の役割がわかったところで洗顔にはなにを使ったらいいのかをご紹介していきます!

洗顔料には様々なタイプがありますよね。
ポンプで出てきたりする泡タイプ、洗いあがりのしっとりするタイプ、固形石鹸タイプなど・・・

固形石鹸を使うのであれば、透明の洗顔用石鹸を使うようにしてください!

泡をモコモコにできて、洗い上がりはさっぱりとしている石鹸は刺激が強いです!

選び方としては、無添加・低刺激・敏感肌用など書かれているものであれば、敏感肌でも安心して使うことができるでしょう。

成分に、植物性アミノ酸系の成分が入っていればより◎!
確認した上で自分にあったものはどれか見極めてみてくださいね!🙆

また、顔の洗う順番も皮脂の多い場所から洗うことが重要!

①あらかじめ顔全体をしっかりと濡らしておきます
②顔が乾燥してしまう前に泡だてネットで素早く泡だてます
③Tゾーン→Uゾーン→目と口の周りという順番で泡をのせます
④32度くらいのぬるま湯で丁寧にすすいいでタオルでポンポンと軽く拭き取ります

洗ったあとは素早くスキンケアを終わらせましょう!!

また、肌に刺激を与えるものは、オイル・リキッドタイプのクレンジング剤や拭き取りタイプだけではありません。

例えば、リキッドファンデーションや日焼け止め下地など!

これらも肌を敏感にしてしまいます!😥
クレンジング剤だけではなく、普段使っているものを気をつけたいという人は是非気を使ってみてください!

敏感肌のスキンケアは何が正解?


さて、敏感肌のクレンジングや洗顔について詳しく理解することができたかと思います。

こちらではそんな敏感肌のスキンケアにはどういったものを使うのが正解かをご紹介していきます!

大前提として、敏感肌のスキンケアにはバリア機能を回復させるための保湿が重要です。

そんな、肌にあまり刺激を与えずに保湿を行うスキンケアとは一体・・・?

敏感肌は化粧水に時間を置かないのが正解!


スキンケアの行程で一番最初にくるのが化粧水ですよね!
肌への浸透を高め、たっぷりと水分補給を行うために化粧水を使うかと思います。

そんな化粧水で重要視して欲しいのはスピード!!

特にお風呂上がりなんかは肌から水分が蒸発しやすくなっています!🙅🙅🙅

もともと水分というのは、水分のある方から乾燥している方に移動するような性質を持っています。

なので、お風呂上がりにタオルで拭くことによって、タオルが過剰に水分を吸収してしまうんです!

女優さんを例に出すと、タオルで拭かずに濡れた状態でスキンケアを全て行う女優さんもいるんだとか!
やっぱり美容に気を使っている女優さんは、さすがすぎますね🙋

また、タオルで拭き取った水分の代わりに、化粧水をたっぷりとつければいいというわけでもありません。

化粧水をたっぷりつけようが、重ね付けしようが肌の水分を保持するチカラが低ければ意味をなさないからです。
そこで化粧水をつけてから美容液や乳液、クリームをつけるまでのスピードを早くすることによって、肌の乾燥を防ぎます!

アルコールやメントールのような強い刺激のものは避けるようにし、
アミノ酸などのNMF成分などの保湿成分を配合した低刺激の化粧水を使って肌に負担のないようにしましょう!

敏感肌はセラミド配合の美容液を使うのが正解!


敏感肌であれば、バリア機能の回復を行うことが先決です!
そこでセラミドが配合された美容液を使うようにしましょう!

そもそもセラミドとは、皮膚の細胞間脂質の約40%を占めている物資です。
水分をしっかりと挟み込んでキープするような特性があるので、セラミドがあるかないかで肌質も変わってくると言えるでしょう。

セラミドは、冬場など湿度が低くなる季節でも、水分を保っていられ、ぷるぷるの肌を維持することができる最強の保湿物質だと言われています。

量や種類にもよりますが、価格としては3000円以上のものを選ぶようにしましょう!

低価格のものであれば、セラミドが配合されていたとしても効果的な量が配合されているとは限らないからです🙅🙅🙅

敏感肌は手で温めてから乳液を使うのが正解!


乳液はしっかりと手のひらで伸ばして温めてから、なじませるように塗るのが正解!

使う乳液は、できればセラミドが配合された美容液に近い乳液を選びましょう!

少し前までは油分でフタをすることで、肌表面に油膜を作ることで水分が逃げないと考えられていましたよね。
私も化粧水のあとは、油分でフタをすれば乾燥しないはずと思ってスキンケアをしていました・・・。

しかし、油分で肌の水分が保持されるわけではなく、むしろ油分の与えすぎは肌によくないとまで言われています。

そこでセラミド!
水分を強力に挟み込んでくれるので、油分で水分をキープしようとしなくても、しっかりと保湿をしてくれるんですよ🙆

選ぶポイント
・美容液に近いセラミド配合のもの
・油分の少ないもの



水さえもしみてしまうという敏感な状態になっているのであれば、乳液を使わずにクリームのみで保湿してくださいね!

もしくは、美容皮膚科などに相談をしてみてください💁

敏感肌は保湿クリームをケチらないのが正解!


敏感肌であればケチらずに保湿クリームをたっぷりと塗りましょう!
もったいないからと保湿クリームを少量だけ塗っても、効果を十分に発揮することはできません。

効果を十分に発揮するためにも、手のひらでしっかりと伸ばして温めてから塗るようにしましょうね!

肌のかゆみや赤みがでるようであれば、下手に何か塗るよりもワセリンなどでケアするのが◎!

肌はベタベタしてしまうかと思いますが、刺激を与えずに少しでも早く塗るようにしましょう!
メイク下地としても使うことができるので、肌が敏感になっているけど化粧をしたいという人は使ってみてください!

また、肌が敏感になっている時は、酵素洗顔やピーリングなどの肌の刺激になるものは避けましょう!

敏感肌はパックの時間を守るのが正解!


敏感肌だけに言えることでもないですが、フェイスパックにかける時間は守りましょう!

フェイスパックのパッケージに時間が絶対に書いてあるはずなので、
気持ち2分早めぐらいにパックを取るようにしましょう!

理由としては、乾燥してしまうから!

「いやいやフェイスパックって、肌の保湿のためにしてるや〜ん。」って思いますよね。

しかし、あなたが思っているよりフェイスパックのコットンから水分が蒸発してしまうスピードは早いのです。
その上、水分は乾燥している方に移動してしまう特徴があります。

化粧水の時にも言ったようにスピード重視!!
フェイスパックを外したあとはすぐに乳液やクリームを塗って、保湿するようにしてあげましょう!

敏感肌がオールインワンジェルを使うなら成分を見るのが正解!


基礎化粧品やパックなどの効果がギュッと凝縮されたのが「オールインワンジェル」

敏感肌であれば成分を見た上で、オールインワンジェルを使いましょう!

オールインワンジェルは、

  • スキンケアの時間短縮ができる
  • コスパの良さ
  • スペシャルケアまでできる
  • どれを使ったらいいのかわからない時に

などの理由から選ばれています!

こっくりタイプも、さらっとタイプもあるので、自分にあったものを使えるのが◎!

このオールインワンジェルでは、

・セラミド
・ナイアシン
・ヒアルロン酸
・レチノール

などが配合されたものを選びましょう!
(値段は3000円以上のもの)

成分表示の1行目にきているものが配合量が多い成分なので、しっかりとチェックをしてみてくださいね!

敏感肌にあった方法を知って、つるんと美肌へ


いかがでしたか?
敏感肌に悩まされている人には、目からウロコなこともあったのではないでしょうか?

私も敏感肌にかなり悩まされてきたので、ついつい熱が入ってしまったところもありましたが、敏感肌を少しでも改善できるようなことを知ることができたら嬉しいです!

また、上手に付き合っていくためには、カラダの内側からの栄養も重要になってきます!

年中肌のかゆみに悩まされていた私が食事を変えただけでかゆみ改善されたので、もっと敏感肌を改善することについて知りたいという人にはおすすめです!

その食事についてはこちらでご紹介しています!
自分の食生活に自信が持てないな・・・という人は是非参考にしてみてくださいね!!💁

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!