バストアップしたいと思っていても、どうやってしたらいいかわからない。そんな女性は多いかと思います。
バストアップをするなら食べ物や生活習慣に気をつけるのが良いのですが、それだけではなかなかバストアップをすることができないという人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、バストアップに効果を期待できるエクササイズなのです😃
バストの悩みは人それぞれで、胸が小さい、バランスが悪い、垂れてしまっているなど様々です。

しかし、エクササイズを行うことであなたのバストも理想の大きさ、そして形へと導くことができるでしょう。
難しそうと感じるかもしれませんが、エクササイズは自宅でもできるからすごく簡単です!

バストアップだけではなく、女性のカラダを美しくするために様々な部位への効果も期待することができるのです。
ここではバストアップになぜエクササイズが効果的なのかということや、様々なバストアップの方法などをご紹介していきます。バストアップをしてより美しいバストを目指したいという人はぜひ、参考にしてみてくださいね!

バストに関する悩み。あなたはどれ?

バストアップをしたい!そうは言ってもバストの悩みは人それぞれ。

  • 胸を大きくしたい
  • 形を綺麗に整えたい
  • 垂れた胸を元の位置にしたい
  • 左右の大きさを整えたい

エクササイズを行うには様々な理由があると思います。
バストの悩みを改善したいのであれば、とにかく大胸筋を鍛えることが良いのです。しっかりと大胸筋を意識してエクササイズを行うことで、あなたの悩みもすっきりと解消させることができるでしょう。

バストアップにエクササイズは効果的?

では、なぜバストアップにはエクササイズが効果的とされているのでしょうか?
女性はスタイルをキープするためにジムに通ったり運動を個人的にしたり様々な工夫を行います。そうしないと30代に差し掛かると体型がどんどん崩れてしまうからです。
腕や足、顔もそうですが、特にバストの脂肪は柔らかいので垂れやすくなってくるのです。

20代まではバストにハリがあってデコルテの部分がすごく綺麗に見えていたという人も30代になるとなんとなくこれまでの雰囲気とは違う・・・。そう感じてしまうものです。
そのように感じたらあなたの体型は崩れていってしまっているのかもしれません!

生活習慣や食生活だけではなく、しっかりとエクササイズをして美しいボデイラインを取り戻してみてくださいね!

胸が垂れてしまう理由について

そもそもなぜ胸は垂れてしまうのでしょうか?
胸って何でできているか知っていますか?胸の大部分は脂肪でできています。他の部位よりも柔らかい脂肪です。
脂肪だけでは胸を支えることはできません。胸を支えているのはクーパー靭帯と言われている繊維状の組織!このクーパー靭帯は胸の90%を占めている脂肪やバストの土台である大胸筋を繋いでくれる役割を果たしています。
このクーパー靭帯、重さや衝撃を与えると伸びてしまったり切れてしまったりするのです。

そうなると、バストを支えることができずに形が崩れてきてしまいます。
バストを垂れさせないためにはクーパー靭帯を丁寧に扱ってたるませないようにすることが大切なのです。

外ではブラジャーをしているけど、家ではブラジャーをしていないという人は、クーパー靭帯がたるんでしまう可能性もあるので要注意!

▪️あなたのバストの形はどれ?

●皿形
アンダーとトップの高低差が少なく、バストに脂肪がついていないのでペタっとしている。

●おわん型
ボールを半分に割ったような形が特徴。胸の上部にも膨らみがあり、綺麗なライン。

●上向き型
先がツンと上を向いている胸。洋服をきた時には胸が小さいように感じるが洋服を脱ぐと膨らむがはっきりある。

●釣り鐘型
アンダーとトップの高低差が大きい。脂肪もあるのでボリュームがあるけどハリを失いやすい胸。

●ハト胸型
歯との胸のような形。ボリュームが上にあるので洋服を着ると大きく見えるけど、高低差は少ない。

●タレ型
脂肪の重さで下に垂れてしまった胸。年齢を重ねた時にバストの下側がボディにくっついてしまう可能性がある。

ブラジャーを上手に活用してバストが下がるのを防ぐ

バストアップのためにエクササイズは大切ですが、胸のハリを維持したいと考えているのであれば、ブラジャーでしっかりと胸を支えてあげることも大切!
しかし、胸が垂れないようにと、かなり締め付けの強いブラジャーをしてしまうと圧迫されて形が崩れてしまうこともあるのです。

あなたのバストサイズに合ったブラジャーなら、大きく息を吸い込んでも圧迫されることはなく、胸は膨らみ、上向きになるかと思います。
小さすぎるブラジャーを選んでしまうことで、脇やお腹、背中にバストの脂肪は流れてしまい、谷間が広がっていってしまいます。そうなると美しい形のバストとは言えないですよね。
バストの垂れを防ぐにはあなたが現在使用しているブラジャーを見直してみましょう!

▪️体系別で見るブラジャーの選び方

●小さいサイズのバストにおすすめ
小さいバストにおすすめなのが1/2カップのブラジャーです。カップ自体の作りが硬く、形が作りやすいのが特徴です。

●大きいサイズのバストにおすすめ
大きいサイズの人で気にしている人もいるかと思います。このような人は、全体を覆ってくれるフルカップがおすすめです。隠すために小さいサイズのブラジャーをつけてしまっていては、胸の肉がはみ出てしまい、余計大きく見えてしまいます。

●ハト胸のバストにおすすめ
ハト胸の人は、上辺がカットされている3/4カップがおすすめ。胸の上のボリュームがあるので締め付けないようにしましょう。

●垂れ胸バストにおすすめ
バストが垂れているという人は、3/4カップのブラジャーで元の位置まで戻してあげることが大切です。

●外向きバストにおすすめ
バストが横向きに開いてしまっているという人は脇側に当て布がついている3/4カップがおすすめです。



ブラジャー選びが解決したら次は正しいつけ方ですね。
まずはうつむいてバストの膨らみをすくいあげるようにつけていきます。そしてホックを止めたら少しカラダを起こして肩紐をすくい上げましょう。完全に状態を起こしてカップからはみ出てしまった胸の肉を引き上げれば完了です!

普段はあまり気にせずにブラジャーをつけているという人が多いかもしれません。しかし、こんなに簡単につけることができるのだから、あなたもブラジャーをつける時は、正しいつけ方を心がけていきましょう。

首のシワとバストの関係性について

残念ながら私たちのカラダは年齢を重ねることで様々な部分にシワができてきてしまいます。
このシワもバストを垂れさせてしまう原因ということを知っていますか?

先ほどもご紹介したクーパー靭帯ですが、胸を支えるというかなり大変な役割を果たしてくれています。
しかし、そのクーパー靭帯にも限界はきてしまいます。胸を支えるためにはクーパー靭帯だけではなく、皮膚の力も必要になるのです。
首にシワができてしまうと胸が垂れると言われています。これは、首の皮膚がたるんでしまうことでクーパー靭帯も下がるのが原因なのです。

胸の皮は様々な部分に繋がっています。バストだけではなくバスト周りのシワを増やさないように心がけましょう!

首のシワを防いでくれるストレッチについて

①ベッドの端に頭を出すように寝転がります。ゆっくりと頭を背中より少ししたに落としていきます。
②頭をカラダと水平になるような位置まで持ち上げます。
③自分のお腹を見るイメージで頭を持ち上げてゆっくりと①の場所まで戻しましょう。

首のシワを予防してバストの垂れを防いでくださいね!

バストアップには大胸筋を鍛えるのがおすすめ!

バストアップをしたいと考えているのであれば、大胸筋を鍛えることがおすすめです。
女性らしい丸みのあるバストやヒップは女性らしさをアップさせてくれる象徴ですよね!スタイルをよくすることで、洋服もカッコよく着こなすことができます。

バストの大きさは先ほどもお伝えしましたが、脂肪の量で決まります。
方を丸めている姿勢や運動不足になってしまっている場合、もしくは大胸筋が弱々しいと年齢が若くてもハリが全くないバストになってしまうでしょう。

大胸筋はバストの土台とも言える筋肉。
この部分が硬くなってしまっていたり、縮んでしまっているとバスト全体が垂れてしまったり、位置が下がってしまったりと様々なトラブルが出てきてしまいます。

縮こまってしまった大胸筋に引っ張られてしまうことで、方が落ちてしまい、肩甲骨が引っ張られてしまい、カラダの動きが悪くなってしまうのです。

バストの土台である大胸筋を鍛えてあげることで、美しい形や大きさを目指すことができるでしょう。

自宅でできる簡単エクササイズをご紹介

バストラインは女性らしさを引き立ててくれる存在ですよね。
本来のバストといえば、乳腺を守るために脂肪が取り囲むという構造になっています。なのでほとんど脂肪でできているのです。脂肪でできているということは鍛えないとたるんでしまったり、形が崩れてしまったりと様々なトラブルが起ってしまいます。

脂肪を支えている大胸筋が衰えてしまうことで引力に逆らえず垂れ下がってしまうのです。普段から鍛えていないと、大胸筋なんてなかなか使わない筋肉ですよね。
大胸筋だけではなく、胸周りのエクササイズを行うことで、様々なバストの悩みを解消することができると思いますよ!

下記では自宅で簡単にできるエクササイズをご紹介しています。
どれもバストアップに効果を期待できるものなので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

通勤時間に谷間を作るエクササイズ

通勤時間を活用して谷間を作ることができたら嬉しいですよね!このエクササイズはつり革を活用したエクササイズになります。

①つり革を握って自分の方に寄せていきます。
②できるだけ肘が90度になるようにつり革につかまって、肘を胸の中央にぎゅっと寄せるように動かしていきます。
③数か繰り返したら反対がわも同じようにしていきましょう!

胸の中央に筋肉をつけて、広がらない谷間のあるバストを目指すことができます。

ポイントとしては、手首を曲げないで肘から手首までをまっすぐにすることです。

お風呂で行えるエクササイズ

お風呂の時間ってリラックスタイムでもあり、エクササイズにはなかなか良い時間なんです!
下記ではお風呂でできるエクササイズをご紹介しています。あなたも早速始めてみてくださいね。

上向きのバストを作るストレッチ

①浴槽につかり、膝を立てて体操座りをします。
②体操座りのまま、浴槽のサイドを強く押します。
③体操座りのまま、手のひらで自分の膝を両サイドから強く押していきましょう。

各2〜5回くりかえることで効果を実感することができます。

肩甲骨ストレッチ

①湯船に浸かり、肩甲骨を伸ばしていきます。
②湯船に使った状態で両手を合わせできるだけ腕を前に伸ばします。
③胸元に引き寄せたりする動きを10回程度行いましょう。

大胸筋を鍛えるエクササイズ

大胸筋を鍛えることができるエクササイズ方法はたくさんあります。
いくつかご紹介していくので、あなたにぴったりのエクササイズを探してみてくださいね♪

椅子を使ったエクササイズ

バストを支えてくれる大胸筋。鍛えることは大切ですが、あまりにも鍛えすぎてしまうとバストの脂肪が減ってしまうので毎日軽く行うことがポイントです。

①足を肩幅に開いて膝の間を握りこぶしひとつ分開き、椅子に座ります。この時、両手は桃を挟むように両サイドに置いておきます。
②背筋をまっすぐにして、軽く前かがみになります。両手を膝の外側に当てて内側に押し、足は膝がつかないように力を入れていきます。

手のひらプッシュ

①胸の前で、タオルや小さいクッションを両手で挟みます。
②手を叩くように5回ポンポンとし、プッシュして10秒間キープしていきましょう。
③顔の前でも同じように5回ポンポンして10秒プッシュします。タオルを挟むことで圧がかかりやすくなり、大胸筋を鍛えやすくなるでしょう。
④アンダーバストの高さでも同様に5回ポンポンして10秒プッシュ。大胸筋や二の腕の筋肉をしっかりと意識して行います。

平泳ぎ背筋

①うつ伏せになって肘を曲げて胸の前に手を持ってきます。手や腕は床につけないようにして軽く浮かせた状態からスタートします。
②腕をカラダの横にいっぱい広げて、元に戻していきます。この際、足も宙に浮かせて①の姿勢に戻ります。これを5回ほど繰り返しましょう。
③最後にえび反りをして10秒間キープします。この時に腕や肘は曲げないようにして、足先も宙に浮かせましょう。

膝付き腕立て伏せ

①肩幅よりも狭い位置に膝をつけて、手のひらを床につけます。
②膝をついたまま、足先をあげてクロスしていきます。
③肘を外側に春ようにして、10回腕立てをしていきましょう。腰だけを落とすのではなくカラダ全体を落としていきます。
④10回完了したら腕を前に投げ出して背中をしっかりと伸ばします。

バストアップと小顔エクササイズ

①椅子に座り、肩甲骨を寄せながら肩だけを後ろに回していきます。左右の肩甲骨を寄せるイメージで8回ほど行っていきましょう。
②手のひらをぴったりと合わせて背中で腕をまっすぐ組みます。
③手を組んだまま肩を後ろに8回回していきます。

デコルテエクササイズ

①二の腕を床と並行にします。肘は直角です。
②息を吸いながら腕と肩のラインが一直線になるように大きく開いていきましょう。背中は肩甲骨に寄せるようにしていきます。
③いきを吐きながら肘と肘をぴったりとつけます。バストを中央へ寄せるイメージで行いましょう。

バストアップに効果的なリンパマッサージ

上記ではバストアップに効果を期待することができるエクササイズをご紹介してきました。いかがでしたか?
どのエクササイズも簡単にできるものばかりだったと思います。
ここからはバストアップに効果的なリンパマッサージを少しご紹介したいと思います。マッサージを行うことでバストアップだけではなく、むくみなどの解消にも期待することができるので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

垂れ気味のバストを上向きに

①肩ひざを立てて座り、両手で足をつかみます。両手の親指をつま先から足首に向かってこうごに動かして指の間の甲をさするようにしていきましょう。反対側の足も同様に行います。
②両手のひらを足首に当てて、足の外側と内側から包むように、左右の手をこうごに動かしていきます。そけい部まで全体をさすって上げていきましょう。反対側の足も同様に行っていきます。
③バストの周囲をさすっていきます。まず、親指以外の4本の指を手と反対がわの脇に当てていきます。バストの丸みに沿ってぐるっと円を描くようにさすりましょう。反対側も同様にしていきます。

バストの土台の大胸筋がたるんでしまうとバスト自体もたるんでしまいます。しかし、上記でご紹介をしているマッッサージを行うことでコリやむくみをとり、理想のバストを目指すことができるのです。

外向きのバストに谷間を作る

①片膝を立てて座ります。親指以外の4本の指を足首の内側に当てて、左右の手を交互に動かしていきましょう。足の内側のそけい部までさすり上げるようにします。反対側の足も同じように行いましょう。
②親指以外の4本の指を右手は左肩、バストの下を通って右のわき下へ、左手は右肩からバストの下・左わき下へ、左右の手を交互に動かしてわきをさすります。
③両手のひらの中央をくぼませて、左右の手をこうごに動かします。バストを下から持ち上げるように、ぽこぽこと優しく叩いていきましょう。反対側も同じようにしていきます。

バストが外向になってしまうのは、余分な水分が溜まってしまうのも原因の1つ。むくみやすい人は全身の代謝が悪くなってしまっています。
マッサージを行うことで谷間のあるバストを作ることができるのです。

ふっくらとしたバストを作る

①親指以外の4本でお腹からわきの下のくぼみ部分を持ち上げるようにさすります。そしてわきの下を押していきましょう。5秒かけてゆっくりと押して5秒かけてゆっくりと戻していきます。反対側のわきも同様に行いましょう。
②手首の外側に、反対側の手のひらを当てます。腕を包み込むように手のひらを肌に密着させて腕の外側をわきのしたまで、そしてバストの周りをさすっていきます。反対側も同様に行いましょう。
③親指以外の4本の指を手と反対側のわきに当てます。バストの丸みに沿ってくるくると円を描くように丁寧に揉んでいきましょう。反対側も同様に行います。

ふっくらとしたバストには胸のコリがない状態。パソコンやスマホを使用する人は肩や首や腕が凝っているので胸周りの筋肉も凝ってしまいます。コリを取り除くことでふわふわとしたバストを手に入れることができるでしょう。

ハリのあるバストを目指す

①両手のひらを足首に当てて、両手のひらで足の内側と外側から挟むように動かします。足首から足の付け根までさすり上げて反対側も同様に行いましょう。
②親指以外の4本で指を胸の中心に当てて、両手で恥骨までの体中心を押していきます。左右の手のひらをこうごに動かして同じラインをさすりおろしましょう。
③親指以外の4本の指をてと反対側のわきに当てて、バストの丸みに沿ってぐるりと円を描きます。内側も丁寧にさすっていきましょう。

バストを大きくする食べ物を食べるようにする

上記ではバストアップに効果を期待できるリンパマッサージについてご紹介しました。いかがでしたか?
バストだけではなく、むくみなどにも効果を期待することができる方法なので、スタイルアップにもおすすめです。

エクササイズやマッサージを行うもの大切ですが、食生活の乱れも改善していく必要があります。
バストを綺麗に見せる栄養素はビタミンEです!女性ホルモンの分泌を促してくれる効果を期待できるのでバストアップには欠かすことができない成分でしょう。

ビタミンEが含まれている食べ物は、かぼちゃやナッツ類、アボカドやブロッコリーや大豆です。ビタミンEだけではなくビタミンCも摂ることでバストの弾力アップに期待できます。
もしもバストにハリがなくなって下がってきてしまったという人は、これらの成分を積極的に摂るように心がけてくださいね。

最後に

今回はバストアップに効果を期待できるエクササイズや、マッサージなどについてご紹介してきました。
バストアップをするのってすごく難しそうに感じますが、食生活や生活習慣、運動を心がけることでいくつになってもバストアップすることはできるんです!

バストアップには様々な方法があります。今回ご紹介したものや、ツボ押し、それにサプリメントなど。
どの方法が自分に合っているのかわからない。そう思ってしまいますよね。しかし、きちんと続ければ、どの方法でも効果を実感することができるはずなのです。

今回ご紹介した方法がどうしても続けることができない、どうしてもカラダに合わないという人は
バストアップを目指す人におすすめ!7つのリンパマッサージで目指せ美乳
胸に脂肪をつけたい人必見!おすすめの情報盛りだくさんです♪
おすすめの胸を大きくする方法【10選】!あなたも試してみて。こちらの方法も参考にしてみてくださいね。

年齢を重ねることでバストはどんどん下がってきてしまいます。今バストの下がりや弾力低下に気がつくことができた人はすごくラッキーなんです!
これから何もしない状態だとどんどん下がる一方。そうなる前にしっかりとバストアップ方法を試して、美しいバストを保ってくださいね😃

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!