バストアップをしたい!女性なら誰しも一度は胸を大きくするために様々なチャレンジを行うのではないでしょうか?

しかし、どんな方法を試しても結局はあまり効果を実感することができなくて途中で挫折をしてしまう人が多いかと思うのです。

もちろんこれまで行ったバストアップ方法も決して無駄ではありません!😃

でもバストアップを行うのであれば、バストの構造をまずは知って、胸を大きくするためにどのような成分が必要なのかなどをしっかりと把握しておく必要があるのです!

あなたはこれまで胸の構造を考えたことがありますか?

なんのためにバストアップに効果的な運動やストレッチ、食事を行うのか考えてからチャレンジをすることで、よりスムーズなバストアップを目指すことができるでしょう。

ここでは主にバストアップに効果を期待することができる食事のレシピをご紹介していきます。

他にもバストの構造やバストアップに効果を期待することができる成分などもご紹介をしていくのでバストアップをしたいと考えている人はぜひ、参考にしてみてくださいね😍

まずは早速バストアップを目指すために必要なことやバストの構造について説明していきます!

バストアップを目指すなら女性ホルモンのエストロゲンが大切!

私たち女性のカラダは女性ホルモンのバランスによって大きく左右されます。

女性ホルモンと言っても実は2種類あるってこと、知っていましたか?知っている人もいるかと思いますが、女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類が存在します。

この2種類同じ女性ホルモンということでひとくくりにされているのですが、お互い活躍をしてくれる場が違うのです。

▪️エストロゲン

美のホルモンと言われているエストロゲン。

肌や髪の毛などの新陳代謝を促してくれて、ハリやツヤを保ってくれます。

また、バストアップやウエストの引き締めにも良い影響を与えてくれる、女性らしいスタイルを作るのに欠かすことができない成分なのです。

▪️プロゲステロン

母のホルモンと言われているプロゲステロン。

子宮内膜を厚く柔らかくして、体温を上げるなど女性が妊娠を維持するために必要なホルモンになるのです。

しかしプロゲステロンの分泌量が多くなってしまい、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと皮脂を過剰分泌させたり、便秘をしてしまったりと美容にはあまり良くない影響が出てきてしまうこともあるのです。

生理前に肌が荒れてしまったりしませんか?それはこのプロゲステロンの影響が大きいのです。

これだけ見るとプロゲステロンはかなり嫌なホルモンに見えてしまいますが、どちらのホルモンも私たちが健康に過ごすためにはかなり大切なのです。

女性ホルモンのバランスを整えることでスムーズなバストアップを行うことができるんですよ!

女性ホルモンは20代後半から減り始める?

20代だからまだ若い!そう思っている人も多いかと思います。

確かに20代は仕事、家庭、子育てなど様々な分野で活躍をする年代ですよね。

しかし、女性ホルモンは20代後半から減少し始めているって知っていましたか?

30代でも40代でもないんです。20代後半から減り始めるんです。

女性ホルモンのピークが20代後半と言われており、その時期を過ぎるとあとは減少していくばかり・・・・。

私たちが思っているよりも早く女性ホルモンの分泌は少なくなっていくのです。

初潮を迎えてから今までずっと付き合っている女性ホルモンですが、一生のうちにどのくらい分泌されるか知っていますか?

実は女性ホルモン、一生でティースプーン1杯分ほどしか分泌されないのです。

もともと少ないのに20代をピークに減少してしまうなんてびっくりですよね!😲

先ほどもお伝えしたように、バストアップには女性ホルモンであるエストロゲンが重要になってきます。

着々と減少しているエストロゲンを増やしていかないとバストアップを行うのは正直難しいのです。

もちろん女性ホルモンはバランスが大切です。

どちらかが多くなったり少なくなったりしないように分泌を増やす必要があるのです。

バストの構造を知っておこう!

胸を大きくしたいからと言って、一回太って胸を大きくしようとう考えを持っている人もいるかもしれませんね。

しかし、その考えは間違っています。

確かに胸は上記のイラストのような構造でできており、9割が脂肪で残りの1割は乳腺組織でできているのです。

胸に脂肪は密集していることは確かで太ることでバストアップを行うことができるかもしれません。

しかし、ダイエットをして真っ先に落ちる脂肪も胸なんですよ!😥

胸の脂肪は他の部位の脂肪と比較をすると非常に柔らかな脂肪でできています。なので一番最初に落ちると考えられているのです。

そんな方法って無茶なんです。そこで思い出してほしいのが先ほどお伝えをした「割が脂肪で残りの1割は乳腺組織でできている」ということ。

上記のイラストを見てもらうとわかるのですが、乳腺の周りを脂肪が囲っていますよね。

バストの脂肪は乳腺を守るための大切なものなのです。

つまり、乳腺を発達させることでバストの脂肪もおのずと増えるというわけ9:1の割合は変わらないんですよ。

乳腺を発達させるには女性ホルモンが必要不可欠。

女性ホルモンを分泌させるためには、有効的な食事を摂る必要があるのです。

女性ホルモンのこと、そしてバストの構造を把握することができたところで次はバストアップを行うことができる食事の特徴についてご紹介をしていきましょう!🍴

バストアップができる食事の特徴は?

食事の方法を変えるだけでバストアップをすることなんてできるの??まだ疑っている人もいるかもしれませんね〜!😃

確かに全ての人が食べるたけでバストアップをすることができるのかなんてわかりません。

食べるタミングや量や体質などによってもバストアップへの効果が変わってきてしまうこともあるからです。

早くバストアップを行いたいからと言ってむやみにたくさんの量を食べてしまうのも間違っています。

バランスの良い食事をとるということも大切なんですよ♫

バストアップを行う際に効果を期待することができる代表的な食べ物といえばやはり大豆イソフラボンですよね!

学生の頃など、バストアップをするためのひたすら豆乳を飲んでいる人も多かったはず!

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれる効果を期待できるんですよ。

つまり、女性ホルモンに似たらたらきをする、もしくは女性ホルモンをサポートする成分を摂ることで、バストアップへの効果を期待することができるんです😍

バストアップに効果を期待することができる成分について

ここからはバストアップに効果を期待することができる成分についてご紹介をしていきます🍅

上記でご説明をしたように女性ホルモンの分泌をアップさせるためには様々な成分が必要になります。

今からご紹介をする成分をバランス良く摂ることでバストアップを目指すことができるでしょう!

ご紹介する成分は全部で7つです。

1:イソフラボン

先ほどもご紹介をした用意イソフラボンは女性ホルモンをアップさせるためにかなり役立つ成分です。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、私たちが毎日食べている食べ物にも多く含まれているんですよ。

▪️イソフラボンを含んでいる食品

  • 納豆・・・1パックで65.0mg
  • 大豆飲料・・・125mlで69.0mg
  • 豆腐・・・1/2丁で55.0mg
  • 油揚げ・・・1.2枚で52.5mg
  • 大豆煮・・・50gで30.0mg
  • きな粉・・・大さじ1杯で15.6mg
  • 味噌・・・大さじ1杯で7.2mg

身の回りの食べ物でイソフラボンを摂ることができるので、できれば毎日の食事に取り入れてくださいね!

2:たんぱく質

たんぱく質は私たちが生きていくために必要な成分です。たんぱく質は女性ホルモンをサポートしてくれるだけではなく、乳腺組織を発達させたり、バストの土台となっている大胸筋を鍛えてくれる効果を期待することができます。

質の良いたんぱく質を摂ることでよりスムーズなバストアップを期待することができるでしょう。

▪️たんぱく質を含んでいる食品

●肉類(100gあたり)

  • 生ハム・・・24.0g
  • 鶏ささみ・・・23.0g
  • ローストビーフ・・・21.7g
  • 牛もも肉・・・21.2g
  • 豚ロース・・・19.3g
  • ウインナー・・・13.2g

●魚類(100gあたり)

  • いくら・・・32.6g
  • 焼きたらこ・・・29.3g
  • するめ・・・69.2g
  • かまぼこ・・・12.1g
  • 魚肉ソーセージ・・・11.5g

●卵類(100gあたり)

  • 卵黄・・・16.5g
  • ゆで卵・・・12.9g
  • 生卵・・・12.3g
  • 卵白・・・11.3g

●大豆製品(100gあたり)

  • きな粉・・・35.5g
  • 油揚げ・・・18.6g
  • 納豆・・・16.5g
  • 厚揚げ・・・10.7g

●乳製品(100gあたり)

  • パルメザンチース・・・44.0g
  • 脱脂粉乳・・・34.0g
  • プロセスチーズ・・・22.7g
  • カマンベールチーズ・・・19.1g
  • ヨーグルト・・・4.3g

たんぱく質も様々なものに含まれてました!

乳製品にこんなにも含まれているなんて少しびっくりですね。こちらもバストアップには欠かすことができない成分なので、できるだけ毎日食べるようにしましょう🐮

3:ボロン

あなたはボロンと言われる成分を聞いたことがありますか?

ボロンも大豆と同じように女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれる成分なのです。

それだけではなくバストの脂肪も増やしてくれる働きがあるので積極的に摂りたいですね!

▪️ボロンを含んでいる食品

  • キャベツ・・・100gで1.45mg
  • りんご・・・1個で1mg
  • レーズン・・・100gで4.51mg

ボロンは1日の摂取目安量は3mgと言われています。

あまり摂りすぎてしまうと肌荒れや生理不順などの副作用が出ることもあるので注意が必要です。

上記の食品以外にも「海藻類」「アーモンド」「ぶどう」「はちみつ」などにも含まれていますよ♫

4:コラーゲン

コラーゲンはよく化粧品などにも含まれていたり、最近では飲むコラーゲンなどの商品も人気となっています!

コラーゲンはバストアップというよりもバストにハリや弾力を与えてくれる成分です。

バストだけではなく全身ぷるぷるを目指すことができるので積極的に摂ってくださいね。

▪️コラーゲンを含んでいる食品

●動物性コラーゲン

  • 牛すじ・・・4,980mg
  • 鶏軟骨・・・4,000mg
  • 豚白モツ・・・3,080mg
  • 手羽先・・・1,550mg

●海洋性コラーゲン

  • フカヒレ・・・9,920mg
  • サケ皮あり・・・2,410mg
  • イカ・・・1,380mg

5:ビタミンA

ビタミンAと言われても何に含まれてるのかいまいちよくわかりませんよね。

ビタミンAはコラーゲンと同じようにバストにハリや弾力を与えてくれる成分になります。

私たちが日常食べている多くのものに含まれているので積極的に摂ってくださいね。

▪️ビタミンAを含んでいる食品

▪️豚・・・スモークレバー
▪️鶏・・・肝臓
▪️豚・・・肝臓
▪️アンコウ・・・きも
▪️あゆ・・・内臓
▪️パセリ・・・乾燥したもの

6:ビタミンB6

ビタミンB6は女性ホルモンの、主にエストロゲンの代謝を促してくれる役割があります。

お魚類に多く含まれている成分なので積極的に魚を食べるようにしましょう!

しかし必要以上に摂取をしてしまうと、水溶性のために尿から排出されてしまいます。

1日の摂取上限は10mgと言われているのでその範囲で摂るようにしましょうね。

▪️ビタミンB6を含んでいる食品

▪️唐辛子
▪️米・・・米ぬか
▪️ニンニク・・・ガーリックパウダー
▪️バジル・・・粉
▪️パセリ・・・乾燥したもの
▪️酵母・・・酵母パン

7:ビタミンE

ビタミンEも女性ホルモンのエストロゲンの代謝を促してくれる役割を果たしてくれます。

血液の流れをよくしてくれるので子宮の元気のサポートも!

生理不順に困っているという人にもおすすめの食品なのです。

ビタミンEの1日の摂取量は成人男性、6.5mg。成人女性6.0mgとなっています。

▪️ビタミンEを含んでいる食品

▪️せん茶
▪️アーモンド・・・乾燥したもの
▪️唐辛子・・・乾燥したもの
▪️小麦・・・小麦はいが
▪️サフラワー油
▪️あゆ・・・内臓

バストアップをするための栄養素は食事からとるのがおすすめ

上記でもお伝えをしていますが、バストを構成しているのは9割の脂肪と1割の乳腺組織です。

乳腺組織を守るための脂肪なので。乳腺を成長させることができれば自然とバストの脂肪も増える仕組みになっているのです。

そうは言っても単純に太れば良いという話ではありません。バストアップはそんな話ではないのです。

乳腺の成長のためには女性ホルモンが重要な鍵となります!😬

女性ホルモンの働きを活発にさせるためにも必要な栄養をしっかりと摂る必要がありますね。

下記では女性ホルモンの分泌を促してバストアップへの効果を期待することができるバストアップレシピをご紹介しています!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♫

バストアップに効果を期待できるレシピを大発表♪

上記でバストアップの食事に足しする知識をつけたところでいよいよここからはバストアップへの効果を期待することができるレシピをご紹介していきます!

様々な食事がありますが、とにかく栄養を満遍なくとるのが一番べすとなんですよ😃

下記ではいくつかレシピをご紹介していくのでお気に入りのレシピがあれば、ぜひ試しに作ってみてくださいね。

バストアップレシピ①豆乳蜂蜜生姜

▪️材料

蜂蜜・・・スプーン1杯
生姜チューブ・・・4㎝くらい
豆乳・・・コップ1杯
お湯で作る場合はコップ1/3程度


▪️作り方
①蜂蜜と生姜をレンジで温めた豆乳に溶かします。600Wの場合は1分30秒くらいでOK!

参照元:https://cookpad.com/recipe/4722838

バストアップレシピ②棒棒鶏

▪️材料

名古屋コーチン もも肉・・・1切れ
きゅうり・・・1本
だしの素・・・大さじ3
ゴマだれ・・・少々


▪️作り方
①大きな鍋に360ccの水を入れて沸騰させましょう。だしの素を水180ccに対して大さじ1杯くらい入れてアクを丁寧にとります。

②鶏肉の皮をしたにして沸騰した鍋に入れましょう。湯温は一度落ちますが、再び沸騰したら弱火にして20分煮詰めます。

③鶏肉をひっくり返してその後20分煮込みます。煮込み終わったら水切りをして粗熱をとって冷蔵庫で冷やしましょう。

④鶏肉を茹でている間にきゅうりを細切りにしておきます。

⑤冷えた鶏肉を2〜3㎜にスライスをしてお皿にきゅうり、鶏肉を並べて冷やします。

⑥よく冷えたらゴマだれをかけて完成です!

参照元:https://cookpad.com/recipe/4026521

バストアップレシピ③トマト納豆

▪️材料

納豆・・・1パック
ネギ・・・適量
トマト・・・半分くらい


▪️作り方
①納豆と付属のタレを混ぜておきます。

②トマトは四角に切っておきましょう。

③ネギとトマトを添えたら完成です。

参照元:https://cookpad.com/recipe/3840389

バストアップレシピ④麻婆豆腐

▪️材料(1人分)

豆腐・・・1/4丁
豚ひき肉・・・40g弱
長ネギ・・・1/8本
豆板醤・・・お好み
●味噌・・・小さじ1弱
●蜂蜜・・・小さじ1弱
●醤油・・・小さじ1
●酒・・・大さじ1/2
●鶏がらスープの素・・・小さじ1弱
●水・・・小さじ4弱
片栗粉・・・水溶き片栗粉にして適量
ごま油・・・少々


▪️作り方
①下準備として長ネギはみじん切りにして、●の調味料をボウルで混ぜておきましょう。

②ごま油を引いたフライパンで長ネギをしんなりするまで炒めて、豚ひき肉と豆板醤を加えてさらに炒めます。

③●の調味料を加えてぶくぶくとするまで煮込みましょう。

④豆腐を加えて少し見込んだあとに水溶き片栗粉とごま油を加えて火を止めます。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_day21/

バストアップレシピ⑤親子丼

▪️材料(1人分)

鶏肉・・・50g
玉ねぎ・・・1/4個
卵・・・1個
酒・・・50ml
水・・・50ml
豆乳・・・大さじ1/2
和風だしの素・・・小さじ1弱
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1/2強
蜂蜜・・・大さじ1


▪️作り方
①下準備として鶏肉は食べやすい大きさに切って、玉ねぎはくし切りにしておきます。卵と豆乳はボウルで溶き合わせておき和風だしの素・醤油・みりん・蜂蜜はボウルで混ぜ合わせておきます。

②フライパンにごま油をひいて玉ねぎが少ししんなりするまで炒めて水とお酒を入れて沸騰させます。

③酒と水が沸騰したら鶏肉と調味料を加えて火を通しましょう。

④卵を円を描くように流し入れて、ある程度火が通れば完成です。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_day20/

バストアップレシピ⑥チンジャオロース

▪️材料(1人分)

牛肉・・・50g
ピーマン・・・1/2個
パプリカ・・・1/2個
たけのこの水に・・・1/4個
塩胡椒・・・少々
片栗粉・・・小さじ1弱
酒・・・少々

●醤油・・・小さじ1弱
●酒・・・大さじ1/2
●みりん・・・小さじ1弱
●オイスターソース・・・小さじ1弱
●蜂蜜・・・小さじ1/2
●鶏ガラスープの素・・・少々


▪️作り方
①下準備としてピーマンやパプリカは細切りにしておき、肉はビニール袋に入れてお酒と片栗粉を揉み込んでおきます。●の調味料をボウルに入れて混ぜ合わせておきましょう。

②フライパンに油を熱して牛肉を炒め火が通ったらピーマン・パプリカ・たけのことタレを加えて強火でさっと炒めます。

③野菜はできる岳細かく切って時短にしましょう。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_day19/

バストアップレシピ⑦チーズインかぼちゃいなりコロッケ

▪️材料(1人分)

かぼちゃ・・・1/8個
玉ねぎ・・・1/8個
チーズ・・・10g
顆粒コンソメ・・・小さじ1弱
バター・・・少々
油揚げ・・・2枚


▪️作り方

▪️下準備

かぼちゃは小さくサイコロ状に切って600Wの電子レンジで温めて柔らかくしておきましょう。

玉ねぎはみじん切りにしてフライパンであめ色になるまで炒めます。

チーズは細かく切っておき、油揚げは油抜きをして切り込みを入れておきましょう。

①ボウルに入れたかぼちゃを潰して玉ねぎやチーズやコンソメを加えて混ぜ合わせます。

②油あげの中にかぼちゃをつめましょう。

③油を多めにひいたフライパンに②を入れて揚げ焼きにしていきます。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_16/

バストアップレシピ⑧いわしつみれのトマトスープ

▪️材料(1人分)

いわしつみれ・・・25g
トマト・・・1/2個
スープの素・・・大さじ1/2
ケチャプ・・・お好み


▪️作り方

①いわしつみれは小さじで丸型にしておき、トマトはサイコロ状に切っておきましょう。

②鍋の水を沸騰させて、だしの素、いわしつみれを入れて火を通します。

③トマトを加えて少し煮た後に味を確認しつつケチャップで整えていきましょう。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_16/

バストアップレシピ⑨中華風マグロの炒め物

▪️材料(1人分)

マグロ・・・100g
ピーマン・・・1個
山芋・・・50g
醤油・・・小さじ1強
オイスターソース・・・大さじ1/2
みりん・・・大さじ1/2
片栗粉・・・適量
塩胡椒・・・適量


▪️作り方

①マグロは好きな厚さに切って、ビニール袋などに入れて片栗粉をまぶしておきましょう。ピーマンは小さめの乱切りにして山芋は短冊切りにしておきます。醤油やオイスターソースやみりんはボウルなどに混ぜておきましょう。

②フライパンにごま油を入れて熱して野菜を軽く炒めてマグロを加えて強火で炒めていきます。

③調味料と塩胡椒をフライパンに加えて均等に混ぜ合わせて中火でさっと炒めます。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_day9/

バストアップレシピ⑩まいたけの中華スープ

▪️材料(1人分)

まいたけ・・・1/4パック
卵・・・1個
中華スープの素・・・大さじ1/2


▪️作り方

①水を鍋に沸騰させてまいたけと中華スープの素を入れてグツグツとするまで煮ます。

②スープがグツグツしたら火を止めて溶き卵を円を描くように鍋に入れましょう。

参照元:https://bustup-cafe.jp/recipe/bustup_recipe_day9/

バストアップを効率的に行うためには・・・

上記ではバストアップに効果を期待することができるレシピを10個ご紹介しました!いかがでしたか?

正直食事でバストアップをすることができるのかなんて未だに半信半疑の人は多いかと思います💧

確かに食べてすぐにバストアップをするということはありません。

毎日きちんと栄養のある食事をとることでバストアップをしやすいカラダになることは確かなのです。

食事だけではなく、バストアップマッサージやストレッチ、ナイトブラなどを活用することでよりスムーズなバストアップを目指すことができるでしょう。

最近流行りのナイトブラってどうなんですかね??

気になっている女性はかなり多いかと思います。

ナイトブラがなぜおすすめされているか知っていますか?

私たちが寝ている時、無意識に寝返りをうちますよね?

その度にバストは潰れてしまったり上下左右に流れていってしまったりとバストを小さくしたり形を悪くしてしまっているのです。

しかし、ナイトブラを活用して寝ることでしっかりとバストをホールドしてくれるので形くずれなどが起きにくく、しかも、背中やお腹に流れてしまったお肉を集めて元のバストのポジションに戻してくれる役割も果たしてくれるのでバストアップを目指している人にかなりおすすめなんです。

ナイトブラについてもっと知りたいという人は「バストアップにはナイトブラが効果的?おすすめナイトブラBEST3の口コミがこれ!」こちらも参考にしてみてくださいね♫

最後に

今回はバストアップを目指す人におすすめのレシピや食事の仕方についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

胸を大きくしたい!そう思っていてもなかなかすぐには大きくなりません。

毎日適度な運動を行い、栄養のバランス、そしてバストアップの効果を期待することができる栄養を摂ることでゆっくりとですがバストアップを行うことができるでしょう。

大切なのは続けるということです。

バストアップを行たいという人は今回ご紹介をしたレシピをぜひ、参考にしてみてくださいね😍

太ってバストアップはもう古い!!胸の脂肪の増やし方がすごいと話題に♫

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!