ダメージヘアに悩んでいる女性ってかなり多いと思うんです。しかし、ダメージヘアを改善しようと思ってもなかなかよくはならないんですよね・・・。市販のオイルを傷んでしまっているところにつけたり、海藻を食べてみたり、髪の毛にダメージをうけてしまうとその都度美容院で修復をしてもらったり、、、。
様々な努力をしているかと思います。

しかし少し油断をしただけで簡単に髪の毛にダメージを与えてしまいますよね😥
丁寧なシャンプーコンディショナー、アウトバスオイル、ドライヤーをしていてもなぜか髪の毛にダメージを与えてしまいますよね。
それってもしかするとあなたのヘアケアの仕方が間違っている可能性もあるんです!!!

正しいと思って毎日行っているヘアケアが実は間違っていたとなれば、全く改善されないのは当然のこと、、、。

ダメージを受けてしまっている髪の毛ってどうしてもボサボサになってしまったり、まとまらなかったり、はねてしまったりということが起こってしまいます。朝から言うことを聞かない髪の毛をまとめるのは一苦労です。

しかし、しっかりとダメージヘアを改善することで、朝もゆっくりと準備を行うことができるでしょう。
ここではダメージヘアにお困りの女性におすすめの改善方法をご紹介していきたいと思います。

▪️ダメージヘアの原因について
▪️トリートメントの方法
▪️ダメージヘア専用のシャンプーは良い?
▪️ダメージヘアを改善するためのおすすめ方法について

興味があるという人はぜひ、参考にしてみてくださいね!
早速、ダメージヘアの原因について説明をしていきます。あなたのダメージの原因も、もしかしたらあるかもしれませんよ!😃

ダメージヘアの原因について

ダメージヘアは様々なことが原因で起こってしまいます。そして、髪の毛の質や生活習慣、食べているものは人それぞれ変わってきます。なので髪の毛がダメージを受けてしまう原因も人それぞれ変わってきてしまうのです。

あなたは毎日の生活でどのことが原因で髪の毛が傷んでしまっているか把握できていますか?ここではダメージヘアの原因についてご紹介をしていきます。

「もしかしたら・・・。」と思うような原因があれば今後しっかりと改善をしていってくださいね!

原因1:パーマ&カラーのダメージ


私たちはおしゃれをするためにパーマやカラーを行いますよね!髪の毛の雰囲気を変えることでリフレッシュをすることができたり、女性の魅力アップにもつながります。しかし、そのパーマやカラーはヘアダメージを与えてしまう原因にもなってしまうのです。

カラーリングやパーマ剤には様々な成分が含まれており、その成分は髪の毛のキューティクルを剥がしてしまうのです。キューティクルが剥がれてしまうと髪の毛の中に含まれている水分が流れていってしまい潤いのないパサパサとした髪の毛になってしまうんですよ!

一度カラーを行ってしまうとどうしてもプリンになることを避けるために次から次にカラーをしてしまいます。パーマに関しても癖になってしまいとれかけたらまた行ってしまいますよね。

これがダメージヘアを作り出してしまう原因になってしまうのです。

原因2:生活習慣の乱れ


私たちの髪の毛ってすごくもろくてダメージを受けやすいのです。
少しのことでもダメージを受けてしまうことがあります。それは生活習慣の中でも引き起こってしまうのです。

お風呂から上がった後、タオルで頭を拭くのは当然のことですよね!早く髪の毛を乾かすためにゴシゴシと髪の毛を拭いてしまいます。しかし、そのゴシゴシこそがヘアダメージの原因になってしまうのです!

髪の毛って水を含んでいる状態はキューティクルが開いているのです。キューティクルが開いている状態で髪の毛をゴシゴシと拭いてしまうとどうしても髪の毛同士の摩擦が引き起こってしまいキューティクルが剥がれてしまいます。

聞いたことがあるかと思いますが、お風呂で髪の毛を洗った後は、タオルドライを行うようにしましょう。

原因3:頭皮環境が悪い


頭皮の環境が悪いという人もいますよね。頭皮にかゆみが出てしまったり、フケなどが溜まってしまっていたり、、、。頭皮の環境が悪い、つまり血液の流れが悪い場合、髪の毛を元気にしてくれる栄養を運ぶことができずにいるのです。

頭皮の環境が悪いばかりに頭皮が硬くなってしまうと抜け毛などの原因にもつながります。頭皮マッサージを行ったりして環境を整える必要があります。

原因4:市販のシャンプーが合わない


おそらくほとんどの人が市販のシャンプーを活用しているかと思います。しかし、薬局やスーパー、コンビニなどで気がるに手に入れることができるシャンプーには界面活性剤がたっぷりと含まれているのです。

界面活性剤には「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸」「パレス硫酸」などがあるのですが、洗った感じさっぱりとしているので、人気なんですよね😃
しかし、界面活性剤が含まれているシャンプーは頭皮に必要な皮脂までも一緒に洗い流してしまうので乾燥の原因にもなってしまいます。シャンプーを選ぶ際はなるべく界面活性剤が含まれていないシャンプーを選ぶようにしましょう!

原因5:紫外線をたくさん浴びてしまう


実は肌だけではなく髪の毛も紫外線を浴びることでダメージを受けてしまいます。長時間紫外線を浴びてしまうと髪の毛のキューティクルは剥がれてしまい、髪の毛の栄養は流れていってしまいます。

髪の毛の栄養が流れてしまうことでどうしても髪の毛はダメージを受けやすくなってしまうでしょう。

原因6:ドライヤーをやりすぎてしまう


早く乾かそうとしてドライヤーを髪の毛に近づけすぎてはいませんか?髪の毛にドライヤーを近づけすぎてしまうと、髪の毛が傷んでしまう原因にもなります。

髪の毛を乾かしてくれるドライヤー、なぜダメージヘアの原因になってしまうのかというと、ドライヤーを近づけすぎてしまうことでキューティクルが剥がれてしまうことがあるのです。何度もお伝えしているようにキューティクルが剥がれてしまうことで、元気な髪の毛を作るための栄養がどんどん髪の毛から抜けていってしまい、ダメージを受けてしまう髪の毛を作り出すのです。

髪の毛をドライヤーで乾かす際は、ヘアオイルを髪につけてドライヤーをする。髪の毛から話して風を当てるなどの工夫をするべきなのです。

あなたのトリートメントは間違っているかも?


上記ではダメージヘアを作り出してしまう主な原因についてご紹介をしましたがいかがでしたか?

ダメージヘアはもしかしたらあなたが原因で作ってしまっているのかもしれません!それを知らずに毎日過ごしてしまうと、よりダメージが広がってしまうことにつながります!

ダメージヘアを改善するための方法でおすすめなのがトリートメント!トリートメントは髪の毛の表面だけではなく内側に対してもダメージを改善してくれるのでかなりおすすめのアイテムなんです。これまでトリートメントをしたことがないという人はぜひ、これを機会にトリートメントをしてみてください!

現在トリートメントを使っているのにヘアダメージを改善することができないという人はもしかしたらトリートメントの方法が間違っているのかもしれませんね。トリートメントはただつければ良いというわけではありません!パサついているからたくさんつける、長い時間つけることで髪の毛がツヤツヤになる。このように考えている人はトリートメントを正しく使いこなしていないのかもしれません。

髪の毛に潤いを与えてくれたり修復をサポートしてくれるトリートメントにはインバスとアウトバスの2種類が存在します。下記では2種類のトリートメントの役割についてご紹介をしているので使い方や役割をもう一度おさらいしてみてくださいね!

インバストリートメント

インバストリートメントは基本的にお風呂にお風呂に入っている時に使用するトリートメントのことを言います。
髪の毛の内側からしっかりと修復をしてくれるのでダメージヘアの髪の毛にぴったりです!

1点デメリットをあげるとするならば、インバストリートメントの場合は洗い流すタイプのものが多いので、思っている以上に髪の毛を修復してくれないことも、、、。商品によって使用方法や配合されている成分も異なるのであなたに合ったインバストリートメントを探すようにしましょう。

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントはインバストリートメントと異なり洗い流さないタイプのものになります。
洗い流さないということはタオルドライを行った後に使用するトリートメントです。

インバストリートメントは髪の毛の内側をしっかりと補修してくれるのですが、アウトバストリートメントの場合は髪の毛をドライヤーの熱などから守ってくれるためのものになるのです。

先ほどもお伝えをしたように、ドライヤーの熱で髪の毛が傷んでしまうこともあるんです。アウトバストリートメントをしっかりと行うことでドライヤーの熱だけではなく、寝具との摩擦なども軽減させてくれます。

髪の傷みは治すことはできない?ツヤ髪を取り戻すための8つのポイントについて

ダメージヘアは元の美しい状態には戻らない


ダメージヘアの状況ってようは傷んでしまっているということなのです。
髪の毛が傷んでしまうとバサバサとしてしまったり枝毛や切れ毛が引き起こされてしまいます。

ダメージヘアを改善したいという気持ち、すごくわかります。しかし、残念ながら一度ダメージを受けてしまった髪の毛はツヤツヤの髪の毛に戻ることはありません。
髪の毛に枝毛や切れ毛ができてしまった場合、おそらくキューティクルはうろこのようになってボロボロになっているかと思います。キューティクルが剥がれてしまうと、髪の毛の中にある水分や栄養はどんどん外に流れていってしまうのです。

髪の毛は肌が変化をした死んだ細胞の集まりと言われているのですが、死んでしまっている細胞には治癒能力はありませんよね。
一定のところまでは改善をすることができるかと思いますが、完全に綺麗な髪の毛に戻すのは無理なのです。

ダメージを受けてしまっている髪の毛を元の状態に戻したいのであれば、一度髪の毛を切る方法を選んだ方が手っ取り早いと思います。しかし、せっかく伸ばしている髪の毛。。。切るなんてもったいないですよね!

元の綺麗な状態には戻ることはないかもしれませんがそれに近い状態には持っていくことができるはずです!
ここでご紹介をしているダメージヘアにおすすめの改善方法をぜひ参考にして、毎日楽しんでケアをしてくださいね。

ダメージヘア専用シャンプーがおすすめされている理由について


ダメージヘアを改善するのであれば、それなりのシャンプーやトリートメントを活用する必要があります。通常の市販で売っているシャンプーと美容院で購入することができるシャンプーではどのように違いがあるのでしょうか。
正直美容院のシャンプーって市販のものと比較をするとなかなかいい値段で売っていますよね・・・😥

しかし、美容師さんに説明を聞いているとダメージヘアにすごく良さそう!と思ってしまいます。

そこで、下記ではダメージヘアシャンプーがおすすめされている理由についてご紹介をしていきます。
ダメージヘア用のシャンプーを使用したことがないという人は良い機会なのでダメージヘア用のシャンプーについて知ってみてくださいね。

理由1:頭皮の環境を改善できる


ダメージヘア用のシャンプーがおすすめされている理由の1つ目に、頭皮の環境を整えてくれるということがあります。

ダメージヘア用のシャンプーは刺激が少ないのです。市販のシャンプーで使われている石油系合成成分が配合されていません。
なので肌の弱い人でも安心して使用することができるんですよ!

市販のシャンプーの場合は石油系の合成成分が洗い上がりさっぱりにしてくれますが、その代わりに頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうのです。しかし、ダメージヘア用のシャンプーだったら頭皮に必要な皮脂は残して不必要な皮脂を落としてくれます。皮脂を起こしてくれることで頭皮の乾燥を防ぐことができ、健康な髪の毛を作ることができるようになります。

理由2:枝毛やパサつきを改善できる


市販のシャンプーには界面活性剤が使用されているものが多いのです。
こちらの成分も使用しすぎてしまうことで、髪の毛の潤いをなくしてしまうことにつながります。先ほどもお伝えしましたが、皮脂を全て洗い流してしまうと、髪の毛に潤いがなくなってしまいパッサパサの髪の毛になってしまうのです。

髪の毛がパッサパサになってしまうと枝毛や切れ毛などダメージヘアの原因になってしまいます。
しかし、ダメージヘア用のシャンプーにはアミノ酸主成分の界面活性剤が使用されているので髪の毛がパサパサになってしまうということはありません!髪の毛に必要な潤いを残しながらしっかりとヨゴレを落としてくれます。

理由3:髪の毛の内部を修復できる


頭皮の環境が悪い状態が続いてしまうと髪の毛を元気に成長させるための栄養を届けることができなくなってしまいます。
栄養が届かなくなってしまった髪の毛は枝毛や切れ毛など様々なヘアトラブルを引き起こしてしまい、髪の毛全体にボリュームがあるように見えてしまうようになるのです。

しかし、ダメージヘア用のシャンプーを使用することで傷ついてしまった髪の毛の内部から修復をしてくれるのでキューティクルも改善へと導いてくれるのです。
キューティクルが改善されれば、髪の毛の内側にある水分や栄養も外に流れていかなくなってしまうので健康的な髪の毛を復活させることができますよ!

ダメージヘアにおすすめのシャンプーはどんなの?

市販のものでもダメージヘア改善に効果を期待することができるシャンプーというのがありますよね。しかし、もしかするとあなたの髪質に合っていないものも中には存在しているかもしれません。
現在、ダメージヘアに効果を期待することができるシャンプーってかなり多く販売されています。
しかし、正直どのシャンプーも同じような気がしてどれを使用したらいいかわからないという人も多いですよね。

下記ではダメージヘアシャンプーを選ぶ際のポイントを3つご紹介しています。
薬局や美容院、ネットなどで購入する場合はぜひ、下記のことを参考にして購入するようにしてくださいね!

1:アミノ酸洗浄成分が配合されているもの

アミノ酸洗浄成分という言葉を聞いたことはありますか?
アミノ酸洗浄成分は私たち人間の肌と同じ弱酸性の成分なのです。肌に優しく働きかけてくれるのですが、頭皮や髪の毛の表面のヨゴレや皮脂をしっかりと落としてくれるから万能です!

髪の毛、そして頭皮にダメージを与えないためにもアミノ酸洗浄成分が含まれているシャンプーを選ぶようにしましょう!

2:あなたの髪の毛に合っているもの


どんなに良いシャンプーと言われているものでも結局あなたの髪の毛や頭皮に合わなかったら意味がありません。
シャンプーを選ぶ際の最大のポイントはあなたに合っているシャンプーかどうかということです。

それって使ってみないと正直わからないこともありますよね。前もって口コミなどを確認してあなたの頭皮や髪質に似た人を探すのもありだと思います。
しかし、一番良いのは実際に使用してみることです。

価格が高い、人気があるというようなシャンプーでも使うのはあなたです。
抵抗があるかもしれませんが、試供品などを活用して購入する前に試してみても良いかもしれません!

3:長く愛用できるかどうか


▪️配合されている成分が良い!
▪️自分の肌にも合っている!
▪️ニオイもすごく気に入っている!

それなのに価格が原因で続けることができないとなるとかなり悲しいですよね。
自分にぴったりのシャンプーなのにも関わらず、購入するのが大変となると長く続けることはできませんよね。
どんなものでもそうですけど、長く愛用することでその商品の良さを実感することができるのです。
毎日使用するシャンプーだからこそ、無理をしないで良い価格で自分の髪質や肌質にぴったりと合ったものを探すようにしてくださいね。

ダメージヘアを改善するための方法について


ここからはダメージヘアを改善するための方法をいくつかご紹介していきます。ダメージヘアを改善したいと考えているのであれば、見てみてくださいね!😃

改善1:ストレスを溜めすぎないようにする


ストレスを溜め込んでいる女性は多いかと思います。
仕事のストレス、家庭のストレス、人間関係のストレス、、、。しかし、ストレスをたくさん溜め込んでしまうとダメージヘアが起きやすくなってしまうのです。

ストレスを溜め込んでしまっているカラダは緊張状態になってしまっています。
カラダが緊張状態になるのと同じで髪の毛も緊張状態になってしまうことがあるのです。ストレスを溜め込んでしまうことで髪の毛は波を打ってしまうようになり、ダメージを繰り返してしまうのです。
また、ストレスを溜めてしまうことで頭皮の流れが悪くなってしまい、髪の毛に栄養をしっかりと届けることができなくなるのです。

栄養がいかなくなってしまった髪の毛は傷んでしまったり、抜けてしまったりと様々なヘアトラブルを引き起こしてしまいます。
ストレスを溜めないようにするというのは難しいことだと思うので、ストレスが溜まってしまっても上手に発散をする方法を見つけていきましょう!

改善2:睡眠不足にならないようにする


仕事や家事で忙しい女性は多く、睡眠不足になってしまいがちですよね。
しかし、その睡眠不足もダメージヘアを作り出してしまう原因になってしまうのです。

ゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありますか?一般的に22時〜夜中の2時までがゴールデンタイムと言われています。
この時間帯は成長ホルモンが分泌されやすい時間帯となるのです。睡眠不足になってしまい、成長ホルモンを上手に出すことができなかったら女性ホルモンを分泌にも影響が出てきてしまいます。
女性ホルモンはツヤツヤな髪の毛を作るために必要なホルモンです。

しっかりと睡眠をとることで女性ホルモンの分泌が活発になり、ダメージのない髪の毛を作ることができるでしょう。

改善3:食生活に気をつける


ダメージのない髪の毛を育てたいのであれば、食生活にも気を使う必要があります。
食事と髪の毛ってそんなに関係がないように感じますが、実はそうではありません。私たちのカラダは食べているもので成り立っています。

食べているものがよくないとツヤツヤの髪の毛を作ることができません。
わかめやひじきなどの海藻類や黒ごまや黒豆などの黒っぽい食べ物は内臓の調子を整えるだけではなく髪の毛に力を与えてくれる効果もあるのです。
ダメージヘアに悩んでいるという人はぜひ、髪を育てる食べ物を食べてみてくださいね!

改善4:過度なダイエットは避ける


行き過ぎたダイエットはダメージヘアを作り出してしまう原因にもなってしまいます。
女性なら誰しもダイエットをしているかと思いますが、ダイエットをしている時、髪の毛になんとなく違和感を感じることってありませんか?
それは髪の毛に必要な栄養を摂ることができていないからなのです。

髪の毛を丈夫にするための栄養を摂ることができなかったら当然髪の毛は弱々しいものになってしまいます。
ダイエットをして女性の魅力をあげることはすごく大切ですが、行き過ぎたダイエットは髪の毛以外の様々な部位にも影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

改善5:ドライヤーのかけ方に注意する


お風呂に入った後ってドライヤーを活用して髪の毛を乾かしますよね。
しかし、先ほどもお伝えしたように、ドライヤーの熱によってダメージヘアを作り出してしまう場合もあるのです。

髪の毛は熱を与えるとキューティクルが開いてしまいます。
開いてしまった状態で寝てしまうと寝具によってキューティクルが剥がれ落ちてしまうことも、、、。

髪の毛をドライヤーで乾かす時はドライヤーを髪の毛から15cm以上離して満遍なく風邪を当てるようにしましょう。
タオルドライをした後にアウトバスのオイルやトリートメントを活用してドライヤーを行うことで、ドライヤーの風から髪の毛を守ることができますよ!

最後に

今回はダメージヘアの人におすすめの改善する方法についてご紹介をしてきました。いかがでしたか?
普段あまり気にしていないかもしれませんが、紫外線やカラー、パーマなどで髪の毛は傷んでしまっているのです。
しかし、毎日少しでも改善をしていくことであなたの髪の毛も少しずつツヤツヤの髪の毛に戻っていくことでしょう。

今回ご紹介をした改善するための方法をぜひ試してみてくださいね!😃

くせ毛になってしまう驚きの原因。おすすめの改善方法7つを試してみて!
髪の傷みは治すことはできない?ツヤ髪を取り戻すための8つのポイントについて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!