30代になると、少し太っただけでも「あれっ?元の体型に戻らない・・・痩せられない!」ということありますよね😭

昔は寝て起きたら痩せていたのに、20代後半から痩せるために使う時間も労力も増えてガックリ(TT)
私も痩せるために、いくつのダイエットグッズとダイエットサプリを使ったことか・・・。

もちろん仕事に家事にプライベートに忙しい30代でも痩せることはできますが、今まで通りやっていても絶対に痩せません。

この記事では【30代がダイエットに失敗する3大原因】と【痩せるためのポイント2つ】についてまとめています!
これを読めば、あなたが痩せない原因や効率よくダイエットできる方法がすぐにわかりますよ!

30代でダイエットに成功したいなら読みましょう!目を背けていてはいつまでも痩せられませんよ!

怖い!30代女性がダイエットに失敗する3大原因

20代の頃は、ちょっと食べるのを我慢すれば簡単に痩せていたのに、30代になってから全然痩せなくなったと実感する30代女性はとても多いです。

なぜ、30代女性のダイエットはうまくいかないのでしょうか?20代と30代で私たちの体にどんな変化が起こっているのでしょうか?

ここでは、30代女性がダイエットに失敗する3つの原因についてご紹介します。

原因その1:ライフスタイルの変化


若々しくエネルギッシュだった20代と比べて、30代ではいろんなことが変化し始めます。

以前は、カラオケでオールなんてへっちゃらだったのに、30代になると23時をまわると眠たくなってきたり、なかには徹夜をすると体を崩す人も出始めます。

週末は友人と海やドライブに行って、月曜日の仕事の心配なんてせずに楽しんでいたのに、30代になると土日のどちらかは家でゆっくりしないと体力が回復しなくなってきます。

通勤では、タクシーを使う回数が増えて歩かなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか?さらに30代は、仕事の付き合いで飲み会や夜の外食が増えるので、気付かないうちにカロリーオーバーの食事をしていることもあります。

このように、20代の頃と明らかに違うライフスタイルの変化が、生活全体の活動量を減らして、30代女性のダイエットを難しくしているのです。

原因その2:精神的なストレス


30代になってから、いろいろ忙しくなったと実感している人も多いのではないでしょうか?

例えば、仕事をしている人では、役職がついたり、責任ある仕事を任されるようになったりして大きなストレスを抱える人もいます。

また、20代の頃よりも仕事の量や質が変化し、上司や部下との関わりも濃密になるなど、人付き合いの中でストレスを感じる人もたくさんいます。

また、30代になると結婚や子育てなどのライフイベントが加わり、仕事と家庭の両立で忙しい毎日を送っているという人もいます。結婚相手や子供と一緒に住むことで食生活が変わったり、寝る時間や起きる時間などが不規則になることで、知らないうちにストレスを感じている人もいます。

私たちの体はストレスを感じると、食欲増進ホルモンが分泌され代謝抑制ホルモンが出ます。仕事や家庭の変化で精神的なストレスを抱え始めると、過食に走ったり、不規則な時間に食事をするなど、栄養バランスを崩してしまいがちです。

忙しい中でも3食きちんと栄養のあるものを食べれればいいのですが、なかなかそうはいかないですよね。

30代女性の多くは、忙しい生活に追われてつい朝食を抜いてしまったり、ゆっくり噛まずに食べてしまったりで、知らず知らずのうちに太りやすくなるきっかけを作ってしまっているのです。

原因その3:代謝の低下


30代を過ぎると、ライフスタイルの変化や精神的なストレスに加えて、基礎代謝が低下してきます。

基礎代謝とは、呼吸や消化、体温の保持など、私たちが生きていくために最低限必要なエネルギーのことをいいます。基礎代謝は、一日の総消費エネルギーの約70%を占めており、残りの30%が運動や食事などによる消費エネルギーと言われています。

なので、この基礎代謝が高いほどカロリーが消費され、痩せやすくなるのです。

実はこの基礎代謝、筋肉量ととても関係が深く、筋肉量が多いほど基礎代謝が高く筋肉量が少ないほど基礎代謝が低いということが分かっています。

定期的に運動や筋トレをして筋肉量を維持している人は、基礎代謝も高く痩せやすい体をキープできますが、運動不足や生活習慣が乱れている人は、年齢とともにどんどん筋肉量が落ちていき、それと比例して基礎代謝も低下するので痩せにくくなります。

30代になってから痩せにくいなぁと感じている人は、筋肉量つまり基礎代謝が落ちている証拠なのです。

姿勢の悪さも痩せにくさに影響!


小さい頃、「ほら、猫背になってるよ」とお母さんや学校の先生に背中をポンと押された経験はありませんか?

実は大人になってからも猫背の人はたくさんいます。というのも、猫背は腹筋や背筋を使わないのでとても楽に感じるからです。

電車やバスの中、家でテレビを見ているときなど、自分が猫背になっていないか思い出してみてください。もし心当たりのある人は、痩せにくい体質になってしまうので今すぐ姿勢をまっすぐ伸ばすようにしましょう。

猫背が定着してしまうと、筋肉が衰えて代謝が悪くなり、体に脂肪がつきやすくなります。腹筋や背筋を使わないので、とくにお腹周りに脂肪がついて、ぽっこりお腹やむくみの原因になります。

また、猫背がクセづいてしまうと頭が前に出て自然とアゴを突き出したような姿勢になります。それが続くとアゴの下の筋肉を使うので二重アゴの原因にもなるんですよ。

まずは、普段からお腹に力を入れて、肩をぐっと後ろに開くような姿勢をキープしましょう。この姿勢で生活するだけでも、30〜40分エクササイズしたのと同じくらいの効果があるので、効率よくダイエットすることができます。

姿勢が良くなると、腹筋や背筋をしっかり使えるようになるので、30代女性が気にしがちなお腹周りの脂肪が取れ、代謝もよくなって体全体の脂肪が燃焼しやすくなります。

また、姿勢が良くなると、「痩せた?」「何だかきれいになったね」なんて言われ始め、まわりに与える印象もぐっとアップしますよ。テレビに出ている女優さんやモデルさんは、背筋がピンと伸びていてみなさんとてもきれいですよね。

姿勢を良くするだけで女性にとってたくさんのメリットがあるのでぜひ実践してみてくださいね。

30代になると痩せにくくなる人の特徴


30代になると痩せにくくなる人には一体どんな特徴があるのでしょうか?

以下の中で当てはまるものが3つ以上あった人は、すでに痩せにくいと実感しているはず。早急に対策しないと、ますます痩せにくい体になってしまいます。

あなたにも当てはまるものがないか一緒にチェックしてみましょう。

  • 最近なんだか疲れやすい、疲れが取れにくいと感じる
  • ストレスを感じやすい、または感じている
  • 冷え性である(特に手足が冷えやすい)
  • 体温が低い(平熱で36度以下)
  • お風呂はいつもシャワー派
  • 汗をかきにくい
  • 早食いである
  • 外食が多い
  • ちょっと運動しただけですぐに息切れする
  • 姿勢が悪い、猫背である
  • 肩こり、腰痛、偏頭痛がある
  • 生理不順、生理痛がひどい
  • 慢性的な運動不足である
  • 便秘がちである
  • 仕事はデスクワークがメイン

  • いかがでしたか?
    3つ以上当てはまった人は、基礎代謝が低下し、痩せにくい体質になっている可能性があります。このまま放っておくとどんどん筋肉が衰えて、痩せにくいばかりか今よりももっと太ってしまうかもしれません。

    30代が失敗しやすいダイエットって?

    NGダイエット:炭水化物・糖質・脂質制限ダイエット


    特に炭水化物や糖質を制限するダイエットを短期間でもしたことがあるのではないでしょうか。始めやすくお金もかからないので簡単にできるダイエットですが、栄養成分として表示されている意味を分かっていますか?

    炭水化物は人が生きる上でのエネルギーになっています!体力を維持するためにも炭水化物とその他の栄養素をバランスよく食べることが大事なんですね!

    糖質は集中力を維持したり頭を働かせる役割を持っていて、糖質を抜くことで仕事に集中できなかったり判断力が落ちてしまうことがあります。

    脂質も肌荒れなどの原因になるかと思われがちですが、肌の油分を維持してくれたり、体温を維持してくれる役割を持っているんです。

    そういった栄養素が体にもたらしてくれる役割について詳しくまとめていきます!

    必須5大栄養素をバランスよく食事に♪

    5大栄養素:タンパク質

    血や肉を作ってくれる材料となります。動物性・植物性バランスよくとるようにしましょう。不足した場合元気が出なかったり、集中力がなくボーっとしてしまうことがあります。

    【食品】肉・魚・牛乳・乳製品・卵・大豆・大豆製品

    5大栄養素:ビタミン

    ビタミンは体の中でも作られますが、外から補助してあげることで他の栄養素をより手助けすることができます。ビタミンは13種類と多く、毎日考えながら摂取するのは難しいですよね。ビタミンはそれぞれ役割が全く違いますが、糖質を分解し代謝を上げる効果のあるビタミンB群をとることをおすすめします!

    ビタミンBとはビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンのことを指します。

    不足すると肌荒れや代謝の低下などを招く恐れがあります。

    【食品】青魚、マグロ(生で食べること)、豚肉(特にヒレ)、卵、乳製品

    5大栄養素:ミネラル

    ミネラルは水分濃度を調整し、体の土台となる骨や歯を作る作用を持っています。人はミネラルを体内で作ることはできないため、外からの摂取が不可欠となります。不足すると貧血になりやすかったり便秘になることも。ミネラルであるナトリウムとカリウムをバランスよく摂って、老化防止もしちゃいましょう!

    【食品】緑黄色野菜、海藻類、大豆製品、肉

    5大栄養素:脂質

    体の中で燃焼し、エネルギーの元となります。少量で大きなエネルギーとなり体温を保つ働きがあるので、不足すると力が出なかったり、体温調節がうまくいかない原因となります。

    【食品】肉・魚・牛乳・乳製品・卵・バター・マヨネーズ

    5大栄養素:炭水化物(糖質)

    体を動かすためにに必要で、脳の栄養素となります。1日の必要なエネルギーの6割を炭水化物から摂り入れているので、不足すると集中力が低下し、思わぬ事故を招くことにも。常に補給できるよう、バランスよく食べましょう。

    【食品】米、パン、パスタ、うどん、そば、ジャガイモ

    またこれら以外にも無機質であるカルシウムや鉄、食物繊維なども忘れずに組み込むようにしましょう。

    NGダイエット:サプリやドリンクを飲むだけ


    飲むだけという手軽さで痩せられるということから、ダイエットサプリやドリンクを飲んでいる人はかなり多いです!

    ビタミン系などの栄養補助サプリメントがかなり身近になっているので、手に取りやすくなったこともあると思います。

    そんなダイエットサプリやドリンクは手軽に始められ、置き換えダイエットにも使われることから痩せると思われがちですが、あくまでも「補助」だということを忘れないでください。

    ダイエットサプリやドリンクだけで痩せようとしたら不健康になるばかりか、リバウンドの可能性がかなり高いです。

    そのため、食事や運動などの生活習慣の改善をはかる必要があります。時間もなく面倒だからサプリやドリンクに頼っているかと思いますが、結局それでは「太る習慣」から抜け出せないだけなのです。サプリやドリンクで痩せなくなったら次はどうしますか?

    どういったダイエットを行っても、根本が変わらなければ手術でもしない限り痩せることはないのです。

    NGダイエット:DVDや本を見ながらダイエット


    ダイエットDVDや本を見ながらダイエットって自分の知らない世界を知れるようで楽しいんですよね。私もダイエットグッズのついた本を買って、エクササイズや、ダンスをしていたのでわかります。

    でも今はどのDVDも本も、押入れの奥に入れているか、捨てることになりました。続かなかったからです。

    なぜ続かなかったのか。それは面倒なことが多すぎることが一番の原因だったと思います。

    面倒①DVD出してセットして、わからなかったとこは止めてが面倒

    1日中暇だからダイエットDVDを見てダイエットする人ってなかなかいないと思います。仕事に家事に忙しい中ダイエットをしていますよね。そんな中、DVDをセットして、自分のやりたいエクササイズまで早送りして、運動してってなかなか続きませんよね。

    もちろん育児をしているから、なかなか外に出てまでダイエットできないお母さんもいるかと思います。でも視聴中に子供が泣き出しちゃって、DVDを放置していたらかなり進んでいて・・・みたいなことが続くと、ダイエットする気持ちも冷めてしまいませんか?

    そういったことが原因で、面倒になって続かなくなるのです。

    面倒②本を押さえるため、ダイエットどころではない。

    ダイエット本あるあるなのが、本を押さえて両手がふさがりダイエットどころではなくなること。

    「いや・・・なんで雑誌みたいに開けないの・・・?ダイエットさせる気ないじゃん・・・。」

    いやこれ言い訳とかじゃなく。本当なんです。
    しかも小説とかに比べて、紙がかためだから余計閉じやすいんですよね。

    他の人がどうやって本を押さえながらダイエットをしているのか不思議でなりません。

    面倒③ダイエットグッズの使い方がいまいち理解できないものが多い。

    はいこれ。グッズ付きのダイエットDVDやダイエット本を買う人あるあるではないでしょうか。

    説明書とか読まずに自己流で始めたくなる人にとって、手に取った途端に使い方がわからないダイエットグッズほど面倒なものはないです。ローラーとかだと、「おっゴリゴリ揉みほぐして痩せる道具なんやな!」ってなりますが、ゴムバンドとかどう使えばいいのか本詳しく見ないとわからないじゃないですか・・・

    そして内容が覚えられない。

    そういう面倒な過程があるだけで一気にやる気が落ちてしまうと思うんですね。もちろんそのダイエットグッズを試してみたいと思ったのは自分ですが、どう痩せる気にさせるかというのも大事でしょう・・・。

    だって何もしてなくて太るわけないじゃないですか。わかってます。ストレスと疲労で、自分に甘くなって太るんですよ!!!!
    ダイエットしようと思って買っても、こんなのしたら頭も体も疲れちゃうと思って、本閉じてグッズ片付けちゃいますもん。

    そんな30代女性がダイエットに成功するには、大きく分けて2つのポイントがあります。次でご紹介する方法を参考にして、今日から早速痩せやすい体を作っていきましょう!

    30代女性がダイエットに成功する2つのポイント

    30代女性がダイエットに成功するポイント、それは筋肉食事制限にあります。
    ここでは、ダイエットに成功するための具体的な方法についてご紹介していきます。

    その1:筋トレ


    筋肉が衰えてくると、基礎代謝も低下してきます。
    30代女性がダイエットに成功して太りにくい体を手に入れるには、基礎代謝のアップが何よりも重要です。

    水泳やヨガ、ウォーキングなどの有酸素運動でしなやかな体を作ることも大切ですが、30代女性に必要なのはむしろ無酸素運動

    腹筋や腕立て伏せ、背筋やスクワットなどの筋トレをそれぞれ10〜20回ずつを1セットで行いましょう。まずは、朝と夜の2回を目標に始め、慣れてきたら回数を30回に増やして行ってみてください。

    1ヶ月もすれば、基礎代謝がアップして引き締まった体を実感することができているはずですよ。もし、他に何か運動をしている場合は、それらをやる前に筋トレをしておくと、その後の運動の効果が出やすくなります。

    30代女性におすすめの筋トレ法についてはこちらの記事が参考になります
    「筋トレ初心者でも失敗しない!女性に効果的な食事とダイエット法4選」


    また、効率よく筋肉をつけるために、運動後はタンパク質を積極的にとってください。手軽に取れるものであれば、牛乳やプロテインドリンクがおすすめです。

    運動後、30〜45分以内筋肉にアミノ酸が運ばれる量が約3倍にもアップすると言われているので、その間に上質なタンパク質を摂取すれば筋肉がつきやすくなります。

    有名芸能人も愛用!女性におすすめの筋肉サプリについての記事はこちらをチェック
    「B.B.B(トリプルビー)で憧れの筋肉女子に❤︎効果と成分、口コミもご紹介!」

    その2:食事制限


    30代になってからも若い頃と同じように高カロリー・高脂質なものを食べていては太る一方です。

    30代女性の食事では、1日あたりの摂取カロリーを超えないことと、腹7〜8分目に抑えることがポイントになります。

    30代女性の1日あたりの摂取カロリーの目安は以下を参考にしてください。目標体重によって摂取カロリーが変わってきますので、まずは無理のない範囲でカロリー制限をしていきましょう。

      目標体重が45kgの場合:1日の摂取カロリーは1465kcal
      目標体重が47,5kgの場合:1日の摂取カロリーは1546kcal
      目標体重が50kgの場合:1日の摂取カロリーは1628kcal
      目標体重が52,5kgの場合:1日の摂取カロリーは1709kcal
      目標体重が55kgの場合:1日の摂取カロリーは1790kcal
      目標体重が57,5kgの場合:1日の摂取カロリーは11872kcal
      目標体重が60kgの場合:1日の摂取カロリーは1953kcal
    参考サイト:WOMANJAPAN.COM



    もちろん、カロリーを抑えることも大切ですが、それだけに捉われて栄養不足にならないように気をつけなければいけません。

    タンパク質、脂質、炭水化物をはじめ、ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分なども積極的に摂取し、栄養バランスに気をつけた食事をすることがダイエットへの一番の近道です。

    また、お腹いっぱい食べる癖のある人は、腹7〜8分目までに抑えるようにし、少し物足りないかなと思うくらいで止めておくのがベストです。

    身体のリズムと基礎知識を知って痩せやすいカラダに!


    消化器は1日3回働き方を変えます。
    そのため同じものを同じ量食べたとしても時間によって、燃えやすく脂肪に付きにくい時間帯と、燃えにくく脂肪に付きやすい時間帯とあります。

    時間帯 働き方
    朝4時から正午 排泄
    正午から夜8時 消化
    夜8時から朝4時 吸収

    上記の3つの時間に分かれて働き方が変わります。
    痩せたいなら、特に食事の時間に気をつけて欲しいということです!

    ちなみに昼の14時から16時は食べたものがすぐにエネルギーに変わりやすいため、間食をとりたい人はこの時間におやつを食べるようにしましょう。
    しかし、夜の22時から2時の間に食べると脂肪が溜め込まれやすくなり、体重が増えやすい体に・・・。夕食が仕事でどうしても遅くなってしまうという人は、夕食のドカ食いを防ぐために間食をしておきましょう!

    そんな食事の食べ方や、食事の時間、食べるものを詳しくまとめているのはこちらっ
    夜食は昼より20倍太る?食事の時間帯を工夫してらくらくダイエット

    朝ごはんを食べることで痩せるリズム作り


    カラダのリズムを整えるには朝食も必要不可欠です。

    まずカラダのリズムを作るために、2種類の体内時計が働いています。1つは脳にある「主時計」、もう1つは「抹消時計」という全身にある細胞にあります。
    この2つの時計のリズムが合わさることによって、カラダのリズムを刻むことになります。

    抹消神経は起きてから2時間以内に食べる朝ごはんでリセットされ、主時計と同じリズムを刻むようになります。

    つまり朝ごはんを抜くことで2つの体内時計はバラバラになり、自律神経の乱れにも繋がってくることになります。

    私も学生時代は、朝ごはんを食べるよりもとにかく寝ていたくて、朝ごはんを抜いている生活をしていました。しかし、社会人になって頭を働かせ集中力を保つために、朝食を必ずとるようにしました。すると、今まで生理不順だったのが毎月くるようになり、毎日午前中にお通じがくるようになりました。

    それくらい朝ごはんって大切なんです。もちろん朝ごはんをしっかりと食べれるということは睡眠がきちんととれていることにもつながるので、規則正しい生活をしなければいけませんね♪

    階段昇降や歩き方を変えるだけでまるいお尻が維持できる!


    実は歩き方や、動かし方で全く違った体型になるんです!ダイエットしながらキュッとした下半身を手に入れたいなら階段昇降がおすすめ!

    エレベーターとかエスカレーターってとっても便利で、慣れてしまうと階段登ったり降りたりするのが面倒に感じてしまいます。しかし、ちょっとした習慣を変えて痩せることができるなら痩せたいですよね!

    下半身を効果的に痩せることができる歩き方

    駅までの通勤の道のりを、顔を上げて早歩きで歩くようにしましょう。早足は筋肉がつきそうな歩き方ですが、下半身に刺激を与えて骨盤付近の血行を良くしてくれます。

    顔を上げることで、顔のたるみ防止や、快活な気分にさせてくれる効果があるので無意識でできるようになりましょう!

    そして、早足はふつうに歩くよりも1.3倍の強度があるので、疲れないように交互に歩き方を変えるといいかもしれませんね。

    帰宅後は太ももの付け根である「そけいぶ」をしっかりとマッサージしつつ、脚全体のリンパを流すようにマッサージしましょう。

    太ももの裏を鍛える動かし方

    太ももの裏を効果的に鍛えたいのであれば、「階段昇降」などの上下に動くような段差運動をするようにしましょう。下半身の普段使われづらい筋肉を効果的に鍛えることができるので、下半身だけ太い人は階段昇降を始めてみてはいかがでしょうか。

    階段昇降はふつうに歩くより2.5倍の強度があるので、普段運動をしない人には特に行って欲しいです。運動をすることよりもついでという気持ちが大きいので、面倒くささが軽減されるでしょう。

    また、太ももの裏を動かしているという感覚を感じながら昇降することで、効果を感じやすくなります。

    足にいい靴の選び方

    できるだけ歩くことに特化された、ウォーキングシューズを選びましょう。

    靴によってクッション性は違い、動きによって変わる脚の負担を軽減してくれます。そのため、自分の用途にあった靴を選ぶことは、ダイエットをする上でも快適に歩くためにも必要不可欠なことなのです。

    自分にあっていないシューズを選ぶと、靴擦れや足のひねり、怪我につながる可能性があるので自分にあったシューズを選んでくださいね!

    30代のダイエットは思ったより難しくない


    こうしてみると、なかなか痩せないと思っていた30代のダイエットもそんなに難しいことではありませんよね。

    確かに、30代女性は20代の時に比べて筋力も代謝も落ちて痩せにくくなっていますが、毎日の生活の中で少しづつ筋トレや食事制限を重ねていけば誰でも痩せやすい体を手に入れることは可能なのです。

    ただし、無理は禁物。焦ってハードな運動をしたり、無理な食事制限をしてしまうと、体に支障をきたして人によってはリバウンドで今より太ってしまうこともあるからです。

    半年から1年くらいかけてゆっくり体を変えていくのが理想的。無理なダイエットは絶対に続かないので、少しずつ生活の一部のような感覚で行ってみてくださいね。

    30代女性のダイエットまとめ


    いかがでしたか?
    30代女性は仕事もプライベートも大忙し。なかなか自分のケアに時間が取れず、気付いた時には体のラインが崩れて中年太り・・・なんてことも。

    30代からのダイエットは難しい面もありますが、筋トレと食事制限で絶対に乗り越えることができます!

    30代だけでなく、40代以降もキレイで健康的な体でいるためにも、今日ご紹介した方法をぜひ実践してみてくださいね。なかなか痩せないと諦めていたあなたも、きっと効果を実感できるはずですよ!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    The following two tabs change content below.
    エリ

    エリ

    こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!