女性の命とも言える髪の毛。そんな大切な髪の毛に枝毛ができてしまったらかなりショックですよね😨
朝の身支度で髪の毛がゴワゴワしてしまってなかなかセットがうまくいかない。
せっかく余裕を持って行こうと思ってたのに結局ギリギリの時間。

女性ならではのあるあるですよね!毛先がバサついてしまってなかなか見た目に美しいとは言えないような髪の毛になっている女性、多いと思います。

朝はバタバタして、夜もバタバタしてお風呂に入ってケアをする時間がなく、そのまま寝てしまって、また朝を迎える・・・。
忙しい女性ならなおさらです。

むしろ枝毛ができていることにも気がついていない女性も多いかもしれませんね!😓
髪の毛をしっかりとケアすることであなたの印象もぐっと変わってくるかと思います。清潔感に溢れて、思わず触りたくなるような髪の毛、憧れませんか??

そんな髪の毛を作り出すために、ここでは枝毛ができないようにするための対策や、枝毛ができてしまう原因などについてご紹介していきます。
ずっと付き合っていく髪の毛だからこそ、そろそろ本気でケアをしていきましょう!

枝毛を改善することでもっと素敵なあなたを引き出すことができますよ。

枝毛とは?

髪の毛は1本1本に水分が貯蓄されています。
水分を保護しているのが、美髪の象徴でもあるキューティクル。このキューティクルは外壁の役割を果たしてくれているのですが、髪の毛が傷んでしまうとキューティクルが剥がれてしまうのです。
キューティクルが剥がれてしまうことで、枝毛を引き起こしてしまうようになるのです。

見た目を美しくさせるだけではなくキューティクルはかなり重要な役割を果たしていて、キューティクルが剥がれてしまうと、髪の毛の中に保持していた水分も流れ出てしまうのです。水分のなくなってしまった髪の毛はどうしても避けやすくなってしまうので枝毛ができてしまうというわけなんですよ。

枝毛と切れ毛ってなにが違うの?

髪トラブルには様々ありますがよく起こるのが、「枝毛」と「切れ毛」ですよね。この2つって似ているようで、実は全然違ったものになります。
簡単に説明をすると、髪の毛が縦方向に裂けて分かれてしまうのが枝毛、そして髪の毛の途中からぷつりと切れてしまっているのが切れ毛です。

切れ毛ができてしまうと髪の毛はまとまりが悪くなって、パサパサとしてお世辞でも綺麗と言えない髪の毛になってしまいます。
枝毛は基本的に髪の毛の先で引き起こるのですが、毛先意外でも起こります。なので、髪の毛が長いのに、トップの髪の毛が何本か短いのが飛び出ていたらそれは切れ毛の残りなのかもしれませんね😓

枝毛には4種類あるって知ってた?

枝毛とは何かということと、枝毛と切れ毛の違いについてなんとなくわかったかと思います。
特に髪の毛が長い女性の場合ケアをするのが大変なので切れ毛や枝毛に困っている人は多いのではないでしょうか?

何気なく目にしている枝毛ですが、実は4つのタイプがあるって知っていましたか?

タイプ①:直線的に折れている枝毛
タイプ②:先で枝分かれしている枝毛
タイプ③:縦に長く裂けて途中に穴が空いている枝毛
タイプ④:ロウソクのように毛先が細くなっている枝毛

このように枝毛には4つのタイプがあるのです。
これらの枝毛の原因は全て、毛先の痛みが原因なんです。枝毛だけではなく切れ毛も少しの衝撃や摩擦で引き起こされてしまうので髪の毛を扱う時は丁寧に扱うように心がけましょう。

あなたどのタイプの枝毛が基本的に目立ちますか?髪の毛が短いという人は自分の枝毛を確認することが難しいかと思います。
髪の毛が長く毛先をしっかりと確認できるという人は、あなたの枝毛のタイプをしっかりと確認してみましょう!

枝毛ができやすい髪質ってあるの?

枝毛ができやすい人と、全くできたことがないという人がいるかと思います。
家族でもできるチームとできないチームに分かれる場合があるのですが、この違いはなんだと思いますか?

家族で一緒に住んでいる場合、食べている物や使用しているシャンプーなど同じ場合もあるのに、、、。
実は枝毛ができやすい人って生まれつきの髪質にあるんです。髪の毛が細い感じで柔らかい、いわゆる柔軟な髪の毛の人が枝毛ができてしまう可能性が高いです。

髪の毛が柔らかいタイプの場合、キューティクルが薄い傾向にあります。
キューティクルが薄いということは、髪の毛の中にある水分を保持しにくい状況というわけなのです。
自分で髪の毛が柔らかいタイプとわかっている人は、髪の毛が硬い人よりも入念にケアをしていく必要があるということを覚えておきましょう!

枝毛の原因ってなに?

ここでは枝毛ができてしまう原因についてご紹介していきます。
先ほどもお伝えしたように、枝毛ができてしまう原因の1つに髪質ということが挙げられます。しかし、それ以外にも原因はたくさん!!!

実は私たちが普段何気なく行っている行動でも枝毛はできてしまっているかもしれないのです💧
枝毛ができてしまう原因を8つご紹介していくので、もし、あなたの普段の行動に当てはまることがあるのであれば、それが枝毛の原因になっているのかも・・・。

しっかりと原因を確かめることで、今後の枝毛対策にもつながります!!あなたの原因を探してみてくださいね。

原因1:髪の毛で遊びすぎている

女性ならやはりおしゃれを目指したいと思いますよね。
髪の毛に変化をつけていつもとは違った自分になりたいと思うのは当然のことです!

美容院で髪の毛を染めたり、パーマをかけたり、縮毛矯正を行ったり・・・。様々なことを行うかと思います。
しかし、それが原因で枝毛ができてしまうのです。
たまに行うのであればそこまで問題ではないのですが、一度カラーやパーマを行うと色が落ちたりパーマが取れたりするので再び繰り返しますよね。

髪の毛を染めたりパーマをかける際、薬剤がキューティクルの中に入りこむ仕組みになってします。
そうすることでキューティクルにダメージを与えてしまい、剥がれおち、枝毛の原因になってしまうのです。

薬剤によって剥がれてしまったキューティクルは残念なことになかなか元には戻りません。
パーマや縮毛矯正は本来の髪の毛の形を変えるのが特徴ですよね。仕組みとしては、髪の毛の内部に存在しているシスチン(アミノ酸)を切断して、あなた好みの髪の毛にしていくのです。
カラーと同じでキューティクルを剥がすことになるので、当然枝毛はできてしまいます。

しかし、おしゃれを楽しみたい女性は多いかと思うので、カラーやパーマ、縮毛矯正を行う場合は美容師さんに相談して行うようにしましょう。
カラー、パーマ、縮毛矯正が完了したらしっかりとトリートメントをつけてもらって髪の毛に栄養を与えるようにしてください。

原因2:あなたに合わないシャンプーを使っている

シャンプーにはたくさんの種類がありますね!市販で売っている物もあれば、デパートや美容院で売っている物もあります。
これらのシャンプーはそれぞれ値段も変わってきます。値段が変わるということは含まれている成分も変わってくるというわけなのです。

あなたが今使っているシャンプーはあなたの髪の毛に合っていると思いますか?
髪の毛の質によって合うシャンプーと合わないシャンプーが存在することも覚えておきましょう!!シャンプーには大まかに分けて2種類が存在します。それは「洗浄力の強いシャンプー」と「栄養素の多いシャンプー」です。

▪️洗浄力の強いシャンプーの場合

洗浄力の強いシャンプーはその名前の通り、髪の毛を洗浄する力が強いシャンプーのことです。
しっかりと髪の毛を洗うことができるので、洗った後はすっきりとした印象を受けるのですが、必要以上に脂質や水分を洗い落としてしまうのです。なんと、キューティクルを剥がし落としてしまうことにもつながるので、枝毛や切れ毛ができやすい髪質にもなってしまうのです。
洗浄力の強いシャンプーは薬局やスーパー、コンビニなどどこででも購入することができるシャンプーで、価格もお手頃なのが特徴です。

▪️栄養素の多いシャンプーの場合

栄養素の強いシャンプーはよくCMで流れる「アミノ酸系シャンプー」のこと。
先ほどご紹介したシャンプーと比較をすると、洗浄力は劣りますが、頭皮や髪の毛に付着した皮脂や汚れを洗い流してくれて、それだけではなく、髪の毛に必要な栄養を与えてくれるのが特徴です。
すでに枝毛や切れ毛が気になっているという人は、価格は少し高いのですが、このアミノ酸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。
しっかりと髪の毛に栄養を与えて健康な髪の毛に育ててくれるでしょう。

原因3:髪の毛にドライヤーを近づけすぎている

枝毛を作ってしまう3つ目の原因は、髪の毛を乾かす時に使用するドライヤーが考えられます。
ドライヤーを使用すること自体はなんの問題もないのですが、使い方に問題がある場合があるのです。

あなたは髪の毛を乾かす時、早く終わらせたいからと言って必要以上に髪の毛に近づけすぎていませんか?
長時間、しかも至近距離でドライヤーを髪の毛にあてると、キューティクルが剥がれてしまう原因にもなります。なぜならドライヤーの風で髪の毛が保持している水分も一緒に蒸発させてしまうからです。

▪️ドライヤーの正しい使い方

ドライヤーで髪の毛を乾かす場合、毛先を重点的に行う人もいますが、実はそれ、間違いなんです。基本的には根元をしっかりとか沸かす必要があります。
毛先はもっともダメージを受けてしまう部分で、根元や頭皮を乾かす余熱などである程度乾きます。

通常のドライヤーでも使い方をきちんとすれば問題はないのですが、最近ではマイナスイオンドライヤーなどもありますね!
マイナスイオンドライヤーは髪の毛をしっかりと守りながら乾かしてくれるので枝毛を作りにくくしてくれますよ。

どのドライヤーを使う時でも、髪の毛から20センチ以上は離して使用するようにしましょう。

原因4:髪の毛を乾かさずに寝ている

毎日バタバタと忙しく動いている女性は、お風呂に入った後、髪の毛を乾かさずにいつの間にか寝てしまっていたという状況は多いかもしれませんね。
お風呂上がりの髪の毛って特にダメージを受けやすい状態になっています。
その状態で寝てしまうと枕などの寝具で髪の毛が擦れてしまい、キューティクルを剥がしてしまうことにもつながります。

髪の毛だけではなく頭皮に関しても濡れたままだと雑菌が繁殖しやすくなるので、枝毛や切れ毛、髪の毛が抜けてしまう原因にもつながります。
忙しい状況でも髪の毛はしっかりと乾かしてから寝るようにしましょうね。

原因5:睡眠不足

枝毛と睡眠って関係ないように感じますが、実は意外と関係しているのです。
あなたは髪の毛が何でできているか知っていますか?髪の毛はたんぱく質やアミノ酸から作られているのです。

たんぱく質やアミノ酸はカラダに巡っている血液に乗って頭皮に届けられるのですが、睡眠不足になると栄養を運ぶために重要な血管が収縮してしまって、頭皮に栄養が行き届かなくなるのです。
良質な睡眠を摂る際のポイントとしては、決まった時間に寝て決まった時間に起きるといったような規則的な睡眠を摂ることです。

良質な睡眠をしっかりと摂って髪の毛だけじゃなく、美肌も目指していきましょう!

原因6:ブラッシングの摩擦ダメージ

ブラッシングって髪の毛に良いイメージがあります。
もちろんブラッシングは大切で行わないといけないことなのですが、行うタイミングが問題なのです。

ブラッシングをすることで髪の毛をつやつやにするのですが、髪の毛が絡まっている状態などで無理矢理してしまうと、必要以上に摩擦を与えてしまいダメージを加えることになります。
また、お風呂上がりの濡れた髪の毛にはブラッシングをしない方が良いって知っていましたか?

実は髪の毛が濡れている状態はキューティクルが開いてしまっている状態なので、その状態でブラッシングをすると髪の毛が傷んでしまう原因にもなるのです。
お風呂から上がったらヘアオイルなどで髪の毛を整えて、ドライヤーで乾かしてブラッシングをするようにしましょう。

原因7:紫外線によるダメージ

紫外線を避けている女性は多いですよね。
肌にはしっかりと日焼け止めを塗るのですが、髪の毛も紫外線に弱いのに無頓着です😭
髪の毛にはMEAと言われている脂質があります。この脂質は紫外線を浴びてしまうと失われるという特徴があるのです。

脂質が失われて乾燥してしまった髪の毛は少しの刺激でも枝毛や切れ毛を引き起こしてしまうのです。
肌だけではなく髪の毛も紫外線から守るために、日傘をさしたり、スプレータイプの日焼け止めを髪につけたりと工夫をする必要があるのです。

原因8:シャンプーの時泡が立っていない

シャンプーをする時めんどくさいからといって泡を立てずに髪の毛を洗うという人もいるかもしれませんね。
泡のない状態でシャンプーをしてしまうと、泡で髪の毛を守ることができないので、髪の毛同士がぶつかってしまい、キューティクルがめくれやすくなり、傷みの原因になります。
先ほどからお伝えしているように、キューティクルが剥がれてしまうと髪の毛の中の水分が抜けてしまうので、乾燥して枝毛を引き起こします。

シャンプーをする時はしっかりと泡を立てて、髪の毛を守るようにしましょう。

これ以上枝毛を作らないための対策は?

上記では枝毛を引き起こしてしまう原因についてご紹介しましたが、いかがでしたか?枝毛ができてしまう原因がなんとなくわかったでしょうか?
正直、こんなことでも枝毛ってできるんだ!とびっくりするような原因もあったかと思います。
それだけ髪の毛は繊細なんです💦丁寧に扱わないと簡単に枝毛ができてしまうので十分注意するようにしましょうね!

ここからはそんな枝毛を今後作らないための対策についてご紹介していきます。
全部で7つ紹介しているんでぜひ、今後の参考にしてみてくださいね。

対策1:ブラッシングをしっかりと行う

先ほども少しお伝えしましたが、ブラッシングをするようにしましょう。しかし、お風呂上がりの髪の毛が濡れている状態はキューティクルが剥がれやすい状態になっているので避けましょうね!
そして、使用するブラシもこだわる必要があります。
プラスチックのタイプのものを使用している人もいるかもしれませんが、プラスチックは静電気が起こりやすい素材なので、髪の毛を傷めてしまいます。

一番髪の毛に優しいのは木製素材のものです。静電気も起こりにくいし髪の毛に対しても優しいので、枝毛がきになるという人は木製のブラシやクシを使用するようにしましょう。

対策2:タオルドライを心がける

お風呂から上がったら髪の毛を早く乾かそうとしてタオルでゴシゴシと拭いてしまう人もいますよね。先ほどからお伝えしているように、濡れたままの髪の毛同士がぶつかり合ってキューティクルが剥がれてしまう原因になるので、このタオルの使い方は控えるようにしましょう。

正しい方法としては、お風呂から出る時に軽く髪の毛の水気を手でとります。美容院でも髪の毛に指を通したりして水気を落としてくれますよね。それと同じです。
軽く水気をとったら、タオルを頭皮に当ててかるーく手もみするようにします。ゴシゴシではなく手もみです。

そして髪の毛をタオルに挟んで軽めに押してしっかりとタオルに水分を吸収させましょう。
ゴシゴシと拭くのではなく、抑えて水分を吸収させるイメージです。

対策3:トリートメントを丁寧に行う

あなたはきちんと丁寧なトリートメントをしていますか?時間がなかったりめんどくさかったりしてトリートメントを行っていないという人もいるかもしれませんね。
しかし、枝毛を対策するのであればトリートメントはかなり重要です。

トリートメントはたんぱく質を失ってしまった髪の毛に栄養を与えることができます。
お風呂上がりなどでも洗い流さないトリートメントってありますよね。トリートメントをしてドライヤーを行うことでより丁寧なケアを行うことができますよ!
髪の毛を保護して外部からのダメージをしっかりと守りましょう。

対策4:生活習慣の改善を心がける

枝毛対策は髪の毛を直接ケアしていくことも大切ですが、あなたの生活習慣を見直すということも大切になります。
社会人にもなるとやはり付き合いでお酒が増えてきてしまいますよね。また、それに合わせてタバコを吸う本数も増えるのではないでしょうか?

アルコールやタバコは血管を収縮させてしまうことにもつながります。そうなると髪の毛にしっかりと栄養を届けることができなくなりますよね。
少量なら問題ないのですが、大量にアルコールを飲んだりすると健康にもよくありません。現在生えている髪の毛だけではなく、これから生えてくる髪の毛にも影響を与えてしまう可能性があるので、適度な量を楽しむようにしましょうね。

対策5:食生活の改善を心がける

生活習慣を気をつけると併用して食生活も気をつける必要があります。
髪の毛はたんぱく質やアミノ酸から構成されていると先ほどお話しましたね!なので、枝毛のない髪の毛を作りたいのであれば、なるべくたんぱく質が含まれている食事を摂るように心がけましょう。
髪の毛が乾燥しているからといって、むやみに脂質を摂るのはいけません。脂質を取りすぎてしまうと、頭皮の脂質が過剰に分泌されてしまい、毛穴に詰まってしまうことにつながります。毛穴が詰まってしまうと髪の毛に必要な栄養を届けることができなくなるので、枝毛を改善することはできません。

食事制限のダイエットをして栄養が偏っていたり、足りなかったりするともちろん、枝毛や切れ毛の原因になるので、ダイエット中でもなるべく3食栄養の摂れる食事を心がけましょう。

対策6:自分で髪の毛をカットする

枝毛ができているのを見つけたらあなたはどうしますか?人によってはその枝毛を裂いてしまったり、ハサミで切ってしまうという人もいるかと思います。
枝毛になってしまうと、もう健康な髪の毛には戻りません。そうなるとやはりハサミで切ってしまうのが適切な方法なのではないでしょうか。

毛先が枝毛になっている場合でも、実は髪の毛の上の方もダメージを受けているのです。枝毛の部分だけ切ったとしてもすでに傷んでいる髪の毛であれば、また枝毛ができてしまう可能性もあります。
なので、枝毛を見つけたら枝毛から5cmくらいを目安に切りましょう。

通常のハサミではなくて、髪の毛をカットする専用のハサミを使い、斜めではなく真横に切るようにします。

対策7:シャンプーをする時はしっかりと髪の毛を水に濡らす

先ほども原因8でお伝えしましたが、髪の毛がしっかりと濡れていない状態でシャンプーをしても泡立ちが悪いです。泡が立っていない状態で髪の毛を洗ってしまうと、髪の毛同士が擦れてしまって枝毛の原因になります。
泡って意外と大事な役割を果たしてくれているんですよ!

シャンプーを泡立てる時は、洗顔用のネットを活用すると簡単です。
気をつけなければいけないことは、泡をいっぱいに使用としてシャンプーをたくさん使ってしまうことです。シャンプーをたくさん使用することは頭皮にもあまりよくないので、ワンプッシュくらいで抑えるようにしましょう。

最後に

今回は枝毛の対策や原因についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
これまで枝毛で悩んでいたという人は自分の枝毛の原因を探すことはできたでしょうか?

意外と枝毛ができてしまう原因って私たちが原因だったりするんです。
綺麗な髪の毛を保つために、適切なケアをしっかりと心がけていきましょう!😍

枝毛や薄毛ではなくくせ毛に悩んでいるという人は「くせ毛になってしまう驚きの原因。おすすめの改善方法7つを試してみて!」こちらを参考にしてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!