目元のおしゃれや、メイクの時間短縮にまつげエクステをしている人も多いのではないでしょうか?

マツエクをしていると、マスカラをつけたり、つけまつげでまつげを盛る必要がないので、楽チンですよね。
しかも目の印象がはっきりとするのでナチュラルな美人さんにも見えます!

私も大学生の時からフルメイクをするようになりましたが、つけまつげをうまくつけることができず悩んでいました。
そんな時に出会ったのがマツエク!

お金はかかりますが、これほどまでにエレガントな目元を作ってくれるものは他にないと、藁にもすがる思いで始めました。

男性からも「まつげ長いよね〜可愛くなった?」なんてチヤホヤされ(偽物だとも知らず😅)

でも、マツエクをすれば終わりなんてことはなかったのです。
むしろこれからが始まりだったのです。

決して安くはないお金でマツエクをしたかと思います。
しかし、マツエクのお手入れを面倒くさがって怠っていることで、化粧が崩れたかのように見える女性になってしまいます。

そんな残念な女性になってしまわぬように、手入れをしっかりと行いましょう!
せっかく綺麗な目元にしたのに、手入れを怠ったばっかりに薄い顔の人だという印象を持たれたくはないですよね。

マツエクを長持ちさせる方法について網羅しているので、まずはマツエクの平均の持ちからご紹介していきます!

マツエクの持ちって平均どのくらい?


マツエクをしている時の正しいメイクの落とし方を見る前に、まず平均のマツエクの持ちを知ってもらいたいです!
つまりマツエクがどのくらい持つのかってことですよね。

平均で3週間〜1ヶ月と言われています。

ちなみにマツエクの本数ごとで言うと、

60本以下・・・2〜3週間
80〜120本・・・3〜4週間
120本以上・・・4〜5週間

となっています。



数本だけ残って1ヶ月以上残るということもありますが、基本的にその前にマツエクし直すという人が多いのではないでしょうか。

2〜3週間程度でメンテナンスを行うことによって、マツエクをしたばかりの時と差をあまり感じません。

そういった意味でも日頃のケアとメンテナンスは大事なのです!

もし1週間ほどでマツエクが抜け落ちてしまったら、

・自分のケアの仕方や状態が悪かった
・技術不足のアイリストに当たってしまった

のどちらかの理由となります。

目元をゴシゴシとこすったり、汗でデロデロになる機会が多ければ多いほどマツエクは落ちます。

自分が何かしたわけでもなく、ケアしていなかったからこそ落ちてしまうマツエク・・・

そんなあなたが抱える疑問である、「マツエクがどうして落ちてしまうのか」「マツエクをしっかりと長持ちさせるにはどうすればいいか?」をこれからご紹介していきます!

マツエクしている時のメイクの落とし方


マツエクをしている時に悩みがちなのが、メイクの落とし方。

やはりマツエクをする人は少なからず目元をはっきりと目立たせたいという気持ちを持っているでしょう。
マツエクをすることで、しっかりと化粧をしたように見せたり、メイクをしていなくてもナチュラルに可愛いという気持ちにさせてくれますからね!

このマツエクをしている時のクレンジングに、オイルクレンジングはNG!!
オイルクレンジングは濡れている手でも落としやすかったり、がっつりメイクも綺麗に落としてくれるのが魅了ですよね!

しかし、このオイルクレンジングに弱いのがマツエクを接着している接着剤!
目元につけている接着剤なので、マツエクをつけている接着剤(グルー)は粒子の細かいオイルに弱いのです。

最近はオイルクレンジングも可能なマツエクも増えていますが、持ちをよくするためにはオイルを避けてください。

マツエクを長持ちさせたいと考えているのであればオイルフリーのものか、オイルではないクレンジングを使うようにしてください!

そしてマツエクをしている時のクレンジング方法をご紹介していきます!

①アイラインなどを落とす時には、綿棒で丁寧にポイントクレンジングを行います。

②アイシャドウや目元近くのメイクを落とす時には、まつげに触れないように指の腹などを使ってクレンジングを行なって行きましょう。

③マツエクが崩れないように指の腹や、手ですくった水で洗い流します。



クレンジングが終わり、洗い流す時にはまつげに直接シャワーを当てないようにしましょう。
この時に水圧などでマツエクを崩れさせてしまっては今までの努力が水の泡です。

どうしてもという時には、まつげ部分を手で覆って、カバーをしてからシャワーを行なってくださいね。

また、マツエクをつけた当日は6時間はまつげが濡れないように過ごしましょう。
つけた時間が遅く、コンタクトを外す必要がある場合、最初からメガネでいくようにするかコンタクトだけ寝るギリギリに外しましょう。

マツエクをつけて1日以上は湯船につからないように気をつけておくと、つけてすぐ外れるなんてことにはならないと思いますよ♪

マツエクをしている時の洗顔方法は


マツエクをしている時には洗顔料や洗顔方法なども気を使いますよね。
今まで使っていたものを使い続けていいのかなど心配になることが様々あるかと思います。

しかし、クレンジング方法さえ押さえておくことで洗顔方法は簡単なものなんですよ(*^^*)

・目元を強くこすらない
・油分の入ったものを使わない

クレンジング時と同じように洗顔の時にもまつげに泡がつかないように洗顔をしましょう。

まつげに泡が入り込んでしまうことで、しっかりと洗い流さないといけなくなります。
そうやって水でジャバジャバと洗い、まつげに刺激を与えることによって抜けやすく、形を崩してしまう原因となるのです。

洗顔時のポイントとしては、先ほどのメイクの落とし方でも言っていたように、マツエクをつけてから6時間は洗顔をしないようにしましょう!

洗顔することでスッキリとして気持ちいいかもしれませんが、守らないことでボロボロとマツエクが取れていくところをみてしまうかもしれませんよ!!

また、洗顔後に拭き取る時にはタオルよりもティッシュなどがおすすめ!
タオルはふわっとした繊維で優しい肌触りですが、その繊維がまつげに絡みついてしまうのです!!

私も最初のころはそのことを知らずに、エクステの方向が曲がってしまってショックを受けていました・・・。
そんなことにならないように、あまり繊維の絡みつかないティッシュで拭き取ってあげてくださいね!

一般的な洗顔方法については、こちらの『20代後半はお肌の曲がり角?正しい洗顔方法や肌に合った洗顔料で適切なスキンケアを行いましょう♪』でご紹介しています!

「もしかして、自分の洗顔方法は間違ってる?」と不安になった人は、見直すきっかけに是非見てみてくださいね!

マツエクを長持ちさせる方法


マツエクは決して安いものではありませんよね。
お金をかけてマツエクを行なったのに、1週間そこらですぐに取れてしまっては意味がありませんよね。

私も彼氏との温泉旅行で気合を入れるために初マツエクを行なったのですが、マツエクを異常に気にしすぎてしまい温泉旅行にいく時にはまばらになっていました。。

抜けかけの途中が一番ダサいので彼氏に見られないように必死に目を盛った過去が忘れられません。

そんなまばらまつげを彼に見せないためにも、マツエクを長持ちさせる方法をしっかりと知っておかなければなりません。

面倒かもしれませんが、お金をドブに捨てないためにも、時間のないあなたを美しく保つためにも必要なことなんですよ!

まつげを触らない


マツエクが取れてしまう原因としてまつげに触れてしまうことがあります。

マツエクをつけたばかりだとチョイチョイと触ってしまう気持ちもわからんでもありません。

お〜生えてる〜と私もチョイチョイしてしまいます。
いつもの自まつ毛じゃ、「このハリ!弾力!長さ!カール!」どれも普段の自分にはないものですから。

ですが、触ってしまうと速攻でまつげ落ちます。やめましょう。

また、目にゴミなどの異物が入ったりすることもありますよね。
目元に何か異物が入ったりすると、目から出そうとつい目元をゴシゴシとこすってしまうのは自然な反応なので仕方ありません。

しかし目元をこすることによって、摩擦が起き、マツエクも自まつ毛も一緒に抜けてしまうことになるのです。

目元をよくこすってしまいがちなどクセになっている人は、なるべくこすらないように手が行きそうになったら止めるように意識して見てくださいね!

目の洗浄液などでパチパチと目の中の異物をとって、乾燥させるとストレスなく取れるでしょう。

アイリストのリサーチを怠らない


そしてアイリストのリサーチを怠らないこと!

アイリストのリサーチなど下調べを怠らないことが、マツエクを美しく長持ちさせるためにも大切です。

マツエクをする際に重要なのが、まつげの美容師であるアイリスト。
まつげエクステを専門にしているサロンで、美容師の資格を持つアイリストがマツエクを行なっていますよね。

最近はマツエクをする女性が増えてきているので、アイリストも増えてきています。
しかし髪の美容師に比べては、選択する余地がまだまだ狭いです。

まつげの美容師であるアイリストも上手な人にやってもらわないと、デザインが整っていたとしても長持ちしません。
技術に差があるので、安いからといって選ぶと自分の求めているマツエクと違った結果になるかもしれないのです!

アイリストの人も客商売なので上手な言い回しをします。
自分の技術が足りてないせいではなく、ケアを怠っているせいだと言うのです。

でも、数日で取れるなんて聞いていない・・・そんなバカなと思いますよね。

もちろんマツエクが取れてしまうことを、全てアイリストのせいにするわけではありません。
しかし、高額なコースやケアグッズが十分にあなたにあったものだとも言えないのです。

そしてアイリストが経験豊富の人かどうかもパッと見わかりませんよね。

個人的に見極めるポイントとしては、カウンセリングをしっかりと行なってくれるサロンがおすすめです。
電話対応がしっかりとしていたり、不安なことがあれば誤魔化さずにちゃんと答えてくれるかなど、信頼できるサロンかどうか見極める上で大事なポイントです。

また、口コミなどを見て、適正な価格で満足のいく内容となっているかを確認しておくことで失敗が少なくなるでしょう。

また、同一のサロンでも最初はよかったけど今はちょっと・・・ということもありますよね。
そういう時は思い切ってサロンを変えてみましょう!

サロンを選ぶ際のポイント
・カウンセリングをしっかりと行なっていて、初心者にも詳しく説明してくれるか
・グルー(接着剤)の種類は選べるか
・質問にもきちんと答えることができる知識豊富なアイリストか
・保証期間などはあるか

定期的にメンテナンスをする


定期的にリペアと呼ばれる付け替えや、メンテナンスをすることで綺麗な状態を保つことができます。

もちろんお金はかかってしまいますが、ボロボロになっているマツエクにストレスを抱えるよりは、よっぽどいいのではないかと思います。
あくまでも綺麗な状態を少しでも保つことがケアと思っていてください。

サロンに通うペースとしては、

・マツエクのデザインや本数
・毛の周期
・マツエクの抜け方

によって違います。

同じ状態を保っていたいという人は、2週間に1回ほど通っているそうです。

しかし通う頻度によって、金額も変わってくるのでお財布には痛いですよね😱
カウンセリングの際にリペアにくるまでの期間やかかる金額について確認しておきましょうね!

マツエクの太さや長さにこだわる


マツエクをする上で自分のまつげのことをしっかりと知っておかなければなりません。
自分のまつげが今どのようになっていて、どのようなマツエクがあっているのかをしっかりと分かった上でマツエクをしましょう!

①まつげの太さにあったマツエクをつけているか
基本的にまつげは太い人は0.2mmくらい、細い人は0.1mmくらいを目安につけましょう!
自分のまつげの太さと違ったマツエクをつけると見た目に違和感を感じやすいです。

一般的な太さとして0.1mm、0.12mm、0.15mm、0.18mm、0.2mm、0.22mm、0.25mm、0.28mmがあるようです。

自分のまつげの太さにあったマツエクをしていないと、抜けてしまったりしっかりと固定して入り込んでくれません。

②まつげの長さにあったマツエクをつけているか。

マツエクは一般的に6mm〜15mmまで1mm単位で長さの違うものを用意されていることが多いようです。

長さがあってないものをつけていると折れてしまったり、抜ける原因になりやすいようです

③まつげの柔らかさや生え方を把握しているか
あなたのまつげはどんなまつげでしょうか。
まつげのやわらかさや生え方を把握しているかもマツエクをする上で重要なことです。

私は逆まつげが生えやすいので、それもアイリストさんに相談しました!
カールの強いものにしたり、付け方を工夫することでマツエクをつけられるようでした!

アイリストやサロンによっても意見は変わってくると思いますが、逆まつげでもマツエクすることはできるようですね(*^^*)



また、マツエクには種類がありJカール・Cカール・CCカール(Dカール)などカールの形によって種類が分けられるようです。

Jカール・・・ほぼストレートになっていて、先端のみゆるくカーブしたようなカール。カールの中でも一番自然なまつげに見えるので、初心者にもおすすめ。日本人のまつげと相性が良いとされていて、一番長持ちする

Cカール・・・くるんと少し上向きなカーブになっているため、華やかな印象になります。少しイメチェンをしたいと考えている人にもってこいなカールです。

CCカール(Dカール)・・・一番グッとまつげをあげるようなカールになっています。お人形さんのようなドーリーな感じに仕上げたいのであればこちらのカールがいいかもしれません。一番ナチュラルからは遠いカールになります。



強さとしてはCCカール(Dカール)、Cカール、Jカールの順番で強めになっています。
カールが強いほど落ちやすくなるので、持ちを長くさせたいと思っているのであればJカールを選ぶようにしましょう。

逆さまつげに悩んでいるのであれば、強めのDカールやCCカールの長いマツエクをつけるといいですよ♪

まつげ美容液を塗る


今あるまつげを綺麗に育てるためにも必要なのが、美容液を塗ること。

もちろん美容液を塗らなくても悪くはないのですが、今自分が持っているまつげがしっかりと生えていないとマツエクも抜けやすくなってしまいます。

今あるまつげが抜けやすくなることで一緒にマツエクも取れてしまうなら、外から栄養を与えて、今ある自まつ毛を大切にしてあげましょうね!

おすすめはスカルプタイプのまつ毛美容液!
まつげを育成してくれる効果があるので、まつげが細く弱ってしまっている時には特におすすめです!

人によってあう合わないがあると思うので、自分が欲しい効果にそってまつげ美容液を購入してください。

しかし、まつげの根元あたりにマツエクをつけているので、まつげの成長が早ければ早いほどマツエクが乱れてしまう原因に。

1ヶ月ほど続けてみて、まつげの成長が早いと言う人はまつげ美容液を控えてもらうこともあるようです!
(平均で1〜2ヶ月で効果を実感できるようです)

マツエクもマスカラも人口のものなので、まつげ美容液を塗って、ナチュラルな目元でもしっかりとアピールできるような目元を目指して行きましょう!

「お風呂上がりはメイクしてる時とずいぶん顔が違うね😄」なんて言われないようにしたいものですね!!

まつげ美容液を塗る際のポイント
・基本的に1日に1回は塗る
・まつげ美容液が目に入らないように気をつける
・塗りすぎても効果は変わりません。適量を塗りましょう
・まつげ美容液の中には色素沈着してしまうものも。口コミで確認してみて

油分に気をつける


マツエクの大敵となるものが「油分」!!

油分はマツエクが取れやすくなってしまう原因を作り出してしまうので、アイリストさんにも口を酸っぱくして気をつけてくださいね〜と言われますよね!

なぜ油分に気をつけなければならないかというと、油分があることによって、マツエクを固定している接着剤が取れてしまうからです。

しかし、油分といってもなかなかパッと思いつくことはできませんよね。
油分ってどういう時に気をつければいいのでしょうか。

油分とは、、

・クレンジングをする際に使うオイルクレンジング
・スキンケアで油分で蓋をするような乳液やクリーム
・皮脂の過剰分泌

などでしょうか・・・。

スキンケアをする時に必須である基礎化粧品には油分が含まれていることが多いです。
化粧水は問題がないものが多いのですが、こっくりとした乳液やクリームには含まれていることがほとんど!

マッサージをする時に使う美容オイルも注意⚠️
美容オイルはオイルクレンジングと同じで粒子が細かいので、マツエクをするっと落としてしまうんです。

しかし、エイジングケアとしても有効な美容オイルを目元に使えないのはかなりの打撃!
どうしても塗りたいのであれば、うすーく目元近くに塗りながら乾かすようにしましょう!

また、スペシャルケアに使うようなフェイスパックも、しっかりと目の部分がでるパックを使ってくださいね!
目元に当たってしまうと乾かしづらいですし、まつげについたものが目に入って炎症を起こしてしまうこともあるんですよ😭

濡れたらしっかりと乾かす


シャワーを浴びたあとや、ついつい泣いてしまった時など、目元が濡れたらしっかりと乾かすこと!

目元が潤んでいる女性は確かにチワワみたいでキュンときますが、マツエクが落ちたらチワワも何もないので気をつけてください!🐶

濡れたらしっかりと乾かす理由としては、そのままにすると傷んでしまいますし、目元が気になってついゴシゴシとこすってマツエクを落としてしまう原因となるからです。

また、スキンケアの時にも化粧水を部分ごとにつける人は少ないですよね。

両手に化粧水を広げてから顔全体に浸透させて行くのが一般的で、もちろん目元近くにもたっぷりと化粧水で濡らすと思います。
この時にも化粧水をつけるなとは言いませんが、目元はなるべく避けるように薄く浸透させていきましょう!

目元を乾かす時には、まぶたを閉じた状態で、柔らかい冷風を使って乾かすようにしましょう!

もしスキンケアで乾燥がきになるのであれば、こちら『20代後半はトラブルが多い?保湿を中心としたスキンケアで肌トラブル0へ』も合わせて見てみてくださいね!

コームやスクリューブラシを活用する


洗顔後など顔が濡れることによって、マツエクも乱れてしまいます。
そのまま適当に乾かして放置しているとクセがついてしまい、綺麗なカールにはなかなか戻りません。

これは髪にも言えることです。髪もしっかりと濡れている時にタオルドライして、クシでとかしながら乾かしますよね。
適当に乾かすことによって、前髪が割れてしまったり、頭皮がベタついてかゆみの原因になったりします。

つまりまつげも丁寧に乾かしてケアをすることで、しっかりと綺麗なカールを保つことができるんです。

そんな丁寧にケアをする時に使うのがコームやスクリューブラシ!
この2つは、マスカラのダマをとったり、まつげが絡まるのを防ぐために使うことが多いですよね!

しかし、この2つを効果的に使うことによって、綺麗なマツエクを維持することができるんですよ(*^^*)

寝る時にうつ伏せで寝ない


寝ている時ってついつい動き回ったり、寝返りをうってしまいますよね。
私も寝相がかなり悪いので、枕に足が乗っかっていたり、布団が下に落ちていたりなんてことはよくあります。

しかしマツエクをしている人にうつ伏せや横向きで寝ることによってマツエクは折れてしまうんだとか!

理由としては、枕に顔を押し付けたり、手が当たってしまうことによってエクステが外れてしまうから。

「いやいや寝ている時だしうつ伏せで寝ることもあるだろうな・・・」と心配な人はマツエクやアイメイクが落ちない立体型アイマスクをつけてみてください!

私も半信半疑で立体型アイマスクをつけてみましたが、寝ている時に目元に気をつけなくていいのでストレスがありません!

店頭やインターネットなどで、マツエクにも対応している立体型アイマスクが売られているので、是非使ってみてくださいね😘

また、服を着替える時にもマツエクが引っかからないように注意して着替えましょう!
いつもよりも出っ張っているので引っかかりやすくなっています。抜けてしまったり、形が崩れる原因となります。

もし寝たいのに眠れないのであれば、こちらの『寝れない原因は何??寝るために必要な9つの方法』でご紹介している方法を試して見てください!

睡眠不足はお肌にも悪影響を与えてしまうので、肌荒れのないモテ肌でマツエクの似合うあなたになってくださいね!

綺麗なカールを維持してマツエクモテ♡


いかがでしたか?
マツエクはただして終わりではなく、日々のケアを丁寧に行うことによって綺麗なカールを維持することができることがわかりましたね!

結果、マツエク後のケアとしては、クレンジングを始めとした「まつげを触らないケア」が重要でした。
ついついバサバサまつげが気になってしまう気持ちはわかるので、丁寧に扱うようにしましょう!

また、綺麗なカールを維持できていないと、いくら可愛い服を着ていてもズボラな印象を受けてしまいます⚠️

注意して細かいところもしっかりケアできている女性になりましょうね(*^^*)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!