寒い冬に寝汗をかいてしまうと、

✔︎寒くなって起床時間より前に起きてしまったり
✔︎べとついたカラダに不快感を感じながら嫌な気持ちで目覚めたり
✔︎風邪をひいてしまったり

と、朝の目覚めが悪いですよね。

せっかくお風呂に入って清潔なカラダにして、毛布でぬくぬくな床についたのに・・・・

どうして冬ばかり、こんなに汗をかいてしまうのでしょうか?

ヒロノ

夏はむしむしとしていて、暑いイメージなので汗をかくのはわかります。
しかし、冬は寒くて湿気が少ないので汗をかきにくいように思えるんですよね・・・。
寒い冬に汗をかいてしまうと、余計冷えてしまうのでどうにかならないのでしょうか?

/
冬の寝汗をかきにくくする方法ってないの〜?
\

こちらでは、冬の寝汗をどうしてかいてしまうのかという原因と対策についてご紹介していきます!

冬に寝汗をかいてしまう原因はこれだ!


冬に寝汗をかいてしまうのには原因があります!
もし自分の原因がわからないのであれば、これらの原因が当てはまっているか改善していくことでわかるでしょう。

ちなみに私はほぼ全て当てはまっていました!🙋
朝起きたら布団もパジャマも汗でしっとりなっていることが多い人は、もしかしたらほとんど当てはまっているかもしれませんよ!

原因①:寒いからといって暖かい状態を常につくっている


冬に寒いと手も足もかじかんでしまって、何もできなくなってしまいますよね。
私も寒いと外に出たくないですし、動くのも辛くて最小限の動きになってしまいます。

そんな時に暖かさを与えてくれるアイテムが役立つんですよね!

  • 熱めのお湯につかったり、長時間湯船に浸かる
  • エアコンなどで常に部屋を暖かくしている
  • こたつから離れない生活をしている
  • 生姜や唐辛子などカラダを温める食事ばかり食べている
  • ゆたんぽや電気毛布などをつかって寝る場所を温めている
  • スープなどの水分をたくさん飲んでいる

しかし、これらは冬の寝汗の原因に⚠️

普段から軽く運動をしたりして、カラダを温めるようにしておきましょう!

原因②:パジャマや布団などの寝具がモコモコ


さむ〜い冬にはやっぱりモコモコのものを使いたくなりますよね♡

ふわふわ女子の鉄板パジャマと言えば某ジェ◯ピケだと思うんですが、パジャマだけでなく毛布もモコモコのもふもふが気持ちいいですよね?

しかし、フワフワもふもふで暖かくしてくれるものは全て寝汗につながります!

例えば
・毛布、羽毛ふとん、あったか敷きパッド、あったか枕カバー
・もこもこパジャマ、腹巻、あったかソックス
・電気毛布、ゆたんぽ、電気あんか、カイロ
・吸水性、撥水性、吸湿性のよくない寝具

これらを使うことによってカラダが温まりすぎてしまい、寝ている間に汗をかき、体温調整を行なっているんです!

もこもこで外に熱が逃げにくい素材のものであれば、自分でかいた寝汗に不快感を感じてしまい、ストレスとなってさらに寝汗をかいてしまうこともあります🙅🙅🙅

不快感を感じない快適な睡眠をとるためにも寝具にはこだわってみてくださいね!

また、朝起きた時はしっかりと寝ている間の汗を乾燥させるために、寝具を干したり、空気が通るように広げたりしてみましょう!💁

午前中の涼しい時間帯からお昼にかけて干すことで、寝ている間には逃げなかったムレが蒸発していきます!

朝その手間をしておくだけで、毎日快適に睡眠をとることができるでしょう。

原因③:ストレスによって発汗作用が高まる


精神的なストレスによって出る汗もあります。

「寝たらまた汗をかいてしまうかも」「仕事がうまくいかないな」「夜も朝もお風呂にはいるの面倒だな」などのストレスが主な原因です。

冬は特に気持ちがマイナス思考になってしまったり、塞ぎ込みやすくなってしまう「冬季うつ」というものもあるようです。
無理はせずに、気分をリフレッシュさせるようなことをしてみてくださいね!

私のおすすめは散歩をして気分をリフレッシュさせること!
歩くことによって、なんだか気持ちに余裕が出ますし、ダイエットをしている気になれるので気分が前向きになれます💁

仕事前に時間をとることはなかなかできないと思うので、仕事終わりなどに30分ほど家の近くを歩いてみてはいかがでしょうか?(*^^*)

原因④:病気の前兆


寝ている間に汗をかいてしまっているのは、風邪をひいていたり、体調が悪くなっている前兆かもしれません。

日常生活を過ごしていて寒気を感じたり、胃腸の不快感、頭がズキズキしたり重いと感じることはありませんか?
また、喉が乾きやすかったり、疲労感を感じることはないでしょうか?

そういった「いつもとカラダの調子が違うな」と思い当たることがあれば、早めにかかりつけの病院を受診することをおすすめします。

寝汗をかいているだけでなく、いつもより明らかに寝汗がひどいという場合にも当てはまるので、自分は大丈夫だと思わずに体調管理をしっかりとしてくださいね!

栄養バランスのとれた食事と、睡眠をたっぷりととることが回復への近道です!💁
最近疲れがとれていないなと感じているのであれば、余計に大事にしなければいけないことですよ!!

原因⑤:アルコールの飲みすぎ


夜〜寝る前にアルコールを飲むことによって、寝ている時の発汗を促してしまう原因となります。

理由は、アルコールがカラダの中で分解され、カラダの外に排出されるまでの過程にあります!

アルコールは体内で「アセトアルデヒド」という物質に変わります。
この物質は有害な物質であるため、汗や尿として体外に排出されるのです!

アルコールはカラダを温めてくれるような作用があるので、寒い冬についつい飲みすぎてしまいますが、汗をかきやすい人は特に注意⚠️

就寝2〜3時間前にはアルコールを飲まないようにしておきましょう!

原因⑥:女性ホルモンの乱れによるもの


生理や妊娠、更年期など、女性ホルモンが乱れることによって発汗されやすくなります。

女性ホルモンには、2種類のホルモンがあることを知っていますか?
女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンがあり、排卵や月経によってその出方は変わります。

生活習慣や、生理周期の乱れなどで簡単にバランスを崩してしまいやすいので、毎日規則的に過ごせるように気をつけましょう!

妊娠中や更年期であれば、自分でなんとかするというよりも医療機関に相談した方が早いでしょう。

冬の寝汗を抑えるための4つの対策方法


冬の寝汗には様々な原因があることがわかりましたね!

それでは具体的にどのような対策をしていけばいいのかをご紹介していきますね!(*^^*)

これを行うことによって、汗で目が覚めてしまうということもなくなるでしょう。

対策①:寝具の素材やバランスを見直す


まず寝具の素材や、足し引きしつつバランスを考えること!

✔︎冷えないように対策をしすぎない
✔︎寝具の繊維素材を適当なものか確認する

これらを行うことによって、快適な睡眠をとれるかは変わってきます!

寝る前にゆたんぽなどで布団を温めることも必要ないです!
温めすぎると寝るときはあったかいですが、汗をかきやすくなってしまうので注意してくださいね!

パジャマや布団などがふわふわのモコモコであれば、寝る時にはパジャマを薄いものに着替えるなど、バランスを考えながら調節をしてみてください💁

また、私は寝具に除湿シートを使うようにしています!
調湿センサーがついていて、色の変化でどのくらい湿気を吸収しているのかがわかるので干すタイミングなどがわかるんですよ!

対策②:冬用のパジャマは吸収性重視のものを!


冬用のパジャマはどんなものを使っているでしょうか?
私はふわふわのモコモコのパステルカラーのパジャマを着ています!

しかし、ふわふわモコモコのパジャマって朝起きるとびっしょりと汗をかいているんですよね・・・

そこでパイル生地やガーゼ生地などの、軽めの素材を使ったパジャマがおすすめ!

パイル生地は夏用にも感じられますが、繊維が熱を閉じ込める性質を持っているので、寒いけど汗を吸収してほしい冬にぴったり!

ガーゼのパジャマは少し肌寒く感じてしまうかもしれませんが、その柔らかさではパジャマの中でも上位に入るのではないでしょうか。

冬こそ着るものに気遣って、良い睡眠をとってくださいね♪

対策③:リラックスした状態で睡眠につく


眠りにつくときは完全にリラックスした状態で眠りについていますか?
そう言われると、そうでもないかも・・・と思ってしまう人もいるかと思います。

そこで実践してほしいリラックス方法をご紹介していきます!

・腹式呼吸などの深呼吸
・ゆっくりとした動きで行う簡単なエクササイズ
・ハーブティーや白湯を飲む
・アロマなどをたく
・午前中に日光浴をする
・電気を暖色にする
・自分にあった枕を使用する
・布団を干す

また、寝る前に行なってはいけないことは、

・アルコールを飲む
・42度くらいの熱めのお湯につかる
・PCやスマホ、TVなど強い光が出るものを扱う
・長時間のエクササイズ、ウォーキングや筋トレなどの激しい運動

などがあります!
リラックス方法はストレスが溜まっている人にも効果的なのでぜひやってみてくださいね!

対策④:徹底的に寝具の除湿を行う


寝ている間にかく汗はコップ1杯以上と言われています。
もしコップ1杯の水を布団にかけたらとんでもないことになりますよね😱

しかし、それが汗として全体的に布団に吸収されているのです。

放置しておくことによって、カビの原因やニオイの原因にもなります。
そこで寝具の除湿を徹底的に行うことによって、快適な睡眠ライフを送ることができます!

✔︎パジャマを毎日変える
✔︎吸湿・放湿・放熱など通気性に優れたものを身にまとう
✔︎布団をなるべく干す
✔︎エアコンの除湿で湿度の調節をする

これらをすることによって、寝具の除湿を行うことができるでしょう!

また、汗をかきやすかったり、汗のニオイが気になるという場合は汗対策グッズを使うという手もあります!

こちらでご紹介しているので、寝ているときだけではなく日常的にケアにできるので是非使ってみてくださいね!

冬の寝汗をブロックして快適な睡眠につこう!


いかがでしたか?
冬に寝汗をかいてしまうと蒸れてしまい気持ち悪く感じてしまいますが、なんだか改善できそうな気持ちになってきませんか?

寒いからといって、エアコンつけっぱなし、布団もパジャマもモコモコという生活を送ってきましたが、まさかそれが原因になっていたなんて・・・😱
(エアコンつけっぱなしは、乾燥してしまうので美容にも健康面にも悪いのでやめましょう⚠️)

可愛いモコモコパジャマを揃えていたのでショックが大きいですが、家着にするようにします・・・😭

あなたも快適なあったか寝具を揃えているかと思いますが、寝汗で不快感を毎日感じるよりは取り替えた方がいいですよ!

寝具は毎日使うものですし、毎年買い換えるものでもないと思うので、もったいないと思わずに早く快適になりましょう!

また、病気の前兆である場合はこちらの対策方法を試してもあまり意味がないかもしれません。
早くなんとかしたいのであれば、医療機関の受診をおすすめします!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!