この季節、肌荒れに悩んでいる女性はかなり多いかと思います。
季節の変わり目って肌が荒れやすくなってしまいますよね😥

「ニキビ」「乾燥」「シミ」「くすみ」「毛穴」

様々なタイプの肌荒れを起こしたとしても、もうその時期をなんとなくやり過ごしているという人も多いでしょう。
しかし、この季節だからこそしっかりとスキンケアを行わないと、今後同じことを繰り返してしまいます!

毎日きちんとスキンケアをしているのに、肌って荒れてしまいますよね。。
でもその肌荒れの原因を作っているのはあなたなのかもしれません。

あなたの生活習慣や、食べ物などを少し変えるだけで肌荒れを改善することができるかもしれません!
ここでは、肌荒れを引き起こしてしまっている人におすすめの情報をご紹介していきます。

まずはそもそも肌荒れとはなんぞや?ということや、肌荒れの原因についてご説明していこうと思います。
原因を知ることで、今後の改善にも繋がっていきますよ♪

それでは早速見ていきましょう!

肌荒れってなに?

私たちの肌は日々変化を繰り返します。その変化は良い方向へも悪い方向へも転がっていくのです。
肌荒れには様々な種類が存在します。

  • 肌のかさつき
  • 毛穴の開き
  • ニキビ
  • 吹き出物
  • ベタつきやテカリ
  • 湿疹
  • ヒリヒリ

上記のような症状を全て合わせて私たちは肌荒れと呼んでいます。
通常であれば、キメの整った肌を実感することができるのですが、肌荒れを引き起こしてしまうと、かゆみや痛みなどの症状も出てきます。

そして、10代の頃とは全然違う肌質に困惑してしまう人も多いかと思います。
自分の肌質がこれまでと違うと、どのようなスキンケアをしたらいいか迷ってしまいますよね!

女性の肌ってすごくデリケート。そんなデリケートな肌をしっかりと守るために私たちは日々ケアを欠かさないのです。
肌荒れを改善するためにはまずは、肌荒れを起こしてしまう原因をしっかりと突き止める必要があります。

下記ではその原因をご紹介しています。あなたにも当てはまることがあるかもしれないので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

肌荒れを引き起こす原因について

肌荒れを引き起こしてしまう原因ですが、人によって様々だと思います。
しかし、その原因をしっかりと突き止めることで今後の肌荒れを食い止めることができるでしょう。

女性ホルモンのバランスの乱れ

普段は全く肌が荒れることはないのに、生理前になると肌荒れを引き起こしてしまう。そんな女性は多いかと思います。
生理前に肌荒れが引き起こされてしまう原因は女性ホルモンのバランスの原因があるのです。

生理前や生理中に分泌されやすいホルモンのブロゲステロン。
通常であれば、プロゲステロンよりもエストロゲンの分泌量の方が多くなるのですが、この時期はプロゲステロンの働きの方が強くなるのです。

このプロゲステロンこそが、肌の状態を不安定にさせる原因。
肌の皮脂を増やしてニキビなどを作ってしまうのです。生理が終える頃には肌は安定してきますが、生理が始まる前になるとまた肌荒れをしてしまう。それが繰り返されるのです。

生理前だけではなく、過度なダイエットでもホルモンのバランスは乱れてしまいます。
顎にニキビができてしまうのは、女性ホルモンの乱れが原因だと考えられるでしょう。

内臓の疲れからくる肌荒れ

生理前でもない、睡眠もたっぷりととっている、それなのになぜか肌荒れが治らないという人は、もしかしたら内臓の疲れや異常が原因で引き起こされている可能性もあります。
胃腸や肝臓にストレスが溜まってしまったり、何かしらの異常がある場合、肌に現れてしまうことが多いのです。

胃腸に何か不具合がある場合、食べ物を消化したり吸収したりすることが難しくなります。
栄養をうまくカラダに取り込むことができなくなってしまうので、肌にまで十分に栄養を届けることができません。
それだけではなく、腸内環境が悪化してしまうと便秘などの症状も出てきてしまいます。便秘になると肌も荒れてしまいがちになってしまうので、便秘にならないように食生活を整えたりする努力が必要になるのです。

また、肝臓に関してですが、肝臓は痛くなったりすることがない「沈黙の臓器」なので異常を発見することが難しいのです。
しかし、肝臓は代謝や解毒、胆汁の生成などの役割を果たす臓器のため、肝臓に異常があると肌にも影響を及ぼしてしまいます。

肝臓が悪いのに添加物たっぷりの食事を行っていると、解毒が難しいので、血液中に添加物がたっぷりと入った状態で全身を巡ってしまいます。
よって肌荒れを引き起こすことにもつながるのです。

何をやっても肌荒れがよくならないという人は、臓器系に異常が起こっているかもしれないということを疑った方が良いでしょう。

紫外線によるダメージ

紫外線が肌に悪影響を及ぼしてしまうということは、みなさん知っているかと思います!
紫外線を常に浴びて、その後のケアを怠けてしまうと様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

色素沈着や、ニキビ、アトピー性皮膚炎、シワ、たるみなどの症状を紫外線の影響では引き起こしてしまいます。
他にも頭痛や吐き気や発熱なども引き起こしてしまう可能性もあるので、紫外線対策はしっかりと行い、もしも大量に浴びてしまった場合はその日のうちにしっかりとしかケアを行う必要があります。

食生活習慣の乱れ

食生活ってあなたが思っているよりもかなり肌を正常に保つためには重要なのです。
あなたは毎日こんな食生活をしているのではないでしょうか?


▪️食事の時間・回数などが毎日バラバラ
▪️毎日コンビニのご飯を食べて、ジャンキーなものが多い
▪️夜の10時以降に夜ご飯を食べることが多い
▪️自炊をあまりせず、外食をすることが多い
▪️野菜ばかりに気を取られて、肉や魚をあまり食べない
▪️生野菜ではなく野菜ジュースで済ませてしまう
▪️お酒を毎晩のように飲んでいる
▪️辛いものばかりを食べている
▪️砂糖がたくさん使われているお菓子ばかり食べる
▪️コーヒーが好きで1日3杯以上は飲む
▪️食事の好き嫌いが激しい
▪️冬でも冷たい飲み物を好む
▪️ダイエットのためかなり偏食している



上記のようなことがいくつか当てはまっている人は食生活が乱れている可能性があります。

毎日しっかりと栄養の摂れる食事を送ることで、あなたの肌にも栄養が行き渡り肌荒れを解消することができるでしょう。

顔を触るくせがある

自分の癖って自分では気がつかないことが多いですよね。
もしかしたらあなたは自分の顔を触りすぎているのではないでしょうか?

自分の顔を触りすぎてしまうと、手に付着しているバイキンのせいで肌にダメージを与えてしまうこともあるのです。
無意識に頬杖をついたり、鼻を擦ってしまったりなど、知らないうちに行っていることはあるかと思います。

もしも自分で気がついていないのであれば周りの人に気がついてもらって注意を促してもらうなどの工夫をする必要がありますね!

スキンケアを間違っている

スキンケアを間違うというのはどのようなことなのでしょうか。
私たちは朝と夜、毎日洗顔を行うと思います。

洗顔を行う目的は肌に付着している汚れを落とすということなのですが、汚れを落とすということに一生懸命になりすぎてゴシゴシと顔を洗ってしまう人が多いようです。
洗浄力に優れている洗顔料などもかなり肌に負担をかけてしまう原因になるのです。

あまりにもゴシゴシしすぎるのも肌に負担をかけてしまう原因になるので、優しく泡立ててなるべく顔に指がつかないように洗うのがベストです。

ストレスによる肌荒れ

ストレスって溜めるつもりがなくてもいつの間にか溜まってしまっているという人も多いと思います。
特に現代はストレス社会と言われているくらいなので、会社や学校、家庭などで様々なストレスを抱えている人が多いでしょう。

ストレスが溜まってしまうとコルチゾールというホルモンが分泌されてしまいます。
このコルチゾールはコラーゲンの生成を邪魔して肌の調子を悪くしてしまうのです。
自律神経も乱れがちになってしまい、結構が悪くなり、肌にしっかりと栄養が行き届かなくなってしまうので、ストレスはあまり溜めないようにして、あなたらしい解消方法を探してみてくださいね!

乾燥による肌荒れ

冬は冷たい風が吹いて顔がカサカサになるし、夏は冷たいエアコンがきいて顔がカサカサに、、、。
どちらにしろ、肌の水分が失われてしまい、乾燥肌になってしまいます。

肌が乾燥してしまうと肌トラブルが引き起こされやすい環境になるのでニキビや炎症などにも繋がってしまうのです。
それだけではなく、毛穴の詰まりも目立ち、ニキビができやすい環境になります。

便秘による肌荒れ

先ほども少しお伝えしましたが、ダイエットなどを繰り返してしまうと、食べ物をしっかりととることができずに、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。
便秘になると肌荒れを起こしやすくなってしまうと思います。

便秘がちになってしまうとニキビなどの肌荒れも引き起こしやすくなるので、なるべく便秘にならないように工夫をする必要がありますね。

肌荒れを起こす食べ物について

肌荒れを引き起こしてしまう原因については上記で説明しました。いかがでしたか?
いくつか当てはまったことがあったのではないでしょうか?

あなたがよく行ってしまうことが、もしかしたら肌荒れの原因になってしまっているのかもしれません。
今後は十分に注意をしてしっかりとスキンケアを行っていきましょう😃

ここからは肌荒れを引き起こしてしまう食べ物についてです!
おそらくこちらも当てはまる人が多いと思います。肌荒れを改善したいのであれば、しっかりと見ていってくださいね!

糖分

甘いものを好きな女性は多いはず!疲れやストレスが溜まってしまった場合、甘いものを食べてストレス発散をする人もいますよね。
しかし、その甘い食べ物には糖分がたっぷりと含まれています。

体内に取り込んだ糖はたんぱく質と結びつき、糖化が起きてしまうのです。
この糖化はシワやシミなどを引き起こす原因にもなります。

肌のたるみの原因にもなるなど、様々なトラブルが。。。絶対に糖分を控えるというのは難しいかと思います。なので食べない日もちゃんと作るなど、工夫が必要です。

油分

現在、ファストフードやコンビニのお弁当など手軽た食べ物がかなりあります。
しかし、その手軽な食べ物には、油分がかなり含まれているのです。

油分を取り過ぎてしまうとニキビができやすい原因にもつながります。
消化するのに時間がかかってしまうことが多いので、カラダに負担がかかり肌荒れを引き起こすのです。

どうしてもの場合は仕方ありませんが、普段はしっかりとカラダに良いものを食べるようにした方が健康にも肌にも良いと考えられます。

塩分

お酒をたくさん飲むという人!かなり塩分の高い料理を好んでいるのではないでしょうか?
塩分をたくさん取り過ぎてしまうとカラダの中にナトリウムが増えてしまいます。

ナトリウムが増えすぎてしまうと、水分をどこからか摂る必要があり、この場合、肌から水分を吸収してしまうのです。
肌から水分を摂るということは乾燥肌に近づいてしまうということになりますよね。

よって塩分をたくさん摂り過ぎてしまう人は乾燥肌になりがちなのです。

辛味

辛味成分が含まれている食べ物を好んで食べ過ぎてしまうと、胃腸に負担をかけてしまいます。
胃腸に負担をかけてしまうということは、便秘、下痢、ニキビなどの肌荒れを引き起こしてしまうことになるので、辛い食べ物が好きという人もなるべく抑える必要があります。

アルコール

毎日お酒を飲まないと眠れない!
ストレス発散はお酒を飲むこと!

アルコールでストレスを発散することができるかもしれませんが、肌荒れも引き起こしてしまう原因にもなるのです。
アルコールを飲むことで、肝臓に負担をかけてしまいます。アルコールを飲むことで分解機能がうまく働かなくなってしまいます。

このアルコールがカラダに巡っていると喉が乾き肌から水分を奪ってしまうのです。
よって乾燥肌を引き起こしてしまいます。

カフェイン

コーヒーが好きという女性は多いかと思います。
しかし、コーヒーには胃を荒らしてしまう原因にもなります。

コーヒーに含まれるカフェインはビタミンCを尿と一緒に排出させてしまうので、美肌を目指すのであればコーヒーの飲みすぎは注意する必要があります。

冷たい飲み物や食べ物

冷たい飲み物や食べ物も肌荒れを引き起こしてしまう原因になります。
暑い日は冷たい飲み物や食べ物を食べたくなります。
しかし、この冷たいものが胃腸に負担を与えてしまうことにもつながるのです。

血液の流れも悪くなってしまうので、夏でもなるべく白湯などを飲むように心がけましょう。

肌荒れを改善するための食べ物

上記では肌荒れを引き起こしてしまう食べ物や飲み物についてご紹介しました。
おそらく毎日食べたり飲んだりしているというものが多かったのではないでしょうか?
ここからは、肌荒れを改善するための食べ物をご紹介していきます。

毎日の食卓に取り入れることできっとあなたも美肌を目指すことができるでしょう。

食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維はカラダに良い成分として有名ですよね。
食物繊維を摂ることで腸内環境を正常にしてくれて便秘などの改善へと導いてくれます。


▪️食物繊維を含んでいる食べ物

豆類/おから/納豆/ごぼう/アボカド/海藻/かつおぶし/味噌/キムチ

ビタミンE・鉄が豊富な食べ物

ビタミンEは若返りの成分として有名で、血行促進やホルモンの分泌を整えてくれる効果を期待できます。


▪️ビタミンEを含んでいる食べ物

すじこ/たら/うなぎ/赤ピーマン/アーモンド

鉄も私たちのカラダには必要不可欠な成分ですよね。
鉄が不足してしまうと貧血などになりやすくなります。血色の悪い肌の原因にもなるので、しっかりと鉄分は補っておきましょう。


▪️鉄を含んでいる食べ物

レバー/牛肉/卵黄/しじみ/あさり/油揚げ

たんぱく質が豊富な食べ物

たんぱく質は私たちの細胞を作るのに重要な成分。
もちろん健康は肌を作るのにも必要不可欠になり明日。

ダイエットのためと行ってたんぱく質の源であるお肉を食べない女性も多いかと思いますが、肉の部位を選ぶや、調理を工夫することでダイエットにも影響はなくなるし美肌効果にもなるのです。


▪️たんぱく質を含んでいる食べ物

肉類/魚類/卵/大豆製品

亜鉛が豊富な食べ物

亜鉛は私たちのカラダの新陳代謝に関わる成分。
活性酸素を除去してくれるので老け予防にもつながります。
炎症も抑えてくれるので美肌を保つためには重要な役割を果たしてくれるのです。


▪️亜鉛を含んでいる食べ物

牡蠣/たらこ/レバー/ココア/ごま/イワシ

ビタミンA・Cが豊富な食べ物

ビタミンAやビタミンCには抗酸化作用を期待することができます。
肌を活性酸素から守り、弾力に優れている素肌へと導いてくれるのです。

ビタミンCは抗酸化作用以外にもコラーゲンの生成などにも役立たせることができるのでなるべく毎日摂ることをおすすめします。
しかしビタミンCの場合、一度にたくさん摂ってしまうと、尿と一緒に流れ出てしまうのでこまめに摂ることが良いでしょう。


▪️ビタミンAを含んでいる食べ物

レバー/うなぎ/アナゴ/モロヘイヤ/シソ/人参/すじこ

▪️ビタミンCを含んでいる食べ物

パプリカ/パセリ/ピーマン/柿/いちご/ブロッコリー

最後に

今回は肌荒れの原因や、肌荒れを引き起こしてしまう食べ物、改善するための食べ物についてご紹介してきました。
いかがでしたか?

肌荒れを引き起こしてしまいがちな人は、あなたの生活習慣や食べている物が影響しているかもしれないのです。
季節の変わり目やホルモンバランスが乱れてしまうと肌にすぐ影響が出てしまう人もかなり多いでしょう。

しかし、しっかりと毎日スキンケアを行うことであなたの肌も良い方向へと向かっていくことができるでしょう。
そのそのスキンケアの仕方がもっと知りたい!そんな人は「【簡単エイジングケア】乾燥肌の人必見!おすすめの対策をご紹介!」こちらも参考にしてみてくださいね!

あなたのスキンケア次第であなたの素肌はもっともっと良い方向へ導くことができるのです。
食事や、睡眠、ストレス解消をしっかりと心がけるだけでもあなたの肌は生まれ変わるのです。

もし基礎化粧品に原因があるかもしれないと感じている人は、まずはあなたの肌質を知る必要があります。
自分の肌質をいまいち把握することができていないという人は「20代後半はお肌の曲がり角?正しい洗顔方法や肌に合った洗顔料で適切なスキンケアを行いましょう♪」こちらを参考にしてみてくださいね!

自分の肌と向き合うことで、あなたの肌の特徴やどのようなケアをしていかないといけないのかなど、把握をすることができるようになります。
肌荒れをしていないという人も今後のためにしっかりと対策を行っていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!