これからの季節、どうしても気になってしまうのが日焼け・・・☀️

日焼けをしてしまうと、肌が黒くなったり赤くなったりしてしまいその夏はずっと白い肌を拝むことができなくなってしまいます。

あえて日焼けをするという女性もいるかと思いますが、最近では美白に力を入れている女性が多いように感じますね😃

私もどちらかといえば日焼けはしたくない派!!!!

日焼けをしてしまうとアフターケアが大変ですし、、、💦

日焼けをしたくないから日焼け止めを塗って出かけるのにも関わらず、どうしても日焼けをしてしまうという女性もいるのではないでしょうか?

そういう時ってだいたい日焼け止めの塗り方が間違っていたり、甘かったりするんです!

ますます暑くなってくる夏・・・日焼けをしないための完璧な対策をしていきたくありませんか??

そこで、ここでは日焼け止めの効果的な塗り方やタイミングについてご紹介をしていきます。

絶対に日焼けをしたくないと思っている女性はぜひ、参考にしてみてくださいね😚

▪️今回ご紹介をする内容

🌟日焼けをする仕組みについて
🌟日焼け止めが効果的な理由
🌟日焼け止めの適量は?
🌟日焼け止めの効果的な塗り方
🌟NGな日焼け止めの塗り方
🌟顔に日焼け止めを塗る順番
🌟カラダに日焼け止めを塗る順番
🌟塗り忘れガチな部分!
🌟日焼け止めを塗るタイミング
🌟日焼け止めを塗り直す際のポイント


日焼けをしてしまう仕組みについて

暑い夏、日焼け止めを塗らないで外に出るとお肌が赤くなったり黒くなったり、、、

ヒリヒリとした痛みも出てきてしまいます。。。

その症状こそがまさに日焼けなんです!

日焼けの原因はご存知紫外線ですよね?

紫外線は夏だけ出ると思われがちなのですが、実は紫外線って1年中しかも晴れの日だけではなくて曇りや雨の日も出続けているんです!!

曇りの日はいいやと思い日焼け止めを塗っていない女性も多いですよね😥

紫外線は天気や季節に関係なく出ているのでしっかりと塗るようにしてください。

日焼けをしてしまう原因って簡単にいうと太陽の光に当たるからですよね?

太陽の光を浴びることで紫外線も浴びてしまいます。

紫外線を浴びると私たちのお肌は肌の内部を守るために表皮にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出すのです。

紫外線カットの効果が強い日焼け止めを塗っている場合でも、時間が経ってしまうと日焼け止めは汗で流れていってしまいます。

そうなると日焼け止めを塗っていないお肌に直接紫外線が当たってしまい、夕方くらいになるとお肌がヒリヒリとしてきてしまうのです☀️

お肌が黒くなってしまうのはカラダの表面にメラニンがたくさん増えてしまうことが原因です。

人によっては紫外線に当たって5分くらいで肌が赤くなったり炎症を起こしてしまう人もいます。

このような場合はもしかすると光線過敏症の可能性があるので皮膚科に相談してみたほうが良いですね。

日焼けがよくないと言われている理由とは

日焼けがよくないと言われている理由は美容以外にも様々あります。

美白を目指している人は自ら日焼けをしに行くようなことはしないと思いますが、日焼けをしたいと思っている人は下記の影響をしっかりと把握しておく必要がありますね!😞

▪️シミ・そばかす・色素沈着
紫外線を浴びてしまったお肌は守りに入り、メラノサイトがメラニン色素を増やしていきます。

健康的なお肌の場合は新陳代謝によてメラニン色素を排出して綺麗なお肌になるのですが、新陳代謝をうまくできないお肌の場合、黒化やシミ、そばかすなどになっていってしまうのです。


▪️潤い不足
紫外線は皮脂膜や細胞脂質などの働きを弱めてしまうのです。

そうなることでお肌の保湿機能やバリア機能が低下し、カサカサと潤いのないお肌になっていってしまうのです。

乾燥したお肌が続いてしまうと、どうしても他の肌荒れなどを引き起こしてしまうようになります。


▪️新陳代謝の乱れ、お肌の劣化
紫外線を浴びたお肌は表皮細胞が傷つき新陳代謝が乱れてしまうようになります。

そうなるとメラニン色素がお肌に残るようになってしまうので、シミやそばかすなどを残してしまうのです。

新陳代謝が乱れたままの状態が続いてしまうと保湿力も衰えてしまうので肌荒れを引き起こすようになりますよ。


▪️シワ・たるみ
紫外線にはUV-A派とUV-B派、UV-C派が存在するのですが、お肌に影響を与えるのはA派とB派です。

これらの紫外線がお肌に当たってしまうと、コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸などによって健康に保っていたお肌を傷つけてしまい、弾力を奪ってしまうのです。

弾力がなくなってしまったお肌はシワやたるみを引き起こす原因になってしまいます。


▪️活性酸素の発生
紫外線を浴びることで私たちのお肌は活性酸素を生み出してしまいます。

活性酸素が出てきてしまうと、皮膚内の脂質を酸化させてしまい過酸化脂質に変化させてしまうのです。


▪️皮膚ガンの影響
もっとも怖いのが皮膚ガンへの影響です。

紫外線をたくさん浴びてしまうことで細胞遺伝子が傷つきます。

通常であれば正しく修復作業が行われるのですが、大量に紫外線を浴びすぎてしまうとたくさんの遺伝子が傷ついてしまい、間違った修復作業を行ってしまうのです。

これが皮膚ガンの原因になります。

多少の紫外線なら大丈夫なのですが、大量に浴びてしまうとこのようなリスクも考えられるので注意が必要になります。



紫外線を浴びてしまうことで上記のような影響が出てきてしまいます。

しかし、紫外線はよくないことだけではありません。

紫外線を浴びるということは私たちのカラダの免疫力を高めてくれたり、ビタミンDを作ってくれるので、発育期の子どもや授乳期の女性には必要不可欠な存在になります。

良いといってももちろん適量です。

なにごとも程よい加減で行うようにしましょうね!😃

日焼け止めがなぜ効果的なのか

紫外線の影響を防ぐためにも、日焼け止めは必要不可欠な存在ですよね?🙆

ではこの日焼け止め、どのような効果を期待することができてなぜ効果的と言われているのでしょうか?

先ほどもお伝えをしましたが、紫外線にはUV-A派とUV-B派、UV-C派が存在します。

洋服をすり抜けてお肌に影響があるのはUV-A派とUV-B派です。

日焼け止めには2つの成分が含まれており、これらが紫外線からお肌を守ってくれるものになるのです。

▪️紫外線吸収剤
紫外線を吸収して熱・赤外線のエネルギー変化させて放出。
皮膚への影響を防いでくれる。

▪️紫外線散乱剤
紫外線を反射し、日焼けを防止。



日焼け止めを塗ることで紫外線がお肌に当たることを防ぎ日焼け防止につながります。

日焼けだけではなく、様々な影響を防ぐことができるのであなたのお肌に合った日焼け止めをつけるようにしましょうね!

日焼け止めに書かれているSPFやPAって?

日焼け止めがなくなったので話題になってるスキンアクアの日焼け止めを購入!!! フツーにスーパーで買いましたw サラサラの着け心地で塗ったあともベタつかずお肌の色がパッと明るくなった気がする♡ メイクしたくない日にこれとパウダーだけでも良さそう✨✨ 匂いもせっけんの匂い??イイ匂いでアタシは好き〜😍😍 #スキンアクアトーンアップuvエッセンス#スキンアクア #ロート製薬#日焼け止めエッセンス#日焼け止め#カラーコントロール#化粧下地#パッケージ可愛い #コスメ#コスメ大好き#サラサラ#ベタつかない

すとろべりぃさん(@maaaayu.77.y)がシェアした投稿 –

日焼け止めを購入する時についついわからなくなってしまうSPFとPA。。。

しかし選ぶ際はこれらに着目をして選んでいる人は多いのではないでしょうか?

このSPFやPAはブロックをしたい紫外線の種類で異なる効果を期待することができるのです⛅️

紫外線にはA派、B派、C派が存在します。

特に怖いのがA派とB派です。

  • 紫外線A派
  • 肌の奥深くに入りハリや弾力に必要不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸を破壊し、シワやたるみなどの肌トラブルを引き起こす。

  • 紫外線B派
  • 肌のの表面が赤くなってしまうサンバーンや黒くなってしまうサンタンの原因になる。



SPFというのは紫外線B派の影響を防ぐものです。
PAは紫外線A派の影響を防ぐもの。

数値や+が高ければ高いほど良いと思われるのですが、実はそんなことはなくシーンによって使い分けるようにすることがおすすめされているのです。

シーンを選んで塗るようにする

紫外線をしっかりとブロックしたいのであれば、シーンを選んで日焼け止めを選ぶ必要があります。

SPFは数値が高ければ高いほど、紫外線を浴びてお肌に赤みが出てくるまでの時間が長くなります。

PAは「+」の数が多ければ多いほど紫外線防止への機能は高まります。

▪️春・秋・冬の毎日
2時間以内の外出や、ほとんど室内で過ごすというような日はSPF25、PA「++」の日焼け止めくらいを選び、こまめに塗り直して使うようにしましょう。

▪️夏・アウトドア
夏の暑い時期やアウトドアを楽しむ際は紫外線をたくさん浴びてしまいますよね?

その際はSPFが40以上でPAが「+++」くらいのものを選ぶようにしましょう。



敏感肌の人にはノンケミカルのベビー用がお肌に優しくておすすめです。

日焼け止めの成分には紫外線散乱剤や紫外線吸収剤があり、一般的には紫外線錯乱剤の方がお肌に優しいものと言われています。

近年では紫外線吸収剤も敏感肌の人でも安心のものもあるので、薬局などで探してみてくださいね。

日焼け止めはどのくらいの量を塗るの?

日焼け止めを塗るときあなたはどのくらいの量を塗るようにしていますか?

日焼け止めの種類によっては量が少ないものもありますよね?

だからといって少ない量を薄く伸ばしてしまうのはあまり効果を実感することができなくなってしまいます。

しかし、塗りすぎてしまうのもお肌にきちんと密着することができずに汗で流れて、これも意味がないものになってしまうのです。

日焼け止めはタイプによって変わってきますが、だいたいミルクタイプであれが500円玉より少し大きいくらい。

クリームタイプであれば500円玉よりも少し小さいサイズを手に取り満遍なく塗るようにしましょう!😃

日焼け止めの効果を高めるための塗り方について

せっかく日焼け止めを塗るのであれば、しっかりと効果を実感したいものですよね?

日焼け止めを塗ってお出かけをしたのに全く効果がなくて気がついたら真っ黒や真っ赤になってしまったら絶望的です。。。

しかし、正しい塗り方を行うことでしっかりと日焼け止めの効果を実感することができるようになるんです!

下記では日焼け止めの効果を高めるための塗り方についてご紹介をしていきます。

日焼け止めを塗っても毎回失敗してしまうという人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

1:お肌を整える

日焼け止めを塗る前にあなたはしっかりとお肌を整えるようにしていますか?

もしかして、コンビニやスーパーに行くだけでからと、洗顔をした後に直接日焼け止めを塗っているわけではないですよね!!?

日焼け止めを塗る前に普段行っているスキンケアでお肌を整える必要があります。

お肌を整えることで日焼け止めが落ちていくのを防ぐことができるのです。

乾燥をしたままお肌に日焼け止めを塗ってしまうと乾燥を悪化させてしまう恐れもあります。

2:ムラなく塗る

日焼け止めを塗る際はかなり丁寧にムラなく塗る必要があります。

リキッドタイプの日焼け止めの場合は少量ずつ手にとって鏡でよく見ながら塗るようにしましょう。

3:すり込まないようにする

しっかりとお肌に日焼け止めを浸透させるために、お肌にすり込むようにして塗る人もいますよね?

しかし、この塗り方はお肌に良い塗り方とは言えません!

お肌を刺激してしまうことで肌トラブルを招いてしまうことも。

日焼け止めを塗る際はお肌に優しく塗っていくようにしてくださいね。

4:重ね塗りを行う

重ね塗りといってもきちんと量を考えないといけません。

1回分の適量を半分に分けて2回に渡り塗るという感じです。

重ね塗りを行うことで満遍なくお肌に塗ることができるでしょう。

5:細かく塗り直す

朝1回だけ日焼け止めを塗れば夜まで続くというわけではありません!

朝塗っても汗をかいてしまうと汗と一緒に流れてしまうのです。

なのでこまめに日焼け止めを塗り直すことでより高い効果を期待することができるでしょう。

6:適量を塗るようにする

先ほどもお伝えをしましたが、日焼け止めを塗る際は少なすぎてもだめ出し、多すぎてもいけません!🙅

適量を塗るようにしてしっかりと日焼けを防いでいきましょう!

やってはいけない日焼け止めの塗り方について

上記では日焼け止めの効果を高めるための塗り方についてご紹介をしました。

意外と知らなかったという人も多かったのではないでしょうか?

ただ日焼け止めを塗るというだけでは、ちゃんとした効果を実感することができません。

そして、もしかしたら下記のようなことを行い日焼け止めの効果を半減させてしまっているのかも・・・💧

1:乾燥をしている肌に塗る

先ほどもご紹介をしましたが、乾燥をしているお肌に日焼け止めを塗るのはNGです!

乾燥をしている状態で日焼け止めを塗ってしまうと余計にお肌が乾燥をしてしまい、他の肌トラブルを招いてしまうことにもつながります。

乾燥をしているという人は乾燥を防ぐためにスキンケアをして保湿するようにしてくださいね。

2:薄く伸ばす

日焼け止めの種類によっては量が少ないものもあります。

もったいないからといって少ない量の日焼け止めを薄く伸ばして使用するのは効果的ではありません🙅

ムラなく、そして満遍なく塗るように心掛けましょう。

3:いつのかわからない日焼け止めを塗る

人によっては去年の日焼け止めを使い切ることができなかったという人もいますよね?

もったいないから来年に回そうと考えるのはよくないことです!

保存方法によっては菌が繁殖している可能性もり、品質が変化をしている可能性も。

なるべくいつ買ったかわからない日焼け止めは使わないようにして、新しい日焼け止めを使うようにしましょうね!

4:紫外線に当たる直前に塗り始める

バタバタと出かけてしまい、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった。

時間がある時に外で塗ろう!!

そのようなことをしている人もいるかと思います。

もしくは紫外線を浴びてしまう直前に日焼け止めを塗る人も・・・。

日焼け止めはお肌に馴染むまでに時間がかかります。

馴染む前に紫外線を浴びてしまっては全く意味がないものに。。。

日焼け止めを塗る際は外に出る20〜30分前に塗り終わるようにしておきましょう!

5:塗り忘れがある

塗り忘れがあってしまうとその部分だけ日焼けをしてしまうことになります。

  • 耳の後ろ
  • 手の甲
  • 足の甲

などがよく塗り忘れのある部分になります。

塗り忘れがないようにしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう!

顔に日焼け止めを塗る順番について

日焼け止めを塗る時にどのような順番で塗るようにしていますか?

とりあえず適量を手に取って満遍なく塗っているという人もいるかもしれませんね?😃

実は日焼け止めって塗る順番があるんですよ!

顔は目や鼻や口など凹凸の部分がたくさんあります。

なのでこの凹凸に気をつけて塗らないと塗り残しが出てきてしまうのです。

▪️おでこ
▪️頬
▪️鼻
▪️顎

などのポイント別に塗っていくのが塗り残しがなく丁寧に塗ることができるポイントです。

化粧水や乳液で通常通りにスキンケアを行い、日焼け止めを塗る。

色補正の化粧下地を塗る、メイクをする。

このような順番で塗ることで日焼け止めの効果を高めて乾燥を防いでくれるようになるでしょう。

メイクをしない日は日焼け止めを重ね塗りするようにします♫

カラダに日焼け止めを塗る順番について

日焼け止めをカラダに塗る際も実はルールがあるんです!

腕や脚に日焼け止めを塗る時は、手に取らず直接直線をかくように日焼け止めを出していきます。

手のひらでらせんを描くようにムラなく伸ばしていきましょう。

首やデコルテなどは塗り忘れがちな部分になります。

しっかりと塗るために洋服を着る前に塗るようにしましょう。

日焼け止めを塗ったつもりが塗れていなかったとなると、めんどくさいケアが増えてしまうのでしっかりと日焼け止めは塗るようにしてくださいね!

日焼け止めを塗るタイミングについて

日焼け止めは塗り方だけではなく、塗るタイミングも大切になってきます。

基本的には紫外線を浴びる20〜30分前には日焼け止めを塗っておく必要があるのです。

しかし、日焼け止めの種類によってはメイクをする前なの?メイクをした後なの??

と、ごっちゃになってしまうこともありますよね😐😐

下記では日焼け止めの種類別に塗るタイミングについてご紹介をしています。

あなたが持っている日焼け止めはどのタイミングで塗るのがベストなのでしょうか!☀️

クリームタイプ

クリームタイプの日焼け止めは肌馴染みがよく乾燥しにくいのが特徴です。

メイクを頻繁に行うという人はメイクとの相性が良いクリームタイプの日焼け止めを使ってみてはいかがでしょうか?

クリームタイプはミルクタイプと比較をすると少しかたい感じなので、塗る際に白くならないように気をつけましょう。

塗るタイミングはメイクの前に塗るようにします。

ミルクタイプ

ミルクタイプは液体っぽく柔らかいテクスチャーなのでベタつきがありません。

乾燥肌、混合肌の人におすすめです。

塗りやすく落ちやすいタイプなので塗り直しをしょっちゅうするという人に人気となっています。

塗るタイミングはメイク前に塗るようにします。

ジェルタイプ

ジェルタイプはひんやりとしているテクスチャーなので暑い夏にぴったりです!

しかし落ちやすいのも特徴なのでこまめに塗るようにしましょう。

私が使った感じだと、ジェルタイプの日焼け止めはどちらかというと顔よりもカラダに塗る方が合っている感じでした!(※←人によります。

梅雨や夏のベタベタとした時期におすすめです。

スプレータイプ

最近ではスプレータイプの日焼け止めも人気になっています。

普通の日焼け止めとは違いミストタイプなので、塗り直しや髪の毛用にぴったりなんです。

しかし、ミストタイプなのでまばらについてしまうし、カバー力に欠けます。

しっかりと日焼け止めを塗って、なおす際にミストタイプを使うという様に使い分けた方が良いでしょう。

パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止めはメイクをしていない時やメイクの仕上げなどにうかうのが効果的です。

長時間外にいることよりも、ちょっとしたお出かけに使う方が良いでしょう。

日焼け止めを塗り直す際のポイントは?

朝日焼け止めを塗っても動き回ったり、汗をかいたりすることで日焼け止めは落ちてしまいます。

落ちた状態で外に出て紫外線を浴びてしまうともちろん日焼けをしてしまいますよね?

なので、日焼け止めは常に持ち歩き、塗り直す必要があります♫

外の場合

長時間外に出ているとどんなに強い日焼け止めでも落ちてしまうので塗り直す必要があります。

6時間くらい長持ちをする日焼け止めでもなるべく2〜3時間くらいたったら塗り直すのがおすすめです😃

先ほどご紹介をしたスプレータイプの日焼け止めやパウダー式の日焼け止めで上からカバーを行うと面倒じゃなくて良いですね!

部屋の場合

部屋にいる場合でも紫外線はしっかりと入ってきてしまいます。

外よりはマシですが、部屋にいる場合でも4時間に1回くらいは塗る様にしてくださいね。

メイク直しのついでに日焼け止めのスプレーを行うとこちらも手間がかかりませんよ♫

最後に・・・

今回は日焼け止めの塗り方やタイミングについてご紹介をしました。

まさか家にいる時も紫外線を気にしないといけないなんてびっくりですよね😕

日焼け止めを塗るのって正直時間がかかるしめんどくさい・・・。

しかもこれまでのシミやたるみなどができてしまっているからもう手遅れなのではないかと思っている人もいるかもしれませんね!

しかし、日焼けをしている上にさらに日焼けをしてしまうと、お肌に良いことなんてありません!

日焼けをしたくないという人はめんどくさくても、しっかりと毎日日焼け止めを塗る様にしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!