友達が髪の毛を切っててすごく似合っている!

私も切りたくなってきた!

いざ切ってみると「あれ?きらなかった方がよかったんじゃない・・・?なんで切っちゃったんだろう・・・。

そんな失敗をしてしまうことってよくあるかと思います。

前髪などを自分で切る人もいますよね。

自分で切って失敗。美容師さんに頼んだのになんか微妙な仕上がり。

などなど、髪の毛は女性の命というくらい大切な存在なんですよ!🙋

それなのに失敗をしてしまうなんて、、、自分的納得がいかなかったら外を歩くだけでも勇気が必要に。

そんなことって悲しすぎます!

早く髪の毛を伸ばしたい。その一心でなかなかの苦労をしている女性は多いと思いますよ!

そこで、今回は髪の毛を早く伸ばす方法についてご紹介をしていきます🙋

切りすぎてショックを受けている人。
ショートカットだから早く伸ばしたい人。

などなど、髪の毛を早く伸ばしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね!

髪の毛を早く伸ばすことってできるの?

そもそも髪の毛を早く伸ばすことってできるの?

そう思ってしまいますよね💦

時間が経って、「あらー髪の毛が伸びてきたわ〜」っていうことはあるのですが、1日や2日で誰が見てもわかるくらいに髪の毛が伸びるということはありません。

人にもよりますが2〜3ヶ月くらで髪の毛が伸びてきた??

ってなるくらい。

髪の毛を早く伸ばす方法と言ってもそんなに劇的に変化することができないということは始めに言っておきます。

ただ、ここでご紹介する方法を試すことで、普段よりも少し伸びるのが早くなるという感じです。

そのことを頭に入れた上で参考にしてくださいね📝

髪の毛ってだいたいどのくらいのスピードで伸びるのか知ってる?

なたは髪の毛の伸びるスピードを知っていますか??

髪の毛はかなりゆっくりな速度で伸びていきます。だいたい1ヶ月に1〜1.5cm伸びると言われているのです!

かなりゆっくりですよね。

だから髪の毛伸びたね〜ってなかなかわからないのが正直な乾燥。

1年間で計算するとだいたい15cmです!

1年会っていないお友達に会うとやっぱり「髪の毛長くなったね〜」ってなりますよね。

もちろん髪の毛が伸びるスピードは人それぞれ変わってきます。

頭皮の状態や髪の毛の痛み具合、そして年齢など様々です。

冬の時期は夏に比べると髪の毛の伸びるスピードは遅くなると言われています。

なぜなら冬は気温が低いので血液の流れが悪くなりがちになるから。

特に女性は冷え性などの問題に悩まされますよね。

血液の流れが悪くなってしまうと髪の毛に必要な栄養が血液に乗って送られなくなってしまうので髪の毛が伸びるスピードが遅くなってしまうのです。

(…とは言っても季節でそんなに劇的な変化はありません)

やってみよう!髪の毛を早く伸ばすための8つの方法

髪の毛を早く伸ばすためには様々な努力を行う必要があります。

特にヘアケアなどはかなり重要視する必要があるのでしょう。

そこで下記では髪の毛を早く伸ばすための8つの方法についてご紹介をしていきます。

ロングヘアに憧れているという人はぜひ下記でご紹介をする内容を参考にしてみてくださいね♪

方法1:栄養をしっかりと摂るようにする

髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、毎日の食事に気を使う必要があります。

毎日添加物たっぷりの食事を食べてる、甘いお菓子ばかりを食べている、ジャンクフードを食べているなど健康にも悪い食べ物ばかりだと髪の毛にも何かしらの被害が・・・。

私たちのカラダは毎日食べているものでつくられています。

髪の毛に良いとされている栄養素を摂ることで早く髪の毛を伸ばすことができるかもしれません。


◯タンパク質
・お肉
・お魚
・卵
・乳
・大豆製品

◯ビタミンB群
🔹ビタミンB1・・・豆類・豚肉・のり・ごま・うなぎ・緑黄色野菜

🔹ビタミンB2・・・レバー・卵・チーズ・牛乳・納豆

🔹ビタミンB6・・・お肉・お魚・落花生・豆類

🔹ビタミンB12・・・レバー・チーズ・貝類・卵

◯ビタミンA
・レバー
・うなぎ
・バター
・マーガリン
・チーズ

◯ビタミンE
・アーモンド
・ナッツ類
・うなぎ
・たらこ
・魚介類

◯コラーゲン
・豚足
・鶏皮
・手羽先
・軟骨
・牛すじ

◯亜鉛
・かぼちゃの種
・牛肉
・牡蠣
・カシューナッツ

◯大豆イソフラボン
・納豆
・大豆飲料
・豆腐


上記の食べ物が髪の毛に良いとされている食べ物!

意外と身近にある食べ物ばかりですよね🙆🙆🙆

あなたの毎日の食生活に取り入れてくださいね♪


方法2:サプリメントを活用してみる

上記では髪の毛を良い方行へと持っていくことができる食べ物についてご紹介をしました。

しかし、亜鉛とかはあまり食べ物から栄養をとることができないですよね?

そんな時におすすめなのがサプリメント!

亜鉛をサプリメントで摂ることで毎日の不足しがちな栄養をしっかりと補うことができるのです。

しかし、1点気をつけていただきたいことは、サプリメントはあくまでもサポートをする目的としてください。

全ての栄養をサプリで補おうとせずに基本的には食事で補うようにしてくださね♪

方法3:良質な睡眠をとるようにする

あなたは毎日どのくらいの時間寝るようにしていますか?

仕事や家事、育児を頑張っている人は睡眠時間が短くなってしまいますよね💦

しかし睡眠時間が短かったり、夜遅くに寝てしまうのは髪の毛にも頭皮にもよくないことなのです。

“ゴールデンタイム”って知っていますか??

ゴールデンタイムは夜の22時〜2時の間のことを言います。

この時間に良質な睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌を促すことができます。

成長ホルモンの分泌を促すことができれば、代謝をよくすることができるので髪の毛も伸びやすくなると言われているのです!

髪の毛を早く伸ばしたいと考えている人は規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

方法4:頭皮を清潔にしてあげる

髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、頭皮を清潔にすることも大切です。

頭皮の毛穴に汚れや皮脂が溜まってしまうと髪の毛の成長を滞らせてしまうのです。

シャンプーもあなたの髪の毛や頭皮にあったものを使って、回数を増やすよりも、丁寧に汚れを落とすイメージで頭皮や髪の毛を洗うようにしてくださいね!


方法5:マッサージをして血液の流れをよくする

頭皮マッサージは頭皮のかゆみを抑えたり、髪の毛のダメージ改善への効果も期待できます。

頭皮が凝ってしまていると、髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

頭皮マッサージの基本としては指の腹を使って気持ちの良い力加減で、もみこむようい頭皮マッサージをしていきます。

頭皮マッサージを行うことで、血液の流れをよくすることができるので栄養もスムーズに取り込むことができるようになりますよ♪


方法6:ストレスをなるべく溜めないようにする

仕事・育児・家事・人間関係・恋愛。

私たちは様々なことが理由でストレスを抱えてしまいます。

ストレスを感じていないと思っている人も知らないうちにストレスが溜まっていっているものなのです。

髪の毛とストレスってあまり関係していないように感じるかもしれませんが、実は結構大きく関係しているんですよ。

頭皮にある毛細血管はストレスによって収縮してしまいます。

なのでストレスが溜まってしまっていると毛細血管が収縮をしてしまい、栄養を上手に取り込むことができなくなってしまうのです。

寝ることでストレス解消をする人も多いようですが、そればかりを繰り返していると睡眠により血液の流れが悪くなって栄養を届けることができなくなってしまいます。

ストレスを発散させるためにはカラダを動かしたり、もっとあなたの興味のあることに積極的に取り組んでいきましょう!

方法7:適度な運動を心がける

学生の頃は運動を頻繁に行っていた人でも社会人になるとそんなに運動をしなくなってしまったという人が多いのではないでしょうか?

運動をしないとカラダの巡りが悪くなってしまい髪の毛が伸びにくい環境を作ってしまいます。

しかし運動をして汗をかくことでカラダの巡りがよくなり栄養を吸収しやすくなるんですよ。

運動をすることはストレス発散にもつながるのでぜひ、軽くからで良いので運動をしてみましょうね!

方法8:育毛への効果を期待できるシャンプーを使ってみる

髪の毛を健康な状態で育てるためには育毛シャンプー、そして炭酸シャンプーを使うのが効果的とされています。

これらのシャンプーを活用することで頭皮の血液の流れをよくしてくれて髪の毛を早く伸ばすサポートをしてくれるのです。

あなたは現在どのようなシャンプーを使っていますか?

もしかしたら頭皮に優しくないシャンプーを使っているかもしれませんね💦

頭皮や髪の毛の汚れを優しく落として血液の流れをよくしてくれるシャンプーを選ぶことがおすすめ!

あなたの頭皮にぴったりのシャンプーを使うようにしてくださいね!

髪の毛を早く伸ばしたいならこんな対策をしてみよう!

髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、毎日のケアや対策が必要不可欠。

髪の毛が傷んでいるのであれば、しっかりと痛みを解消する。

そして生活習慣や食生活が乱れている人は改善していく必要があるんですよ♪

下記では髪の毛を早く伸ばすための対策についてご紹介をしていきます。

毎日のあなたの生活に取り入れてみてくださいね!😘

対策1:髪の毛が傷んでいるなら傷みを改善してから伸ばし始める

髪の毛を伸ばしている人って美容院に行っても毛先を切りたくないと思ってしまいますよね。

美容師さんに”毛先だけ切りますか?”って聞かれても、短くなるのがいやだから、”大丈夫です”なんて言っちゃって。

しかし、髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、毛先の傷みをしっかりとリセットすることが大切。

毛先なので伸びるスピードには別に関係ないかもしれませんが、毛先がボロボロのまま伸びてしまうとなんだか不衛生なロングパーマになってしまいます。

そんなことにならないためにも毛先が傷んでいると感じたら美容院で切ってもらうようにしましょうね♪


対策2:ダイエットはなるべくしないようにする

女性なら誰しもダイエットをしたい!もしくは現在進行形でしているという人が多いのではないでしょうか?

多少のダイエットなら良いのですが、過度なダイエットを続けてしまうと髪の毛に栄養を与えることができずに髪の毛の伸びるスピードは遅くなってしまうのです!

髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、あまり過度なダイエットはしない方が良いかと思いますよ。

対策3:タバコは控えるようにする

近年タバコを吸っている女性は多いかと思います。

ストレスを解消したくてもなかなかできなくて、タバコやお酒などを活用してストレスを解消してしまいますよね💦

しかし、タバコを吸ってしまうとタバコに含まれているニコチンの影響で血液の流れが悪くなってしまうのです。

1度タバコを吸ってしまうとなかなかやめることができない。

そうなってしまうと髪の毛に栄養を与えることができなくなって髪の毛の伸びるスピードが遅くなってしまうのです。

タバコは髪の毛だけではなく健康にも美容にも悪影響。

髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、禁煙を考えてみるのも良いかもしれませんね!

対策4:脂っぽい食べ物は食べないようにする

脂っぽい食べ物や甘いものを好んで食べる女性は多いかと思います。

しかし、これらの食べ物は頭皮の皮脂を過剰に分泌してしまう原因になります。

頭皮の環境が悪くなってしまうと髪の毛の伸びるスピードも遅くなってしまいます。

脂肪の多い食べ物を摂りすぎてしまうと糖化の原因になり、頭皮や髪の毛が傷みやすくなってしまうので、髪の毛も伸びるスピードが遅くなってしまうのです。

大好きなものを食べることができなくなるのは少し残念ですが、髪の毛を伸ばしたいのであれば多少の我慢も必要です!

対策5:引っ張ったら伸びるは嘘!その分傷むので気をつける

よく髪の毛を引っ張ると伸びるなんて話を聞きますよね。

しかし、その考え実は間違っているのです!

確かに髪の毛を引っ張ると、伸びます。

しかし、その伸びるは単純に伸びるということ…。

髪の毛は弾力があるので伸びます。

しかし成長するとは違った伸びなのでよくありません!

ゴムなどで髪の毛を結んだ時など絡まって取れなくなってしまうこともありますよね。

髪の毛を適当に扱ってしまうと、どうしても髪の毛が傷んでしまう原因になります。

それだけではなく毛根に負担がかかってしまったり、引っ張ってばかりいると血液の流れが悪くなってしまいます⚠️

仕事をして頭を使いすぎてしまった時など、頭皮マッサージのつもりで髪の毛を掴んで上に引っ張るということをする人もいるのですが、実はそれは血液の流れが悪くなっているだけなので、やめるようにしましょうね!

対策6:自然乾燥はしないようにする

髪の毛が短いからと言って自然乾燥を行うのはよくありません!

すぐに乾くから大丈夫だろうと思ってそのままにしておくと髪の毛にかなりのダメージを与えてしまいます!

髪の毛を自然乾燥してしまう、そして生乾きのまま寝てしまうと寝具と髪の毛に摩擦が起きてしまい傷みの原因に!

髪の毛が傷んでしまうのも髪の毛の伸びるスピードを遅めてしまう原因になるので、しっかりとドライヤーで乾かしてから寝るようにしましょうね。

最後に

今回は髪の毛を早く伸ばす方法についてご紹介をしました。

髪の毛を切ってから「失敗しちゃった〜」ってことはあるかと思います!

そんな悲しい思いをしばらくしないといけないなんて、、、

気に入らないヘアスタイルでしばらく過ごさないといけないなんて、、、

そんなのかなり悲しいですよね💦

今回ご紹介をした方法はそんなにすぐに効果を実感するものではないのですが、毎日きちんとケアをしたり食生活を正したりすることで通常よりも早く伸ばすことは可能になるでしょう。

/
ヘアスタイルが気に入らない。それならあなたなりの努力をしよう!
\

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!