口臭ってあなたが思っているよりも周りの人は迷惑をしているのです。
しかしあなたは気がついていないかもしれません😥自分が気がついていないと口臭を改善するのはなかなか大変です。口臭を改善するのってあなたが思っているよりもかなり大変ですよね。

毎日歯磨きをしているし、口臭対策にマウスウォッシュやガム、タブレットなどを活用しているのになぜかわからないけど口臭がしてしまいます。
口臭といっても種類は様々あり、その種類によってケアの仕方が変わってきます。
まずはあなたの口臭の種類を知っておかなと適切なケアができないのです。ここでは口臭の種類についてご紹介していきます。

口臭に悩んでいるという人はあなたの口臭がどのタイプなのかを突き止めて、しっかりと対策を行ってみてくださいね!
口臭を解消することができれば人との距離も近くなるし、より毎日を楽しむことができるでしょう😃

それではまずは口臭の原因について見ていきます!

口臭がしてしまう原因って?

そもそも口臭とは呼吸をした時や相手と会話をしている時に発生してしまう悪臭のことを指します。
私たちは毎日呼吸をするし誰かとおしゃべりをしますよね。あなたももしかしたら誰かと話している時に嫌なニオイを感じたことがあるのではないでしょうか?それが口臭なのです。

口の中には見えない細菌がたくさん存在しています。口の中に存在している細菌は300〜400種類あると言われ1000億個以上も潜んでいます。もちろん全ての細菌が悪いものではありません。
善玉菌と悪玉菌に分けられるのですが、悪玉菌が増えてしまうと口臭がしてしまうのです。ただこの口臭は口の中だけの問題ですよね。悪玉菌が原因で口臭がしてしまうのであれば、悪玉菌を減らすようにすれば口臭は解消されます。
悪玉菌って基本的に食べカスに繁殖してしまうので、食べた後は歯磨きをしたり口をゆすいだりすることで繁殖を防ぐことができるのです。

それだけではなく寝不足やカラダが疲れている状態でも悪玉菌は増えてしまうので規則正しい生活を行うように心がけましょう。
口臭はあなたではなく他人が判断をします。他人が判断をして臭いとわかればそれはもう口臭になってしまうのです。

口臭は自分では気がつかない

あなたは自分で口臭がしていると気がついていますか?おそらくほとんどの人が口臭に気がついていないかと思います。
しかし、他人はそうはいきません。おしゃべりをしているとあなたの口臭をダイレクトに感じることができるのですから。人間のカラダの構造上、鼻と口は繋がっています。
つまり口臭がしていたとしても毎日いつでもそのニオイを感じているのです。

毎日そのニオイを嗅いでいたらさすがに慣れてしまいますよね。結果自分の口臭に気がつくことができず、周りの人に不快な思いをさせてしまうのです。
もしあなたが自分の口臭に気がついていないのであれば、マスクをつけた状態で息を吐いてみてください。もちろん鼻までマスクで覆った状態です。きっと口臭がしてくるかと思います。
口臭がしてしまったら、そのニオイを周りの人も感じているということになるのです。

口臭が気になるあなたにおすすめ!自分で確認ができる6つの方法

口臭には5種類もある

冒頭でも少しお話しをしましたが、口臭の原因には種類があります。

  • 生理的口臭
  • 食べ物などによる口臭
  • 病的口臭
  • ストレスからくる口臭
  • 心理的口臭

この5つがあるのですが、どの口臭もしっかりとケアを行うことで解消することができます!
まずはあなたの口臭のタイプをしっかりと把握しておきましょう。各口臭の種類をご紹介しているのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

1:生理的口臭

生理的口臭は誰にでも起こる口臭です。主な原因は口の中の唾液が足りなくなってしまい乾燥し、口の中が酸性化。そのせいで口の中の細菌が増殖してしまうことが考えられます。
生理的口臭は歯磨きをしたりお水を飲んだり食事をすることで抑えることは可能です。
この口臭は基本的には気にするようなものではありません。

起床した時

起きたばかりの時はみんな口臭がするかと思います。
寝ている間は唾液の分泌量が低下してしまうので細菌が口の中で増殖するのです。歯磨きをしたりお水を飲むことで緩和させることができるでしょう。

空腹の時

お腹が空いている時も口の中の唾液の分泌が低下してしまいます。そうなることで細菌が繁殖してしまい卵が腐ったようなニオイがしてしまうのです。

緊張している時

緊張をしている時も口臭がしてしまうという人はいますよね。こちらも同じく口の中の唾液が少なくなってしまい、乾燥状態に。
緊張をしている時はストレスを感じてしまっている状態と同じ感じになるのです。

思春期

思春期の頃はホルモンのバランスが乱れていますよね。ホルモンのバランスが乱れてしまうことでも口臭はしてしまうのです。
ホルモンバランスが乱れてしまい、唾液の量が減ったりストレスを溜めてしまったりと様々なことが引き起こるのが思春期です。ホルモンのバランスを整えたり、食事の方法を変えたりとすることが大切になるでしょう。

加齢

年齢を重ねることで口の中も変化をしていきます。カラダの機能が若い頃とは違い低下をしていきますよね。
女性ホルモンの分泌も少なくなってきます。それだけではなく、年齢を重ねることで口の中は乾きやすくなってしまうのでそれが口臭の原因になるのです。

更年期

更年期になると女性ホルモンのバランスはどんどん乱れてきてしまいます。女性ホルモンの分泌量が低下をしてしまうことで口臭もしてきてしまうのです。
また、唾液の分泌量も減っていってしまうので口の中の乾きも感じるようになります。

月経期

女性は毎月生理がきますよね。生理前や後は女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、抵抗力なども落ち気味になってしまいます。すると口の中の細菌も増えて口臭を感じるようになってしまうのです。
生理前って頭痛がしてしまったりイライラしたりお腹や腰が痛くなってしまいますよね。同様に生理前にだけ口臭がしてしまうという女性も多いようなのです。

妊娠期

通常はアルカリ性の唾液が妊娠をすることで酸性に変わるようになります。唾液が酸性になると虫歯になりやすい環境になるのです。
また、妊娠中は悪阻などの影響で食生活や生活習慣などが乱れてしまいますよね。それも原因で口臭がしてしまうようになるのです。

2:食べ物などによる口臭

ニオイのきつい食べ物ってすごく美味しいんですよね!しかし、仕事の休憩中などにうっかり食べてしまうことで口臭の原因になってしまうのです。ニオイのきつい食べ物やお酒などを口に入れることで、口の中には食べかすが残ってしまいます。
プラスして、消化される際にそれらの成分が血液中に溶け出してしまい肺を通って呼吸として排出されるのです。

食べ物や飲み物が原因でしてしまう口臭は一時したらしなくなるのですが全てのニオイをなくすには結構な時間がかかってしまうのです。
なので仕事中やこれから誰かとおしゃべりをするという時に食べたり飲んだりしてしまうと口臭をさせてしまうので注意が必要です。

ニンニク・ネギなどの食べ物

ニンニクやネギなどは口臭がしてしまう食べ物代表ですよね!ニンニク・玉ねぎ・ニラ・らっきょうなどニオイ成分が強い食べ物は食べることで食べかすが口の中に残ってしまいニオイを出してしまいます。
また、飲み込んだ後も酵素の作用で刺激臭物質が生成されてしまい血液として全身を循環するのです。全身を循環するということはもちろん肺にも届いてしまいます。肺に届くと呼吸をする度に口臭がしてしまうことになるのです。

アルコール

アルコールをたくさんとりすぎてしまうと、カラダが水分のバランスを崩してしまい唾液の分泌量が少なくなってしまいます。
それだけではなく体内に入ったアルコールを分解する際にニオイの元になるアセトアルデヒドという成分も発生させてしまうのです。お酒が好きな女性は多いかと思います。毎日お酒を飲んでいる人もいますよね。お酒の量や頻度を考えて飲むことで口臭対策にもつなげることができますよ!

コーヒー

仕事中にコーヒーを飲んでいる人は多いかと思います。ニオイのきつい食べ物を食べた後などはコーヒーを飲むことで緩和されるのですが、空腹時にコーヒーを飲んでしまうと空腹によって発生してしまった口臭とコーヒーが混ざってしまい大変なことになってしまうのです。
また、コーヒーの香りはすごく良いけど、舌についている舌苔に付着してしまうとなかなか取れなくなってしまいます。ブラックならまだセーフですが、砂糖やミルクをたくさん入れたコーヒーはよりニオイを強烈にしてしまうことになるのでコーヒーを飲むならブラックで飲むようにしましょう。

タバコ

仕事の息抜きなどでタバコって吸ってしまいますよね。
タバコのニオイって独特です。しかしそのニオイ意外でもタバコにはニコチンと言われる物質が含まれており、それが口臭の原因にもなるのです。
ニコチンの作用で血管を収縮させ、唾液の量を減らしてしまいます。そうなると口の中の唾液は少なくなってしまい口臭につながるのです。

3:病的口臭

病的口臭は名前の通りです。
病気が原因で口臭が発生してしまうことをいうのです。病的口臭といっても様々な原因があるのですが、もっとも多いのが虫歯や歯周病ですね。
病的口臭を対策・解消するためには歯医者に行って治療をすることがおすすめとなります。

歯周病

歯周病ってテレビなどでもよく聞く名前ですよね。
歯周病はなりたてはそんなに痛みもないのですが、放置をしてしまと確実に進行していってしまいます。歯磨きをすることで歯茎に触れて出血をしたり痛みが出てしまったり。そのまま放置をすると歯茎の出血や膿が原因で口臭がしてきてしまうのです。

虫歯

虫歯になっている場合も最初の方は口臭はしないのですが、放置をしていると口の中に潜んでいる悪玉菌の住み家になってしまうのです。
おそらく口臭がしてしまうほとんどの人が虫歯があるのではないでしょうか。虫歯は自分では気がつかない場所にできていることが多いので、予防や治療のために歯医者に通うようにしましょう。

歯垢

歯の表面になんとなく何か溜まっていると気がついたことはありませんか?それは口の中に存在している細菌の塊なのです。
食べ物の残りを餌にしている微生物などが長期間に渡り作っていきます。歯垢は虫歯や歯周病の原因にもなるので正しい歯磨きや検診を行うようにしましょう。

歯石

歯垢を放置してしまい固まってしまったのが歯石です。歯石がたくさんついてしまうことで口臭にもなります。

舌苔

口の中の悪玉菌が繁殖をしてしまうのは歯にだけではありません。歯茎や唇の裏など様々な場所に繁殖をするのですが、気をつけてもらいたいのが舌です。
舌の表面ってザラザラとしていますよね。食べカスや死んだ細胞がすごくたまりやすい場所なのです。鏡を見た時に舌が白っぽくなっていたら注意が必要です。悪玉菌が繁殖をしていて口臭の原因になってしまっています。
舌苔を取ろうとして歯ブラシなどで無理やりゴシゴシとしてしまうのも舌を傷つけてしまい口臭の原因になってしまうので注意が必要です。

ドライマウス

口臭のほとんどの原因が唾液の分泌量の少なさと言われています。
唾液は口臭の原因になる悪玉菌を抑えてくれるのに大切な役目を果たしてくれているのです。それだけではなく食べかすとして残った糖分などを綺麗にしてくれる役割も。
唾液の分泌が現象してしまうことで悪玉菌が繁殖して口臭がしてしまいます。朝食を食べない、疲れやストレスをためているなどもだ唾液の分泌量を減らしていることに繋がるので正しい食生活と生活習慣を心がけるようにしましょう!

4:ストレスからくる口臭

唾液が分泌される唾液腺は自律神経が支配しています。ストレスが溜まってしまうことで副交感神経ではなく交感神経が優勢になってしまうので、唾液の分泌が少なくなってしまうのです。
唾液が分泌されなくなってしまうと口の中が乾いてしまうので口臭がしてしまうのです。

5:心理的口臭

心理的口臭は上記でご紹介をしてきた口臭とはまた違ってきます。
自分自身で口臭がすごくしていると思い込んでしまう人もいるのです。でも中には口臭なんてしていない人もいるんですよ。
本当はニオイなんてしていないのにしていると思い込んでいて人と関わることができないという人も中にはいるのです。自分では気がつくことができません。もしも口臭に悩んでいるという人がいたらあなたが確認をしてあげてそんな大したことないよ!って伝えてあげましょう。
口臭がしていると思い込むことで緊張やストレスとなり、唾液の分泌が少なくなってしまって本当に口臭が悪化してしまいます。

自臭症になりやすい人の特徴

自臭症は先ほどもお伝えをしたように存在をしていないニオイを感じてしまったり周りの人から臭いと言われているのではないかと常に心配をしてしまう病気です。

普段からニオイに敏感な人ほど自臭症になりやすいと言われています。自分よりも相手のことばかりを考えて本当のことが言えないという人が自臭症になりやすいのです。
他にも過去に口臭や体臭に関して指摘をされたことがある人はそのことがトラウマになってしまい必要以上に心配になってしまっているようです。

死ぬ程クサい口臭の原因はなに!口臭の種類や自分でできる確認方法5選とは

病的口臭の治療について

生理的口臭はみんなするものだからもうしょうがありません。食べ物や飲み物などによる口臭もその場ではしてしまうけど時間が経つにつれて解消されるものなので大丈夫です。
ストレスや心理的口臭も自分の気持ち次第、どうしても解消することができないという人は医師などに相談することでストレスも不安も緩和することができるでしょう。
ここからは病的口臭の治療についてご紹介をしていきます。

おそらく口臭がしてしまうほとんどが虫歯や歯周病や歯石です。
歯医者でしっかりと治療を行うことであなたの口臭の悩みもすっきりと解消することができるでしょう。

歯周病の治療

歯周病の特徴としては、歯を支えている骨が溶けてしまい歯茎がぶよぶよとして出血や膿を引き起こしてしまうということ。
歯やぶよぶよとしてしまった歯茎の隙間には細菌が繁殖してしまいニオイの原因となる悪臭物質を作り出してしまいます。歯周病を発症してしまうと自力では治すことはできません。悪化する前に歯医者さんに相談しましょう。

虫歯の治療

初期段階の虫歯はそこまで口臭がしてしまうということはありません。悪化してしまい神経まで到達すると口臭がしてしまうのです。
まだ少し痛いかな?くらいの時に虫歯を治療しておきましょう。

歯垢の治療

歯垢は細菌が固まってしまっているものです。毎日歯磨きをしていても見えない部分や歯ブラシが入りきらない部分に残ってしまいます。
歯垢が溜まってしまっている人は歯医者さんに行って綺麗にとってもらうようにしましょう。

舌苔の治療

舌苔ようのブラシなどが存在しますよね。しかしあまりゴシゴシとしてしまうと逆に口臭の原因にもなってしまうので、タオルやガーゼで優しく拭い取ることをおすすめします。

ドライマウスの治療

唾液の分泌量が減ってしまうことで口臭はしてしまいます。今回ご紹介をした原因以外でも抗生物質などを飲んでいる人は副作用で唾液が分泌されにくくなってしまうこともあるのです。
喋ったり食べたりお水を飲んで唾液の分泌が通常通りに戻るのであれば心配はいらないのですが、全く唾液がでないとなると少し問題なので歯医者さんなどで相談をしてみることをおすすめします。

お茶を食べて口臭対策をしよう!

上記では病的口臭の治療についてご紹介してきました。
結果少しでも口臭が気になったら歯医者さんに行った方が良いということですね(笑)虫歯など自覚がある人は早めに歯医者さんに行って治療を行うことをおすすめします。
悪化してしまうと治療に時間がかかってしまいますよ!

口臭対策には緑茶が良いって知っていましたか?
緑茶に含まれているカテキンという成分は殺菌作用があるのです。口臭対策だけではなく体臭対策などのクリームにもよく使用されているんですよ!
口の中に悪玉菌が繁殖するのを抑える効果を期待できるのでぴったりです!食後に緑茶を飲むことで口臭対策につながります。飲むことでビタミンAやビタミンCなども補給することができるのでおすすめですよ!

本当はお茶を飲むよりもお茶っぱを食べる方が効果を期待できます。
お茶っぱをひとつまみ口に含んでとかすことで口臭を緩和させることができますよ。

あなたにおすすめの口臭サプリをランキング形式でご紹介!効果や口コミを比較したBEST5がこれっ

最後に

今回は口臭の種類についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたか?
何度もお伝えをしているように口臭って自分では気がつかないことが多いのです。自分が気がついていないのに相手はすごく気がついているなんてショックですよね😥
現在口臭が気になっているという人はあなたの口臭はなぜしているのか、まず種類を突き止める必要があります。

そうすることでより適切なケアを行うことができますよ!
病的口臭が原因ならすぐにでも歯医者さんに行って治療をしてもらいましょう。口臭は解消されるものなので諦めずに改善をしていってくださいね♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!