肌が綺麗な女性って、それだけで好印象を与える存在ですよね。

しかし、肌を綺麗に維持し続けるってかなり難しいことだと思いませんか?

肌は体質や生活が現れる部分なので、一度荒れてしまうとなかなか改善することはできません。

そこで肌を化粧で綺麗に見せようと、カバー力のあるファンデーションなどで隠すメイクをしがちになってしまうかと思います。

でもそのカバー力のあるリキッドファンデーションが肌荒れの原因を作って、悪化させている場合が!

こちらの記事では、肌荒れしないファンデーションはどのようなものなのかを主にご紹介していきます!

肌荒れはしたくないけど、綺麗な肌を作りたいという人は参考にして見てくださいね!🙋

肌荒れしている時はリキッドファンデーションを使えないの?


肌荒れしている時に汚い肌を見せたくないと思って、カバー力の高いリキッドファンデーションをつかっていませんか?

確かに肌荒れをしていると乾燥で肌がゴワゴワになっていたり、ニキビや肌の痒みでどうしても赤みが隠せなかったりしますよね。

しかし、隠すメイクは逆効果!

カバー力がダントツで高いリキッドファンデーションは、パウダーファンデーションに比べて崩れにくいという特性を持っています。

リキッドファンデーションで肌荒れしてしまう原因は様々ですが、毛穴を詰まらせてしまうようなカバー力のための成分が肌を荒れさせてしまうと言われています。

カバー力が高すぎず、敏感肌でも使えるようなリキッドファンデーションであれば、肌荒れをしている時にでも使うことができるでしょう。

肌荒れしている時に使えるリキッドファンデーションとは?


先ほどカバー力が高すぎず、敏感肌でも使えるようなリキッドファンデーションであれば、肌荒れをしている時にも使うことができるでしょうとお伝えしましたよね。
(できれば使ってほしくはないんですけど・・・)

どんなリキッドファンデーションであれば、使えるのか。

それは、薬用ファンデーションやミネラルファンデーションなどの余計な成分が含まれていないファンデーション!!

カバー力が高いものは肌に刺激を与えやすいものばかりなので、肌トラブルが隠しやすいファンデーションを使っていたら注意した方がいいかもしれません。

肌荒れをしている時は刺激を感じやすい肌となっているので、肌につけた瞬間にかゆみや刺激を感じるものなど、自分の肌に合わないものは避けるようにしましょう。

肌に負担を与えないようにスキンケアを見直したり、化粧下地を顔全体に塗ることによって、肌への負担を減らすことにつながります。

崩れないメイクでメイク直しの負担を軽減しよう


ランチを食べたあとや定時間際になってくると、どうしてもメイク崩れが気になってしまいますよね・・・!

しかし、そこで化粧を厚塗りしてしまうことによって、肌に余計負担をかけてしまいます。

刺激を受け、皮脂やホコリで汚れた肌に化粧を厚塗りすることによって、さらに肌荒れを悪化させてしまう原因に!

なのでメイクをするにしても、落としやすいメイクをするか、メイク直しする必要のない崩れないメイクをするかにしましょう!

先ほど言っていたようにカバー力の高い化粧品は肌荒れを促してしまうので、カバー力があるものは避けてメイクするようにしてみてくださいね。

メイクを崩れさせないことで、メイク直しでの負担を最小限に抑えることができるでしょう(*^^*)

土台である肌を作るスキンケアは、低刺激・高保湿を心がけよう


肌がゆらぎやすい生理前や、肌荒れをしている時には丁寧なスキンケアが重要です!

特に「低刺激で高保湿のスキンケア」を意識するようにしてましょう!

肌が敏感になっている時に、ニキビを治そうとしたり、エイジングケアのために刺激を与えるスキンケアをしていると余計悪化させてしまいます。

なので、肌にかゆみが出ていたり、ニキビができてしまっていたらセラミド配合の美容液や化粧水を使ってみることをおすすめします!

なぜなら、セラミド配合のものであれば、刺激を受けやすい肌になっていたとしても肌の水分量を保つサポートをしてくれるから!

厚塗り感のあるベタベタするクリームを使っても保湿されないことがあるので、自分の肌にあったものを使うようにしてみてくださいね(*^^*)

丁寧なスキンケアを行なっていても、口周りが赤くなったりブツブツができてしまう人は関連記事も合わせて読んで見てください!

ファンデーションは薄い層を何層もつくる仕上げに!


ファンデーションを塗る時にべったりと塗ってはいませんか?

ファンデーションは薄い層を何層にも作ることによって、肌を綺麗に見せてくれ、厚塗り感のない肌に見せてくれます!

このべったり塗りだと厚塗り感も出てしまいますし、表情の動きによって起こる化粧崩れの原因にもなってしまいます。

また、べったり塗りだと薄い層を重ねるメイクよりもクレンジングの落ちが悪いと言われています。

メイクが崩れる時には汚いのにクレンジングでは落ちにくいなんて・・・

クレンジングが落ちにくいと、肌にクレンジング剤をのせる時間も長くなりますし、メイクを落としやすい刺激の強いクレンジング剤をつける必要があるので、肌への負担を増やしてしまいます。

フェイスパウダーも合わせて使うことによって、時間がたっても皮脂崩れを起こしにくい肌にしてくれますよ♪

ファンデーションパフはいつも清潔にしておく


ファンデーションパフやスポンジは綺麗にしていますか?
パフやスポンジは、毎日肌にファンデーションをのせるために使うものですよね。

しかし、ファンデーションで汚れたパフを放置することによって、雑菌が繁殖してしまい、肌荒れなどの肌トラブルの原因を作ってしまいます。

ファンデーションがいくら肌荒れを起こさないものだとしても、不衛生な状態のパフを顔に使うことで顔を雑菌だらけに!

ファンデーションパフを何週間も洗うことがないという人は、関連記事を参考にしてファンデーションパフを清潔に保つようにしてみてくださいね!

低刺激のコンシーラーをポイントづかいする


ポツリとできたニキビや、疲れた目元のように見せてしまうクマなどができていたら、肌に刺激を与えない低刺激のコンシーラーを使うようにしましょう。

コンシーラーはカバー力が高く、様々な肌荒れを引き起こす原因となってしまうため、余計な負担をかけないためにも低刺激タイプをおすすめします。

しかし、コンシーラーを重ねても、肌荒れしている部分が浮き出てきてしまう場合もあるかと思います。
そんなメイク崩れを防ぐためにコンシーラーを厚塗りすることはNG!

コンシーラーを厚塗りするよりも、メイク直しをこまめにする方が綺麗な肌を保つことができるので、自分の肌をトイレにいくタイミングなどでチェックしておきましょう!

仕上げのパウダーは全体的につけて崩れにくいメイクに


化粧の最後にする仕上げのフェイスパウダーは、顔全体にまんべんなくつけるようにしましょう!

コンシーラーやリキッドファンデーションなど油分の多い化粧品をつけたままメイクを終わらせてしまうと、ムラがわかりやすく、化粧崩れも起こしやすいです。

フェイスパウダーの役割である、

✔︎メイクの仕上がりをよくする
✔︎メイクのもちをよくする

これら2つはメイクをする目的である、「綺麗で明るい肌に見せたい」という目的を達成するために必要なことです!

フェイスパウダーは顔全体にまんべんなくつけ、厚塗りにならないように薄く塗ってみてくださいね(*^^*)

つけ始めは粉っぽさがあるかと思いますが、だんだんと自分の皮脂に馴染んでいくので自然になじませましょう。

肌荒れしている時でもベースメイクはきちんとしよう


いかがでしたか?
肌荒れしにくいリキッドファンデーションはあることがわかりましたね!

肌荒れをしている時でも、スキンケアやファンデーションなどのベースメイクをしっかりとしておくことによって、外部の刺激から守ってくれる働きをしてくれます。

化粧をすることによって肌に負担をかけていると考えてしまいがちですが、肌に何もつけていない方が肌への刺激となっていたのです🙅🙅🙅

もちろん、肌に刺激を与えるような成分が入っているものを使えば、肌荒れは簡単に起きてしまうので注意が必要!

敏感肌で肌トラブルが起きやすい筆者は、ミネラルパウダーファンデーションを使うことに落ち着いたので、もしどうしても肌が荒れてしまう人は肌に優しいミネラル化粧品を使うようにしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!