メイク崩れで悩んでいる女性ってかなり多いですよね。夏でも冬でも崩れてはなおして崩れてはなおして・・・。正直なおすことに疲れてしまいました😥

しかし崩れてしまっているままの状態でずっといるわけにはいきません。メイクがよれている状態だったら女子力が下がってしまいますからね!

あなたがメイクをしている時に一番崩れてしまう部分はどこですか?
おそらくほとんどの人が鼻と答えるんじゃないでしょうか?鼻は他の部位よりも毛穴の量が多くあります。なので皮脂もその分多く分泌されるのです。
皮脂が多く分泌されてしまうと必然的にメイクがよれてきてしまいますよね。

メイク崩れをさせないために、ファンデーションを厚塗りしてその上からパウダーをたくさんのせてしまっている人。それ、実は間違いなのです。
鼻のメイク崩れをしないためにはどうしたら良いのか。これからの季節かなり気になってきますよね。ここではメイク崩れ、特に鼻のメイクを崩さないための対策についてご紹介していきます。
いつもメイク崩れにかなりテンションが下がっているという人や、メイク直しがめんどくさいという人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

メイク崩れしやすいのはズバリ鼻


メイク崩れしやすい場所といえばやはり目と鼻じゃないですか?汗や皮脂でファンデーションがドロドロになってしまったり、時間がたったら目の周りがパンダになってしまったりと様々な悲しい出来事が起こってしまいます。
1日働き続けていたらメイクをなおす時間なんてない!暑い中歩き回って汗でメイクが崩れすぎ!女性って綺麗に見せるためにメイクをするのにまさかそれが原因で女子力が半減してしまうなんてなんともショックなことです・・・。

メイク崩れをなおすことができない日はメイク崩れをなおさなくても良いくらいのメイクをしていくことがおすすめです。
あなたは顔の中でどの部分をもっとも隠したいと思いますか?私的には鼻を一番に隠したいです。ほとんどの女性はそうだと思います。しかし、先ほどもお伝えしましたが毛穴を隠そうと思ってファンデーションをベタベタと塗ってしまうとメイク崩れをしてしまった時見た目がすごく悪くなってしまいますよね。

なので皮脂が分泌される鼻はあまりベタベタと塗らないことが良いのです。
メイクは部位によって方法を変える必要がありますよ!

鼻に潤いを与えて乾燥を防ごう


メイク崩れの原因の1つに乾燥があります。メイクの前にしっかりとスキンケアをして保湿をしておかないとメイクが崩れてしまいます。
スキンケアには様々な種類がありますよね。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

これらをフルに使う必要はもちろんあるのですが、乳液よりもクリームの方が油分が多く含まれているので、脂性肌の人はメイク前のクリームはほどほどに止めておくようにしましょう。
クリームをたくさんつけすぎてしまうとメイク崩れの原因になってしまいます。
もちろん化粧水や乳液はしっかりとつけましょうね!化粧水は肌にしっかりと浸透させて、その上から乳液。これだけでもしっかりと保湿することができます。

保湿をしっかりと行い少し時間をおいてからメイクを行うようにしましょう。

メイクに関する調査結果


株式会社伊勢半が化粧に関するアンケートを全国の20歳〜39歳の女性に実施しました。
普段からメイクをしている20代〜30代の女性500名に対して「夏のメイクできになることはなんですか(複数回答)」という質問をしたところ、回答者全員が「メイク崩れ」と回答。
その次は「Tゾーンのテカリ(73.0%)」「毛穴の黒ずみ、ひらき(60.0%)」が気になうと回答しました。

▪️《汗にまつわる失敗談について》
「朝はバッチリメイクをしているけど、満員電車で汗をかいて会社に着く頃には落ちていた」
「野外フェスに行った時に汗でパンダ目になっていて落ち込んだ」
「汗でファンデーションが崩れててテカテカになってしまった」
「汗で眉毛が消えて半分になっていた」

▪️《メイクの直しにくいポイントについて》
この質問をしたところ、6割を超える人たちがファンデーションと回答しました。次いで2位はマスカラが落ちてパンダ目になっているということ。

1位:ファンデーション・・・65.6%
2位:マスカラ・・・3.8%

▪️《ファンデーションの崩れかたについて》
「夕方になると乾燥をして顔のシワにファンデーションが溜まってしまう」
「汗でファンデーションがよれてしまう」
「冷房でファンデーションが崩れてしまい砂漠状態になってしまった」
「汗でファンデーションが流れてしまい、すっぴん状態になってしまった」

参照元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000222.000002194.html

上記のような結果になってしまいました。

さてあなたはどうでしょうか。もしかしたら現在もメイク崩れをしてしまっているのではないでしょうか?
メイクくずれをしてしまうことであなたの魅力も半減してしまいますよね😥しかしメイク崩れに悩んでいるのはあなただけではないのです。

多くの女性がメイク崩れに関して悩んでいるんですよ!

まずはメイクが崩れてしまう原因についてご紹介をしていこうと思います。
原因がわかることで改善へとつなげることができるようになるでしょう!

メイク崩れを起こしてしまう原因について


ここからはメイク崩れを引き起こしてしまう原因についてご紹介していきます。
朝しっかりとメイクをしてきたのにお昼くらいになるとすぐに崩れてしまうという人はまず、メイクが崩れてしまう原因について知っておく必要がありますね!
特に鼻のメイク崩れは死活問題、、、。

しっかりと原因を突き止めることで今後のメイク崩れ対策にもつなげていくことができるでしょう。

原因1:スキンケアが合っていない


メイク崩れの原因の1つにスキンケアが合っていないと言うことがあります。

あなたは完璧なスキンケアを行っていると思っているかもしれませんが、あなたの肌に合っていないスキンケアを行っていると肌が荒れてしまうだけではなくメイク崩れも頻繁に起こしてしまうのです。

例えば、化粧水や乳液をつけていないと乾燥を引き起こしてしまいます。しかし、脂性肌の人がたっぷりと保湿をしてしまうのもそれはそれで肌荒れの原因になってしまうのです。

肌は常に絶妙なバランスを保っているので、スキンケアを間違ってしまうとメイク崩れの原因になってしまいます。
現在肌荒れを繰り返してしまっている人は、あなたのスキンケアをもう一度見直して見てはいかがでしょうか。

原因2:スキンケアの後にすぐメイクをしている


朝バタバタとしていてスキンケアの後にすぐメイクをしていると言う人は多いのではないでしょうか?しかし、その行動もメイク崩れの原因になってしまうって知っていましたか?化粧水や乳液をした後にすぐに下地やファンデーションをしてしまうとメイクが崩れやすくなってしまうんです。

化粧水などで乾いてない状態でメイクをしてしまうのは肌にも悪影響を与えてしまいます。
つまりメイク崩れだけではなく肌荒れの原因にもなってしまうのです。スキンケアをした後すぐにメイクをするのではなく、数分時間をおいてからメイクをするようにしましょう。

原因3:ファンデーションを厚塗りしている


メイク崩れの原因で多いのがファンデーションの厚塗り。厚塗りをしてしまうと上の方のファンデーションが肌に密着することができていないのでメイク崩れを引き起こしてしまうのです。それだけではなくファンデーションのムラもできてしまうのです

メイク崩れをした状態は、メイクが剥がれてしまっている、溶け落ちてしまっている状態になるので、見た目もすごく悪くなってしまいます。

原因4:乾燥やエアコンによる崩れ


乾燥やエアコンでもメイク崩れは起きてしまいます。

乾燥をしている肌はカサカサとした状態なので、どうしてもメイク崩れが引き起こされてしまうのです。それだけではなく乾燥している肌はバランスを崩している状態になるので皮脂の過剰分泌も引き起こしてしまいがちに。
私たちは毎日暖房やクーラーを活用していますよね。ほとんど活用しない時はないかと思います。毎日その生活をしてしまうということは肌にかなりの負担をかけてしまっていることなのです。

夏もなるべくクーラーを使わない、冬も暖房を使わない生活をすることで乾燥肌はしっかりと改善することができますよ。

原因5:油分により崩れる


鼻のメイクは頬などよりもはるかに崩れやすいですよね。

鼻には毛穴がたくさんあります。その毛穴から出る皮脂とメイクの油分が肌の上で混ざってしまうのです。
そうすることで肌がベタベタとしてしまいメイク崩れを引き起こしてしまうのです。

メイク崩れを起こさないための対策について


メイクが崩れてしまう原因については上記でご紹介をしました。

様々な内容があって、もしかしたらあなたにも当てはまる項目があったかもしれませんね!メイク崩れはあなたのメイクの仕方や肌の状況次第で全く変わってきます。変にファンデーションを厚塗りにしてしまったり、スキンケアをしてすぐにメイクをしてしまうことでメイク崩れを引き起こしてしまいます。

そこで、下記ではメイク崩れを引き起こさないための対策についてご紹介をしていきます。簡単にできるものばかりなのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

対策1:下地にこだわる


メイクを崩さない対策の1つめは下地にこだわるということです。現在販売されているものの中では下地とファンデーションが一緒になっているものもありますよね。
しかしファンデーションだけのものもあります。それを使用する時は下地をつける必要があるのですが、しっかりとつけすぎてしまうのもメイク崩れの原因になってしまうのです。

下地はつけすぎないようにすることが大切です。指でつけすぎてしまうと下地をつけすぎてしまう可能性があります。つけすぎてしまわないためにもスポンジで抑える感じでつけるのが良いでしょう。

メイク下地はファンデーションを繋ぎ止めるための役割も果たしてくれます。下地をせずにファンデーションをしてしまうとメイクが崩れやすくなってしまうことにつながるのです。ファンデーションをつける時はメイク下地をしっかりとつけるように心がけましょう。

対策2:パウダーのしすぎはNG


パウダーメイクの上からして肌を綺麗に見せる方法もあります。しかし、メイクの上からパウダーを重ねすぎてしまうとシワになりやすくなってしまったりダマができてしまいます。

メイク直しの時も顎やフェイスラインにパウダーをするようにして、鼻や口周りはしないほうが良いでしょう。気がつかないうちに顔を老けさせてしまう場合もあります。

対策3:スキンケアの後はすぐにメイクをしない


スキンケアをした後にすぐメイクをしてしまうのもメイク崩しの原因になってしまいます。スキンケア用品には様々な成分や水分が含まれています。
本来なら肌に浸透していくはずのスキンケア商品がファンデーションや下地に混ざってしまいメイク崩れの原因にもなってしまうのです。

だいたい基礎化粧品をして3分、下地をして3分、そしてファンデーションを塗るようにしましょう。

スキンケアの後に身支度をして、下地を塗った後に歯磨きをして、、、など、毎日の準備の順番を変えることでスムーズに朝の支度を行うことができるでしょう!

対策4:厚塗りはせず薄くする


メイクの厚塗りをしている女性は多いかと思います。しかし、その厚塗りはメイク崩れの原因にもなってしまうのです。
メイク崩れが気になってしまう部分、つまり鼻周辺はファンデーションを厚塗りせずに薄くするほうが良いのです。

メイク下地を塗ってファンデーションを薄くです。そうすることで肌への負担も減らすことができるでしょう。

対策5:ぬるま湯で洗顔を行う


メイク崩れをしてしまう場合、洗顔の方法を見直すということも大切なことです。
洗顔でゴシゴシと顔を洗ってしまうと、肌に必要な皮脂や潤いまでも洗い流してしまうことにつながります。足りなくなってしまった皮脂を取り戻そうとして肌は過剰に分泌をしてしまいます。

私たちの手が温かい、心地よいと感じる温度はおおよそ36〜37度と言われているのですが、その温度だと皮脂が溶けてしまいます。皮脂が溶けてしまう温度がだいたい30〜32度と言われているのです。

つまり私たちが心地よいと感じる温度で顔を洗ってしまうと過剰に皮脂が出てしまうのです。冷たい寄りのぬるいくらいの温度で顔を洗うことで肌に必要な皮脂を残すことができるのです。

対策6:洗顔料はたくさん使用しない


洗顔料をたっぷりとつけて顔を洗う人も多いかと思います。しかし、たくさん洗顔料を使用しすぎてしまうのも皮脂の過剰分泌の原因になるのです。

あなたの肌質に合わせて洗顔料を使用することをおすすめします!

対策7:ビタミンC誘導体で皮脂の過剰を防ぐ


水溶性のビタミンC誘導体は美白への効果を期待できる成分として有名なのですが、実は皮脂の過剰分泌を防ぐための働きもしてくれるのです。

洗顔をしてからすぐに肌がベタベタとしてしまう人は水溶性のビタミンC誘導体が配合されている化粧水などを活用することがおすすめです。

対策8:乳液やクリームはパーツごとに塗り方を変える


化粧水、美容液をした後って乳液やクリームを活用しますよね。

乳液やクリームを手にとってそのまま顔全体に伸ばしている人も多いかと思います。乾燥肌の人は乾燥を防ぐためにたっぷりと肌に浸透させる必要はあるのですが、脂性肌の人はつけすぎてしまうと肌に油分が多くなってしまうのでメイク崩れの原因にもなってしまいます。

メイク崩れが目立ってしまうという人は全体に塗ってしまうのではなく、パーツごとに量を考えて塗るようにしましょう。

対策9:汚れたスポンジは使用しない


汚れてしまっているスポンジでファンデーションを塗っている人は絶対にいるかと思います。

しかし、汚れてしまっているスポンジにはファンデーションの油分や皮脂などが混ざってしまい不衛生なのです。肌荒れの原因にもなるし何よりメイク崩れの原因にもなってしまうのです。

数回スポンジを活用したら洗う、もしくは新しいスポンジにするなどいつでも清潔なスポンジを保つようにしましょう。

対策10:皮脂はティッシュで吸収する


メイク崩れにより皮脂が浮いてしまうこともあります。多くの人があぶらとり紙を使用するのですが、あぶらとり紙の場合皮脂の吸着がすごすぎて肌に必要な油分までも一緒にとってしまうことになるのです。そうなると肌は乾燥を防ぐために必要以上に皮脂を分泌してしまいます。

それが原因でメイク崩れになってしまうのです。
メイクの上のテカリが気になる場合はあぶらとり紙ではなく柔らかいポケットティッシュなどを活用するようにしましょう。
皮脂を取り除く場合もゴシゴシとするのではなく、そっと肌にのせる感じで吸収していきます。

対策11:水分補給を忘れないようにする


肌の水分が不足をしてしまうことで、肌は皮脂を多く分泌してしまいます。

特に今の時代はクーラーや暖房などをフル活用して肌がカサカサになりやすくなるのです。メイク崩れをなおす前に肌に水分を補給してあげることが大切。ミストタイプの化粧水などを活用して肌に潤いを与えるようにしましょう。

最後に


今回は女性が困ってしまうこと、メイク崩れ、特に鼻を中心に対策方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

メイク崩れをしてしまうとかなりテンションも下がってしまうし、いちいちなおすのもすごくめんどくさいんですよね!

でも今回ご紹介をしたメイク崩れの方法であなたも毎日を快適に過ごすことができるでしょう。
メイク崩れに悩んでいるという人はぜひ、今回のことを参考にしてみてくださいね😃

花粉症の季節は肌荒れに要注意!スキンケア次第でもち肌へ大変身
[顔のテカリ」をどうにかしたい。あなたにおすすめの防止策5点がこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!