女性のカラダって様々な問題が起こるかと思います。
年齢によるものや、生活習慣によるものなど、原因は様々。特に胸に関する悩みって誰にでもあるのではないでしょうか?

もともとは垂れていないのにいつの間にか下垂してしまった。これこそ、年齢や生活習慣に原因があるのです。
しかし、どのようなことが原因で垂れてしまったのか全く検討もつかない。

そうなると、今後も胸が垂れる原因をひたすら繰り返してしまう可能性があるのです。
ただでさえ垂れてしまった胸をこれ以上垂れさせるわけにはいかない!今回はそんなあなたにおすすめの情報をたっぷりとご紹介しています。

胸について悩んでいるという人はぜひ、参考にしてみてくださいね!😃
まずは胸が垂れてしまう原因についてご紹介していきます。

原因をしっかりと知っておくことで、今後垂れていくのを防いでいくことができるでしょう。
では、早速見ていきましょう!

胸が垂れてしまう原因は?

まずは胸が垂れてしまう原因についてです!😥胸が垂れてしまう原因には様々なことが考えられるのです。
毎日しっかりとケアをしているけど垂れてしまうという人は、もしかしたら間違った対策方法を行っているのかもしれません。

対策については後ほどご紹介していきます。
まずは、原因を知ることが大切っ!原因をしっかりと知って、今後の対策につなげてみてくださいね!
胸が垂れる主な原因は9つ。
あなたに当てはまることもあるかと思うので、参考にしてください^^

原因①:クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまう

クーパー靭帯という胸にある靭帯を知っていますか?
脚の靭帯の場合、そう簡単には切れることはないのですが胸の靭帯は簡単に伸びたり切れたりしてしまいます。

そうなってしまうと、胸は垂れてしまうことに!
このクーパー靭帯が切れてしまう主な原因の1つに、激しい運動などが考えられます。
激しい運動を行うことで、クーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまうのです。

下着のサイズがあっておらず、しっかりとホールドできていない。
支えが甘いなどの下着を使ってしまうと、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうのです。

ちなみにこのクーパー靭帯は一度伸びたり切れたりしてしまうと、元には戻ることがありません。
なので慎重に扱わないといけないのです。

原因②:ホルモンのバランスが乱れてしまう

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類が存在します。
このエストロゲンは女性のスタイルを維持してくれる大切な役割があるのですが、エストロゲンが減少してしまうと、やはり、私たちの胸は垂れてきてしまいます。

女性ホルモンが乱れてしまう原因で考えられるのは、食生活や生活習慣やストレスなどが考えられます。

10代で女性ホルモンが乱れてしまうもっとも多い理由は、生活習慣の乱れ。
そして20代で最も多い原因はストレス
と考えられるでしょう。

しっかりと女性ホルモンのバランスを整えないと、胸が垂れてしまうだけではなく、周期の乱れにも繋がるのでストレスが溜りやすいという人はあなたなりのストレス解消法を、生活習慣が乱れていると自覚している人は、早寝早起きを心掛けたり、いろいろと工夫をする必要がありますね!

原因③:胸のサイズが急激に変化する

胸のサイズが急激に大きくなったらかなり嬉しいですよね。太った場合、胸が大きくなることはありますが、そんなに急激な変化は見られないでしょう。

となると、そんなに急激な変化を感じる場面は産後が考えられます。
産後や授乳後は胸が垂れてしまうという女性は多いかと思います。その理由は私たち女性の本能。
子どもを育てるために、乳腺を大きくさせる傾向があるのです。

その時点では胸は大きいのですが、子どもが乳離れをすると胸が大きい必要はなくなるので、徐々に小さくなっていきます。

これまで子どもが胸を吸うことで柔らかくなっていたので、小さくなると垂れてしまうのです。

また、子どもができるまでは胸は小さかった人が子どもができて急激に大きく、重くなることでクーパー靭帯が伸びてしまい垂れる現象が起こるのです。

子どもを育てるときも前かがみになる場面が多いかと思います。
姿勢の悪さも胸が垂れてしまう原因になるので注意が必要です。

原因④:姿勢が悪い

姿勢が悪いことと、胸が垂れること、あまり関係していないように感じますが実はかなり関係しているのです。

常に猫背になっている人はもしかしたら既に胸が垂れてしまっているのかもしれません。
姿勢が悪いと肩や背中のコリが出てきてしまうと思います。
胸周辺がコってしまうと血流が悪くなります。結果胸も冷えるし、血流が悪くなることで胸を維持するために必要な栄養を届けることができなくなってしまうのです。

それだけではなく、前かがみになることで常に胸は上向きではなく下向きになってしまいます。これも胸が垂れてしまう原因だと考えられるので、日ごろ姿勢が悪いという人は注意が必要です。

原因⑤:加齢によるもの

加齢が原因で胸が垂れてきたという人はかなり多いのではないでしょうか?
年齢を重ねることで、クーパー靭帯が伸びてしまったり、エストロゲンの分泌量が減ってしまったり、胸の土台である大胸筋が衰えてきてしまったり、皮膚にハリがなくなってしまったりと様々なことがカラダに起こります。

女性ホルモンに関してもそうなのですが、年齢を重ねることで垂れてしまうのはやはり筋肉が衰えてしまうから。
昔はしっかりと大胸筋も鍛えていたという人も、年齢を重ねると運動をしなくなり垂れてしまうのです。

また、肌の水分が失われてしまい、肌にハリがなくなり垂れてしまうことも考えられます。自分が年齢を重ねたから胸が垂れてしまっていると感じている人は、今後、様々な努力をしていく必要があるのです。

原因⑥:出産によるもの

先ほども少しご紹介しましたが、出産後はやはりむねが垂れてしまう人が多いのです。
出産後は子どもに授乳をする必要がありますね。その際、長い時間乳房が引っ張られるのでクーパー靭帯が伸びてしまう原因にもなるのです。

だっこやおんぶなどで前かがみになる機会も多いかと思います。
そうなると姿勢も悪くなるのでやはり胸の垂にも繋がってくるのです。

なるべく授乳の際は子どもを自分のカラダに引き寄せるなどの工夫をする必要があります。

原因⑦:タバコ

最近ではタバコを吸う女性も増えていますよね。
タバコと胸が垂れてしまう原因も意外かと思いますが、実はかなり関係しているのです。

タバコに含まれている成分のニコチンは肌に必要な成分のエラスチンやビタミンⅭを破壊してしまいます。
血液の流れなどにも影響を及ぼしてしまうので、必要な栄養を胸に届けることができなくなるのです。

そしてハリのある肌を保つために必要な成分までもが破壊されてしまったら、胸に弾力がなくなり垂れてしまいますよね。

現在タバコを吸っている女性で胸が垂れてきたという人はもしかしたらタバコが原因も考えられるので、本数を減らしたり止めるなどの努力を行いましょう。

原因⑧:高すぎるヒール

女性なら高いヒールを履く機会も多いのではないでしょうか?
しかし、この高いヒールも実は胸を垂れさせてしまう原因になるのです。

高いヒールだけではなく、サイズの合っていない靴を履くのも原因になってしまいます。
高いヒールやサイズの合っていないヒールをはくことで、カラダが何となく前かがみになってしまいませんか?
この前かがみの態勢が長時間続いてしまうとやはり胸は垂れてしまいます。
ヒールを履かないようにとは言いませんが、高さを少し低くしたり、ヒールの時でも姿勢を正しくしておくように心がけたほうが良いかもしれませんね。

原因⑨:スマホやパソコンのしすぎ

現代人はパソコンやスマホを仕事でもプライベートでも活用すると思います。
しかし、これらも胸が垂れてしまう原因になてしまうのです。

パソコンやスマホをしている時の自分の姿をあなたは見たことがありますか?
無意識だと思いますが、これらを扱っている際もかなり姿勢は悪くなってしまっているのです。

先ほどからお伝えしているように、姿勢が前かがみになってしまうと、胸が垂れる原因になってしまいます。
パソコンをする時はそこまで姿勢は悪くならないという人も多いかと思いますが、長時間のパソコンは方がコリます。
肩コリがになると、肩甲骨が硬くなってしまい、胸にも影響を与えてしまうのです。

そして、やはり胸の周辺の筋肉が凝り固まってしまうと胸に必要な栄養を届けることができなくなってしまい、垂れの原因になってしまうのです。
仕事などでパソコンを行う人も多いかと思いますが、そのような場合はずっと同じ姿勢ではなくストレッチなどを取り入れることが重要になります。

胸が垂れるのを防ぐおすすめの対策方法について

上記では胸が垂れてしまう原因についてご紹介しました。いかがでしたか?
かなり当てはまったという人も多かったのではないでしょうか😥

しかし、原因を知ることで今後さらに胸が垂れてしまうのを防ぐことができるかと思います!
ご紹介した原因をしっかりと改善しながら下記でご紹介する対策を行ってみてください。

そうすることできっとあなたの胸も垂れから間逃れることができるでしょう。
では、対策についても早速見ていきましょう!

対策①:激しい運動をしない

現在ランニングや縄跳びなどの激しい運動を行っている人はいますか?
実は激しい運動も胸を垂れさせてしまう原因になってしまうのです。

なぜかというと、クーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまうから。
もしもクーパー靭帯が損傷してしまったらやはり胸は垂れてしまうのです。

運動は大切なことなのでやめる必要はありません。大切なのは、運動をする際に着用する下着です。
着用する下着を適当なものにしてしまうと、しっかりと胸を支えることができず、クーパー靭帯の損傷につながります。

スポーツをする際はサイズがぴったりのスポーツブラを着用し、揺れても平気なように対策をする必要があります。
通常のブラジャーではホールド力の低いものもあるので注意が必要です。

対策②:大胸筋を鍛える

大胸筋は胸の土台と言われている筋肉。
しっかりと鍛えることで垂れを防止することができますよ!

トレーニングをするからと言って、むきむきになるわけではないので、安心してくださいね!
筋トレをすることで胸の基礎が整い、形の綺麗な胸を作ることができるのです。

土台が上がることでバストアップにもつながるから一石二鳥ですよ😍
垂れてしまった胸を大きくしたり、産後に垂れてしまった胸を元に戻したりなど様々な効果を得ることができるのです。

▪️腕立て伏せ

腕立て伏せは二の腕を鍛えるためのトレーニングと思われがちなのですが、腕を広く広げて行うことで大胸筋への効果も期待することができるのです。
腕立て伏せのパターンを変えながら行うことで様々な方面からアプローチをすることができるでしょう。

▪️チェストサンド
バストアップを行う際にかなり有効的で知られているチェストサンド。
お風呂に入りながらでも行うことができるのですごくおすすめですよ。両手をしっかりと押し合って垂れてしまった胸を上向きにしていきます。

▪️ダンベル

ダンベルを活用するなんて、いよいよ筋トレというような気がしますね。
しかし、男性が使用するくらい重たいダンベルではなく、女性でも無理せずに持てるくらいのダンベルを使ってokです。

仰向けになって胸を張りながらダンベルを胸の横で構えるようにしましょう。
息を吐きながら胸の上に押し上げて息を吸いながら下ろします。

しっかりと大胸筋を意識しながら行うことで垂れた胸も元の位置にまで持っていくことができるでしょう。

対策③:姿勢を常に気にする

先ほどからお伝えしているように、姿勢を正しくすることが胸の垂れ対策にもつながります。
姿勢が正しくない状況が続いてしまうと、胸が下向きになってしまい、胸の垂れに繋がってしまうのです。

普段から姿勢が悪いと自覚をしている人はしっかりと姿勢を正すだけで垂れ対策を行うことができるでしょう。
普段は姿勢がいいけど、ふとした時に姿勢が悪くなってしまうという人は、どんな作業をしている時に姿勢が悪くなってしまうのか考える必要がありますね。

そして姿勢が悪い場面を見つけることができたら、その場面で姿勢が崩れないように意識をしておきましょう。
たかが姿勢で胸の垂れがよくなるわけないと思っているかもしれませんが、姿勢って以外と大切です。

緊張して姿勢をよくするとカラダ全体が強張ってしまったり、肩こりの原因にもなってしまうので自然に姿勢を正していけるように訓練をしていくことが大切です。

対策④:カラダを温める

冷え性の女性は多いかと思います。
しかし、冷え性が続くと血液の流れが悪くなってしま、胸の垂れにも繋がってしまうのです。
そうならないためにも、血液の流れを良くする必要があります。

半身浴をしたりストレッチをしたり、カラダを温める食事を摂ったりと工夫をしていきましょう。

対策⑤:食生活を改める

ダイエットを行う女性はかなり多いかと思います。
ダイエット方法として良く取り上げられていることは、朝食や昼食を抜くなどの食事制限ダイエット。

しかし、朝食や昼食を似てしまうと、カラダにエネルギーが足りなくなってしまい、脂肪をもっとも蓄えている胸から燃やして行ってしまいます。
なのでダイエットをした際に胸が小さくなってしまうのです。

対策⑥:良質な睡眠を摂るようにする

胸を垂れさせないためにはまず、食生活も改めて行く必要があります。
現代ではコンビニやファーストフードなど、かなり手軽に食べることができますよね。

しかし、それらの食べ物には添加物などがたっぷりと含まれているのです。
胸を垂れさせないためには3食しっかりと食べて、栄養バランスの摂れる食事を行う必要があるのです。

胸の発育を促してくれる代表的な成分は大豆いソフラボンですね!
他にもビタミンB6やビタミンEなども良いとされています。

女性ホルモンを乱れさせないためにはたんぱく質が大切。
なるべくたんぱく質の豊富な食事を摂るように心がけましょう。

対策⑦:正しいブラを着用する

クーパー靭帯の損傷をしっかりと防いでくれるブラジャー。
毎日つけているかと思いますが、サイズが違ったり、その場面に合わないブラをつけてしまうと胸が垂れてしまう原因にもなるのです。

先ほどもお伝えしましたが、妊娠や出産をすると胸が垂れてしまう女性が多いようです。
この場合はマタニティブラを着用して、合わないブラをつけるのはやめましょう。

ランニングやスポーツをする際は、クーパー靭帯が伸びたり切れたりするのを防ぐためにスポーツブラを着用することをおすすめします。

外ではしっかりとブラジャーを着用しているけど、家に帰った途端に取ってしまう。そのような人も多いかと思います。
しかし、ノーブラも胸を垂れさせてしまう原因
になってしまいます。

ホールドされていない胸は様々な方向に自由に動いてしまいます。
起きている時だけではなく、夜寝る時もしっかりとナイトブラをつけておかないと寝相によって胸が流れて行ってしまいます。
ナイトブラってあまり良い印象を持っていない人もいるかと思いますが、最近では可愛らしいデザインで、かなり高機能のものも増えてきているのでぜひ一度、ナイトブラやルームブラを使用してみてくださいね!

使用することでしっかりとあなたの胸を支えてくれて、垂れの原因も解消することができるかもしれません!😍

対策方法として、「おすすめの胸を大きくする方法【10選】!あなたも試してみて。」こちらもおすすめです!

最後に

今回は胸が垂れてしまうという人におすすめの対策方法や、垂れてしまう原因についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
毎日自分の姿を見てはいるけど、昔と比べたらどのくらい垂れてしまっているのかなんてちょっとよくわかないですよね。

しかし、なるべく自分の胸の位置やスタイルを毎日鏡で見ておくことで、少しの変化もしっかりと気がつくことができるでしょう。
何もしないで胸がどんどん垂れていくのを見るのはすごく辛い😥

完全にもう手をつけることができないっ!となる前に原因を排除して対策を行っていくことをおすすめします。
また、人によっては運動をしても、生活習慣を正しても胸の垂れを食い止めることができないという人もいるかと思います。

そんな人はサプリなどを活用してみてもいいかもしれません。
バストアップサプリには様々な種類があり、配合されている成分もものによっては変わってきます。

おすすめなのが、美容成分が配合されているサプリメントです。
ヒアルロン酸やプラセンタなどが配合されているものを選ぶことで、ハリのある胸を作っていけることでしょう。

あなたに合った対策を探して、理想のバストへと変化させてあげてくださいね!
サプリメントを活用するのであれば、1点注意をすることがあります。
それは即効性はないということです。どのサプリメントでも言えることなのですが、サプリメントはカラダの内側から整えるために飲むのでおおよそ3ヶ月くらいかかります。
活用する場合はそのことしっかりと知った上で活用するようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!