こちらでご紹介する「鍋ダイエット」とは、
食べないことで痩せるダイエットではなく、たっぷりと食べられるのに痩せることができるダイエット方法なのです。

食べないことによるストレスが出てしまったり、ストイックに運動をしなくてはいけないわけではないので、誰にでも成功しやすいダイエットだと言えるでしょう。

また、鍋ダイエットは食べるだけで綺麗に痩せる効果があるだけではありません。

“あなたの体質を変える効果”もあるのです。

温かいものを食べることにより、血行が良くなり、体温が上がり、代謝がアップするという嬉しい効果も。

代謝がアップすることによって、生きているだけで消費されるカロリーが増えるということなんです!

また、食物繊維が豊富で、ホルモンバランスを整えてくれる食材が鍋にはたっぷりと入っているので、カラダの中から綺麗になることができるんですよ(*^^*)♪

ヘルシーな鍋ダイエットで痩せられる?


手軽に作れて、いろんな味に挑戦でき、低カロリーなのに栄養バランスもよく、たっぷりと食べることができる・・・

それが鍋!

しかし、鍋の作り方は簡単と言っても基本的な作り方を知らないという人もいますよね。
そんな人はまずは下記の作り方をみてください!

◎鍋の基本的な作り方

鍋に水を入れます

鍋に30分以上昆布を入れ、出汁をとります

鍋に酒(と醤油や味噌)を加えて、火にかけます

ふつふつと沸いてきたら昆布を取り除きます

火の通りにくいものから先に入れて蓋をしたら完成



また、1年中美味しく食べられるキムチ鍋。
その食べやすさから、鍋ダイエットのほとんどの食事をキムチ鍋にしてしまう人も!

ほとんどの食事をキムチ鍋にしてしまうのは危険!⚠️

鍋の〆をうどんにして、スープをごくごく・・・なんてもってのほかです!

キムチ鍋は塩分が多めなので、むくみに繋がってしまうことがあります。
むくみはダイエットの敵ですよね!

そんな塩分高めのスープは、あまり飲まないようにしましょう!!!

鍋ダイエットをしている人はどんな鍋ダイエットをしてるの?

ヒロノ

鍋ダイエットをしている人たちは、どんな方法で鍋ダイエットをしているのでしょうか?

どんな食材を使っているのかや、味付けなど気になりますよね!
どうせなら効果のあるダイエットをしたいですから😋

そこで今回は、鍋ダイエットをしている人たちの鍋ダイエットメニューを、SNSで調査してきました!

鍋ダイエットレシピ


ここからは鍋ダイエットにぴったりなレシピについてご紹介していきます!
・・・とは言っても、材料がなかなか揃えられないものだったり、作り方が面倒だと作らないですよね。

しかし、そこでダイエットが終わってしまうのは非常にもったいないです!

自分の家で作れるような材料に変えてもいいので、鍋ダイエットのレパートリーを増やす際に活用ください!(*^^*)

ここでご紹介しているのは2人用にしていますが、鍋によって水の量が変わってきたりするので自分で調整をお願いします!

がっつり食べれるヘルシー鍋

◎材料
しゃぶしゃぶ用豚肉・・・1パック
えのき・・・1パック
もやし・・・1パック
白菜・・・適量
大根・・・1/3
生姜・・・適量

参考元


◎作り方
①えのきを半分にカットしてお肉で巻く。
大根は短冊切りにしてお肉に巻く。

②お鍋にカットした白菜、もやし、えのき、生姜を入れて①を上にのせる

③具がひたひたになるくらいの出し汁をお鍋に入れて火が通れば出来上がり


ヒロノ

ダイエット中でもがっつりとご飯を食べて、満腹になりたいですよね!
しかし、がっつりと食べたあとは食べてしまった後悔が・・・😥
そんな後悔をしなくていいヘルシー鍋を食べて、ダイエットを頑張っていきましょう!

胃腸に優しい大根おろし鍋

◎材料
しゃぶしゃぶ用豚肉・・・200g
大根・・・1/2本
水菜・・・1/2束
長ネギ・・・1本
にんじん・・・1/3本

出汁・・・3カップ
薄口醤油・・・1/4カップ
酒・・・1/4カップ
みりん・・・1/4カップ
ポン酢、柚子胡椒、七味唐辛子・・・適量

参考元


◎作り方
①大根はすりおろし、ざるにあげて水気をきる。

②水菜は根元を切り落とし、5センチの長さにきる。
長ネギはななめ薄切りにし、にんじんは輪切りにする

③鍋に出し汁を入れて、長ネギとにんじんを入れて火を通す

④大根おろし以外の全ての材料を入れたら、大根おろしをふんわりとのせて出来上がり。


ヒロノ

私はディズニーのアナ雪に出てくるオラフの大根おろし鍋を作ったことがあります♪
大根おろしを雪に見立てて、人参で鼻を、目や眉は昆布で作ったらとっても可愛くできましたよ💞
そういったキャラクター鍋にしても遊び心があって楽しく食べることができるかと思います!

カラダを温める燃焼鍋

◎材料
キャベツ・・・1/4玉
玉ねぎ・・・1/2個
セロリ・・・1/2本
ピーマン・・・2個
しめじ・・・1/2袋
大豆の水煮・・・1缶

トマト缶・・・1缶
生姜・・・適量
コンソメ・・・1キューブ
水・・・適量

参考元


◎作り方
①野菜を全て一口大に切る。その他の材料と一緒に鍋に入れます。

②具材が隠れるぐらいに鍋に水を入れ、火にかける

③15分くらい煮込み、あとは余熱で放置したら完成


ヒロノ

カラダを温める食材が豊富に含まれているので、汗をかきながら食べることによって、いつ食べてもダイエットをしている感覚を味わうことができます!
カラダにいいものを食べて痩せたいと思っている人には特におすすめですよ!(*^^*)

内からキレイに♪キノコの美肌鍋

◎材料
しめじ・・・1/2パック
なめこ・・・1/2パック
生椎茸・・・3枚
えのき茸・・・1/2袋
エリンギ・・・1本
鶏の手羽先・・・2本

水・・・1ℓ
酒・・・大さじ1

参考元


◎作り方
①手羽先は熱湯でさっと茹でて、湯を切る。
土鍋に水、酒、手羽先を入れて、煮立ったら弱火で30分

②きのこ類を食べやすい大きさに切ったら、鍋に入れる

③5分ほど煮たら完成


ヒロノ

キノコの美肌パワーについては、何度もTVで取り上げられるほどの実力派!
あの有名なメイクアップアーティストやモデル、女優なども日々の食事に必ず取り入れているほどのキノコ・・・。
是非鍋にして食べてみてくださいね!

食べごたえアリ!むっちり餅鍋

◎材料
切り餅・・・2個
しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉・・・50g
大根・・・25g
にんじん・・・25g
ねぎ・・・1/4本
ちくわ・・・1本
さつま揚げ・・・1/2枚
エノキダケ・・・1/4袋
豆板醤・・・大さじ1/2

顆粒だし・・・小さじ1/2
こんぶ茶・・・小さじ1/4
みそ・・・大さじ1/2
ラー油・・・適量
バター

参考元


◎作り方
①餅は半分に切り、豚肉は食べやすい大きさに切る

②大根・にんじんはいちょう切り、ねぎ・ちくわ・さつま揚げはななめ薄切りにする。えのきはほぐす。

③フライパンで豚肉を軽く炒め、色が変わったら豆板醤を加えてさっと炒める

④鍋に水を入れたら②を入れ中火、煮立ったら③を加えて5分煮る。焼いたもちと出し汁を加えて2分程度煮込む


ヒロノ

餅って正月太りの原因にもなりがちな太る食材ですよね。
「鍋ダイエットなのに、そんな太る食材である餅を食べていいの?」と思ってしまいますよね。
もちろん3食餅鍋ダイエットだったり、餅ばっかりの鍋では意味がありません。
よく噛むように心がけて、たまのご褒美鍋として食べてみてくださいね!

ホルモンバランスを整える豆乳鍋

◎材料
厚揚げ豆腐・・・1/2丁
人参・・・30g
大根・・・30g
里芋・・・30g
芽キャベツ・・・4個
舞茸・・・2〜4個

水・・・300ml
豆乳・・・1.2ℓ
白味噌・・・大さじ1
自然海塩・・・小さじ1/2
こしょう・・・少々
ローリエ・・・1枚

参考元


◎作り方
①鍋に水を入れて沸騰させます。
厚揚げをさっと湯通しし、食べやすい大きさに切ります。

②にんじんは薄切り、大根はいちょう切り、里芋は輪切り、芽キャベツは縦に半分、きのこ類は食べやすく切る

③昆布を入れ、ローリエと水を入れて沸騰させる。

④1と2で下準備をした材料を入れて、塩をひとつまみ。
蓋をして中火で沸騰させたら完成


ヒロノ

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン。
そんな大豆イソフラボンをたっぷりと摂ることができるのが「豆乳鍋」なんです。
美肌効果も期待できる豆乳鍋で、大豆効果をしっかりと感じちゃいましょう!

手軽な鍋ダイエットで楽やせ♪


いかがでしたか?
手軽な鍋ダイエットは1年中カラダを温めてくれますし、ダイエットにも良さそうですね!

もちろん食べ過ぎてしまったり、炭水化物中心の鍋や、濃い味付けや塩分の多いものはNG!

カラダが温まって上がった代謝は運動をして更にあげて行きましょう!
個人的にはウォーキングがおすすめ!

ウォーキングは激しい運動をしているわけでもないので、リバウンドのリスクも低いです。
軽くはじめてみたいなと思っている人は、こちらの記事を見つつ1時間からでもいいので始めてみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!