パン美味しい!おやつ美味しい!ジャンクフード美味しい!

確かに美味しいですよね。

しかし、最終的にたどり着くのはやっぱり”お米”なのではないでしょうか🍚

おそらくほとんどの人が毎日1回はお米を食べるのでは??

その中でもおにぎりは年齢関係なく好まれる食べ物🍙

程よい塩加減でおかずもたくさんの種類があって選ぶのも楽しくなりますよね!

そんなおにぎりですが、なんと、ダイエットへの効果も期待することができると話題になっているのです。

ダイエット中の最大の敵って空腹や口寂しさ、そして食べたらいけないという我慢ですよね。

そのことがストレスになってしまってダイエットを続けることができないという女性もすごく多いんです…。

せっかくダイエットをするなら長く続けたいし、成功させたいですよね。

おにぎりダイエットならこんなつらい思いをせずにダイエットをすることができるんです!🙆🙆🙆

今回はおにぎりダイエットの効果や方法、レシピなどについてご紹介をしていきます。

/
健康的にダイエットをするなら栄養も考えるべき!
\

ダイエットをしたいと考えている、おにぎりダイエットに興味があるという人の参考になれば幸いです。

話題のおにぎりダイエット!どうしてダイエットにつながるの?

みなさんご存知、おにぎりって炭水化物ですよね。お米ですから。

炭水化物抜きダイエットという言葉があるくらいだから炭水化物ってダイエットにはよくないのかなと思いますよね。

しかし、炭水化物という栄養素は私たちのカラダのエネルギーになるもので、ずっと食べていないと調子が悪くなってしまう可能性もあるのです。

そのくらい炭水化物は私たちのカラダには重要な存在。

炭水化物はダイエット中でも摂った方が良い栄養素なんですよ🙆

特に温かいおにぎりではなく冷えたおにぎりには食物繊維と同じ働きをしてくれるレジスタントスターチという物質が増えるのが特徴。

この物質は腸内環境を整えてくれる、そして血糖値の急上昇を抑えてくれるなどの役割を果たしてくれます。

サイズや入っている具にもよるのですが、1つのカロリーはおおよそ200Kcal。

そんなにカロリーも高くないし、ゆっくりと食べることで満腹感も実感することができますよ。

おにぎりは炭水化物なのにダイエットに効果的なのはなぜなのか

先ほどもお伝えをしたようにおにぎりダイエットは炭水化物なのに効率的にダイエットを行える方法。

お米だから太りやすいのではないかと考えられるのですが、実はお米はパンやパスタよりも糖質も脂質も少ないので血糖値が急上昇をする心配がないのです。


血糖値の急上昇🔻

甘いものやパンやパスタなどを食べることで糖がカラダに吸収され血糖値が急上昇してしまうのです。

血糖値が急上昇をしてしまうと脂肪がつきやすいカラダになってしまいます。

しかし、冷えているおにぎりは血糖値の急上昇がしにくいものなのでダイエットにも良い効果を期待することができるのです。


血糖値の急上昇を抑えるだけではなくビタミン類やミネラルなどの栄養素も補うことができるんですよ。

また、おにぎりは腹持ちが良いのでダイエットの敵である空腹感を抑えることができるのです。

仕事をしている人や家事を頑張っている人は隙間時間などにおやつなどを食べて口寂しさを紛らわしているのではないでしょうか?

おにぎりダイエットを始めることで消化に時間がかかるから余計なカロリーを摂ることがなくなるんですよ🙆

おにぎりダイエットでリバウンドをすることはないの?

そうはいってもやっぱりおにぎりは炭水化物。

リバウンドをすることはないのかな??と少し不安になってしまいますよね。

リバウンドとはダイエットをやめた後に元の体重に戻ってしまう、もしくは元の体重を超えてしまうことを言います。

基本的にダイエットをした後ってリバウンドをしないように注意をする人が多いかと思います。

他のダイエット方法と同じですが、ダイエットが終わった後に食べ過ぎてしまったりしたらもちろんリバウンドをしてしまいます。

特におにぎりダイエットはおにぎりばかりを食べるダイエットになるのでダイエットが終わった瞬間にドカ食いをしてしまう可能性もあるのです⚠️

また、野菜不足になってしまっている可能性もあるので、おにぎりダイエットが終了したら野菜を食べることを心がけましょう。

野菜不足になってしまうと便秘や肌荒れなどの症状が出てきてしまう可能性もあるし、痩せにくくなってしまいます。

リバウンドをしたくないのであればなるべく野菜を食べるように心がけましょう。

またリバウンドをしないために必要なのは基礎代謝です。

おにぎりダイエットをしながら適度な運動を行っている場合はダイエットをやめた後も基礎代謝が上がっている状態なので痩せやすい体質になっているのです。

おにぎりダイエットをしている時に基礎代謝を上げることができないという人はおにぎりダイエットが終わった後に軽い運動やストレッチなどをして代謝アップを目指してくださいね。


おにぎりダイエットのやり方について

/
おにぎりダイエットを始めたい!!
\

でもおにぎりダイエットってどうやるの??普通におにぎりを食べればいいダイエットなの?

いえいえ、そうではないのです。

おにぎりダイエットをするにもちゃんとしたやり方があるんですよ🙆

ここからは気になるおにぎりダイエットのやり方についてご紹介をしていきます。

ダイエットをすぐに開始したいという人でもすぐに行うことができるので試してみてくださいね⭐️

おにぎりダイエットを行う際のルールとは

おにぎりダイエットはルールを守って行う必要があります。

ルールを守らずにただおにぎりを食べるだけだと、反対に太ってしまう可能性も出てきてしまうのです。

ルール自体はとても簡単なものばかりなのでチャレンジしてみてくださいね♪

ルール1:1日のカロリーを計算して食べるようにする

先ほどもお伝えをしましたが、おにぎり1つのカロリーはサイズにもよりますがおおよそ200Kcal。

成人女性の1日のカロリー摂取量は体格にも夜のですが、だいたい”1,200〜1,800Kcal”と言われています。

しかし1,800Kcalまで食べてしまうと少し多いかな?と感じますよ。

なぜならこの計算だと1食600Kcalの食事を摂っていることになるから🙋

おそらくこんなに毎食カロリーの高い食事をとる人は少ないのではないでしょうか?だから1,800Kcalは多いのです。

目安としては1個およそ200Kcalなので朝に1つ、お昼に2つ、夜に1つ食べるようにします。

プラスでお漬物などを食べると良いでしょう。

お腹が空いているから朝ごはんにおにぎりを2つ食べたとしても1000Kcalにしかなりません。

そしてお漬物なので無駄なカロリー摂取をすることがなくなるのです。

野菜が足りないという人は具がたっぷりと入った味噌汁などを飲んでもok!

1日のおにぎりの量やカロリーを考えてから食べるようにしましょうね!

ルール2:食べるタイミングを考える

これまでのダイエットは夜食べないようにしたり食事の量を減らしたりする食事制限のダイエットが主流でした。

しかし、おにぎりダイエットの場合はそうではありません!

おにぎりダイエットは上記で紹介をしたように、朝1つ、お昼2つ、夜1つなど3食食べる必要があるのです。

3食しっかりとおにぎりを食べて大丈夫なの?と心配をする人もいるかもしれませんが、先ほどもお伝えをしたように、おにぎり1つのカロリーは200Kcalです。

そんなに高いわけではありません。

しかも冷えたおにぎりを食べることで栄養もたっぷりと摂ることができ、効率的なダイエットを行うことができるんですよ♪

ルール3:ダイエットの期間は3週間にする

日々ダイエットを行っている人はどのタイミングでダイエットをやめたらいいかよくわからなくなってしまいますよね。

私も結構日常的にダイエットをしているタイプなので、やめ時がわかりません!

でもおにぎりダイエットをする際はしっかりと期間を決めてから行うことが大切。

近年食の欧米化が進んできており、和食を食べるよりも洋食を食べる機会が増えて、ジャンクフードなども身近なものになりました。

おにぎりダイエットを行う目的の1つとしては普段食べているものを食べなくして質素な食事にすることで取り過ぎてしまっている栄養を抑えるということも含まれています。

余分な栄養を摂らなくすることはダイエットにもつながるんんですよ。

おにぎりは栄養がたくさん含まれている食べ物なのですが、あまり炭水化物ばかりをとってしまうのも栄養の偏りが心配。

なのでカラダから余分な栄養を追い出す3週間だけおにぎりダイエットをするのがベストなのです!

何事もやりすぎはNGです!🙅

ルール4:適度な運動も心がける

おにぎりダイエットを行うことで確かにダイエットを成功する人が多いです。

しかし期間は3週間。それ以上してしまうと体調に支障が出てきてしまう可能性があるのです。

3週間きっちりとしているけど、ダイエットをやめた途端にリバウンドをしてしまう女性ってすごく多いですよね。

その原因は基礎代謝の低下にあります。

しかもこれまでおにぎりだけという質素な生活をしていたのに急にお肉などを食べるとそりゃ太ってしまいますよね。

そうならないためにもおにぎりダイエット中も適度な運動を行う必要があります。

おにぎりは脂質が少なく炭水化物の多い食べ物。

なので食べて運動を行うことでしっかりとエネルギーの役割を果たしてくれます。

運動ができない日などはおにぎりの量をいつもよりも少なくするなど無理がないようにダイエットを続けてくださいね。

運動をして基礎代謝をあげることでリバウンドのしにくい体質を作ることができますよ♪

ルール5:おにぎりの具も考えるようにする

おにぎりといえばやはり中の具にこだわりたいですよね!

好きな具を入れてOKなのですが、お魚、お肉、油などは基本的にはNGです!⚠️

なのでたらこやシャケ、天むすなどは控えるようにしましょう。


おすすめの具🔻
・梅干し
・おかか
・昆布
・高菜
・枝豆
・海苔



上記の具がダイエット中におすすめです。

マヨネーズやお肉、お魚などのカロリー高めの具は控えるようにしましょうね!

ルール6:積極的にお漬物を食べるようにする

ご存知お漬物は発酵食品。

発酵食品はカラダにも美容にも良いとされているんですよ♪

腸内に存在している腸内細菌食事を届けて効率よく良い菌を増やしてくれるのです。

お漬物の他にもキムチなどを食べてもOK!

おにぎりのお供にもなるので積極的に食べるようにしましょう!

ルール7:冷たいおにぎりを食べるようにする

おにぎりダイエットで食べるおにぎりはできたてほやほやではダメなんです。

少し慣れないかもしれませんが冷えたおにぎりを食べるようにします。

それには理由があり、ご飯が冷えることでレジスタントスターチと呼ばれる食物繊維が増えるのです。

この成分は便秘解消などダイエットをサポートしてくれる効果があるんですよ!

でも冷えたおにぎりはどうしても食べたくない。

そんな人は効果は半減しますが温かいおにぎりでもOK。

続けないと意味がないですからね。

ルール8:おにぎりだけがきつい人は最初に間食をおにぎりにする

おにぎりダイエットのルールとしては基本的に食事はおにぎりのみ。味噌汁やお漬物はOKという感じです。

しかし、いきなりおにぎりだけにするのは少し厳しそうと感じる人も多いでしょう。

そんな人はまずは野菜中心の食事にするようにします。

そして普段間食をしているのであれば、その間食をおにぎり1つと置き換えます。

間食をしていないという人は朝ごはんをおにぎりにしたり、昼ごはんをおにぎりにするなど徐々におにぎり率を増やしていきましょうね!🍙

おにぎりはコンビニのおにぎりでもok?

おにぎりダイエットを始めたものの、毎日何個もおにぎりを準備するのは大変。。。

仕事や家事で忙しい人はもしかしたらそんな人もいるかも。

そんな人はコンビニのおにぎりも活用してみましょう!🏪

コンビニのおにぎりのカロリーも自分で作ったおにぎりと大差ありません。

しかしコンビニで購入する場合も具には気をつけるようにしましょう!

そしてコンビニのおにぎりには保存料などが含まれているので、毎日そのおにぎりというのは控えた方が良いでしょうね。

どうしてもおにぎりを作る時間がない時などに活用するようにしてくださいね。

ダイエットに効果あり!おすすめおにぎりのレシピがこれ

おにぎりダイエット、やってみたいと思いませんか?🍙

自分で作るのもすごく簡単だし、コンビニでも購入することができるから続けることができそうですよね。

自分で作ることで節約にもなりそう!

そこで、下記ではダイエットにおすすめのおにぎりレシピをご紹介します。

おにぎりダイエットをする際はぜひ参考にしてくださいね!

レシピ①:おからおにぎり🍙

◯材料(おにぎり1個分)

  • ご飯・・・お茶碗半量
  • おから・・・ご飯と同じ〜少し多め
  • 塩・・・ふたつまみ程度
  • お好みの具材(なくてもOK)
◯作り方

①お米と同量のおからをボウルに入れます。

②好きな具材と塩を少し強めに入れて混ぜます。

③ラップを使って好きな形にしたら完成です。

(参照元:https://cookpad.com/recipe/5193120)

レシピ②:鶏の胸肉と油揚げの味ご飯おにぎり

◯材料

  • 鶏の胸肉・・・100g
  • 油揚げ・・・1枚
  • 酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 白だし・・・大さじ1
  • めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • ご飯・・・0.5合
  • 生姜・・・少々
◯作り方

①鶏の胸肉と油揚げを刻み、鶏の胸肉は最後に包丁で軽く叩いて柔らかくしておきます。

②卵焼き用のフライパンに酒、みりん、白だし、めんつゆ、塩を入れます。

③フライパンに鶏の胸肉と油揚げを投入してかきまぜながら強火で煮ていきます。

④火が通ったら中火で水分がなくなるまでかきまぜて煮ます。

⑤0.5合炊いたご飯に水分がなくなったら鶏肉や油揚げを投入して生姜も入れます。

⑥よくかき混ぜておにぎりにしたら完成です。

(参照元:https://cookpad.com/recipe/5150989)

レシピ③:酢生姜とごま昆布おにぎり

◯材料

  • ごま昆布・・・大さじ2〜
  • 酢生姜・・・1/4片
  • ご飯・・・180g
◯作り方

①ごま昆布は粗みじん切りにしておきます。

②酢生姜も同じように粗みじんにします。

③ご飯とごま昆布、酢生姜を乗せて混ぜましょう。

④おにぎりにしたら完成です。

(参照元:https://cookpad.com/recipe/5142848)

レシピ④:血糖値対策に。もちもちオイルおにぎり

◯材料

  • もち麦ご飯・または白米・・・茶碗1杯
  • おかか・・・適量〜多め
  • ピザ用チーズ・・・お好きな量
  • 醤油・・・お好きな量
  • ごま油・・・ひと回し程度
◯作り方

①炊きたてのご飯を用意します。

②おかかとチーズ、醤油を入れて混ぜます。

③ごま油をさっとかけておにぎりにしたら完成です。

(参照元:https://cookpad.com/recipe/4739413)

レシピ⑤:切り干し入り雑穀おにぎり

◯材料(2人分)

  • 玄米・・・1/2合
  • 押し麦・・・1/2合
  • 黒米・・・大さじ1/2
  • アマランサス・・・1/2
  • 切り干し大根・・・20g
  • しらたき・・・40g
  • 生姜・・・大さじ1
  • ネギ・・・大さじ1
  • ごま油・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • 醤油・・・小さじ1
  • 顆粒だし・・・小さじ1
  • 水・・・1カップ強
◯作り方

①切り干し大根としらたきを粗みじんにします。

②全ての材料を圧力鍋に入れて炊きましょう。

③完成したらおにぎりにして完成です。

(参照元:https://cookpad.com/recipe/3765302)

おにぎりダイエットをする時は注意点あるの?

おにぎりダイエットを行う際にいくつか気をつけてもらいたい注意点があります📝

毎日のおにぎりダイエットをする際に重要な内容だし、体調を崩さないためにも気をつけてほしいことです。

おにぎりダイエットの注意点は全部で3つ!

早速見ていきましょう!🙋

注意点1:同じ炭水化物でも食べるものには気をつける

おにぎりは炭水化物。

同じ炭水化物なら麺類やパンなどを食べても変わらないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません!

先ほどもお伝えをしたように、冷えたおにぎりには食物繊維がたっぷりと含まれています。

これがダイエットへの効果が期待できるものなのです。

他の炭水化物を食べてもおにぎりダイエットと同じような効果を得られるものではありません。

炭水化物だからとなんでも食べるのは控えましょう。

注意点2:タンパク質が不足しないようにする

おにぎりダイエットをしている時はどうしてもタンパク質が不足してしまうということが引き起こります。

タンパク質が不足をしてしまうとダイエットをスムーズに行うことが難しくなるし体調にも影響が出てきてしまうことがあります。

なので納豆などのダイエット中でも食べて良いカロリーの低いて高タンパク、低カロリーのものはちょくちょく食べるようにしましょうね!

お味噌汁に納豆などを入れてもOK!

注意点3:お酒を飲まないようにする

基本的におにぎりダイエットを行う場合はお酒は飲まないようにしましょう。

お付き合いなどでお酒を飲まないといけない場もなるべく避けた方が良いのですが、どうしてもの場合はその日のおにぎりの量を少なくしておくようにします。

前後の食事でカロリーをコントロールすることが大切です。

お酒を飲む際はなるべくカロリーの低いお酒を飲むようにしましょうね!


最後に

今回はおにぎりダイエットの効果ややり方についてご紹介をしてきました。

口コミを見てみても、これまでのダイエットのように我慢をしなくてもいいから続けることができた・成功させることができた。

そんな口コミが多くありました。

どのダイエットをする時でも気をつけないといけないのが、「ダイエットが終わった後のリバウンド」です。

ダイエット中もできるだけカラダを動かして基礎代謝をあげます。

そしてダイエットが終わっても暴飲暴食をしないことが大切です。

せっかく痩せたからなるべくリバウンドをしないカラダ作りをしていきましょう!🙋🙋🙋

/
おにぎりがあなたのダイエットの救世主になる!
\

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!