年中悩まされる肌トラブル・・・。

なかなか治らないですし、年齢を重ねるにつれて改善しないものもありますよね。

/
そこで、老若男女におすすめしたいのがピーリング!
\

「えっ・・ピーリング?どんな効果があるのかさえも知らないし・・・若いうちから始めても大丈夫なの?!」
そんな不安にかられてしまいますよね。

こちらの記事では、まずピーリングをすることによってどんな効果があるのかをご紹介していきます!

効果的なピーリング方法についてもまとめているので、ピーリングが上手くできている気がしない人は参考にしてみてくださいね!

ピーリングすることによってどんな効果があるの?


ピーリングをする目的としては、肌のターンオーバーを促すことにあります。

このターンオーバーとは、皮膚の細胞を新しく生まれ変わらせる”新陳代謝”のこと!

しかし実は、ターンオーバーにかかる日数は、年齢によって違うんです⚠️
なんと、20歳であれば約28日、40歳であれば約40日もかかると言われています!

年齢差によって10日以上の違いがあるなんて、年間を通して考えると恐ろしいですね😱

また、このターンオーバーが行われることによって、最終的に古い細胞が垢となって剥がれ落ちるようになっています。

しかし、ターンオーバーが遅くなると、古い角質がたまってしまい角層が厚くなり・・・

✔︎肌のくすみ
✔︎年齢肌を感じさせるシワ・たるみ
✔︎老けた印象になるシミ
✔︎プツプツとした毛穴
✔︎不潔な印象を感じさせるニキビ・ニキビ跡
✔︎疲れた顔に見えるクマ

の原因となってしまうのです。

つまり若々しい肌を保つためには、ターンオーバーを促進させることが必要不可欠だということなんです💁

そこでピーリング!!!
ピーリングを行うことで肌のターンオーバーを促進させ、新陳代謝を促してあげることで、肌老化予防の働きをするんです。

ピーリングを行い、ターンオーバーを促すことによってどのように効果があるのかご紹介していきますね!

ピーリングが効果あり:しわ・たるみ


まずはピーリングがシワ・たるみにどのように効果的なのかをご紹介していきます。

結論から言うと、肌内部のクッションとなる、コラーゲンの生成を高めることができるんです!

ピーリングを週に1〜2回行うことによって、ターンオーバーが促され、古い角質を少しずつなくすことができます。

ターンオーバーが促されると肌内部でコラーゲンを作る働きも活性化するので、シワやたるみに効果を感じやすいのではないでしょうか。

また、分厚い古い角質をなくすことによって、化粧品の成分が浸透しやすくなります!
ピーリングを行なった跡はレチノールが配合された美容液を使うようにしましょう。

レチノールにはコラーゲンを増やす作用があると言われているので、シワ・たるみの解消におすすめです!

もし敏感肌など低刺激のものを使いたいという人にはビタミンC誘導体かナイアシンが配合されているものを使ってみてくださいね!

ピーリングが効果あり:くすみ

 

次にピーリングはくすみにも効果があると言われています。

くすみにはタイプがあり

・血行不良によって起こるくすみ
・乾燥によって起こるくすみ
・角質が厚くなって起こるくすみ

の3種類に分かれると言われています。

その中でも、角質が厚くなって起こるくすみにピーリングは効果的!

肌が硬くゴワつきを感じているのであれば、角質が厚くなっている可能性が!
ピーリングにて角質除去を行なって様子をみてみましょう(*^^*)♪

迷った時は美容皮膚科にてくすみの原因を探ってみてくださいね!

また、くすみに悩んでいるのであれば、ピーリングの他にも酵素洗顔を取り入れるのもおすすめです!

酵素洗顔愛用者なので、酵素洗顔のことについて1時間ほど語り尽くしたいところですが・・・
文字数が膨大な量になってしまうのでこちらにてまとめています🙋

ピーリングが効果あり:シミ

 

ピーリングはシミにも効果があると言われています!
しかしシミは日々の蓄積によってできたものなので、そうそうすぐに消えるものではありません。

なのでシミが現れていない早いうちからのケアが大事になってきます!💁

ピーリングがシミに効果があると言われているのは、紫外線などによってできたメラニンを外に排泄させることができるから!

ピーリング化粧品に含まれていることが多いAHAやフルーツ酸。

これらは肌にのせているだけでピーリング効果があるので、ピーリング化粧品がポロポロと落ちるまでゴシゴシとこする必要はないのです。

メラニンを肌から追い出すケアだけではなく、メラニンを作らせないケアは美白化粧品で行いましょう!

私も使っているクリームはこちらでご紹介しているので、メラニンを作らせないケアをして行きましょうね!

ピーリングが効果あり:毛穴の開き


ピーリングは毛穴の開きにもおすすめ!

なぜなら肌のターンオーバーを促すことによって、肌がコラーゲンを作る働きが活性化するからです!
コラーゲンの働きが活性化することによって、肌内部のコラーゲンが増えますよね。

するとたるみ毛穴の原因である、

✔︎皮膚下のコラーゲン減少
✔︎コラーゲンの変化によって弾力がなくなる

これらを予防することができるのです🙋

つまり、たるみ毛穴が起きる前に予防することができるということなんです!

また、先ほどしわ・たるみにはレチノールの美容液が効果的だとお話しましたよね。
レチノールはしわ・たるみだけではなく、たるみによってできた毛穴にも効果的なんです!

たるみによってできた毛穴は、帯状毛穴・涙毛穴とよばれる毛穴となります。
どちらも肌表面がボコボコしているような印象を与え、化粧ではなかなか隠れません。

そこでレチノールが配合された基礎化粧品を使うことによって、ふっくらとした毛穴レス肌に!

ピーリングが効果あり:ニキビやニキビ跡

 

ニキビ跡などの炎症性色素沈着には、ピーリングが一番効果的だと言われています。

毛穴のつまりや、皮脂の過剰分泌などによってできたニキビは、肌のターンオーバーを促すことになって古い角質として押し上げられます。

押し上げられることによって、垢となって剥がれ落ちるので長期間ニキビに悩まされなくてすむということなんです!

肌をこすったり、刺激になるようなものは避けて、食生活と睡眠時間も整えてみてください(*^^*)

スキンケアだけではニキビを改善することは難しいです。
予防のためにも、栄養バランスの整った食事と規則正しい睡眠は必須!

また、ピーリングを行なったあとはビタミンC誘導体が配合された化粧水を使うようにしましょう!
ピーリング後の肌は乾燥しやすいので、しっかりと保湿も忘れずに💁

ピーリングが効果あり:くま

 

くまには【茶ぐま・黒ぐま・青ぐま】と3種類のタイプがあります。

茶ぐま・・・色素沈着によって起こったクマ。指で引っ張っても薄くならない
黒ぐま・・・たるみなどによって起こった影。
青ぐま・・・血行不良で起こり、指で引っ張ると薄くなる

この中でも茶ぐまにピーリングは効果があると言われています!

  • クレンジングや洗顔時に目の周りをこすっている
  • シミやくすみが目の周りにできている
  • コンタクトなどを毎日つけている
  • 目元のマッサージでこすってしまっている

これらの原因がひとつでも当てはまるのであれば、茶グマだという可能性が高いです。

しかし茶ぐまに悩んでいるあなたに朗報です!
ピーリングは、茶ぐまの原因であるメラニンを薄くするように働きかけてくれるんです!

皮膚の薄い目元にも効果的なので、目元のくまに悩んでいるのであれば使ってみてくださいね!

正しいピーリングの方法


①ピーリング化粧品をTゾーンに伸ばす
→基本的に乾いた肌に使います。皮膚の厚いTゾーンはくるくるとマッサージをして伸ばしてください

②Uゾーンは、優しくこすらないようにピーリング化粧品をなじませる
→中指と薬指を使って少しずつピーリング化粧品をなじませます

③32度くらいのぬるま湯でよく洗い流す
→熱すぎると肌が刺激を受けてしまうので、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください

④セラミド配合などの美容液をたっぷりとつけてスキンケアを行う
→保湿効果が優れているセラミド配合の美容液などでスキンケアをしてください

ピーリングを行う時に注意する5つのポイント


ピーリングを行う時に注意してほしい5つのポイントがあります。

このポイントを押さえておくことによって、肌に刺激を与えることを少なくするでしょう💁

ポイント①:ピーリングはTゾーンから


ピーリング化粧品をのせるのはTゾーンから!
なぜなら皮膚の厚みが場所によって違い、Tゾーンは顔の中でも皮膚が厚いからです🙋

ピーリング化粧品をのせている時間が長ければ長いほど刺激を受けやすい傾向にあります⚠️

なので、皮膚が薄くて刺激を受けやすいUゾーン(ほほ、目元、口元など)は最後にしましょう!

ポイント②:ピーリング時間は短く、力は弱く


ピーリング化粧品を肌にのせる時間は短く、こする力は弱くするようにしましょう!

ピーリング効果を実感しようとついゴシゴシとこすってしまいますよね。
固まったピーリング化粧品がポロポロと落ちていくのは汚れを取っている感じがして快感です。

しかし、そのゴシゴシが肌の老化に繋がってしまうことも!
刺激を与えることによって、簡単に肌トラブルが起こってしまうので、優しくこすることを心がけてみてくださいね!

ポイント③:肌の調子がいい時に行う


肌の調子がいいときにピーリングをするようにしましょう!

寝不足や体調が悪い時は刺激を受けやすく、肌トラブルにも繋がってしまいます・・・。
そんな時は無理をせずに、低刺激のケアをするようにしましょう!!💁

食事バランスや睡眠をたっぷりととって内面からのケアがおすすめです!!

ポイント④:紫外線の影響を受けやすいので、できれば夜に


ピーリング後には紫外線の影響を受けやすく、ダメージを受けやすい肌になっています。

なので紫外線対策をしっかりとするか、夜にピーリングを行うようにするかにしてください!

日焼け止めは肌に刺激を与えやすいため、パウダーファンデーションや、フェイスパウダーで紫外線対策をしましょう!

ポイント⑤:ピーリング後は低刺激の保湿を行う


ピーリング後は角質が薄くなり、肌が刺激に弱くなっているので、低刺激でたっぷりと保湿できるスキンケアを◎

セラミドが配合された美容液や、ビタミンC誘導体が配合された化粧水などがおすすめ!
ピーリング後は吸収率が高まっているので、効果を実感しやすいでしょう。

顔のマッサージやフェイスパックなどは、肌に刺激を与えやすいので3日ほどおやすみしてくださいね!

敏感肌がピーリングを行う際のポイント


敏感肌であれば、特に刺激を感じやすいですよね。
私も敏感肌なので、肌に合わないとすぐにピリピリとした刺激を感じてしまいます。

そんな敏感肌の人がピーリングをするのであれば、どのようなことに気をつけて行えばいいのでしょうか?

敏感肌なら、肌をある程度濡らしておく


肌を水でびしゃびしゃに濡らしておくことによって、ピーリング化粧品の刺激を和らげることができます。

ピーリング化粧品が乾燥してしまうまでの持続時間も長くすることができるので、肌の水分の蒸発も抑えることが🙆!

敏感肌なら、ピーリング化粧品も水で薄めておく


ピーリング化粧品も水で薄めることによって、刺激を弱めることができます。
しかし、ピーリング効果を感じられないからといって肌をこすることは避けましょう!

水を入れすぎてしまうとピーリング効果がかなり弱まってしまい、ピーリングしても無駄になってしまうので注意してくださいね!

敏感肌なら、ピーリング化粧品を素早く洗い流す


ピーリング化粧品を肌にのせていればいるほど、肌に刺激を与えてしまいます。

敏感肌など肌のバリア機能が低下している人は、肌全体にのせたら素早く洗い流すようにしましょう!

ピーリングで肌トラブルをなくそう!


いかがでしたか?
ピーリングをすることによって、肌トラブルや肌老化の予防ができることがわかりましたね!

もし赤みが出てしまったり、ピーリングをしたいけど肌が弱いという場合は、美容皮膚科の先生に相談をしてみてください!
あなたの症状にぴったりの解決方法を教えてくれますよ💁

私も美容皮膚科にいって日々の肌トラブルを解決しているので、長期的に悩まされている人には特に行ってほしいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!