髪がぺたんこで、頭を撫でると頭皮の形がよくわかるという人は

「髪の毛がぺたんこでなんとなく顔が大きく見える」
「スタイリングしても、維持されるのなんてほんの少しだけ」
「雨の日は全然髪がきまらない!」

などの悩みがつきものですよね。💁💦

登場人物Aエリ

こちらではそんなぺたんこ髪にボリュームを持たせる13の方法をご紹介しています!
私も髪の毛が細くて、巻いてもすぐに取れてしまうのが悩みなんです・・・。
誤魔化すためにいつもアップヘアにしています💦
一緒に髪の毛にボリュームを持たせる方法を知っていきましょうね!

髪にボリュームを持たせる13の方法


聞こえます・・・あなたの心の声が聞こえてきます・・・!

/
髪にボリュームが欲し〜〜〜〜い!!!😫
\

それでは、髪にボリュームを持たせる13の方法をご紹介していきます!🙋🙋🙋

方法1:アミノ酸系シャンプーを使う


自分が使っているシャンプーはどんなシャンプーは人に説明できますか?
私はできません!

なぜなら「いい匂いでそこそこサラサラになるから」という理由で買ったシャンプーだからです!

しかし、髪にボリュームを持たせるために必要なのは”アミノ酸系シャンプー”なんです🙆

頭皮や髪へのダメージが少ないので、艶やかな髪を作ることができるでしょう。

アミノ酸系シャンプーは洗えている感がでる洗浄力が低いので、しっかりと予洗いをしてから使うことをおすすめします!

方法2:髪を起こしながら根元からドライヤーをかける


もしかして、適当にドライヤーをかけていませんか・・・?😥

ドライヤーの方法も髪のボリュームを左右することのひとつなので、意識をしつつドライヤーをかけなければいけません🙆

ドライヤーのかけ方としては、まずうなじの根元部分から上向きにドライヤーをかけていきます。
(下から上に向かって!)

ここでのポイントは、指の腹を使ってジグザグに頭皮をこすること!
こうすることで頭皮をしっかりと乾かしながら髪の根元部分を起こすことにつながります!

前髪は早めに乾かさないとぱっくりと割れる原因になるので、こちらの方法を見ながら乾かしてください🙋

ドライヤーの最後に、全体をふわふわにさせるために冷風で乾かすようにすると髪の質感も変わるかも!?

方法3:分け目を変えたり、ジグザグの分け目にする


クシの角を使ったり、小指でジグザグに分け目を作ることで、髪のボリュームにつながります。

いつも同じ髪の分け目だと、髪の重さによってぱっくりと分け目がついてしまうからです!
また、生えグセなどでも、部分的にぺたっとなってしまうこともあります。

これらを予防する意味でも、できれば毎日分け目を変えるようにしましょう!

方法4:カーラーを使いながらスタイリングを行う


髪にボリュームを持たせたいなら、道具を使って時間をおくことでボリュームを維持することもできます。

そこでマジックカーラー!💁🌟

マジックカーラーはドラッグストアなどで売られているもので、大きさは30ミリ程度のものを選びましょう!

こういった円柱になっているものは、美容室でパーマをかける時など、似たようなものを使っているのをみたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

これを主に頭頂部に使って、ボリュームを出すようにします!

カーラーを使う場合は前巻きが1つ、後巻きが2つほど作るようにしましょう。
5分ほど待つことによって、綺麗に形がつきボリュームアップに🙆

髪をふんわりとさせながらスプレーで固定すると、よりカールに持続力がある髪になるでしょう。

方法5:ボリュームを持たせたい部分に逆毛を立てる


横からみた時に後頭部がぺったりとしている場合、後頭部に髪のボリュームを持ってくることで、綺麗な頭のラインが作れますよね!

そこで、ボリュームを持たせたい部分に逆毛を立てることが有効なんです!

束にとった髪の中央部分にクシを当て、頭皮に向かってスライドさせるだけで逆毛を作ることができます。

ポイントしては表面にでる部分は逆毛を立てないこと!
内側の髪の毛に逆毛を作ることによって、ふんわりとしたボリュームを作ることができます!

特に和装をする時やパーティースタイルの時に逆毛を作ると華やかな印象に格上げしてくれますよ!💁

方法6:スプレータイプのスタイリング剤を使う


可愛いヘアスタイルにしたいと思って、ワックスやムースをつけるのはNG!

髪に重さがかかり、ぺったりと重ための髪になるからです。
そこでスプレータイプのスタイリング剤を使うことで、内側からふわっとするような髪型を作ることができます。

スプレーを使う時のポイントは、

  • ある程度髪から離して、同じ場所ばかりつけない
  • スプレーをつけすぎない
  • クシを使って整える

などに気をつけて使用してくださいね!

パーマをかけている人は、カール部分を持ち上げながらスプレーをかけるとカールが崩れにくいです!

方法7:ヘアカットに定期的に行き、ボリュームのある髪型にしてもらう


自分のチカラだけではボリュームを髪を毎日作るのは難しいですよね。。

しかし、2ヶ月に1回など美容室にいき、定期的にカットをしてもらうことによって自分の髪にあったカットをしてもらうことができます!

もし髪のボリュームに悩んでいるのであれば、美容師さんに一言相談してみるようにしましょう!

段差をつけたり、切り方や髪の長さの提案をしてくれるはずですよ💁♪

長期間美容室に行っていないと、髪の重さで余計にボリュームを出すことが難しくなってしまいます。
綺麗な髪型を維持するためには1ヶ月半〜2ヶ月ほどのスパンで通うようにしましょう!

方法8:タンパク質中心のバランスの良い食生活


髪にボリュームを持たせるのは普段の食生活も関係してきます💁!!

/
積極的にとってほしいのはズバリ”タンパク質”。
\

しかし、タンパク質だけとっても栄養バランスが悪く効果的に摂取できているとは言えません・・・。
なのでタンパク質中心のバランスの良い食生活を送るようにしましょう!

タンパク質が多く含まれているものは下にまとめているので参考にしてみてくださいね!

肉類・・・生ハムやささみなど
魚類・・・イワシ、イクラ、するめなど
大豆製品・・・きな粉、油揚げ、豆腐など
乳製品・・・パルメザンチーズ、プロセスチーズなど
・・・卵黄、ゆで卵など

方法9:ゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとる


ゴールデンタイムとなっているのは22時〜2時の4時間となっています。

この4時間はしっかりと熟睡しておくことが理想です🙋

しかし寝ようと思っても寝れなかったり、熟睡できなかったりしますよね。わかります。😥💦

眠れない原因や、眠る方法についてはこちらで詳しくご紹介しているので、眠れないことがストレスになっている人は是非参考にしてみてください。

できるだけ眠りやすい環境に整えてから眠るようにしましょうね(*^^*)

方法10:タバコをできるだけ控える


「百害あって一利なし」と言われているタバコ・・・。

非喫煙者からしてみると、すぐにやめればいいのにと思ってしまうタバコですが、依存性が高くなかなかやめることのできないのが悩みのタネですよね。

いやいや、そもそも辞めるつもりないし🤣

って人もいるかと思います。

タバコが髪のボリュームを無くしてしまうのには理由があります⚠️
タバコを吸うことによって、血管が収縮してしまうため、頭皮まで栄養が送られてこなくなるんです・・・。

薄毛の原因にもなるので、焦り出す前に早めに対策しておきましょう!

方法11:定期的にストレスを発散する


ストレスを内に貯めてしまって、なかなかストレスを発散できていない場合も髪のボリュームにつながります。

それだけではなく、ストレスが溜まることによって、

・肌荒れやニキビ
・口臭やワキガ
・暴飲暴食や糖分塩分の過剰摂取
・なかなか眠れない

などの悩みの原因となってしまいます。

登場人物Aエリ

ストレスって自分で気づかないうちに溜まっていってしまいますよね。
友達の愚痴を聞いていたり、長時間の仕事で疲れていたり、余計な一言にモヤモヤしてしまったり・・・😩
そんなストレスを解消する方法を自分で見つけていないと、体調を崩してしまう場合だってあります。

ゆっくりと湯船に浸かって半身浴をしたり、お天気のいい日に軽めの散歩をすることでもストレス発散につながります。

ストレスを定期的に発散して、悩み知らずな女性になりましょう!

方法12:アップスタイルの髪型にする


アップスタイルの髪型にすることによって、ぺったりとした重ための髪型ではなくなることができます!🙆🌟

髪のボリュームの悩みを根本から解決することはできませんが、見た目がグッと華やかになりますよ!

個人的なおすすめは「くるりんぱ」を使った、アップスタイルの髪型💁

ハーフアップで結んだ髪の束を、ゴムで結んでいる部分中央にくぐらせることで「くるりんぱ」ができます

参考動画

個人的に後れ毛を出したり、全体的に髪をほぐすことによってふんわりしたヘアスタイルを作ることができると思います!

今すぐなんとかしたいという人向けなので、毎日のおしゃれに取り入れてみてくださいね😘

方法13:帽子をかぶらないようにする


髪にボリュームを持たせる方法として、髪を押さえつけるものをつけないことは大前提です。

髪を押さえつけるものとしては・・・ズバリ”帽子”!!
ヘッドホンなどもありますが、年代を問わずかぶっている人が多いのではないでしょうか?

帽子が髪のボリュームを押さえつける理由はカンタン!

帽子をかぶることによって、根本近くまで髪が押さえつけられてしまうから!
さらに帽子の中では、汗や皮脂などが蒸発できずに、余計に髪をぺったりとさせる原因になってしまいます。

なので帽子はなるべくかぶらないようにし、かぶる時は1日かぶるようにしましょう!

登場人物Aエリ

帽子をとった時に、髪がぺちゃんこになってしまっているので、帽子をかぶったあとは家に帰るまでとりたくありません😥
もともと髪の毛が細いので、元に戻すのも困難なんですよね・・・

ふわふわで可愛い髪を目指そう☆


いかがでしたか?

自分の髪質に問題があるだけではありませんでしたね!
今回は13の方法をご紹介したので、たっぷりと知れて満足だったという人もいるのではないでしょうか。

カラダの中からも外からもケアをして、ふんわりとした綺麗な髪を手に入れちゃいましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!