メイク好きや、流行のものに敏感な女性が使っている「シリコンパフ」。

普通のパフやスポンジと比べて、衛生的でメイクが綺麗に仕上がることで話題になっているんだとか!

こちらでは、シリコンパフの使い方からメリット・デメリット、そして口コミや価格など詳しくご紹介していきます!

今話題のシリコンパフってなに?


海外の美容ブロガーさんや、インスタグラムから人気に火がついたシリコンパフ。

その人気ぶりから、美容雑誌である「VOCE」「美的」の付録にもなりました!

シリコンパフとは名前の通り、シリコンで作られています。

触り心地としては、ぷにぷにとしたグミのような弾力になっているので、肌に吸い付くようなフィット感が!

普通のスポンジやパフと同じようにベースメイクにも使えますが、用途はメイク〜スキンケアまで使える優秀アイテムなんだとか◎!

吸水性のないつるっとした表面のシリコンパフは、耐水性・耐久性があるので長持ちしてコスパも抜群!

ファンデーションやチークを塗るときにも、少量でしっかりと伸びてくれるので無駄につける必要がないのも魅力のひとつなんですよ!

シリコンパフを使う上での注意点

シリコンパフ表面についているフィルムを剥がしてはダメ!

シリコンパフには、ピラピラとしたフィルムがついていますよね。
シリコンパフについている保護フィルムを剥がしてしまうと、壊れてしまう原因に⚠️

保護フィルムを剥がさずに、そのまま使用してくださいね♪

シリコンパフには表裏がある!

シリコンパフで、フィルムがついていない丸みがある方にファンデーションなどをつけるようにしてください。

海外では表裏あまり関係ないとも言われていますが、正しい使い方をしていないとムラができやすいです⚠️

「ムラができた!」「フィルムの線ができた!」という口コミの写真を見てみると、「表裏逆!」となることが度々あります・・・

横から見ると台形になっているものは表裏を気をつけないと、フィルムの部分が当たって線になってしまうんです!

あなたは正しい使い方をしてくださいね!

できるだけ丸みのあるシリコンパフを使う

シリコンパフの基本的な形として雫の形、ひし形がありますよね。
他にも猫の形、星の形、ハートの形などおしゃれでカワイイ形で展開されています♪

しかし、できるだけムラを少なくし、使いやすいものを使いたいのであれば、角の少ない丸みのある形を使うことをオススメします!

シリコンパフの使い方


早速シリコンパフの使い方についてご紹介していきます!

リキッドやクリーム系のものだとシリコンパフでのせやすいので、持っているもので試してみてくださいね!

①シリコンパフに直接ファンデをのせるか、手の甲にのせたファンデからシリコンパフに少量とります

②おでこ、ほほ、あご、鼻に少量ずつのせ、全体的に延ばしていきます

③ムラになりそうな部分はシリコンパフを曲げたりして、ポンポンとなじませます
(この作業大事!)

④最後に小鼻や目元を軽く延ばし、余分なファンデーションはティッシュやパフで吸収させます

⑤手のひらで、顔の表面にメイクをくっつけるように軽く抑えます



これで完成です!

ファンデーションを塗ったあとは、メイク崩れを防ぐためにパウダーなどを軽くはたいておくことをおすすめします!

ハイライトやシャドウを使いたい場合は、スティックや液状のタイプではなくパウダー状のものを使いましょう。
どちらもツヤ感のあるこっくりしたタイプだと、メイクがよれやすくなってしまう原因に⚠️

メイク崩れを防ぐためにも、時間に余裕を持ってメイクを行なってくださいね!!

シリコンパフを使う上での注意点ふりかえり
✔️シリコンパフ表面についているフィルムを剥がしてはダメ!
✔️シリコンパフには表裏がある!
✔️できるだけ丸みのあるシリコンパフを使う

シリコンパフはスキンケアにも使える!


先ほどの使い方をみていると、ファンデーションなどに適した塗り方をしていますよね!

しかし、シリコンパフを使うのに適しているのはメイクだけでなく、

・ファンデーション
・チーク
・美容液
・乳液、クリーム

など幅広く使うことができるんですよ!

「手で塗っているとムラができてしまいそうだし、コットンだと毛羽立つのが気になる」という人は、是非シリコンパフを使ってみてくださいね!

シリコンパフをスキンケアに使うメリットとして、

  • 吸収されないので勿体なく無い
  • 均一に塗ることができる
  • 摩擦されている感じがほぼない

このようなことがシリコンパフをスキンケアに使うメリットとしてあるので、今まで使ったことのない人でも安心してスキンケアに使えそうですよね!

また、コットンと違って使い捨てでもなく、水で洗えばいいのでコスパがかなりいいです!
コットンとかパックとかどうしても使い捨てのものばかりなので、ゴミが出る上コスパが悪くなってしまいます。

「モッタイナイ!」と少しでも感じるようであれば是非シリコンパフを使ってみてくださいね。

そして夏におすすめの使い方は、スキンケアで使う前にシリコンパフを冷蔵庫で冷やしておくこと!

暑い夏にもひやっと気持ちの良い使い方ができるので、暑くてスキンケアが面倒になってしまう人は是非やってみてくださいね!

肌トラブルが起きてしまってスキンケアをなんとかしたいと思っている人は、こちらの『20代後半はトラブルが多い?保湿を中心としたスキンケアで肌トラブル0へ』を参考にスキンケアをしてみてください!

シリコンパフはパウダーファンデーションと相性が悪い!


シリコンパフは正直、パウダーファンデーションやパウダータイプのチークとは相性が悪いです!

ネットの口コミなどを見ていると、シリコンパフはファンデーション全般に使えるように書かれていることがあるかと思います。

実際に「パウダーファンデーションにも使える」という情報がネットに書かれていましたが、私はそうは思いませんでした。

その理由はシリコンパフの表面のつくりが関係しています!

シリコンパフは表面がつるっとしているので、パウダーファンデーションがピタッとくっつきにくい!

パウダーファンデーションはパフやスポンジに密着して、軽くはたくことによってムラなくカバーすることができますよね。
しかし、シリコンパフだと上手くパウダーがつかない上に、つけた箇所にムラができてしまい、化粧崩れの原因となってしまいます。

このことから、シリコンパフで使うのであればリキッドタイプかクリームタイプのファンデーションを使いましょう。

肌荒れしてしまっているけどメイクしなきゃいけない時ってたくさんありますよね。そんな時はこちらの『肌荒れ中のメイクはNG?解消させる6つの方法とは』を見てみてください!

6つの解消方法について簡潔にまとめているので、空き時間にサクッと知ることができますよ!

シリコンパフのメリットデメリット


シリコンパフの使い方や相性などについてはわかったかと思います。

それを踏まえた上で、シリコンパフのメリットやデメリットについても知っておきたいですよね!
メリットやデメリットを知っていれば、「シリコンパフも案外悪くないかも」という気持ちになるでしょう。

ポイントを押さえてご紹介していきます!

メリット

メリット①:少量で伸びるからコスパがいい


ファンデーションを伸ばすときに、パフやスポンジだと吸収してしまいますよね。
しかし、シリコンパフであれば吸水性がないのでファンデーションを無駄なく使えるんです♪

なので、いつものファンデーションの量を減らすことにもなり、コスパが良いと言えるでしょう。

デパコスのファンデーションなどを使っている人は、値段が高いので、できれば少しでも使う量を減らしたいですよね!
シリコンパフはそんなデパコスの民にも、おすすめできるものだと言えるでしょう。

なかなかファンデが伸びにくかったり、ムラができやすいという人は、こちらの『インナードライは改善できる!カサカサ&テカテカから解放される効果的な方法11選』を合わせてみてみてください!

メリット②:簡単に洗えるから衛生的


シリコンパフはお手入れがとっても簡単で、水洗いなどで簡単に洗うことができます。

シリコンパフではないスポンジであれば、1週間使っただけで数億個の雑菌が繁殖し、肌トラブルの原因となってしまうんだとか・・・。
簡単にお手入れできるシリコンパフがどれだけ便利かわかってしまいますね!

おすすめのお手入れ方法は、毎回水洗いして、週に1回以上は中性洗剤でお手入れする方法です!

もちろん、クレンジングオイルやハンドソープでも汚れを落とすことはできますが、パフ用に作られているものではないので劣化を早めてしまいます。

シリコンパフであれば日陰で干す必要がなく、ティッシュやタオルで軽く拭くだけでOK!
手入れも簡単なので使い始めたらパフに戻れなくなっちゃいそうですね♪

メリット③:パフと比べて劣化しにくい


パフやスポンジって、使っているとだんだんと劣化していってしまいますよね。

ファンデーションの汚れを放置していたパフは、オレンジ色などにパフの色が変化します。
ファンデーションが、パフやスポンジに染み込んでしまい、汚いスポンジになってしまうのは不潔な印象を感じてしまいますよね!

また、洗剤などで何度も洗って干してを繰り返していたら、自然と劣化していってしまいます。
ボロボロになったパフやスポンジを使っていると、キメの細かい肌をメイクで作ることは難しくなってしまうんだとか。

その点使った後に水でささっと洗ってティッシュで拭くだけでいいシリコンパフは、劣化しにくいんです!

シリコンパフは毎回洗うこともできるので、雑菌が繁殖せず清潔に使えますし、汚れを放置することがないので劣化もしにくいということなんですよ。

デメリット

デメリット①:パフに慣れていると量の調節が難しい


シリコンパフのデメリットとして、ファンデーションの量を調節することが難しいということもあります。

例えばワンプッシュが使用量なのに、ワンプッシュするとシリコンパフで使うには多すぎることも!

ほほとおでこを中心にファンデーションを置いたとしても、スポンジやパフに吸収されることがないので、ムラの原因になってしまうんです!

量の調節が難しいものは、半プッシュ出すように気をつけるか、小さい容器に取っておくという手もアリだと思います。

鼻周りはムラができやすく塗りにくいと感じる人もいるかもしれません。
メイクが崩れて毛穴が気になりやすいという人は、こちらの『いちご鼻&毛穴で女性力ダウン。本気でどうにかしたいあなたにおすすめの治し方5選!』を参考にして治しましょう!

広がった毛穴を元に戻すことは難しいですが、少しでも毛穴のないあの頃に戻りたいという人は、こちらの記事を参考にしてみてください!

デメリット②:慣れるまではムラができやすい


最初はいつもの量でファンデーションを出してしまったり、シリコンパフに慣れていないのでムラができやすくなっています。

シリコンパフだけではムラができてしまうので、結局指でムラ部分を直したり、普通のパフに戻ってしまう人もいるんだとか・・・

使う箇所によって変えてみたり、慣れるまでは今まで使っていたパフと併用して使うといいかもしれませんね!

とは言っても、できればパフ1枚で済ませたいし、少しでも荷物を減らしたいですよね。

そんなあなたには両面タイプがおすすめ!

両面タイプだと、表がシリコンパフで、裏がスポンジパフになっています!

シリコンパフ初挑戦や、シリコンパフを使うのがなかなかうまく行かないという人には是非試してほしいです!

べたつく皮脂によってムラができてしまっている人は、こちらの『脂性肌はスキンケアで改善できる??メイク直しの方法や皮脂の過剰分泌の原因とは』でスキンケアの改善をしてみましょう!

メイクだけではなかなか皮脂を抑えることは難しいですよね。根本的に解決をしていきましょう!

デメリット③:小鼻や細かい部分は塗りづらい


面が広くなく、凹凸のある小鼻や目元など、細かい部分は塗りづらいという口コミが多かったように思えます。

Tゾーンや目元近くは汗をかきやすかったり、皮脂の分泌が盛んな場所なのでメイク崩れも起きやすいですよね。
そういった油分や水分でメイクの落ちやすい場所は、なるべくメイクを薄くする必要があります。

しかし、シリコンパフは均一に塗ることができるという特徴を持っていますよね。

均一にファンデーションを広げてしまうと厚塗り感が出て、余分なファンデーションがそのままにされてしまいます。
よって、綺麗にメイクできないだけではなく、メイク崩れの原因にもなってしまうのです。

均一に伸ばしても小鼻が塗りづらいと感じなかった人は、鼻や目元のファンデーションを極端に少なくしています!

顔に残ったファンデーションを、鼻や目元に持っていっているので、厚塗り感がなくメイク崩れもしにくいようです。

また、シリコンパフは普通のスポンジやパフに比べると硬いので、指を使ってなじませるようにするといいかもしれません。

小鼻のメイクがよれやすいことで悩んでいるのであれば、こちらの『メイク崩れは致命的!崩れやすい鼻への崩れ対策を11選ご紹介』を参考にしてみてくださいね!

シリコンパフの選び方のポイント


シリコンパフ購入する時にはどんなところを見て購入すればいいのかわかりませんよね!

シリコンパフ初心者の人に使って欲しいのは雫の形のシリコンパフ!

塗りにくいとされている細かい部分にも綺麗に塗ることができるので、全体的に塗ったあとに小鼻などちょこちょこ塗りたい部分に塗っていくと綺麗にできるでしょう。

またシリコンパフの柔らかさも様々ありますが、おすすめは柔らかいタイプのシリコンパフ!

折り曲げにくいと、曲げる時に指がつりそうになるという口コミもありました。
柔らかく折り曲げやすいシリコンパフを選ぶようにしてください!!

購入する時に、柔らかさを軽く確かめてから購入すると、失敗せずいいかもしれませんね。

シリコンパフの使用者の口コミ


しかし、リアルな声を聞いてみないとなかなか手を出せないという人もいますよね。
そこでシリコンパフを使ったことがあるという愛用者の口コミを、大手口コミサイトから集めてきました!

いい意見も悪い意見も両方あったので、参考にしてみてくださいね!

今までスポンジやパフのゴワゴワ感が好きではなかったんですが、シリコンパフをお店でみて即購入しました!ファンデーションがのびていく感じがすごくわかるので、塗っていて気持ちいいです。
手が汚れたくないなって時に活躍していたので、ポーチに入れて持ち運ぶのもいいかも!
爪がのびてる時に使っていたからか、すぐに破れてしまいました><
耐久性はやっぱりシリコンだから弱いのかな。。猫の形や、肉球のようなシリコンパフが可愛かったので、猫好きの友人にはプレゼントしました!
触り心地がぷにぷにとしているので、塗る前から癒されます。
最初購入したシリコンパフはファンデの馴染みが悪く、使いこなせませんでした。
しかし、新しく購入したものは綺麗にメイクできるだけではなく、コスパも良いです。商品によってかなり違いがあるから、初見で合わなくてやめる人も多そうですね。

シリコンパフは100均で購入できる?

シリコンパフは、キャンドゥやセリアを始めとした100円均一ショップで販売されているようです!

それがこちら!

キャンドゥでは100円とは思えないおしゃれなパッケージに入っています!

セリアでは透明感のあるカラー展開をしているので全種類集めようとするツワモノも♡

100円(+消費税)で購入できるので、色や形が違うものを色々集めてもいいですね♪

シリコンパフは結局使える?


いかがでしたか?

「シリコンパフについて興味はあるけど使い出すまでに一歩踏み出せない!」
「シリコンパフ使ってるけどムラができたり効果的に使えてない!」

という悩みを解決できたのではないでしょうか。

個人的な感想を言えば、シリコンパフのみでは使えないなと思います。

その理由は、自分が皮脂の分泌が盛んな混合肌だから!

ベタついて化粧のヨレやすい小鼻を、シリコンパフのみで綺麗に魅せるのにはきっと限界があります。
なので、スポンジやパフを合わせて使って、余分なファンデーションを吸収させた方が持ちがよさそうだと思いませんか?

シリコンパフだけでなく、普通のスポンジやパフも合わせて効果的に使っていきましょう!

ちなみにシリコンパフの中で、初心者でも使いやすいなと思ったのはこちらのシリコンパフ!

人肌のような凹凸とした表面なので、シリコンパフだと塗りにくいという人におすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!