毎日しっかりとスキンケアを行っている女性はもちろん多いですよね!しかし、スキンケアを行っているのになぜか肌が荒れてしまう・乾燥を繰り返してしまう。そのような悩みを抱えている女性もいるのです。
もしかしたらあなたもそうなのかもしれませんね。
自分の肌のことをあまり把握することができていなくてどのスキンケア商品を使ったらいいかわからない。あなたがあなた自身の肌のことを知っておかないと間違ったスキンケアを行ってしまいより肌荒れを悪化させてしまうことにつながるのです。

10代になると20代の頃よりも肌がカサカサと乾燥してしまう頻度が増えていませんか?
それってやっぱり保湿がちゃんとできていない証拠なんですよね😥保湿ができていない肌はどうしても肌荒れを引き起こしてしまいがちになってしまうのです。
自分は脂性肌だけど肌荒れをしてしまうという人も、もしかしたら肌の表面は脂性肌っぽいけど肌の内側は乾燥している、いわゆるインナードライになっているかもしれません。

しっかりと浸透力のある基礎化粧品を活用して毎日のケアを行っていきましょう!
ここでは20代後半のスキンケア方法などをご紹介していきます。主に保湿についてご紹介していくので、乾燥している人やもっと肌を保湿したいという人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

20代後半は保湿が足りてない?

20代後半になると10代の頃や20代前半の頃と肌の質も変わってくるし肌荒れを繰り返すようになってきますよね。
毛穴やニキビ、吹き出物、シミ。様々な肌トラブルがある中で乾燥に悩んでいる女性はすごく多いのです。

紫外線など、肌の外からの刺激をブロックしてくれたり、肌の内側から水分を逃がさないようにしてくれるのが肌バリアの機能なのですが、年齢を重ねるに連れて肌バリアが低下をしてしまいます。
肌バリアが低下してしまうと肌に水分を与えても保持することができず、乾燥を繰り返してしまうようになるのです。それだけではなく、ちょっとした刺激などにも敏感になって肌がピリピリしたり赤くなったりと様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

20代前半のスキンケアに関する悩み

上記でもお伝えをしているように、10代の頃と20代前半まではそこまで肌質は変わりません。しかし、10代の頃に引き起こしてしまいがちな思春期ニキビ、肌のテカリをそのまま20代になっても引きずっている人も多いのです。
20代前半の頃は皮脂に夜毛穴詰まりなどで吹き出物なども頻繁に起こしがちです。皮脂を取り除こうとして必要以上に洗顔をしてしまったり、殺菌力の高い化粧水などを活用してニキビ菌をやっつけようとすると、より肌荒れを悪化してしまう可能性もあるのです。

何事もやりすぎはよくありません。
洗顔は1日2回程度、殺菌性の高い基礎化粧品はなるべく活用しないようにする。20代前半はこれらを守ってしっかりとスキンケアを行うようにしましょう!

25歳はお肌の曲がり角

20代も後半になると、前半の頃と比べて肌質が変わってくる人は多いかと思います。20代前半の頃は肌荒れをしてしまっているけどハリはある!そんな感じなのに、20代後半になるとハリが徐々になくなってきた。顔がたるんでくるんですよね。
肌のたるみなんてもっと年齢が上がってからの話だと思っていたけど、20代後半くらいからもうたるみは進んでるのです。

たるみはハリを失ってしまった肌が重力に耐えられなくなってしまい下がっていく状態のことを言います。
肌にハリをもたらしてくれるコラーゲンは年齢と共に減少していってしまうのですが、コラーゲンを増やしてあげることでたるみの悩みを解消することができるようになるでしょう。

サプリやドリンうでコラーゲンを摂取をしてもあまり効果を得ることができないと言われていました。
口から摂ったコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されて、内臓や筋肉などに優先して使用されるので皮膚にはそんなに届くことがないのです。しかし、最近の研究結果によると毎日摂取することで肌のコラーゲン生成に影響をもたらしてくれるということがわかってきました。コラーゲンが配合されている飲み物や食べ物、サプリなどを上手に活用してたるみのない肌を目指してくださいね。

保湿をすることで肌トラブルを回避できる

現在のあなたの肌の状態はどんな感じですか?ベタベタとしているカサカサとしているニキビができているシミシワなどができてしまっている。様々な肌トラブルがあるかと思います。
肌トラブルを解消&改善するためにはやはり、保湿がかなり大切になってくるのです!
乾燥を放置しておくことで皮脂の過剰分泌や肌荒れなどの原因になってしまいます。表面上の乾燥を解消しても全く意味がありません。肌の角質層にまでしっかりと浸透させていかないとインナードライになってしまいますよ。

しっかりと保湿を行って様々な肌トラブルをしっかりと回避するようにしてくださいね😃

スキンケアの役割について

毎日行っているスキンケアですが、正直どの基礎化粧品がどんな役割を果たしているのかわかっていない!そんな人もいるかと思います。
使用方法をみたら化粧水の後につけてって書いてあるからそのタイミングでつけているだけ!

スキンケアを行う際はきちんと役割を把握してから活用することでよりスムーズなスキンケアを行うことができますよ!
下記では各スキンケアの役割についてご紹介していっています。20代後半、本気で肌を改善したいという人はぜひ、参考にしてみてくださいね。

クレンジング

クレンジングはメイクなどに含まれているう油性の汚れを落としてくれる役割を果たしてくれます。メイクを行った後、落とさずに寝てしまうとメイク汚れが酸化をしてしまい毛穴が塞がれさまあまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです。健康な細胞を作る機能が低下してしまうのでメイクを行った日は必ず落とす用意しましょう!

クレンジング料の多くは油分や界面活性剤で作られています。
市販で購入をすることができるオイルクレンジングですが、界面活性剤の配合量が多いものもあるので洗浄力が強すぎて皮脂も一緒に落としてしまうことがあるのです。

肌が乾燥してしまっている場合は界面活性剤の配合量が少ないクリームタイプを使用するなど工夫を行いましょう。

洗顔

1日外にいると肌は汗や皮脂やホコリなどがくっついてしまってます。
このような汚れをしっかりと落とすために必要なのが洗顔なのです。確かに洗うことで肌は綺麗になりますが洗いすぎてしまうと肌に必要な皮脂までも洗い流してしまい、乾燥や皮脂の過剰分泌などにも繋がるので注意をするようにしてくださいね。

固形石鹸は肌に優しい成分で作られているものが多いので、洗顔時に使用している人は多いかと思います。
なるべく香料や防腐剤が配合されていないものを選ぶようにしましょう。配合成分が多いほど、肌トラブルは引き起こされてしまうので肌が敏感な人は配合されている成分に注意をして購入するようにしてください。

化粧水

化粧水のほとんどは水でできています。よく化粧水で保湿をすることができると思っている人が多いのですが、ほとんど水分でできている化粧水はどうしても蒸発してしまいます。
保湿を行うのは化粧水ではなく美容液などです。化粧水の役割としては、洗顔をして不安定になってしまった肌の調子を整えるためにつけるんですよ。化粧水で肌を整えることで次に使う基礎化粧品が肌に浸透しやすくなるのです。

顔って鼻や目、口などがあるので凹凸していますよね。化粧水をつけるのはこれらの凹凸にも対応することができる手を活用するのがおすすめです。
コットンなどを活用する人は多いのですが、肌への摩擦も気になってしますのでコットンよりも肌に優しい手を使って化粧水をつけるようにしてください。

乳液・クリーム

乳液やクリームは肌に足りない油分を補給して肌をなめらかにしてくれる役割を果たしてくれます。
化粧水で補うことができた水分がなくなってしまわないようにする働きもあるんですよ。肌のベタベタが気になってしまうという人は乳液やクリームの使いすぎの場合もあるので、適量を心がけるようにしましょう。

乳液とクリームは油分や水分量が異なります。
クリームの方が区分が多いので肌に水分や油分が不足氏がちな人におすすめです。ターンーバー促進にも効果を期待することができますよ。

美容液

美容液は使っている人と使っていない人に分かれるかと思います。
保湿成分や美白成分など、様々な美容ケアを行うことができるのが美容液です。化粧水でしっかりと肌を整えたあとは美容液を活用して肌にダイレクトに働きかけてくださいね。

基本的には化粧水のあとに美容液を活用することが多いのですが、ブースター美容液は洗顔後すぐに活用します。そうすることで肌の表面を柔らかくすることができ、化粧水や美容液の浸透力をアップさせてくれるのです。

20代後半はスキンケアを本気で行う年齢

20代後半なのにもかかわらず、「まだ全然余裕!」そんな感じでいるかもしれませんね。しかし、肌の衰えはすぐにきます。。。
私にもそんな経験はあります。25歳になった途端になんとなく肌質が変わってきたことに気がつき、いつも通りの基礎化粧品を活用していたら乾燥してきてニキビなどが大量に出てきてしまいました。。

肌がゴワゴワとしてなかなか成分が肌に入ってくれず改善をするのにかなり時間がかかりましたよ😫
20代後半なんて前半の頃となんら変わらない!そう思っているかもしれませんが全く違います!肌は年々変わってくるのです!
まだ10代の頃や20代前半のスキンケアを行っているという人は、20代後半に見合った基礎化粧品を活用することをおすすめします。そうじゃないと近い将来絶対に後悔をすることになりますよ!

20代後半の肌の特徴って?

先ほどからお伝えしているように20代後半になるとどうしても10代ではありえることのなかった肌のかさつきが目立ち始めてしまいます。
肌のかさつきの原因は年齢が原因ということでもあるのですが、やはり食べ物や生活習慣などで肌の水分が大幅に少なくなってしまっていることが考えられるのです。

乾燥にも悩まされているけど、肌のベタベタとした感じ、脂性にも悩まされている人は多いかと思います。
肌がベタベタとしてしまうと、頬や口の周りが乾燥してしまったり毛穴が目立つようになってしまったり大人ニキビができてしまったりと様々なトラブルを抱えてしまうようになります。

20代後半になるとやはり、あなたにあったスキンケアをしっかりと行うことで綺麗な肌を保つことができるようになるのです。

20代後半の基礎化粧品の選び方

ここからは20代後半の人に向けた基礎化粧品の選び方についてご紹介していきます!
現在スキンケアをしているのに肌荒れや乾燥を繰り返してしまうという人は、もしかしたら使っている化粧品が肌に合っていない可能性があります。
下記の7点を参考にしてあなたの肌に合ったスキンケア商品を選ぶようにしてくださいね!

1:肌の悩みに合ったものを選ぶ

まずはあななが現在悩んでいる症状を確認します。

  • 乾燥
  • 吹き出物
  • ニキビ
  • シミ
  • たるみ
  • シワ

様々な悩みがありますよね。その悩みに合ったスキンケア商品を選ぶようにしましょう。
基礎化粧品は市販のものや通信販売で購入することができるものがたくさんあります。香りなどやテクスチャーもそれぞれ違いますが、やはり一番に注目すべきはあなたの悩みを解消することができる成分が配合されているかです。

20代後半の肌を健康的に、健やかにさせるために大切なことなのです。
ニキビに悩んでいるのであれば、予防&解消することができる成分が配合されているもの、乾燥なら保湿、皮脂に悩んでいるのであれば抑えてくれるものを選ぶようにするのです。
なのでまずはあなたの肌についてしっかりと知っておく必要がありますね!

あなたがどんな肌質なのか知りたいという人は「肌トラブルに悩んでいる人必見!おさえておくべきスキンケアのポイント6点」こちらも参考にしてみてくださいね😃

2:30代のことも考えて行う

現在20代後半であれば、そろそろ30代になった時の肌のことも考えておく必要がありますね!
そうは言っても大切なのは今悩んでいる症状を改善することです。30代になるとシミやくすみなどの肌トラブルも出てくるようになります。その症状も予防することができるスキンケア商品も活用しておくと30代になった時に焦ることはないでしょう。

3:続けることができる価格のものを選ぶ

20代後半になるとやはり、基礎化粧品にそれなりのお金をかけたくなりますよね!
基礎化粧品にも様々なブランドがあり価格もピンキリです。高いブランド品を購入したのにあなたの肌に全く合わなかったら意味がありません。

すごくよくても無くなったらまた購入。それを繰り返してしまうとツラくなってしまいますよね。
全て価格の高いものを選ぶのではなく、例えば美容液にはこだわる。後はそれなりに普通のものを使うなど、バランスを考えて無理のない購入を行いましょう。

4:直感で選ぶことも大切だったりする

例えば同じような成分が配合されてるものがあったら、やはりパッケージが可愛いものを選んだり香りがあなた好みのものを選びたいですよね!
全くパッケージが可愛くなかったり香りが苦手なものだったら使うたびにがっかりしてしまうし、うっかり使わない日も出てきてしまうかもしれません。

スキンケアは毎日行うものです。あなたのテンションが上がるようなデザインのものを活用することで長く続けられるしリラックすることができると思いますよ😍

5:保湿がしっかりできるものを選ぶ

先ほどからお伝えをしているように、20代後半になると乾燥を繰り返す人が多くなります。乾燥を放置してしまうことで大人ニキビに繋がってしまったりシワやくすみたるみ毛穴などの原因にもなるのです。
なのでとにかく保湿力の高いものを選ぶようにする!

乾燥は肌の老化の原因にもなってしまうのでしっかりと保湿をすることができるスキンケア商品で肌に潤いを与えるようにしましょう。
乾燥を防いでくれる成分としては

  • セラミド
  • ヒアルロン酸

などが配合されているものを選ぶようにしてくださいね♪

6:肌の優しいものを選ぶ

20代後半になると前半では感じることのなかった肌に変わってしまう人もいます。
少しの刺激がダメージになってしまい様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。20代後半はいろいろなストレスを抱えてしまう年頃です。
これまで肌トラブルを起こさなかったのに、急に肌の調子が悪くなってしまったらもしかしたらもうその基礎化粧品はあなたの肌に合わなくなってしまったのかもしれませんね。

できるだけ着色料やアルコールなどが使用されていないものを選んで肌への刺激を抑えるようにしてください。

7:毛穴ケアができるものを選ぶ

10代や20代前半ではそこまで毛穴は気になっていなかったのに、年齢を重ねて20代後半になると毛穴が目立つようになってきたという人は多いかと思います。
20代や30代ってもっとも皮脂の分泌量が多い時期と言われているのです。

毛穴に皮脂や汚れ、ホコリが詰まってしまうことで毛穴が目立つようになってしまい、肌トラブルを引き起こしてしまうようになるのです。
これらの症状を改善するためにも毛穴を引き締めてくれる化粧水や美容液を活用するのがおすすめです。顔がベタベタとしていて毛穴が目立つ人はおすすめです。

肌トラブルを回避するために

肌トラブルを回避するためには乾燥予防をしっかりとしておく必要があります。
健康的な肌はおおよそ15〜20%の水分を保持していると言われており、10%以下になってしまうとカサカサとした乾燥肌になってしまうのです。
肌が乾燥してしまうことでバリア機能が乱れてしまい、刺激を受けやすくなり乾燥がさらに悪化してしまうということが引き起こされます。そのまま乾燥を繰り返して放置をしておくとシワやくすみやたるみなどの老け顔になってしまう原因を作り出してしまうのです。

普段なんとなく行っていることが乾燥の原因にもなってしまうのです。
下記のようなことを行っているのであれば、少しずつ改善をしていく工夫を行いましょう。

  • クーラーや暖房をよく使用する
  • クレンジングを行う際はオイルで行う
  • ゴシゴシと肌がつっぱるまで洗顔を行ってしまう
  • 食事は偏りがち
  • ベタベタとしてしまうので洗顔をしても化粧水しか使用しない

上記のようなことは乾燥を招いてしまう原因になります。
当てはまることがあったという人は気をつけていきましょうね!😍

最後に

今回は20代後半の人に向けたスキンケア、主に保湿についてご紹介をしてきましたがいかがでしたか?
乾燥には今のところ悩んでいないという人もすぐに乾燥をしてしまうようになるかもしれません。乾燥をしてしまうことで様々な肌トラブルを引き起こします。悲しい思いをする前にしっかりと保湿をしてトラブルを回避していきましょう!

現在すでに肌トラブルに悩んでいるという人は保湿をすることでずいぶんと肌の調子が整ってくることもあります。
まずはあなたの肌にあった基礎化粧品を活用してみてくださいね。

がっかりな肌トラブル!大切なのは種類や原因を知ること!!
毛穴の黒ずみを解消させたい?透き通る素肌を目指すなら試してほしい7つの対策

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
エリ

エリ

こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!