顔のたるみやシワを取るために、一生懸命力任せにマッサージをしていませんか?

実は、マッサージは間違った方法でやり続けてしまうと、皮膚の組織を破壊したり、肌自体を傷めてしまうことがあるので、今よりもさらにたるみやシワを悪化させてしまいます。せっかく頑張ってケアしているのに、これでは意味がありませんよね。

そこで今回は、もっと手軽に簡単な方法で確実にたるみを解消する方法をご紹介したいと思います。

リフトアップジェル」ってご存知ですか?マッサージのように肌に負担をかけることなく、含まれている成分で簡単にリフトアップ効果が得られるアイテムです。

時間と手間がかからず、塗るだけで誰でも簡単にたるみを解消することができるので、今とても人気のあるたるみケアアイテムなんですよ。

ここでは、そんなリフトアップジェルについてたっぷりご紹介していきます。

リフトアップジェルとは


リフトアップジェルは、顔のたるみたるみによるシワを解消するための美容アイテムです。

コラーゲンやヒアルロン酸といったたるみに効果的な成分を配合し、肌のハリを取り戻し、たるみを解消する効果があります。

年齢とともに出てくる、目のまわりやほうれい線のシワ、頬のたるみや二重あごといった悩みに細胞レベルから働きかけ、リフトアップ効果が期待できます。

それ以外にも、乾燥やシミに効果的な成分が入っていたり、一本で全てのケアができるオールインワンタイプのリフトアップジェルも発売されています。乳液のような軽い使用感が特徴で、伸びが良く化粧水のあとに使うタイプが一般的です。

塗るだけで簡単にリフトアップ効果が期待できるので、スキンケアに十分な時間がかけられない人や、スキンケアに無頓着な人、シンプルなスキンケアが好きな人におすすめです。

マッサージしなくてもたるみをしっかり解消!


リフトアップジェルは塗るだけで簡単にたるみを解消できるアイテムです。

これまで、たるみを解消するために必死にマッサージをしてきた人もいるかもしれませんが、実はマッサージはやり方を間違うと、皮膚組織を破壊したり、肌に負担がかかって逆効果になることがあります。一生懸命マッサージしていたのに、たるみを悪化させていたなんてなんだかショックですよね。

リフトアップジェルならそんな心配は一切いりません。肌に塗るだけで、リフトアップ効果のある成分があなたのお肌をキュッと引き締め、たるんだお肌をしっかり持ち上げてくれます。

手軽で簡単なので、これまでマッサージに使っていた時間を他のことに有効活用することもできますよ。

最初はマッサージに比べて物足りなさを感じるかもしれませんが、使い続けるうちにマッサージ以上のリフトアップ効果を実感できるでしょう。

怖い!間違ったマッサージを続けてしまうと・・・


多くの人が間違いやすいマッサージ法として、

  • 強い力で行う
  • 肌にクリームやジェルが足りていない状態で摩擦が起こっている
  • リンパや筋肉の流れを意識していない
  • などがあります。

    間違った方法でマッサージを続けていると、肌に大きな負担がかかり、肌にいろんなトラブルが起こり始めます。

    強いマッサージは、真皮にあるコラーゲン繊維が損傷し、肌が弾力を失ってシワの原因になります。また、摩擦は肌に炎症を起こし、ニキビやシミの原因になります。そして、リンパや筋肉の方向を意識せずに行うと、老廃物が逆流したり、皮膚が伸びてたるみの原因になって結果的にシワが深くなってしまうこともあります。

    しかし、マッサージは肌に負担がかかるからやらない方がいいかというとそんなことはありません。正しい方法で行えば、皮膚の血行を良くして老廃物の排出を促してくれるので、ニキビやしみ、シワといったさまざまな肌トラブルを解消してくれます。

    ただし、力任せにグイグイやってしまうと、肌にとってはただの刺激でしかありません。肌は私たちが思っている以上に薄くてデリケートなので、強い刺激や摩擦は逆効果になってしまうんですね。

    自分でマッサージをする場合は、

  • 肌の表面をそっと撫でるようなイメージで行う
  • 皮膚を強く引っ張らない
  • 必要以上の力を加えない
  • リンパの流れや筋肉の方向に沿って行う
  • 摩擦が起こらないように、ジェルやクリームはたっぷり使う

  • この5つに注意して行いましょう。

    また、爪で引っかいて皮膚を傷つけてしまうと、傷口からばい菌が入って炎症を起こしてしまうので、手のひらと指のひらを使って優しくマッサージするようにしてくださいね。

    リフトアップジェルは保湿効果も抜群

    肌のたるみには、乾燥対策も重要です。肌のハリは、コラーゲンやエラスチンのほか、実は肌の水分量にも大きく影響されています。

    加齢や紫外線の影響で、肌に水分を溜め込むヒアルロン酸が減少してくると、肌は水分を十分に保つことができなくなります。

    ヒアルロン酸が少なくなると、肌の水分を溜め込むことができなくなるので肌が乾燥し、ハリが失われる原因となってしまいます。

    リフトアップジェルには、乾燥によるたるみ対策としてヒアルロン酸がたっぷり含まれています。肌を乾燥から守ることで、肌のハリを保ち、たるみを予防・解消することができるんですよ。

    リフトアップジェルの成分


    一般的に、リフトアップジェルに配合されている成分には次のようなものがあります。

    ●コラーゲン:リフトアップにおいて最も重要な成分の一つ。肌のハリや柔軟性を保ち、肌の保湿成分としても重要な役割を持っています。

    ●ヒアルロン酸:保水力に優れ、皮膚だけでなく関節や軟骨にも存在しています。プルプル肌を維持するために必要不可欠な成分です。

    ●プラセンタ:「胎盤」から抽出された成分で、衰えた皮膚細胞を活性化するエイジングケアとしての働きがあります。

    ●DMAE:ジメチルアミノエタノールの略で、筋肉の収縮を促す効果があります。緩んだ筋肉を引き締め、ピンとハリのある肌を目指せます。

    ●アルジレリン:「塗るボトックス」と呼ばれる美容成分のことです。リフトアップ効果以外にシワに対する効果が認められています。

    ●レチノール:ビタミンAのことです。コラーゲンの生成を促す効果があり、リフトアップにも効果的です。


    コラーゲンやヒアルロン酸といった定番のたるみ解消成分に加えて、DMAEやアルジレリンなどの美容成分も、高いたるみ解消効果があるとして人気があります。

    とくにDMAEは、分子量が89,14ダルトン(分子量を表す単位)とかなり小さく、美容成分の中でもとくに浸透率が高いので、たるみへの即効性が期待されています。

    一般的に、美容成分が無理なく皮膚に浸透する分子量は、500ダルトン(分子量の単位)以下と言われており、ヒアルロン酸は100〜200万ダルトン、動物性コラーゲンは30〜40万ダルトンです。

    DMAEがいかに小さい分子なのかがわかりますよね。

    たるみ効果のある純金やトルマリンに注目!


    最近注目されているたるみケア成分に、純金やトルマリンがあります。宝石として人気のある純金とトルマリンですが、実は化粧品の成分としても有名なんですよ。

    純金は、あの世界三大美女のクレオパトラが愛用していた美容成分で、リフトアップのほか、美白や毛穴の収縮などの美容効果が期待できます。また、肌の細胞を酸化させる活性酸素の除去にも効果的です。

    一方、トルマリンは「美容の石」とも呼ばれ、体を温める遠赤外線効果があります。体を芯から温めて血流を良くし、老廃物を排出するデトックス効果があるので、体の中から肌を綺麗にする効果があります。

    トルマリンも金と同じようにリフトアップ効果が高いので、さまざまなエイジングケア化粧品に使われています。

    純金もトルマリンも宝石として愛用する人がいるくらいなので、これらの成分が入ったリフトアップジェルは値段も高めです。相場としては、8,000円から20,000円くらいが一般的です。

    しかし、他のリフトアップ成分とは比べ物にならないほどのリフトアップ効果があるので、その人気は年々高まってきています。

    トルマリンのマイナスイオンでたるみを解消

    トルマリンには遠赤外線効果がありますが、トルマリンから発せられるマイナスイオンにも高い美容効果があります。

    トルマリンが発するマイナスイオン、つまり微弱静電流は皮膚の細胞に刺激を与え、新陳代謝や血液循環を活発にしてくれます。

    皮膚の代謝が活発になることで、いらなくなった老廃物や細胞を酸化させる活性酸素を取り除くことができるので、スッキリとした引き締まった肌を維持することができるのです。

    マッサージのように皮膚に直接作用しなくても、トルマリンの入った化粧品を塗るだけで、マイナスイオンが皮膚のたるみを解消してくれるというわけですね。

    また、皮膚の代謝がアップすることで、シミやニキビ、肌のくすみといった肌トラブルにも高い効果を発揮すると言われ、エステサロンや美容クリニックなどでも大変人気のある成分です。

    ジェルがおすすめな2つの理由


    リフトアップ効果のあるアイテムには、クリームタイプや乳液タイプなどいろいろなタイプがありますが、その中でもジェルタイプをおすすめするのには2つの理由があります。

    1つ目は、油分が少ないのでベタつきが苦手な人にも使えるところです。ジェルは、水とグリセリンを主成分としているのでさっぱりとした使用感が特徴です。

    肌に浸透しやすいリフトアップ成分と、肌の表面に残ってバリア機能の働きをする保湿成分とがバランスよく配合されているので、乾燥肌の人でも使えます。

    2つ目は、乳液やクリームタイプに比べて伸びがいいので、そのままマッサージができることです。乳液やクリームは肌にのせるとすべりが悪く、肌に摩擦を起こしてしまいますが、ジェルはベタつきがなく、さらっとしていて伸びが良いので、マッサージをしても肌の負担になりません。

    使用感の好みもありますが、リフトアップ効果をさらに出したいのであれば、ジェルならマッサージもできるので、たるみ解消効果もさらに高まりますよ。

    たった1分でできる!簡単たるみ解消マッサージ


    ここからは、自宅でできる簡単なマッサージ法をご紹介していきます。
    1分でできるとても簡単なマッサージなのですぐに覚えられますよ。ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

    1分マッサージのやり方

    ①首のストレッチ

    マッサージの最初は首回りをしっかりほぐして、顔に溜まっている老廃物や血液を循環させやすくしましょう。

  • 首をゆっくり回す(右に5周/左に5周)
  • 首をじわーっと右に傾けて、首の左側のラインを5秒伸ばす
  • 反対側も同様に行う
  • ②首のリンパを流す


    首筋のリンパを流します。右側をするときは左の手で、左側をするときは右手でさすります。

    人差し指、中指、薬指の3本の腹を使ってゆっくり2秒くらいかけて上から下になで下ろします(★から●まで)。このとき、下から上に逆戻りしないように気をつけてください。左右各10回ずつ。

    あごの老廃物を流す


    親指を使います。両親指の腹をあご下に当て、耳下に向かってゆっくりすべらせます。このとき、フェイスラインに沿って動かすとやりやすいです。

    両手が難しい人は、片方ずつやってみましょう。左右各5回ずつ。

    頬の老廃物を流す


    次に、ほうれい線から頬を通って耳に向かってマッサージします。この時も親指の腹を使ってすべらせるように行いましょう。

    ここでは、頬が少し食い込むくらいの強さが理想的です。それぞれのスタート地点はほうれい線に沿ってやるとわかりやすいですよ。3ラインを計3回ずつ。

    目のまわりのツボ押し


    中指の腹を使います。
    目頭下→目の下中央→目尻下
    眉頭→眉上中央→眉尻
    の順にゆっくり押していきます。

    1箇所につき、「1、2、3」とゆっくり数えるくらいのペースで行いましょう。1、2で力を入れて、3で少しずつ力を抜きます。1箇所につき1回ずつ。

    眉の下のツボ押し


    先ほどと同様に、ツボを押していく。

    最後に全体を流す


    最後に、手のひら全体を使って、矢印の通りにさすります。右側をするときは左の手で、左側をするときは右手でさすります。

    手のひら全体をベターっとつけて、顔を引き上げるようにしながら行うと効果的です。左右各5回ずつ。

    リフトアップジェルであなたも簡単たるみケア


    いかがでしたか?
    リフトアップジェルの効果についてご紹介してきました。

    リフトアップジェルは塗るだけでたるみを簡単に解消できるので、これまでみたいに「たるみをなんとかして引き上げよう!」と必死になってマッサージをする必要がありません。

    マッサージは間違って続けると肌にとっては逆効果。リフトアップジェルなら手軽で簡単なのに、しっかり肌を引き上げてくれるのでおすすめです。

    あなたもリフトアップジェルでたるみケアを始めてみませんか?

    1ヶ月後には驚くほどの効果を実感しているはずですよ。

    リフトアップジェルについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね!
    たるみ肌さん必読!小顔になれる本当におすすめのアイテムをご紹介

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    The following two tabs change content below.
    エリ

    エリ

    こんにちは、エリです!エステティシャンとしてベーシックな美容記事から最新の美容記事まで、みなさんの為になるような記事をどんどん書いていきますので、どうぞヨロシクお願いします!