お肌や自分のスタイルにちてはすごく気にしてどうにか良くしようと思うのに、なぜか頭皮に関しては無頓着・・・。

おそらくそんな女性は多いですよね?

髪の毛ならまだしも頭皮って・・・。結局髪の毛で隠れてしまうからそこまで真剣にケアをしなくても大丈夫!

そう思ってはいませんか?😫

確かに髪の毛に隠れてしまうので一生懸命にケアをしてもあまり意味がないのかもしれません。

誰に見せるわけでもないし・・・。しかし、たまに頭皮が痒くなってしまうこととかありませんか?

痒いのを放置してしまって結局ニキビや湿疹ができて、挙句かさぶたになってしまう。

そんな経験1度はあるかと思います。頭皮にかさぶたができて、そのかさぶたを掻いてしまうと大きなフケみたいに見えてかなりかっこ悪い・・・。

そうならないためにも頭皮環境を良くしておく必要がありますね!

ここでは頭皮のかさぶたや湿疹、ニキビの原因や改善方法についてご紹介をしていきます。

頭皮環境に悩んでいるという人はぜひ、参考にしてみてくださいね!

まずは頭皮のかさぶたの種類についてご紹介をしていきます。

頭皮のかさぶたの種類について

頭皮のかさぶたと言っても様々な種類があります。

おそらくかさぶたができたことがある人ならわかるかと思います。

頭皮のかさぶたには「白いかさぶた」「黄色いかさぶた「通常のかさぶた」と主に3種類に分けられます。

もしあなたが現在かさぶたができているのであれば、かさぶたの種類を把握して適切なケアをしていきましょう!😍

白いかさぶた

白いかさぶたは頭皮が赤い赤い炎症を起こすことが原因です。

頭皮の上に炎症ができることで白いかさぶたが上から覆うような状態になります。

かさぶたができてからは角質層が剥がれ落ちこれがフケになるのです。

黄色いかさぶた

黄色いかさぶたはリンパ液ができている状態なのです。

頭皮が痒くなり掻いてしまうことで傷になります。その傷が原因でリンパ液が増えてしまい頭皮にかさぶたができるのです。

通常のかさぶた

上記の2点以外でできるかさぶたは血液でできるかさぶたです。

ひっ掻くことで傷つけてしまった場合にできます。

かさぶたができてしまう主な原因について

頭皮にかさぶたができてしまうとなんとなくそこが痒くなってしまいかさぶたを剥がしたくなりませんか?

脚や手などにかさぶたができても気になりますよね。

頭皮にできるかさぶたもその状態と同じです。

脚や手などにできてしまうかさぶたの場合はこけたり引っ掻いたりすることでできてしまいますよね。

頭皮にできるかさぶたも引っ掻いてしまったり傷ができてしまったりすることでかさぶたができます。

しかし、それ以外でもかさぶたができてしまうことがあるのです。それは頭皮環境が悪化しているときです。

頭皮の調子が悪くなってしまうことでかさぶたができてしまうのです。

下記ではかさぶたの原因をより細かくご説明しています。

1:頭皮のターンオーバーが乱れているから

ターンオーバーという言葉を聞いたことがあるかと思います。

よく「肌のターンオーバーが〜・・・」と言いますよね。

頭皮にもターンオーバーというものが存在しているのです。

ターンオーバーは肌のキメを整えるための大切なポイントになるものです。

表皮が新たな細胞に入れ替わるサイクルのことを「ターンオーバー」と言います。

皮膚の奥で作られた細胞が時間をかけて肌の表面に押し上げられることによってそれまで表面にいた細胞はアカとなり剥がれ落ちます。

ターンオーバーは年齢を重ねることでどんどん周期が長くなってしまうのです。

20代のターンオーバー周期が約20日とすると60代になると100日もかかってしまうのです。

ターンオーバーが正常に活動をしてくれなくなってしまうと肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥など様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

肌のターンオーバーが原因でできてしまうかさぶたは主に白いかさぶたです。

2:白癬(はくせん)ができてしまっているから

白癬という症状を聞いたことはありますか?

白癬は簡単に言えば頭皮の水虫感染です。

突然頭皮が痒くなってしまったりフケがびっくりするくらい出てしまうのが特徴。

白癬ができてしまう原因も肌のターンオーバーの乱れだと言えるのです。

肌のターンオーバーが正常に働いていないことでバリア機能が低下をしてしまい、このような菌に感染してしまうんんですよ!

もし、急にフケなどが出てきてしまっている人は白癬の可能性もあるので医療機関を活用するようにしましょう。

3:皮脂の過剰分泌が行われている

頭皮の皮脂が過剰に分泌してしまうことで、毛穴に皮脂が入り混んでしまいカビ菌を増殖させてしまうことにもつながります。

ビ菌の一種であるマセラチア菌は皮脂に寄ってくる性質があります。

これが原因で頭皮にダメージを与えてしまい、かさぶたができてしまうのです。

4:ニキビや湿疹などができて痒くて掻いてしまう

ニキビや湿疹、乾燥が原因で頭皮が痒くなってしまいます。

その状態って肌のバリア機能が低下している状態なので敏感肌になっている状態なのです。

このような頭皮環境で痒いから掻いてしまうと傷を作ってしまいかさぶたを作り出すのです。

頭皮にできてしまうニキビの原因について

ふと気がつくと頭皮にニキビができているなんてことはありませんか?

顔やカラダにできるニキビとは違い頭皮にできるニキビはなかなか治りにくいんですよね。それにケアもしにくい・・・。

髪の毛で隠れているからいつからできているかもわからないし改善の仕方も難しいものです。

一度ニキビができてしまうと気になってしまう!けどなかなか治らない!

実はニキビも肌のターンオーバーが関係をしているのです。

皮脂が過剰に分泌してしまうことで毛穴が詰まってしまいますよね。

毛穴に皮脂や角質がつまることでニキビができてしまうのです。

顔にできるニキビと仕組みは同じなのですが、顔よりも頭皮の方が皮脂線がたくさんあるのでニキビができやすいのです。

それだけではなく、髪の毛などが汚れなどを溜め込んでしまうことで、それが原因でニキビを引き起こすことも。

下記では頭皮にニキビができてしまう原因についてより細かく説明をしています。

ニキビが頻繁にできてしまうという人はもしかしたら当てはまることがあるかもしれませんね!

原因1:シャンプーや髪の洗い方が合っていない

頭皮にニキビができてしまう1つめの原因として考えられることは、シャンプーが頭皮にあっておらず、洗い方も正しくないということです。

毎日使用しているシャンプーだから油断をしているかもしれませんが、もしかしたらそのシャンプーこそがニキビを作り出してしまっている原因なのかもしれません。

シャンプーと言っても様々な種類がありますよね。

美容院で購入できるものや薬局やスーパー、コンビニで購入することができるもの。

シャンプーの種類によっては洗浄力の強いものもあります。

しかし、洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうと頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまう可能性があるのです。

頭皮の皮脂を洗い流してしまうことで頭皮が乾燥をしてしまいニキビができやすい環境になっているのかも。

皮脂の過剰分泌は確かにニキビの原因になってしまうのですが、肌と同じで乾燥しすぎてしまうこともニキビの原因になります。

また、お風呂に入ってシャンプーで洗う際、適当に洗ってしまったりすると毛穴に詰まった汚れを落とすことができないのでニキビの悪化にも繋がってしまいますよ!

あなたの頭皮環境に合ったシャンプーを選んで、正しい洗い方を行うように心がけましょう。

原因2:ストレスを溜め込んでしまっている

ストレスを溜め込んでしまうことも頭皮にニキビができる原因になります。

忙しく働いているとどうしてもストレスを溜め込んでしまうかと思います。

ストレスが溜まってしまうと女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことは肌のターンオーバーが乱れでしまうことの原因にもなるのです。

しかし、ストレスを溜めないようにするというのは難しいと思います。

ストレスを溜めないというよりも解消する方法やストレスに負けない気持ちを持つことが大切ですね!

原因3:ビタミンが不足している

睡眠時間が足りていない、食事のバランスを考えていないなどの生活を繰り返してしまうことでカラダの中のビタミンは失われてしまいます。

ビタミミンが不足をしてしまうということも肌のターンオーバーが乱れてしまう原因になるのです。

ビタミン類が不足をしてしまうことはニキビができてしまうだけではなく、抜け毛や薄毛などの原因になってしまいます。

もしあなたがビタミン不足と感じているのであれば、ビタミン類を摂るように心がけましょう!

原因4:紫外線を受けている

これからの季節紫外線をたくさん浴びる機会が増えてくるかと思います。

顔などと同じで頭皮も紫外線を浴びてしまうことで様々な肌トラブルが出てきてしまうのです。

紫外線を浴びてしまうことでもっとも影響があるのが乾燥です。

乾燥をしてしまうと、皮脂が皮膚を潤わせるために過剰に分泌し始めます。

そうなると毛穴などに皮脂が詰まってニキビができやすくなってしまうのです。

ニキビができやすいという人は帽子をかぶったり、日傘をさしたりとなるべく頭皮に紫外線を浴びせないようにしましょう!

頭皮の湿疹ってどんなものがあるの?

上記では頭皮にできてしまうニキビの原因についてご紹介をしました。いかがでしたか?

思いあたることはあったでしょうか?

頭皮にできるニキビもツライですが、湿疹もかなりツライものがありますよね・・・。

頭皮に湿疹ができてしまうのは炎症が起きているということです。

湿疹ができてしまうとニキビと同じでなかなか改善するのに時間がかかってしまいます。

少しでも頭皮に違和感を感じたら医療機関を使用するようにしましょう。

下記では頭皮の湿疹の種類や原因についてご紹介をしています。

①脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は菌が繁殖をしてしまうことで起こる炎症です。

頭皮に皮脂が多く分泌されてフケもで始めてしまうのです。

悪化することでかさぶたや湿疹もできてしまいます。

②接触性皮膚炎

接触背皮膚炎はシャンプーやコンディショナーなどが肌に合わなくて頭皮がかぶれてしまってる状態です。

それだけではなくカラーリング剤やパーマ剤なども原因でかぶれてしまうことがあります。

これらを使用していない状態でも頭皮が弱っていると発症してしまいます。

一度なってしまうとアレルギーとなり何度も繰り返してしまうので注意をするようにしましょう。

③アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人はあなたの周りにもいるかと思います。

皮膚が薄くてバリア機能が他の人よりも働かないので、少しの刺激でもかゆみなどが引き起こってしまうのです。

湿疹だけではなく、痒くて掻きすぎてしまうことでかさぶたにもなってしまうので要注意です⚠️

④皮脂欠乏性皮膚炎

頭皮には皮脂腺が多く存在しているのですが、この皮脂欠乏性皮膚炎は頭皮が乾燥してしまうことで引き起こる炎症です。

乾燥してしまうことでフケが出てきてしまい、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

乾燥がひどくなってしまうと、敏感肌になってしまい、帽子などで頭皮がすれただけでも痒くなってしまうのです。

痒くてその時に掻いてしまうとより炎症がひどくなってしまってかさぶたになるのです。

頭皮に湿疹ができてしまう原因は?

頭皮に湿疹ができてしまう原因は様々ありますが、カラダが弱ってしまい免疫力が落ちている状態でも湿疹はできてしまいやすいのです。

免疫力が低下している時は皮膚も敏感になっていることが多いので、少しの刺激でも湿疹や炎症は引き起こされてしまいます。

一度湿疹が起きてしまうことで、それを繰り返しずっと頭皮が気になるというような状態になるんですよ。

湿疹ができやすいという人はもしかしたら免疫力が低下していることが原因かもしれないので、できるだけ免疫力をあげるために食生活や生活習慣の改善を行っていきましょう!

頭皮の気になるかさぶたは改善できる?

頭皮の湿疹も気になりますがかさぶたも、髪の毛を洗うたびに取れてしまってどんどん治りが遅くなってしまいますよね。

しかし、かさぶたが解消するまで髪の毛を洗わないで過ごすことなんて不可能に近い、、、。

頭皮のかさぶたを改善するためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

ここからは気になる頭皮のかさぶたの改善方法についてご紹介をしていきます。

現在かさぶたができて困ってしまっているという人はぜひ、参考にしてみてくださいね😃

ニキビや湿疹などの皮膚の症状を改善する

かさぶたの主な原因は頭皮のターンオーバオーがうまくいかないということですよね。

頭皮のターンオーバーを正常にすることでニキビなどができても改善が早くなるかと思います。

お肌のターンオーバーを整えるために様々なことを行っているかと思いますが、頭皮も同じようにケアを行う必要があります。

頭皮環境をしっかりと整えておかないとよりニキビや湿疹などができてしまうようになるのです。

大切なのは保湿です。保湿をしっかりと行うことで頭皮のターンオーバーを整えることにつながるでしょう。

シャンプーを変えてみる

私たちは毎日お風呂に入り、シャンプーをしたりカラダを洗ったりと1日動かしたカラダをリフレッシュさせます。

毎日のことなのでシャンプーが間違っているのか間違っていないのかなんてよくわかりませんよね。

もしも間違っているシャンプー方法をしていたとしたら、そのシャンプーがかさぶたを作ってしまう原因なのかもしれません。

間違った洗い方をすることで頭皮にある皮脂や汚れがついたままになってしまったり、逆に洗いすぎてしまうことで肌が乾燥しやすくなってしまって痒くなりかさぶたができやすくなります。

頭皮の状態を正常にしておくことで、かさぶたのできにくい頭皮を作ることができるでしょう。

生活習慣や食生活を改善する

先ほどからお伝えをしているように、お肌だけではなく頭皮に関してもターンオーバーというものは大切です。

ターンオーバーが乱れてしまうことでかさぶただけではなく、様々な症状が出てしまうようになります。

頭皮のターンオーバーを正常にするためには生活習慣や食生活の改善は必要不可欠。

バランスの取れた食事や規則正しい生活を行うように心がけましょう。

頭皮の環境が悪く待ってしまうと元気にするための栄養を頭皮に運ぶことができなくなってしまいます。

忙しい人もいるかと思いますが、なるべく食生活や生活習慣を乱さないようにしてくださいね。

医療機関を活用する

どうしても頭皮が痒くて掻いてしまう。そのことが原因でかさぶたができてしまうのだったら、医療機関に頼るという方法もあります。

痒くて痒くてしょうがない時って本当に我慢ができないし、寝ている間に実は掻いてしまっていることもあります。

かゆみを落ち着かせるためには真面目に皮膚科などに行って薬を使用するのがおすすめです。

かゆみを我慢するよりも早めに病院に行って薬などを服用するのもアリです!

頭に触れるものをもう一度見直す

毎日の生活で頭に触れるものってあるかと思います。

枕やシーツ、帽子やヘルメットなど、意外と頭に触れるものって多いんですよね。

特に暑くなってきたこの季節、頭に汗をかいてしまうことが多いかと思います。

汗をかいてしまうと蒸れてしまい頭皮雑菌の繁殖の原因にもなるんですよ。

頭に触れる可能性のあるものはなるべく除菌をしておくようにしましょう!

特に枕やシーツなどは頭に触れる気機会がかなり多いのでこまめに菌の繁殖を防いでおいた方が良いと考えられます。

ストレスを解消する

先ほどから何度もお伝えしているのでもういいよ。と思われるかもしれませんが、ストレスを溜め込んでしまうことは頭皮のターンオーバーを乱れさせてしまう原因にもなってしまうのです。

ストレス溜めるということで女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、頭皮のターンオーバーが正常に働かなくなるだけではなく皮脂の過剰分泌にも繋がってしまいます。

皮脂が過剰分泌してしまうと毛穴に詰まってしまい、ニキビなどの症状も頻繁に起こるようになってしまいます。

ストレスを溜めないようにするのは難しいかと思うので、ストレスを解消する技を身につけた方が良いですね!

紫外線を避けるようにする

毎日外を歩いていると、おそらく一番先に紫外線が当たる場所も長く当たってしまう場所も頭皮なのではないでしょうか?

帽子や日傘などを活用していたら紫外線を避けることはできるのですが、、、。

しかし、紫外線対策を行わないという人もかなり多いですよね!

頭皮は紫外線を浴び続けてしまうと乾燥してしまったりニキビができてしまったりと様々な症状が出てきてしまいます。

それだけではなく、髪の毛が傷んでしまうなどの影響も出てくるので外に出る時は紫外線対策を心がけるようにしてくださいね🌞

頭皮が乾燥しないようにする

頭皮が乾燥してしまう理由はクーラーや暖房など空調もありますが、ストレスや頭皮の廊下なども考えられます。

頭皮が乾燥してしまうとバリア機能が低下してしまい、より敏感な肌になるのです。

肌が敏感になってしまうと少しの刺激でもかゆみを引き起こしかさぶたを作ってしまうようになるのです。

乾燥してしまう原因は様々あり、シャンプーがあっていない、洗い方が悪い、紫外線に当たりすぎている。などなど

様々な原因があるので、もし頭皮が乾燥していると感じているのであれば、保湿をしてかさぶたができるのを防ぎましょう。

あなたの入浴はあってる?お風呂での正しい洗い方

お風呂に入るということは健康維持だけではなく美容への効果も期待することができるのです。

一人暮らしの人は湯船に浸からずにシャワーで済ませてしまうことって多いですよね。

しかし、近年では夏でも冷房が入っているのでカラダが冷えてしまいます。

冷えをそのままにしておいてしまうと、血液の流れが悪くなって老廃物を排出することができないカラダになってしまいますよ!

そうならないためにも、湯船にきちんと浸かってその日の冷えをしっかりと解消する必要がありますね!

髪の毛がベタベタとしてしまうのは、頭皮から分泌された皮脂が原因です。

先ほどからお伝えをしているように、頭皮には皮脂腺が多く存在をしており、どんどん皮脂を分泌していきます。

頭皮の皮脂ってだいたいどのくらい分泌されているか知っていますか?実はTゾーンの3倍も分泌されていると言われています。

皮脂は髪の毛を潤わすために必要な存在ですが、過剰に分泌されてしまうとフケになったり毛穴に詰まってニキビの原因になったりと、頭皮の環境を悪くしてしまいます。

頭皮がベタベタとしてきになるという人は肉類などの動物性油を控えるようにして、さっぱりとした野菜やお魚を中心に食べるように心がけてくださいね。

下記では頭の洗い方やドライヤーのかけたかについてご紹介をしています。

あなたのシャンプー方法は本当に正しいのか、、、ぜひ、確かめてみてください!

正しい頭の洗い方について

ここでは頭の洗い方についてご紹介をしていきます。

人によってはただ洗うだけでは皮脂を流すことができないなんて人もいますよね!

皮脂をさっぱりと流すことができる方法がこちらです⬇︎

①最初のシャンプーは髪の毛についてしまっているホコリなどの汚れを落とすことが目的です。なのでゴシゴシと普通に洗わず、なんとなくでOK!

②湯船に溜まっているお湯に頭を後ろ向きで沈めます。この時に毛穴かあ油汚れが浮き出てくるのですっきりしますよ。

③仕上げは指の腹を活用して頭皮をシャンプーで洗います。この時のシャンプーも通常のように力を入れなくてもするりと汚れが落ちるので、ゴシゴシと洗うというよりは丁寧に洗うことを心がけましょう。

いかがですか?お湯が張ってある湯船に髪の毛を沈めることで毛穴に詰まってしまっている汚れが浮き出てくるんです!

だいたい5分前後で汚れが出てきます。

また、焼肉をした後やタバコを吸う人はどうしても髪の毛が臭くなってしまいますよね。

髪の毛には磁石のように周りのニオイを引き寄せる性質があるのです。

特に痛んでしまっている髪の毛はニオイを吸着する力がすごいので注意が必要!⚠️

ニオイを改善するためにはまず、髪の毛の表面をウェットティッシュでパッティングしてニオイを払います。

もしもウェットティッシュがない場合はブラッシングを行うことで少しはニオイを軽減させることができるでしょう。

ドライヤーはしたほうがいいの?

お風呂から上がったあとは基礎化粧品でお肌を整えて、ドライヤーで髪の毛を乾かしますよね。

もしかしたらドライヤーをせずに自然乾燥で乾かしているという人もいるかも、、、。

もしも髪の毛を乾かすのに20分以上ドライヤーを髪の毛にあてている、頭皮にドライヤーを近づけている、濡れてしまっている髪の毛のまま寝ているという人は髪の毛にも頭皮にもかなりのダメージを与えてしまっているので注意が必要ですよ!

髪の毛にドライヤーを近づけて乾かしているという人は切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。

また、頭皮にドライヤーを近づけているという人頭皮の乾燥の原因になってしまうので注意が必要です。

髪の毛を乾かさないで寝ているという人は髪の毛が濡れたまま寝てしまうことで寝具や頭皮に菌が繁殖をしてしまうので頭皮トラブルの原因になってしまいます。

ただ髪の毛を乾かせば良いというだけではないのです。

丁寧に髪の毛をケアしてあげることは頭皮の環境を整えることにもつながります。

頭皮が弱ってしまう原因はドライヤーだけではありません。甘いものを食べ過ぎてしまったり動物性油を取りすぎてしまう、カラダの酸化や栄養不足なども原因になります。

頭皮の結構が悪くなってしまうと栄養が届かなくなって環境が悪くなってしまうことにもつながるので、できるだけ頭皮環境を整える努力を行いましょう!

最後に

今回は頭皮のかさぶたやニキビ、湿疹の原因や改善方法についてご紹介をしてきました。

いかがでしたか?

正直頭皮のことなんてあまり気にしていないという人が多かったと思います。

気がついたらニキビや湿疹やかさぶたができていて、いつか治るでしょう。くらいに考えているのではないでしょうか?

確かにいつかは治るかもしれません。しかし、頭皮は他の部位と違って髪の毛を洗ったり、紫外線を浴びて乾燥をしてしまったり、蒸れてしまったりと様々なことが毎日起こります。

そうなってしまうと解消するのにも時間がかかってしまいますよね?😥

もしも今、頭皮にトラブルを抱えているという人は今回ご紹介をした改善方法をぜひ参考にしてみてくださいね!

頭皮をすっきりとさせることで、髪の毛にも良い影響を与えることができるでしょう。

【面倒くさがりさん必見】髪を早く乾かす8つの方法がかなり使える!

髪の老化は防ぐことができる?9つの対策方法で年齢に負けない髪を作る!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!