加齢臭というと、女性よりも男性の方がするイメージってないですか?
しかし、その考え方は間違っていて女性も年齢を重ねることで加齢臭が引き起こされてしまうのです😥

しかも、50代や60代になってからではないのです。
30代や40代の人でも加齢臭がしてしまうので気をつけなければいけないのです。

加齢臭って体臭とは違い独特なニオイがしてしまいます。
そのニオイを放置してしまうことで、周りの人たちからは体臭とも勘違いされてしまいますよ。
もちろん加齢臭も体臭もしてしまっては女性の魅力は半減してしまいますよね。

昔はそんなニオイは全くしなかったのに、最近になってし始めてしまったという人は加齢臭を気にしないといけないかもしれませんね!
ここでは少しでもニオイが変わってきてしまったという人におすすめの情報をたっぷりとご紹介していきます。

▪️加齢臭ってどんなものなのか
▪️加齢臭がしてしまうメカニズムについて
▪️加齢臭を確認できるセルフチェック方法
▪️女性におすすめの加齢臭対策について

これらをご紹介していくので、ぜひ、参考にしてみてくださいね😃
それではまずは女性の加齢臭とは一体何なのかについてご紹介していきます。

女性の加齢臭はなぜ出てくるの?

加齢臭って具体的になに??と聞かれるとなかなか答えられないですよね。「年齢が上になると勝手に出てくる体臭」としか言えません。
加齢臭の原因は「ノネナール」という原因物質。ノネナールは2000年に資生堂の研究所が発見をしたものなのです。中高年の男女関係なく、「脂クサく、青臭いニオイ」がする、これがノネナールなのです。
このニオイを加齢臭とつけたことにより、私たちも年齢が上になると出る体臭という認識になりました。

冒頭でもお話をしましたが、何となく加齢臭っておじさんからするイメージではありませんか?しかし、加齢臭は女性からもニオイがしてしまうということがわかっているのです。
しかも、ニオイが出てきてしまう年齢も意外と若く40歳を過ぎたあたりから増加してしまうのです。
なぜ男性の方が加齢臭のイメージが強いのかというと、男性は女性よりも皮脂の量が多いからだと考えられます。皮脂の量が多いことで、加齢臭が目立ってしまうのです。しかし、ニオいがしてしまう原因は男女ともに同じなんですよ。

女性は男性と比較をすると確かに皮脂の量は少ないかもしれませんが、女性の場合、女性ホルモンというものが存在しますよね。
この女性ホルモンは20代をピークに減少してしまったり、乱れてしまったりと様々な変化が出てきます。これまで分泌されていた女性ホルモンが減少してしまうと、女性のカラダにある男性ホルモンが活発になるようになります。
すると、男性同様皮脂の量が増えていき加齢臭がしてしまうのです。
女性ホルモンが減少してしまう年齢はおおよそ35歳前後と言われており、それと同時に加齢臭も出てきてしまうのです。

体臭と加齢臭の違いって?

女性でも加齢臭が出てきてしまう理由は上記で説明をしました。では、加齢臭と体臭の違いとは何なのでしょうか?
実際、自分でも加齢臭と体臭の違いってわからないものですよね。

体臭がしてしまうと、カラダがら不快なニオイがしてきます。加齢臭に関しても不快だと思う人もいるかともいますが、体臭の原因は主に生活習慣や食生活の乱れが原因で引き起こされてしまうのです。
しかし、加齢臭は体臭とは違い、年齢が上がると供に出てきてしまいます。

体臭とは

体臭の原因のほとんどが汗だと言われています。私たちのカラダには汗を出すための「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類が存在します。
エクリン腺から出る汗はサラサラとしたものなのですが、アポクリン腺から出る汗はネバつきがあり、少し色がついています。これがワキガの原因なのです。

皮膚にもともといる菌が汗や皮脂などと混ざってしまい、分解や酸化をしてしまうことで、次第にニオイがしてきてしまうのです。
もともとの汗が無臭でも洋服などについてしまうと、時間が経つにつれニオイがしてくるなってこともあるんですよ。

脇や足などは体臭が気になってしまう部分ですよね。脇もですが足も汗をかいていないと思っているけど実はかいていることってあるんです。角質も多い部分になるし、靴を履くことで足はどうしても蒸れてしまいます。
カラダの中で菌が繁殖しやすいと思う場所はできるだけ清潔に保つことで、ニオイを軽減することができるでしょう。

加齢臭とは

加齢臭は体臭とはまた違い、ニオイの原因は汗ではなく皮脂にあるのです。
私たちのカラダの皮脂には9-ヘキサデセン酸という物質が酸化分解され、「ノネナール」というニオイ物質を出してしまうのです。
体臭に関しては昔からしていたという人は多いかもしれませんが、加齢臭を昔からしていたという人はいないかと思います。

先ほどご紹介した9−ヘキサデセン酸は年齢を重ねるごとに増えてしまうのです。
加齢臭の原因は皮脂ということなので、頭皮や耳の後ろ、首筋や脇など、様々な部分からニオイがしてきてしまうのです。

女性の加齢臭が発生しやすい部位は?

加齢臭が引き起こされてしまう原因は皮脂です。私たちのカラダにはたくさん皮脂腺が存在します。その皮脂腺がある部分から加齢臭はしてきてしまうのです。
女性のカラダで加齢臭がしてきてしまうのは主に、

  • 耳の後ろ
  • 頭皮
  • 背中
  • 胸元
  • デリケートゾーン

この部分はカラダの中でも皮脂腺が多い場所なので、しっかりとケアをしておく必要があるでしょう。
ケアをすると言っても、全て同じケア方法ではいけません。それぞれに適切なケアをしていってくださいね!

胸や背中はボディソープ、顔周辺は洗顔料、頭周りはシャンプーなど、しっかりと使い分けることが大切です。

加齢臭が起きてしまうメカニズムとは

先ほどもノネナールについては少しお話をしました。このノネナールについてもう少し詳しくお話をしていきますね!
加齢臭が出てきてしまうのは、ご存知、「ノネナール」という物質が出てきてしまうからです。
このノネナールは汗に含まれてもいるのですが、脂質が活性酸素ん働きにより酸化してしまうことで過酸化脂質という物質に変化していくのです。
この活性酸素は効果が薄くなってしまうと、過酸化脂質も発生しやすくなります。結果、加齢臭がしてくるということなのです。

加齢臭は年齢を重ねることで引き起こされるニオイだと思っている人が多いですが、若い人でも様々な原因で加齢臭が出てきてしまうので、若いからと油断をするのはよくないですよ!😥

女性の加齢臭は女性ホルモンの現象が原因

女性の加齢臭の大元の原因は男性と変わらずやはり皮脂の分泌量なのです。
しかし、女性の場合男性とは異なり、これまで全く皮脂が分泌されなかった人もホルモンのバランスが乱れてしまうことで皮脂の分泌量が増えてきてしまうということがあるのです。
詳しくご説明をすると、先ほどもお伝えしたように女性ホルモンのピークは20代と言われています。
30代に入ると女性ホルモンの分泌力は低下していってしまうのです。女性ホルモンが低下していくと今度は男性ホルモンが優位に立ちます。男性ホルモンの分泌量が増えてしまうことで、皮脂の量も多くなり、加齢臭がしてきてしまうということに繋がるのです。

また、30歳手前はカラダの中で活性酸素が発生したとしても、抗酸化作用が働き活性酸素の働きを抑ええくれていました。この働きのおかげで加齢臭はしていなかったのですが、女性ホルモンの分泌量が低下や年齢によるもので抗酸化作用も弱くなってしまい、加齢臭が発生してしまうのです。

30代後半から40代になる頃は加齢臭に関してかなりの注意が必要になってくるのです。

気になる加齢臭!おすすめのセルフチェック方法

自分の体臭や加齢臭ってなかなか気がつくことができませんよね。気がついたとしても、どのくらいニオイがしているのかわかりません。
なぜなら自分のニオイって毎日嗅いでますよね。なので鼻が慣れてきてしまうのです。
しかし、周りの人に「私って加齢臭がする?」なんて聞けないですよね。聞いたとしても周りの人が困ってしまいます。

なので、まずは自分ができる範囲でセルフチェックをしてみましょう!
加齢臭は体臭とよく間違えられるので、そこらへんの見極めも大切になってきます。

まずは自分のカラダでニオイが出てきてしまっている場所を確認します。基本的に汗をかいている場所がニオイの元だと思って良いでしょう!
ニオイの場所を発見したら、その部分にティッシュを押し当てたり普段着ている洋服や靴などのニオイを嗅いでみましょう。

おそらく、なんらかのニオイはしていると思います。

▪️体臭の場合の特徴
なんとなく酸っぱいニオイ・納豆臭・生魚のニオイ・卵・腐敗臭・アンモニアのようなニオイ・鉄・血液

▪️加齢臭の場合の特徴
ブルーチーズ・ロウソクのニオイ・古本・お香・押入れや古いタンスのニオイ



2種類の体臭にはそれぞれニオイの特徴が存在します。
なんとなくニオイを分けてみるとわかった気がしませんか?体臭はどちらかといえば、食べ物などのニオイなんです。それは、体臭の原因が食べ物でもあるから。
しかし、加齢臭の場合は食べ物関係なく出てきてしまいます。独特なニオイがしたらそれは加齢臭なのかもしれません。

そうは言っても加齢臭だって食生活や生活習慣が原因で引き起こされることもあります。

  • 肉類、揚げ物など脂質の多い食べ物を好む
  • 野菜をあまり食べていない
  • 常にスナック菓子などのおやつを食べている
  • お酒を飲まない日がほとんどない
  • タバコを吸う習慣がある
  • 生活のリズムが不規則
  • 良質な睡眠をとることができていない
  • 運動をほとんどしていない
  • 便秘が多い
  • ストレスを溜めやすい体質

上記のことが多く当てはまった人はこれらも加齢臭の原因になってしまいます。
たくさん当てはまったという人は、あなたができることから対策をとっていきましょう!

女性におすすめの加齢臭対策15選

ここからはいよいよ、女性におすすめの加齢臭対策についてご紹介していきます。
対策はたくさんあるので、あなたのライフスタイルや体質に合った対策を探してみてくださいね。

加齢臭がなくなることで、より女性らしい毎日を過ごすことができると思いますよ!😃

対策1:シャンプーは絶対!きちんと髪の毛も乾かす

加齢臭が気になってしまい、1日に何度もシャンプーをしたりお風呂に入ったりする人は多いかと思います
お風呂に入ることやシャンプーをすることは、加齢臭対策に繋がるのですが、やはり、何度もやってしまうと、頭皮に必要な皮脂までも流してしまい皮脂の過剰分泌を促してしまいます。
なのでシャンプーは1日1回に止めておき、どうしても頭皮が気になるという人はお湯で皮脂を洗い流すくらいにしておきましょう。

お風呂から上がってから髪の毛をドライヤーで乾かさずに寝てしまったり、自然乾燥をしている人もいるでしょう。
しかし、髪の毛を生乾きにしておくと菌が繁殖しやすくなってしまうのでより頭皮からニオイがしてしまうようになります。

お風呂から上がった後はしっかりと髪の毛を乾かすように心がけましょう!

対策2:食べ物に気をつけるようにする

あなたは毎日の食べ物に気を使っていますか?あまり気にせずに好きなものを食べているという人も多いかと思いますが、動物性たんぱく質もニオイの原因になってしまいます。
大腸ではたんぱく質が悪玉菌に分解されてしまいます。そうなると、腐敗をしてしまい、ニオイの原因にもなってしまうのです。

動物性たんぱく質が原因ということは、肉類は控えた方が良いということになります。腸内環境をよくするために食物繊維が豊富に含まれている「メカブ」「キウイ」「ごぼう」「切り干し大根」「ひじき」などを食べることがおすすめです。

対策3:抗酸化力に優れている食べ物を食べる

年齢を重ねることで抗酸化力は下がってきてしまいます。
加齢臭の原因、ノネナールは活性酸素による体内の酸化が原因になってしまうのです。なので、抗酸化力を整えてあげるために「バナナ」「ニンニク」「玉ねぎ」「人参」「ほうれん草」などの食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

またビタミンCは抗酸化作用が期待できる成分です。

  • いちご
  • ピーマン
  • レモン
  • 小松菜

などもおすすめです!

対策4:腸内環境を整える

先ほども少しご紹介しましたが、免疫力を高めることはエイジングケアにも繋がってきます。
見た目もですが、腸内環境ってすごく若々しさに関係してくるんです。

腸内環境を整えるためには食物繊維や発酵食品を食べる必要があります。

  • 山芋
  • 春菊
  • アボガド
  • もも
  • さつまいも
  • バナナ
  • ごぼう
  • そば
  • 納豆
  • キムチ
  • チーズ
  • ヨーグルト

これらが腸内環境を正常にするにおすすめの食べものと言われています。
また、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、どちらもバランスよく摂ることがおすすめされているんですよ!

対策5:添加物を摂らないようにする

私たちの身の回りの食べものには添加物が多く含まれています。
しかし、この添加物も加齢臭を作り出してしまう原因になるのです。添加物はカラダにも悪いことはわかりますが、活性酸素を増やしてしまうことにも繋がります!
なので、コンビニのお弁当やジャンクフードなどはなるべく食べないように心がけていきましょう。


対策6:お酒の飲みすぎは厳禁

お酒が好きな女性も多いかと思います。しかし、お酒は加齢臭を強くしてしまう原因にもなるのです。
アルコールは体臭をきつくしてしまうとも言われており、汗と一緒に排出されるので飲むだけでニオイがきつくなってしまいます。

アルコールは肝臓で分解されるのですが、その際に活性酸素やアセトアルデヒドなどを発生させることに繋がります。このアセトアルデヒドは刺激臭を持っておりほとんどは排泄物と一緒に出ていってしまうのですが、一部では呼気や汗とともに流れてしまうのです。
よって、加齢臭は悪化してしまいます。

アルコールを毎日飲んでいるという人は週に1日や多くて2日など減らす努力をしていきましょう。

対策7:タバコをやめる

タバコはカラダ自体によくありませんよね。それに加齢臭だけではなく体臭にも悪影響を与えてしまうと言われています。
タバコに含まれている有害物質には活性酸素も含まれているので、加齢臭の原因になるだけではなく美容にもよくないでしょう。

ストレス発散のためにタバコを吸っているという人は、ぼちぼち他の発散方法を探して、本数を減らしていく努力が大切です。

対策8:代謝アップを目指す

代謝アップは健康にも良いし加齢臭対策にも繋がります。
汗をかくことで、雑菌の餌になるミネラルが少ない汗をかけるようになります。

また、普段飲んでいる飲み物などにも気を使うことが大切です。緑茶やお水などをできるだけ飲むようにして、ジュースなどは控えるようにしましょう。

対策9:紫外線対策を行う

美容対策にも紫外線から肌を守りたいですよね!しかし実は紫外線対策を行うことは加齢臭対策にも繋がってくるのです。紫外線を浴びてしまうことで活性酸素は発生させてしまう原因にも繋がります。
外に出る時は、日焼け止めや日傘、帽子などを忘れないようにして出かけましょう。

対策10:良質な睡眠を心がける

睡眠不足は、基礎代謝を下げってしまったり、活性酸素を発生させる原因にもなります。
規則正しい生活を行い、良質な睡眠をとることで、加齢臭は抑えることができるのです。

対策11:ボディソープを変えてみる

現在使用しているボディソープはあなたのカラダに合っていますか?
なかなか加齢臭がカラダからとれないという人は、薬用有効成分が含まれているボディソープを選ぶようにしましょう。汗や皮脂だけではなく古い角質を取り除いてくれるので、汚れやニオイをしっかりとケアしてくれます。
カラダを洗う際はしっかりと泡を立ててから洗うようにしましょう。

対策12:ミョウバンで対策を行う

ミョウバンは体臭などでも活躍してくれるものです。
ミョウバンには制汗作用や消臭効果を期待することができるのです。ミョウバンスプレーを作って使うことで、加齢臭対策に繋がるでしょう。

対策13:保湿を丁寧に行う

肌に乾燥を感じているという人は、肌が乾燥を防ぐために皮脂を必要以上に分泌させてしまうことがあります。
それがもしかしたら加齢臭を引き起こす原因になっているのかもしれません。
しっかりと保湿ができるシャンプーやトリートメントを使用してニオイ対策をしていきましょう。

対策14:汗をかいたらこまめに拭く

これからの季節、汗をかくことが多くなりますね。汗を書いたらこまめに拭くようにしましょう。
タオルでゴシゴシと拭くのではなく、濡れタオルで優しく吸収させるイメージで汗を拭きとることがおすすめです。

対策15:脱毛を行う

体毛も洋服と同様、汗をかいて放置をしておくとニオイがしてきてしまいます。
あので、脱毛をすることによってニオイ対策に繋がるでしょう。自分で処理をしているという人もいますが、自分での処理は、肌トラブルの原因にも繋がるのでできれば、専門家にしてもらうようにしましょう!

最後に

今回は女性の加齢臭についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
自分ではまだまだだと思っているかもしれませんが、実はそんなに遠くないことなのかもしれません。

食べものや普段の生活などでもしっかりと対策することができるので、もし加齢臭に悩んでいるという人は今回ここでご紹介した対策方法をぜひ試してみてくださいね!😃
ニオイを解消する食べものをもっと詳しく知りたいという人は「ワキガや体臭は食生活で改善!9つの食事方法とおすすめの食べ物5選」こちらも参考にしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.
ヒロノ

ヒロノ

こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!