薄毛に悩むあなた、最近こんな悩みはありませんか?

  • なんとなく外に出るのが億劫
  • 帽子をかぶらないと外に出られない

薄毛に悩んでるのって男性だけだから私は大丈夫!そんなことを思っているかもしれませんが、、、

最近では薄毛に悩んでいる女性も増えてきていることがわかっているのです。

でもでも、薄毛に悩むなんてもっと年齢が上な人でしょ〜

いいえ。女性の薄毛は年齢関係なく突然訪れちゃうんです。

だけど通常通りに過ごしているのに、どうして急に??

薄毛の原因、なぜだかわからないですよね?

女性の薄毛の原因は人によっていろいろ変わってくるんです。

そこでここでは薄毛に悩んでいる女性に向けた、”薄毛の原因“についてご紹介をしていこうと思います😶

原因を知っておくことであなたにとって適切なケアをしていくことができますよ。

薄毛を改善するためにはまず、前向きな気持ちが重要。

ここでは薄毛に悩む女性に当てはまるであろう原因をご紹介しています。

現在悩んでいる人、何となく自分はそうなりそう、、、

そう思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

髪の毛はどうして薄くなるの?

髪の毛は、
髪が生える→伸びる(成長する)→寿命を迎えて抜ける→休む→再び生える

というサイクルを延々と繰り返しています。

それぞれの期間は、以下の通りです。

  • 伸びる(成長する)=成長期・・・約2〜6年
  • 寿命を迎えて抜ける=退行期・・・約2週間
  • 毛根が休む=休止期・・・約3〜4ヶ月


髪の毛は一定の期間を過ぎると自然と抜け落ちて、また同じ毛穴から新しい髪の毛が生えてくるというサイクルを繰り返しています。

髪の毛の本数は、一人当たり約10〜12万本と言われていますが、その一本一本がそれぞれ違うサイクルで成長しています。なので、いっぺんに抜け落ちるということはありません。

しかし、このサイクルが何らかの原因で乱れてしまい、通常約2〜6年ある成長期が数ヶ月という短い期間になり、その反対に休止期が長くなるというサイクルになると、髪の毛が生えている期間が短いので薄毛になります。

また、成長期が短いと髪の毛が十分に太く長く成長する時間がないので、髪の毛はやせて細くなり、地肌が透けて見え、産毛が目立つようになります。

このように何らかの原因で成長期が短くなってしまうと、生えてくる髪の毛よりも抜ける髪の毛の方が多くなり、結果的に薄毛になってしまうのです。

薄毛を改善するには、乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻してあげること。ヘアサイクルを乱す原因(ストレス、生活習慣、加齢、ホルモンバランスの乱れ)については、後ほど詳しくご説明しますね。

女性の薄毛の原因について

薄毛を改善したい。

でも薄毛を改善するためにどうしたらいいかわからない。

適切な薄毛ケアを行う為にはまず、あなたが薄毛に悩んでしまっている原因について知っておく必要があります。

女性の薄毛の原因って実はいろいろあって、これも原因だったの、、、?

っていうことがあなたの原因なのかもしれないのです😶

薄毛になりやすい人の特徴

薄毛になりやすい人の特徴としては、

  • 不規則な生活やダイエットをしている人
  • カラーやパーマを頻繁にする人
  • 栄養不足な人
  • 血流が悪い人
  • ストレスを感じやすい人
  • 髪の毛を洗いすぎる人
  • 加齢や更年期によるもの
  • 遺伝によるもの
  • コラーゲン不足によるもの


  • 上記のようなことが挙げられます。

    薄毛の原因は、外的なものから内的なものまで幅広い。

    女性にとっていくつになっても髪は命ですよね。

    いつまでもツヤツヤとしていて健康的な髪の毛を保ちたいと思うのは、女性なら誰でも思うこと、、、。

    しかし、上記のような理由で薄毛について悩んでいる女性は意外と多いものです。

    女性の薄毛の原因について詳しく解説していきたいと思います。

    薄毛の原因1:ストレスの多い生活を送っている

    女性の社会進出が増え、女性は家庭だけでなく仕事や職場で大きなストレスを感じるようになりました。

    社会に出てバリバリと仕事をこなす一方、結婚してからは家事や育児もしなければならず、女性が抱えるストレスは増えるばかり。

    その影響により、頭皮環境が悪化したり、ホルモンバランスが乱れて薄毛や抜け毛の原因となることもあります。

    なかでも、ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌が減り男性ホルモンが優位になって、人によっては女性でも声が太く低くなったり、ヒゲが生えてきたり、男性のように頭頂部がハゲてきたりなどの症状が起こります。

    また、ストレスは体を緊張させ血行不良を起こします。そうなると、頭皮にも栄養が行き届かなくなってしまい髪の毛は十分な栄養をもらえず薄毛となってしまうのです。

    忙しい日々の中でもストレスから解放されてリラックスできる趣味や時間を持つことがとても大切です。

    薄毛の原因2:不規則な食生活、栄養不足、ダイエット

    食生活も頭皮の健康状態に大きく関係しています。

    例えば、ジャンクフードをよく食べる、甘いものや脂っこいものが好きという人は、頭皮から皮脂が過剰に分泌されるようになるので、毛穴に皮脂が詰まって髪の毛が抜け落ちやすくなるばかりか、次に生えてくる髪の毛にも影響を与えてしまいます。

    外食が多い人はなるべく自炊を心がけ、甘いものや脂っこいものを控えたバランスの良い食事をとるようにしましょう。

    また、若い女性が薄毛に悩む原因の一つに、無理なダイエットが考えられます。

    つい体重のことを気にして食べる量を減らしたり、食事を抜いたりする人も多いかと思いますが、これでは体だけでなく髪の毛にも良い栄養が行き届きません。

    食事から取り入れた栄養素はまず体に使われていきますので、栄養素が十分に足りていないと髪の毛まで届きません。

    その結果、抜け毛や薄毛になるばかりか、髪の毛にツヤがなくなってパサついたり肌荒れを起こす原因にもなります。

    痩せてキレイになるためのダイエットのはずが、このような状態になってしまっては本末転倒ですよね。

    体重や体型のことを気にするあまり、無理な食事制限をして栄養不足になることは体にとっても美容にとっても良くありません。

    適度な運動を取り入れながら、体に負担をかけないダイエットを心がけましょう。

    薄毛の原因3:過度なヘアケア、髪を洗いすぎる

    オシャレのためと、過度なカラーやパーマを繰り返すと頭皮のバリア機能が低下して炎症を引き起こすことがあります。

    このような炎症は頭皮に大きな負担となって抜け毛や薄毛の原因となります。また、炎症により乾燥した頭皮はとても硬く、新しい髪の毛が生えてくるのを邪魔します。

    薄毛予防には頭皮の保湿ケアをしっかりとすることが大切です。

    また、お風呂が好きで1日に何度も入るという女性もいるかと思います。

    1日に何度もシャンプーをしてしまうと、本来頭皮を守る役割の皮脂まで洗い流してしまい抜け毛や薄毛を招いてしまうことも。

    シャンプーをしすぎると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、カサカサの乾燥した頭皮になってしまう場合もあるので注意が必要です⚠️

    反対に、整髪料やトリートメントの洗い残しがあると、毛根に皮脂が詰まり、薄毛の原因になることもあるので注意が必要です。

    このように女性が良かれと思ってやっているヘアケアが、実は薄毛を招いているということがよくあります。

    パーマやカラーは頻繁にせず、1度したら少し期間を空けるなどして頭皮を休ませてあげましょう。整髪料やトリートメントをよく使う人は、シャンプーのときにきちんと洗い流すようにして洗い残しのないように気をつけましょう。

    薄毛の原因4:運動不足、血行が悪い

    運動不足や血行不良も薄毛の原因になることがあります。

    あなたは定期的に運動をしていますか?

    運動をすると、血流が良くなって栄養素やキレイな酸素が体中を巡ります。

    すると、体に良いのはもちろん、頭皮にもしっかりと栄養や酸素が届くので、生き生きとした髪の毛を育てることができるのです。

    しかし反対に、運動不足で血流が悪い状態が続くと、頭皮に髪の毛を育てるための栄養素や酸素が行き渡らないので、栄養を摂ることができない髪の毛は抜け落ち、抜け毛や薄毛の症状を悪化させてしまいます。

    なかなか運動をする時間がない、という人はまずは少しずつでいいので体を動かすことから始めましょう。

    夜寝る前の簡単なストレッチだけでも十分な効果がありますし、ゆっくりと湯船に浸かることで体を芯から温め血流を改善することもできます。体を動かすことはストレス解消にもなるので、ストレスによる薄毛対策にもなって一石二鳥です。

    薄毛の原因5:加齢や更年期によるもの

    更年期に入ると、冷えやほてり、動悸やイライラなどの身体の不調を感じるとともに、「髪の毛のボリュームがなくなった」と実感する女性も多くなります。

    女性は35歳頃から女性ホルモンのエストロゲンの分泌がガクッと減り始め、更年期を迎える頃にはほとんど分泌されなくなります。

    エストロゲンは、髪の毛を発達させ、成長を持続させるという働きがありますが、更年期に入りこのエストロゲンが減少し始めると、髪の毛の成長時期が短く、成長・発達しにくくなります。

    そうなると、髪の毛自体が細くなったり髪の毛の本数が減ったりして、薄毛やボリューム不足に悩まされるのです。

    このエストロゲンの減少による薄毛の症状を改善するには、エストロゲンの減少を緩やかにしてあげることが大切です。そのためには、エストロゲンに似た働きを持つイソフラボンを積極的にとるのがオススメ。

      【イソフラボンを多く含む食べ物】

    • 大豆製品(豆腐、納豆、豆乳、油揚げ)
    • 味噌
    • ひよこ豆
    • ナッツ類(特にピーナッツ)
    • きな粉
    • プエラリア・ミリフィカ


    また、恋愛をするのもおすすめ。

    つい最近まで韓流スターにハマる50〜60歳の女性がテレビでも取り上げられていましたよね。

    これは脳内が恋愛状態になって女性ホルモンがどんどん分泌されるので、エストロゲンの減少を緩やかにするのにとても良い方法。

    実際に恋愛するのももちろんですが、テレビの中の俳優や歌手にときめくというのもおすすめです。

    年齢を重ねることは自然なことなので、早いうちからこういった対策をとっておくことが薄毛予防にとって大切なことなのです。

    薄毛の原因6:出産後などによる女性ホルモンのバランスの乱れ

    妊娠中や出産後などに髪の毛が抜けてしまう女性が多く見られます。

    実は出産をした後に髪の毛が抜けてしまうのは自然な流れ。

    出産後は女性ホルモンのバランスが乱れてしまっているので、抜けやすいのですが自然に女性ホルモンのバランスも整い薄毛が解消される女性は多いのです。

    しかし、出産後は何かとストレスが溜まりやすい時期。

    ホルモンのバランスを整えることができたとしても、ストレスで薄毛になってしまう女性もいるようです。

    出産後になかなか薄毛が改善されないという人は、女性ホルモンのバランスを整えることができていない。

    もしくはストレスを溜め込んでいる可能性が高いと言えるでしょう。

    薄毛の原因7:遺伝によるもの

    よく薄毛の人は遺伝の可能性があると言われますよね?

    確かに薄毛は遺伝するものなのですが、女性の薄毛の場合、男性の薄毛よりも確率的には低いと考えられます。

    男性の場合だと片方の親が薄毛だったら薄毛になりやすいのですが、女性N場合は両方の親が薄毛遺伝子を持っていないと症状が現れることがないと言われているのです。

    なので遺伝で薄毛になっているのかと心配をしているあなた。

    両親とも薄毛遺伝子を持っていますか?

    もし、持っていないのであれば遺伝の可能性は低いと言えるでしょう。

    薄毛の原因8:髪の毛の分け目やヘアスタイルがいつも同じ

    ヘアスタイルがいつも同じ。

    髪の毛を結ぶのも同じ。

    そんな感じだと髪の毛が引っ張られてしまって頭皮にストレスを与えてしまうことにつながります。

    するといつの間にかその引っ張られている部分の髪の毛が薄くなっていってしまうのです。

    髪の毛の分け目がいつも同じということは紫外線が当たってしまっている場所も同じということ。

    同じ場所に紫外線が当たり続けてしまうのも頭皮にも髪の毛にもストレスがかかってしまうので、できるだけヘ頻繁にヘアスタイルを変えるように心がけましょう。

    薄毛の原因9:コラーゲンが不足している

    私たちのカラダは年齢を重ねることでコラーゲンが不足して行ってしまいます。

    コラーゲンは美肌を保つために重要となる存在ということはわかっているのですが、実は薄毛とも関係しているということがわかっているのです。

    私たちの頭皮に存在している毛包幹細胞。

    ここに存在しているコラーゲンが不足してしまうと薄毛が加速してしまうことも。

    コラーゲンを補うことで少しずつかもしれませんが薄毛改善へと導くことができるでしょう。

    薄毛の原因10:睡眠不足が続いている

    あなた睡眠不足に悩まされていませんか?

    私たちのカラダは規則正しい生活をしていなかったり、睡眠不足が続いてしまうと何らかのよくない変化が出てきてしまいます。

    薄毛になってしまったという人も良質な睡眠を摂ることができていない可能性があるのです。

    当サイト、MEETでも度々紹介をしているゴールデンタイム。

    この時間は夜の10時から夜中の2時と言われており、この時間にしっかりと寝ていないと成長ホルモンの分泌を期待することができません。

    つまり、成長ホルモンが分泌されないと頭皮や髪の毛のダメージを上手に修復することができなくなってしまうのです!

    また、睡眠不足になってしまうと血管が収縮をして血液の流れが悪くなってしまいます。

    血液の流れが悪くなってしまうと、頭皮や髪の毛に必要な栄養を届けることができなくなり抜けやすくなってしまうのです。

    以上のことから睡眠不足と感じている人は、毎日良質な睡眠をとることを心がけた方が良いと考えられます😞

    薄毛の種類や場所が違う!!?人それぞれ異なるのはなぜか

    登場人物Aエリ

    薄毛の原因、なんとなく把握することはできましたか?

    「もしかしてこれかな?」と、思う原因があったのであれば、それに向けた適切なケアを行う必要があります。

    出産後の薄毛に悩んでいるという人は女性ホルモンのバランスが整うまで半年くらい様子を見てみましょう。

    それでも改善されない様だったら医療機関に相談するようにしてくださいね。

    女性の薄毛の場合、場所によって原因が変わってきます。

    例えば前髪や前頭部など。

    下記では女性が薄毛に悩みやすい場所の原因についてご紹介をしています。

    あなたも当てはまる場所があれば参考にしてみてくださいね😃

    悩みやすい薄毛の場所1:前髪

    前髪が薄いと悩んでる女性は多いかと思います。

    前髪が薄い人の髪の毛はハリやコシがない場合が多いのです。

    進行としてはそんなに急激には薄くならないので、あまり気にならなかった・気がつかなかったという女性が多いみたいですね。

    前髪の薄毛に悩んでいる女性の原因は主に3つ。


    〜FAGA(女性男性型脱毛症)〜
    FAGAは女性ホルモンが減少してしまうことで引き起こる薄毛。

    年齢によるものや、ストレス、睡眠不足、過度なダイエットなどで女性ホルモンが乱れてしまうことが原因とされています。

    女性ホルモンのバランスを整えることが第一条件でしょう。

    〜牽引性脱毛症(けんいんせい)〜
    牽引性脱毛症は髪の毛が引っ張られることで引き起こる脱毛。

    毎日同じ髪型をしていたり、ポニーテールをしていると、同じ場所ばかりが引っ張られて頭皮にストレスを与えてしまいます。

    なるべく同じ髪型をせずに違う髪型を行うようにしましょう。

    〜ヘアスタイルの偏りすぎ〜
    ヘアスタイルを気にする。女性ですもの。当たり前ですよね。

    しかし、パーマ、カラー、アイロンなど、髪の毛や頭皮にストレスを与えてしまうことになります。

    ヘアスタイルにこだわりすぎるというのも何かと問題かも、、、。


    悩みやすい薄毛の場所2:生え際

    生え際もなんだか薄くなってきたなあ、、

    そんな人は頭部の血液の流れが悪くなっていることも原因だと考えられます。

    生活習慣の乱れや、栄養の偏りなどが原因で頭皮の環境が悪くなり、結果血液の流れが悪くなって薄毛の原因になってしまうのです。

    また、女性ホルモンのバランスが乱れてしまっていることも原因に。

    年齢を重ねることや不規則な生活が続いてしまうと女性ホルモンが乱れてしまって男性ホルモンの影響が出てきてしまいます。

    男性ホルモンの分泌の方が優勢になってしまうとどうしても薄毛を作り出してしまうのです!

    女性ホルモンのバランスを整えるということは薄毛だけではなくカラダの調子や心のバランスを保つことにもつながります。

    毎日のあなたの生活を見直して見てはいかがでしょうか。

    悩みやすい薄毛の場所3:分け目

    分け目の薄毛に悩んでいるという女性も多いかと思います。

    分け目が薄毛になってしまう原因は前髪の薄毛と同じで”牽引性脱毛症”の可能性も考えられます。

    職業柄、前髪を後ろにもてくるオールバックで毎日を過ごしている人もいるかと思います。

    毎日このようなヘアスタイルを行っていると髪の毛が引っ張られて薄毛になってしまう可能性も、、

    平日は同じヘアスタイルをしないといけないという人は、なるべく休日は髪の毛ノータッチでいきましょう!

    悩みやすい薄毛の場所4:頭頂部

    頭頂部が薄くなってしまうと自分でも何となくわかりますよね。

    ヘアセットをしていても「何だかボリュームがなくなってきた、、、」そんな感じ。

    頭頂部の薄毛に悩んでいる女性は年齢も原因に入るのですが、女性ホルモンの乱れや、こちらも牽引性脱毛症の可能性も考えられます。

    基本的に頭頂部が薄くなってきたと思ったら髪の毛絶対が薄くなっているかもしれないので、他の部分もチェックをするようにしましょうね。

    悩みやすい薄毛の場所5:つむじ

    つむじって基本的に頭のてっぺんにある場所ですよね?

    そこって実は頭の中でもダメージを受けやすい場所と言われています。

    帽子をかぶっていなかったら紫外線のダメージ。
    帽子をかぶっていたら擦れるダメージ。

    また、つむじは汚れが溜まってしまいやすい部分でもあります。

    しっかりと、丁寧に優しく汚れを洗い流さないと毛穴に汚れが詰まってしま抜け毛の原因になる場合も。

    毎日のケアや紫外線対策をしっかりとして薄毛対策を行うようにしてくださいね。

    これって女性ホルモンが原因??若くても薄毛になるって本当なの?

    度々女性ホルモンの乱れが薄毛の原因になるということをご紹介しています。

    妊娠・出産を終えてしばらくは女性ホルモンのバランスが乱れてしまっているので、薄毛に悩む女性も多いかと思います。

    しかし、妊娠や出産が薄毛の原因の場合女性ホルモンのバランスが整えば半年〜1年くらいで薄毛を改善することができます。

    薄毛の原因が妊娠や出産ではない場合は?

    この場合はおそらく年齢によるもの、そしてストレスなどが原因の可能性があります。

    そうなると放置をしていても薄毛を改善させることができません✖︎

    女性の薄毛は男性とは異なり女性ホルモンのバランスが乱れてしまっていることが原因。

    女性ホルモンのエストロゲン、通称”美のホルモン”と言われているホルモンのバランスが乱れてしまったり分泌量が低下してしまうと、薄毛になってしまう可能性があるのです。

    薄毛対策を行う、薄毛解消を行うためには女性ホルモンのバランスを整えるために生活習慣の乱れを解消する、なるべくイソフラボンを摂るようにするということを心がけるようにしましょうね。

    毎日のおしゃれは髪の毛から

    女性の薄毛の原因やについてご紹介をしました。

    女性と男性では薄毛の原因や対処法が変わってきます。

    もしかしたら私の薄毛の原因はこれかな?と思うものはありましたか?

    女性と男性では薄毛の原因が変わってきます。

    薄毛の原因が変わってくるということは対処法も変わってくるのです。

    薄毛の原因は人によって様々。

    薄毛の原因を把握して、自信のある毎日を、、❤️

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    The following two tabs change content below.
    ヒロノ

    ヒロノ

    こんにちは!エステティシャンのヒロノです。 普段はエステティシャンとして働いていますが、仕事終わりや休みの日などを利用して美容に関する情報を幅広く書いています。 これから美容に関する記事をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!